スマートフォン

iPhone 8はいつまで使える?2021年に購入しても遅くない?おすすめ理由を徹底解説!

更新日:

iPhone 8はいつまで使える?どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

2017年9月22日に発売が開始されたApple(アップル)の「iPhone 8(アイフォンエイト)」。4.7インチ、CPUにはパワフルなA11 Bionic、シングルカメラ搭載、IP67防水防塵、ワイヤレス充電対応、背面ガラス仕様で高級感もある一台です。

本記事では、iPhone 8はいつまで使える?2021年に購入しても遅くないのか?使い続けても問題ないのか?やiPhone 8がおすすめな理由、7や11と比較や最安値で買う方法もを徹底解説していきます。

結論、"遅くないし、問題ありません"。この記事が、これからiPhone 8を買おうとしている人や使い続けたい人の後押しになれれば幸いです。

2021年にあえてiPhone 8をおすすめしたい理由

2020年にあえてiPhone 8をおすすめしたい理由

知ってますか?なんとiPhone 8は、日本で1番売れたiPhoneです。(※全国の家電量販店の実売を集計した「BCNランキング」より)

これまでiPhone 6がずっと1位にいましたが、累計販売台数の第1位をiPhone 8が塗り替えました。

それぐらい大人気なiPhone 8を2021年におすすめしたい理由をご紹介していきます。きっかけはとある飲み会で、iPhone 8はまだまだ数年余裕で戦えると聞いたからです。

僕が2021年にあえてiPhone 8をおすすめしたい理由

  • 大画面化に疲れていませんか?iPhone 8は軽くて使いやすいんだ!
  • 発売から数年が経過しても衰え知らずの快適さ!
  • 相場が底値で激安購入する大チャンス到来!

大画面化が進んでいるからこそ大事にしたい、使いやすい"軽さ"。今使っているスマホは、自分に合っているスマホですか?

気が付かないうちにスマホは、手首や肩への負担になっていることがあります。大画面で見やすい代わりに重くなるスマホではなく、軽くて小さい使いやすいiPhoneという選択肢も考えてみてください。

iPhone 8は、発売から数年が経過していますが、ストレスを感じることは一切ありません。重いゲームと言われるPUBGモバイルも未だに快適動作です。

それぐらい快適に使えているiPhone 8ですが、発売当時からはだいぶ値段が下がって購入しやすい価格で手に入ります。正直、未だに魅力しかないiPhoneとなっています。

iPhone 8を最安値で買う方法を先に見る

iPhone 8のスペックを振り返る

iPhone 8のスペックを振り返る

改めて、大人気モデルiPhone 8のスペックを振り返っていきたいと思います。一体どんなiPhoneだったのかをしっかり確認しておきましょう。

イメージセンサー性能が向上でカメラが綺麗に!

イメージセンサー性能が向上でカメラが綺麗に

7からはカメラ画素数等の変更はないものの、イメージセンサーの性能が向上したことで写真がより綺麗に撮影できるようになっています。

大きな変化ではないですが、細かな変更が加えられています。また、7では4K撮影で30fpsまでしかだめでしたが、8では4K撮影で60fpsに対応しています。

ApplePayや防水対応

ApplePayや防水対応

7から引き続き、ApplePayやIP67防水対応をしています。欲しい機能はしっかりと網羅しています。

ちなみに、iPhone 8は最大水深1メートルで最大30分間耐えられるようです。

背面がガラス仕様に変更

背面がガラス仕様に変更

7からの大きな変更点として、背面デザインが挙げられます。背面は、4s時代のようにガラス仕様に変更されてました。

ガラス仕様になったことで、高級感が増して懐かしさも感じることのできるiPhoneとなっています。

ワイヤレス充電&高速充電に対応

ワイヤレス充電&高速充電に対応

iPhone 8は、ワイヤレス充電に対応しています。ワイヤレス充電器に置くだけで充電をしてくれる超便利な機能です。

また、実はUSB-PD(Power Delivery)を利用した高速充電機能を利用することで、付属の充電器を使うよりも早く充電をできます。

例えば、充電を忘れて寝てしまっても朝のわずかな時間さえあれば十分一日使うだけのバッテリーを回復できます。

スポンサーリンク

今からでもiPhone 8がおすすめな理由

今からでもiPhone 8がおすすめな理由

2017年から約3年が経過した2021年に今からでもiPhone 8がおすすめな理由を紹介していきます。

今からでもiPhone 8がおすすめな理由

  • 発売から数年経過しても衰えない快適動作
  • 軽いし、片手操作も余裕
  • 防水防塵対応している!
  • 驚きのカメラ性能とは言えないが必要最低限!
  • ApplePayも利用できる!
  • ホームボタンが使える!指紋認証が高速
  • ワイヤレス充電に対応!背面ガラス仕様
  • 最低でもあと2年は使える!(OSアップデート)

iPhone 8の魅力はすでに何度もお伝えしていきていますが、あえて再度まとめておきました。

2021年になったいまからでもiPhone 8はまだまだ活躍してくれます。OSのアップデートも継続して最低でも2年間は問題ないでしょう。

動作も快適で、必要な機能はすべて揃っています。また、使いやすいサイズ感と軽さは今の大画面スマホにはない魅力と言えます。

iPhone 8を最安値で買う方法を先に見る

iPhone 8を今から使うなら知っておきたい不安要素

iPhone 8を今から使うなら知っておきたい不安要素

iPhone 8を今から使うなら知っておきたい不安要素を以下にまとめました。

iPhone 8を使う上での不安要素

  • OSアップデートによる動作への影響
  • バッテリー持ちへの心配

iPhone 8をこれから長く使っていく上で気になることは、上記の2つです。

iPhone 8へのアップデートはいつまで来るのか?

Appleは毎年大きなOSアップデートを一度行います。追加で機能が使えるようになることは凄く嬉しいことですが、OSアップデートにより過去のiPhoneについては動作が重くなることがあります。

今の所、全く問題ない快適動作ですが、今後については不安要素としてありえます。

追記:2021年6月8日

■AppleがWWDCにてiOS15対応機種を発表。iPhone 8もアップデート対応機種に選ばれました。

まだまだ、安心して長く利用することができますね。

iPhone 8のバッテリー劣化が心配すぎる

もう一つはバッテリーについてです。約2年使用しているiPhone 8のバッテリー最大容量が100%⇒86%になっていて持ちも悪くなっています。

iPhone 8のバッテリー最大容量

長く利用していくなら、一度バッテリー交換が必要になってきますね。ただ、Apple Storeでもバッテリー交換を5,400円で行えるので心配しすぎる必要はないかなと思っています。

注意

iPhone SE第2世代の発売から約1年経過したことで、最大2.2万円の割引キャンペーンなどお得に購入可能。一度買って長く使うなら、iPhone SE第2世代がおすすめです!

ご自身の予算次第にもなりますが、是非iPhone SE第2世代も合わせてチェックしてみてくださいね!記事は以下にまとめておきました。

iPhone 8の修理はいつまで対応してくれるの?

Apple製品において、販売店への供給を停止した日から7年以上が経過したものについては修理サポートが打ち切られます。(※通称、オブソリート製品)

また、販売店への供給を停止した日から5年以上7年未満のものについてはビンテージ製品となり、修理できる場合もあるが、出来ないこともあるので注意が必要です。

iPhone 8は2020年4月に販売を終えているため、計算上は公式修理サポートを2024年4月あたりまで受けることが可能でしょう。(※保証期限の切れたApple製品の修理サービスについての詳細はコチラ:https://support.apple.com/ja-jp/HT201624)

iPhone 8を11や7と比較してみる

iPhone 8を11や7と比較してみる

iPhone 8を11や7と比較してみましょう。

iPhone 8と7の違い

  • 8は背面がガラス仕様で少し重くなる
  • カメラは8の方が綺麗
  • 8はCPUがより最新でパワフルかつ快適
  • 8はワイヤレス充電に対応している
  • 価格は7の方が安く買える
  • 8の方が長く安心して使える

iPhone 8を7と比較すると実は大きな変更はされていないように感じます。ただ、細かい部分で機能が追加されているので、より完璧なiPhoneとしては8を選ぶ必要があるでしょう。

長く使うなら、8を選ぶべきです。

iPhone 8と11の違い

  • 11は6.1インチの大画面かつホームボタン廃止
  • 11の認証は顔認証のみ(指紋認証なし)
  • 11のCPUは最新でパワフルかつ快適
  • 11のカメラの方が圧倒的に綺麗に撮れて、超広角も使える
  • 価格は8の方が断然安く買える

iPhone 8と11では大きく違います。画面サイズや操作方法も違い、使い勝手における変化は当然あります。

ホームボタンに馴染みがあって使いやすいという人にはiPhone 8がおすすめです。

また、11では指紋認証ではなく顔認証のみなので利便性的な部分も考えて選びましょう。

iPhone 8を最安値で買う方法を先に見る

2021年の今iPhone 8を購入すべき人は?

2020年の今iPhone 8を購入すべき人は

2021年の今iPhone 8を購入すべき人はどんな人なのか以下にまとめておきました。

iPhone 8がおすすめなのはこんな人

  • 電話、メール、SNS、Web、動画、音楽を快適に楽したい!
  • 軽さとサイズ感、片手操作にこだわりたい!
  • ホームボタンがほしい!
  • 出来るだけ安くて、長く使えるiPhoneを探してる!

ホームボタンがあるiPhoneが使いたい人や指紋認証が良い人には断然iPhone 8がおすすめです。

また、価格の高い最新iPhoneの性能が必要ない人にとってはiPhone 8は素晴らしい選択肢だと思います。

価格が激安に!?中古なら約1万円から購入できちゃう!

価格が激安に

iPhone 8は発売当初の半額以下の相場で購入が出来るようになってきています。

最近では価格が落ちに落ちてイオシスなどでも約1万円程度で購入可能。流石に新品は在庫がなくなっているので、どうしても新品が欲しい人はiPhone SE 第2世代を狙っていくのがおすすめです。

ゲームや動画も快適!

ゲームや動画も快適

ある程度のゲームや動画ならiPhone 8でも全く問題ないぐらい快適です。

ポケモンGOやPUBGモバイルをガンガンやりたい人も安心できます。

唯一、バッテリー持ちだけは気になる部分なので注意が必要です。

iPhone 8の容量には注意しよう!

iPhone 8の容量には注意しよう

iPhone選びで重要なのは、ストレージ容量です。長く使うなら、できるだけ大きめの容量を選んでおきましょう。

案外、長く使うとストレージがいっぱいになってしまってアップデートができなくて困っているという声を聞きます。

購入時からいつもより大きめのストレージを選んでおくことをおすすめします。

子供に持たせる初めてのスマホにもiPhone 8がおすすめ

子供に持たせる初めてのスマホにもiPhone 8がおすすめ

初めてもたせるスマホとしてもiPhone 8はおすすめです。iPhone 8なら古すぎるというのもないし、安心して長く使えるスマホです。

中学生や高校生が遊びたいゲームも快適に出来ます。また、ある程度の機能制限もiPhoneなら出来るので、両親の管理のもともたせてあげられます。

iPhone 8なら初めて持つスマホへのワクワク感を満たしてあげられるでしょう。

iPhone 8を最安値で買う方法を先に見る

iPhone 8は実際どうなのか

iPhone 8は実際どうなのか

iPhone 8は、2021年でも十分"買い"な一台です。すでに底値になっていることもあり、これ以降は在庫切れになる場合が多く出てくるでしょう。

2月、3月は携帯の買い替え需要が高まる時期なので、是非早めにiPhone 8の在庫を確保しておくことをおすすめします。

iPhone 8ならこれから数年は安心して、かつ快適に使っていけるiPhoneだと僕は感じました。iPhone 8の使用感についてもっと知りたい人は以下の記事で詳しく解説しています。

さらに詳しく

注意

iPhone SE第2世代の発売から約1年経過したことで、最大2.2万円の割引キャンペーンなどお得に購入できるようになっています。長く使うなら、断然iPhone SE第2世代がおすすめです!

ご自身の予算次第にもなりますが、是非iPhone SE第2世代も合わせてチェックしてみてくださいね!記事は以下にまとめておきました。

iPhone SE 第2世代 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!
iPhone SE 第2世代 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

続きを見る

iPhone 8を最安値で買う方法

iPhone 8を最安値で買う方法

iPhone 8の新品を買うか?中古を買うか?で値段が大きく異なります。予算と環境に合わせて選びましょう。

新品のメリット・デメリット

▶新品のメリットは、
・傷等もなく安心して使える
・バッテリーが消耗されていない状態で使える
▶新品のデメリットは、
・価格が高い
・新品を買える場所が限られている

新品を買うメリットは、誰にも使われていないワクワク感を楽しめることですね。また、バッテリーについても安心で、保証も付けられることもあるのが嬉しいポイントです。

中古品のメリット・デメリット

▶中古品のメリットは、
・圧倒的に価格が安い
・状態によっては新品並に綺麗なものもある
▶中古品のデメリットは、
・使用感は中古品によって違う
・保証等がない場合が多い
・バッテリー持ちの状態が不安

中古品の最大のメリットは、圧倒的に価格が安いことです。正直、めちゃくちゃ安く買えます。

その分、iPhoneのメンテナンスが必要になる場合があるのには注意が必要です。お得に買いたいなら、中古品の選択肢は外せません。

新品、中古品はそれぞれメリット・デメリットがあるので自分に合った方を選んでいきましょう。

iPhone 8の新品を大手キャリアで買うならドコモ・au・ソフトバンクです。公式オンラインショップを利用すれば頭金不要で実店舗よりお得に購入が可能です。乗り換えを利用して購入するなら、ワイモバイルが最も安く購入できます。

\ オンラインストアなら頭金ゼロ、待ち時間無し /

乗り換え等をしたくない、でも新品のiPhone 8がほしいならイオシスで買うのが1番安く買えます。また、イオシスならiPhone 8の中古が最安値で約12,800円から購入できます。

お買い得な中古品もたくさんあるので、以下のイオシス公式サイトから是非チェックしてみてください。

イオシス公式ショップを見る

\ この記事をシェアする /

  • この記事を書いた人

ちえほん

スマートフォンを専門に取り扱うブログ+YouTubeチャンネルを運営。実際に使って感じたことを正直にお伝えします!Real Soundなど国内メディア等への寄稿やYahoo!JAPANクリエイターズプログラムでも活動中。詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク


  1. スマホさん より:

    最近は最新のスマホばっか目が行き過ぎですけどひと世代前のスマホも、いいものはいいですよね(*ˊ˘ˋ*)

    • ちえほん より:

      コメントありがとうございます!!ホントそうなんですよね!最近、新しいスマホよりも古いスマホがどれぐらい今でも使えるのか気になってしょうがなくなっていて色々買ってしまってます(笑)

  2. トンボメガネ より:

    今年の4月に長年使ってたガラ系からiPhone8を家電量販店で購入しました。偶然この時期に60歳以上でガラ系からスマホに乗り換えると特割可能な表示広告がauから出てたので関心持ちました。長年auのガラ系を持ってたので得点もあり、又、手のひらに収まるサイズ感が気に入りました。仕事で電話をよく使うので時間無制限の電話かけ放題で端末代は1800円、1年後には3200円になります。あとネット料金はすべてUQモバイルのギガ放題でモバイル通信は使わずにウイルスバスターカスペルスキーを入れて5200円程度です。
    現在も、電話とLine、メール、マップ、アプリ等と検索を使う程度でまだスマホを使いこなしてるわけではないですが、やはり8の強みは指紋認証と思います。
    今、iPhone12Proが注目されてますが特に興味ないですね。また、5Gエリアもまだまだですし4Gの方が実用的です。世間的には新しいものを買い求める風潮があるのは別に構わないと思いますが、僕は今の自分に合った必要なスマホで十分です。価格も何といっても今回の割得で0円携帯の時代に近いものを購入しましたし、満足してます。
    IOS14で使ってますので動作上も問題なしです。大事に使いたいですね。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

-スマートフォン
-

© 2021 モバイルドットコム