iPhone

iPhone 15 Pro Max 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

更新日:

iPhone 15 Pro Max 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

iPhone 15 Pro Maxを実機レビュー!どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

Appleから発売された最新5Gスマホ「iPhone 15 Pro Max (アイフォンフィフティーンプロマックス)」。6.7インチディスプレイ(有機EL×最大120Hz)、高性能な「A17 Pro」採用、5倍望遠レンズを含むトリプルカメラ搭載モデルです。

ちえほんによるiPhone 15 Pro Maxの評価

側面にチタンフレームを採用し、従来比で"約19g"軽量化。もちろん、ステレオスピーカーやIP68防水防塵、ApplePay、ワイヤレス充電なども備えた全部入りの一台。今回はそんな「iPhone 15 Pro Max」を購入したので、実際に使って感じた良いところ、悪いところについて、すべて正直にお伝えしていきます。

読み飛ばしたいところへジャンプ

本記事では、iPhone 15 Pro Maxのデザイン、カメラの画質、スペック性能やゲーム・アプリ動作、顔認証の快適さ、バッテリー持ち、スピーカーの音質、使って感じたメリット・デメリット(良いところ、悪いところ)、口コミ・評判などを含め使用感レビューしつつ評価します。

個人的なiPhone 15 Pro Maxの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★★
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★☆☆
基本動作(快適さ) ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
画面表示&綺麗さ ★★★★★
バッテリー持ち ★★★★☆
スピーカー ★★★★★
カメラ ★★★★☆

結論、iPhone 15 Pro Maxは大画面ディスプレイ、安定したゲーム動作と優れたカメラ性能などが魅力的なモデルでした。"妥協のない最上位ハイエンドスマホ"を求めているユーザーにおすすめな一台です。

iPhone 15 Pro Maxの外観・デザインをレビュー

iPhone 15 Pro Maxの外観・デザインをレビューしていきます。

iPhone 15 Pro Maxの前面デザイン

ディスプレイサイズは約6.7インチ(有機EL)、解像度は2,796x1,290(FHD+)。画面の発色・色味ともに問題なし、鮮やかで綺麗なディスプレイです。

明るさ最大(手動)+通常ページ表示時(屋内)

明るさ最大(手動)+HDR映像(白)表示時(屋内)

ちなみに、最大輝度は2,000ニト(ピーク輝度)。屋外の直射日光下でも明るく見やすいディスプレイでした。(※検証した結果、屋内HDR時は約1,300ニト程度でした。)

リフレッシュレートは、最大120Hz駆動(ProMotion)。Web検索時などに、なめらかなスクロール表示体験を楽しめます。(※アプリ開閉や操作時も残像感がなく、なめらかになります。)

ディスプレイは、フラット仕様。ただし、完全フラットではなく、"2.5Dガラス"採用です。フチがわずかにラウンドしているので、フィルム選びは注意しましょう。

なお、引き続き「Dynamic Island(ダイナミックアイランド)」デザイン採用。通知や様々な情報を表示可能です。

従来比でよりベゼルが狭くなり、均一。極狭ベゼルは、"最高"です。

iPhone 15 Pro Maxの背面デザイン

背面デザインは、左上に「トリプルカメラ」、中央に「ロゴ」が刻まれています。カメラの出っ張りは、SIMカード約5枚程度でした。

iPhone 15 Pro Maxのカラー

iPhone 15 Pro Maxのカラーは、ブラックチタニウム、ホワイトチタニウム、ブルーチタニウム、ナチュラルチタニウムの4色展開です。

今回レビューしているのは、「ホワイトチタニウム」。背面にはガラス素材を採用、表面はサラサラとした質感で、マットな仕上がりです。ちなみに、指紋やホコリが目立ちにくくなっています。(カラーによっても異なります)

右側面には、「電源ボタン」

右側面には、「電源ボタン」

側面フレームには、チタン素材が採用されています。

左側面には、「アクションボタン」、「音量ボタン」、「SIMスロット」

左側面には、「アクションボタン」、「音量ボタン」、「SIMスロット」

サイレントスイッチは廃止され、新たに様々な機能を呼び出せる「アクションボタン」が搭載されています。

初期設定は、"着信モードと消音モード"の切り替え。設定からカメラの起動やショートカットなどからカスタマイズが可能です。

SIMスロットについては、開閉にSIMピンが必要。ちなみに、シングルSIM+eSIMのデュアルSIM仕様となっています。(※eSIM×2の同時利用も可能)

下部側面には、「マイク」、「Type-Cコネクタ」、「スピーカー」

下部側面には、「マイク」、「Type-Cコネクタ」、「スピーカー」

iPhone 15 Pro Maxは、ステレオスピーカーを搭載。音については、後述します。

上部側面には、「なにもありません」

上部側面には、「なにもありません」

iPhone 15 Pro Maxの本体サイズは、約159.9x76.7x8.25mm、重さは約221g。他のiPhoneと一緒に並べるとサイズ感は、上記のようになります。

従来比で軽くなり、大画面ながら扱いやすくなった印象。チタンフレーム採用で、約19gの軽量化は"最高"でした。(※もはや大幅に軽くなった一点だけで、買い感がある)

加えて、側面に丸みを帯びた影響で、にぎり心地が格段に良くなっています。"Pro"シリーズで、できるだけ軽いモデルがほしいなら、iPhone 15 Pro Max一択でしょう。

ちなみに、片手操作については"厳しい"印象。僕の手だとキーボード片手打ちも問題なく、上部にあるボタンは持ち替えが必須です。

このあたりは個人差もあると思うので、冒頭にある実機レビュー動画などでサイズ感をチェックしつつ選んでいくのがおすすめです。

iPhone 15 Pro Maxのスペック性能をレビュー

iPhone 15 Pro Maxのスペック性能をレビュー

iPhone 15 Pro Maxのスペック性能を表にまとめつつ、ベンチマークを計測してレビューしていきます。

iPhone 15 Pro Maxのスペック表

iPhone 15 Pro Maxのスペック・性能以下にまとめてみました。(※参照:Apple公式製品ページ

スペックを見る(タップで表示)

スペック iPhone 15 Pro Max
メーカー Apple
発売日 2023年9月22日
OS iOS 17(初期OS)
CPU(SoC) A17 Pro
RAM 8GB
ストレージ 256GB/512GB/1TB
外部ストレージ 非対応
本体サイズ 約159.9x76.7x8.25mm
重量 約221g
画面サイズ 約6.7インチ
ディスプレイ解像度 2,796x1,290(FHD+)
画面の種類 有機EL
リフレッシュレート 最大120Hz
バッテリー 4,422mAh
背面カメラ トリプルカメラ
約4800万画素(広角)
約1200万画素(超広角)
約1200万画素(5倍望遠)
前面カメラ シングルカメラ
約1200万画素
防水/防塵 IP68
耐衝撃 ×
ワンセグ/フルセグ ×
指紋認証 ×
顔認証 ◯(※Face ID)
Apple Pay
イヤホンジャック ×
ワイヤレス充電
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth Bluetooth 5.3
スピーカー ステレオスピーカー
充電端子 USB Type-C
(USB 3:最大10Gb/s)
カラー ブラックチタニウム
ホワイトチタニウム
ブルーチタニウム
ナチュラルチタニウム

iPhone 15 Pro Maxのベンチマークスコアと発熱

iPhone 15 Pro Maxのベンチマークスコアを検証しました。参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark (V10.0.3)」の測定結果を、下記に記載しておきます。

iPhone 15 Pro MaxのAntutu Benchmarkスコア(※3回連続計測)

iPhone 15 Pro MaxのAntutu Benchmarkスコア(※3回連続計測)

A17 Pro搭載「iPhone 15 Pro Max」の「Antutu Benchmark」スコアは1608879点(※検証時のMAXスコア)」。計測中、本体温度は最大45.9度でした。

「Antutu Benchmark」テスト後に赤外線サーモグラフィーで温度を測定した結果

iPhone 15 Pro Maxは、高負荷がかかるシーンでしっかり発熱する印象。音量ボタン横付近が最も熱くなりやすいです。

ちなみに、ネット検索やX(旧:Twitter)利用時などはほんのり温かくなる程度で全く気になりませんでした。

動作性能を以下の5段階で評価

  • めっちゃ快適
  • 快適
  • 普通
  • もたつきを感じる
  • 動作が重い
Chrome めっちゃ快適
Googleマップ めっちゃ快適
Twitter めっちゃ快適
YouTube めっちゃ快適

肝心の動作については、タッチ操作やスクロールなどの動作レスポンス、アプリの起動や切り替えなどを含め、"とても快適"な印象です。

一般的なウェブ検索や各種SNSは快適で、重い3Dゲームなどもしっかり楽しめます。

iPhone 15 Pro Maxのゲーム・アプリ動作をレビュー

iPhone 15 Pro Maxのゲーム・アプリ動作をレビュー

iPhone 15 Pro Maxでゲームやアプリの動作を確認します。

以下の6段階で評価

  • めっちゃ快適
  • 快適
  • 普通
  • 動くがカクつき・重さを感じる
  • 重い
  • ガクガク

それでは、早速「iPhone 15 Pro Max」を使い実際に試していきます。

iPhone 15 Pro Maxでモンストの動作チェック

iPhone 15 Pro Maxでモンストの動作チェック

iPhone 15 Pro Maxでモンストの動作をチェック。結果は、"めっちゃ快適"です。

モンスターストライクは一通り試しましたが、問題なく楽しめます。

iPhone 15 Pro MaxでポケモンGOの動作チェック

iPhone 15 Pro MaxでポケモンGOの動作チェック

iPhone 15 Pro MaxでポケモンGOの動作をチェック。結果は、"めっちゃ快適"です。

ポケモン出現時やアイテム回収、オンライン対戦なども含め、カクつきや重さを感じることはありませんでした。ちなみに、GPS感度も良好です。

iPhone 15 Pro MaxでPUBGモバイルの動作チェック

iPhone 15 Pro MaxでPUBGモバイルの動作チェック

iPhone 15 Pro Maxで、PUBGモバイルの動作をチェック。結果は、"めっちゃ快適"でした。

グラフィックは「ウルトラHDR」で「ウルトラ」まで選択でき、「スムーズ」は「90fps」まで選ぶことができます。

動作については、チーム戦などを含め"快適"な印象。重さやカクつきはありませんでした。

ちなみに、スムーズ+極限の設定で30分遊ぶとバッテリーは約8%減、ゲーム終了後の本体温度は37.2度でした。

iPhone 15 Pro Maxで原神の動作チェック

iPhone 15 Pro Maxで原神の動作チェック

iPhone 15 Pro Maxで原神の動作をチェック。結果は、"めっちゃ快適"でした。

デフォルトの画質は「高」、フレームレートは「30」。動作については、最高画質+60fpsでも問題なく遊べます。

原神にて最高画質+60fpsへ設定変更後、平均fpsを「WeTest PerfDog」で計測。15分間の計測では、平均57.7fpsでした。(※千尋の砂漠にて計測、元素スキルや元素爆発など使いつつ戦闘も複数回行いました。)

最高画質+60fps設定でも、高フレームレートを維持しつつ快適に楽しめる一台です。

ただし、発熱はある印象。音量ボタン付近やフレームが熱くなります。とはいえ、発熱しても極端なパフォーマンス低下はなく、安定していました。

なお、最高画質+60fps設定で30分遊ぶとバッテリーは約10%減。ゲーム終了後の本体温度は、43.6度でした。

iPhone 15 Pro Maxは原神を快適に楽しみたいユーザーにも、安心しておすすめできる一台です。

iPhone 15 Pro Maxのカメラ性能をレビュー

iPhone 15 Pro Maxのカメラ性能をレビュー

iPhone 15 Pro Maxのカメラ性能をレビューしていきます。

カメラ性能は以下の5段階で評価

  • めっちゃ良い
  • 良い
  • 普通
  • あまり良くない
  • 悪い

カメラ性能の評価は、以下のとおりです。

静止画 良い
動画 めっちゃ良い

それでは、カメラ仕様・作例などをより詳しくチェックしていきます。

iPhone 15 Pro Maxのカメラ・動画撮影性能をチェック

iPhone 15 Pro Maxは、トリプルカメラを搭載しています。

4800万画素 広角 / F値1.78
※第2世代センサーシフト光学式手ぶれ補正
1200万画素 超広角 / F値2.2 / 視野角120°
1200万画素 望遠 / F値2.8 / 光学5倍
※光学式手ぶれ補正
LiDARスキャナ

アウトカメラには、4800万画素の広角レンズ(F値1.78/第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正)、1200万画素の超広角レンズ(F値2.2)、1200万画素の5倍望遠レンズ(F値2.8/光学式手ぶれ補正)搭載です。

広角は4800万画素だけではなく、2400万画素や1200万画素による撮影もできます。(※4800万画素と2400万画素はナイトモードなど、一部シーンでは利用不可)

また、カメラUIも進化。1倍をタップすると、1.0倍→1.2倍→1.5倍への切り替えが可能です。(※0.5倍や2倍、3倍への切り替えもワンタップでOK)

▼1.0倍

▼左は1.2倍、右は1.5倍

なお、ProシリーズはLiDARスキャナを利用したナイトモードのポートレート撮影も利用できます。

インカメラの仕様は以下のとおり。

1200万画素 標準 / F値1.9

インカメラは、1200万画素の標準レンズ(F値1.9)のシングルカメラ仕様です。

アウトカメラの動画撮影性能は、以下にまとめました。

8K 撮影 非対応
4K 撮影 24fps/25fps/30fps/60fps
1080p撮影 25fps/30fps/60fps
ProResビデオ撮影 最大4K/60fps
※外部ストレージでの記録が必要
シネマティックモード 最大4K/30fps
アクションモード 最大2.8K/60fps
スローモーション撮影

動画については、4K/60fpsまで撮影可能。今回は広角レンズ+1080p/60fpsを試してみましたが、なめらかで綺麗な映像を撮れる印象です。

歩きながらはもちろん、激しい動きがある撮影でも驚くほど手ブレを抑えつつ撮影ができるカメラでした。動画撮影に関しては、"最強"と言って問題ないでしょう。

iPhone 15 Pro Maxのカメラで撮影した作例

今回は、僕がiPhone 15 Pro Maxのカメラを魅力に感じた点を含め、作例を交えてご紹介していきます。

日中

▼広角で撮影(2400万画素)

広角は明るく、ハッキリ撮れる印象。建物や木など、細部までディテールが残っています。色味も違和感ない仕上がりです。

▼左は1200万画素

▼左は2400万画素、右は4800万画素

2400万画素なら解像感を残しつつ、撮影可能。1200万画素による撮影と比べ、細部まで表現できています。

引き続き、4800万画素による撮影も可能です。HEIF記録に対応したので、高解像度で撮影しても約5MBとコンパクトな容量で保存できるので、多用しやすくなりました。

▼超広角で撮影

超広角は、風景やグループ撮影などの広範囲を一枚の写真に収めたい時に重宝します。

解像感も十分で、綺麗に撮影可能。色味は濃い目で、黄色みが強くなる印象です。

▼2倍ズームで撮影

2倍ズームは、手元にある料理などに寄って撮りたい時に重宝します。(少し遠くにある被写体を撮りたい時にも便利)

画質も綺麗で、明るく撮れる印象。スマホにて確認する程度であれば、全く問題ないでしょう。

▼望遠(光学5倍)で撮影

望遠レンズ(光学5倍)は、遠くにある被写体へグッと寄って撮影可能です。

光量が足りている場面であれば、画質も十分。色味のバランスも良い感じです。

動物園や運動会など、自ら近づいて撮れないシーンで活躍してくれるでしょう。

▼最大25倍デジタルズームで撮影

デジタルズームは、最大25倍まで利用可能。最大倍率は流石に粗くなるものの、記録用程度なら問題ないでしょう。

その他

▼その他

夜景・暗所

▼広角で撮影(ナイトモードオフ)

▼広角で撮影(ナイトモードオン)

▼その他

超広角(ナイトモードオン)

2倍(ナイトモードオン)

5倍望遠(ナイトモードオン)

暗所・夜景撮影については、"綺麗に撮れる"印象です。

メインの広角なら光量が極端に足りない場面でも、ナイトモードを使えばノイズを抑えつつ、細部まで解像感を残しつつ撮影できます。

強い光源があるとフレアやゴーストが発生するものの、従来比ではしっかり抑えられている印象。これだけ撮れていれば暗所にも強いカメラと言って問題ないでしょう。

ちなみに、2倍による撮影でも十分綺麗に撮影可能。望遠(5倍)は暗所だとノイズが出やすく、できるだけ光量が足りている場面で利用するのがおすすめです。

iPhone 15 Pro Maxのバッテリー持ちをレビュー

iPhone 15 Pro Maxのバッテリー持ちをレビュー

iPhone 15 Pro Maxのバッテリー持ちを確認していきます。

バッテリー持ちは以下の6段階で評価

  • めっちゃ良い (16時間で残量60%以上)
  • 良い (16時間で残量40%-59%)
  • 普通 (16時間で残量30%-39%)
  • あまり良くない (16時間で残量20%-29%)
  • 悪い (16時間で残量10%-19%)
  • とても悪い (16時間で残量0%-9%)

バッテリー持ちについては、"良い"です。

機内モードオンで、Wi-Fiのみオンにした状態でYouTubeを流し続け、1時間おきにバッテリー残量を計測するテストを行った結果は以下のとおりです。※テスト環境、条件により差が出る場合があるので注意してください。

バッテリー持ち検証

機種名 0時間経過 1時間経過 2時間経過 3時間経過
iPhone 15 Pro Max 100% 98% 95% 90%
iPhone 13 Pro Max 100% 99% 97% 94%
iPhone 12 Pro Max 100% 99% 95% 90%

単純にYouTube動画を流すだけのテストでは、持ちは"良い"印象です。

次に、常時表示ディスプレイオンとオフのバッテリー消費は上記のとおり。オン状態の方が持ちは悪くなるので、注意しましょう。

1日じっくり検証した結果は、以下のとおりです。(※常時表示ディスプレイオフにて計測)

iPhone 15 Pro Maxの電池持ち検証(日常使い)

iPhone 15 Pro Maxの電池持ち検証(日常使い)

ネット検索やSNS、動画視聴、音楽鑑賞、ゲームなどを検証しつつ利用した結果、16時間後のバッテリー残量は52%。僕の使い方なら、1日は余裕でした。

もちろん環境や使い方によっても変わってきますが、ネット検索やSNSなどを中心に利用するユーザーなら1日は安心して利用できるでしょう。

iPhone 15 Pro Maxの顔認証をチェック

iPhone 15 Pro Maxの顔認証をチェック

iPhone 15 Pro Maxは、顔認証(Face ID)に対応しています。(※指紋認証には、非対応)

iPhone 15 Pro Maxの顔認証(Face ID)テスト

iPhone 15 Pro Maxの顔認証(Face ID)テスト

早速、顔認証を試していきましょう。認証速度は高速、精度も良いです。

「常に画面オン」状態で、上にスワイプしながら顔認証すればホーム画面へそのまま移行できます。(※メガネやマスクをしたままでも顔認証可能)

ちなみに、真っ暗なシーンでも正確に認証でき、使い勝手の良い生体認証でした。

iPhone 15 Pro Maxのスピーカー(音質)をレビュー

iPhone 15 Pro Maxのスピーカー(音質)をレビュー

iPhone 15 Pro Maxは、ステレオスピーカーを搭載。早速、音質などを確認していきます。

スピーカー性能は以下の5段階で評価

  • めっちゃ良い
  • 良い
  • 普通
  • あまり良くない
  • 悪い

肝心の音については、"めっちゃ良い"印象です。

▼iPhone 15 Pro Maxのステレオスピーカーの音はこちら!

フリー音源 Song: Zero Venture - Point Of View (feat. Cadence XYZ) Link: https://youtu.be/EnarUjBnLXw Music promoted by FMW. Released by Mind Resurgence.

実際に様々な"音"をiPhone 15 Pro Maxから出して検証してみましたが、大音量かつクリアな音を楽しめるスピーカーでした。

低音の心地よさ、音の繊細も素敵。立体感があって、音の広がりを感じられ、音量もしっかりしています。

本体スピーカーから出る音で動画・音楽鑑賞時などを楽しみたいユーザーにとてもおすすめできる一台です。

なお、イヤホンジャックは引き続き"非搭載"。有線イヤホンを利用したいユーザーは、USB Type-C端子のイヤホンや変換アダプタなどを事前に用意しておきましょう。

iPhone 15 Pro Maxのメリット(良いところ)

iPhone 15 Pro Maxのメリット(良いところ)

iPhone 15 Pro Maxを実際に使ってみて感じたメリットをチェックしていきます。

ココがメリット(良い点)

⭕ 上質なデザイン!チタンフレームが最高!
⭕ 従来比で約19g軽量化!最大の弱点が改善された!
⭕ アクションボタン搭載!様々なカスタマイズができて便利!
⭕ 大画面かつ綺麗なディスプレイ!直射日光下でも見やすい!
⭕ 常時表示ディスプレイに対応!通知や電池残量などを常に確認できる!
⭕ リフレッシュレート最大120Hz!なめらかすぎてもう戻れない!
⭕ 「Dynamic Island」採用!従来比でベゼルが狭くなった最高すぎ!
⭕ 高性能SoC「A17 Pro」搭載!原神が快適に楽しめる!
⭕ トリプルカメラ搭載!暗所など様々シーンで綺麗に撮れる
⭕ 光学5倍望遠レンズ搭載!ズーム性能が向上!
⭕ 圧倒的な動画性能!動きながらの撮影でも手ブレしない!
⭕ 1日は余裕な安定したバッテリー持ち!ワイヤレス充電にも対応!
⭕ 高音質かつ大迫力ステレオスピーカー搭載!動画鑑賞にも最適!
⭕ USB Type-Cコネクタ採用!外付けSSDなどを手軽に利用できる
⭕ 充電時の上限を80%に設定可能!バッテリーの劣化を抑えられる!
⭕ 高速かつ高精度な顔認証!マスク時でも快適に使える!
⭕ 常時表示オンならスワイプしながら顔認証でホーム画面へ直接移行できる
⭕ IP68防水防塵&Apple Payにもしっかり対応!
⭕ ケースなどの対応アクセサリー類が充実している!
⭕ 一度購入すれば約5年間程度のアップデートが期待できる!

以上が、iPhone 15 Pro Maxを使って感じた良いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

チタン素材採用が最高すぎる!従来比で約19g軽量化!

iPhone 15 Pro Maxはチタン素材採用により、従来比で約19gの軽量化に成功。Pro Maxシリーズ史上、最軽量です。

従来比で劇的に軽くなり、重すぎるという大きな欠点が無くなりました。正直、これだけでも買いだと感じるレベルの変化です。

加えて、2.5Dガラスを採用した前面ディスプレイと曲線を帯びた側面デザインにより、握りやすさも向上。これまでの「Pro Max」シリーズの中で、最も扱いやすいと感じる一台でした。

妥協のない高性能×大画面iPhoneを求めているなら、とてもおすすめできるモデルです。

最新チップ「A17 Pro」搭載!原神が快適に楽しめる!

「A17 Pro」搭載のiPhone 15 Pro Maxは、電話やメール、ウェブ検索、SNSなど基本的な動作はとても快適です。

また、重い3Dゲームもしっかり楽しめます。「原神」も高フレームレート維持しつつ遊ぶことが可能です。(※ロード速度も高速)

画面サイズも大きく、操作もしやすいので、ゲームガチ勢にもおすすめできる一台でした。

光学5倍望遠レンズ搭載!ズーム性能が向上!

iPhone 15 Pro Maxの魅力は、カメラ。トリプルカメラ(広角+超広角+5倍望遠)を備えており、幅広いシーンに対応できるカメラでした。

相変わらず、圧倒的な動画性能。動きながらの撮影でも手ブレ補正がしっかり効いたなめらかな映像が撮れます。

新たに、テトラプリズム望遠を搭載。光学5倍による撮影は、迫力ある一枚を撮れ、写真撮影体験も向上しています。

写真、動画ともに難なくこなせる完成度の高い一台でした。

iPhone 15 Pro Maxのデメリット(悪いところ)

iPhone 15 Pro Maxのデメリット(悪いところ)

iPhone 15 Pro Maxを実際に使ってみて感じたデメリットをチェックしていきます。

ココがデメリット(悪い点)

❌ 本体サイズが大きく重い!人によって合う合わないがある
❌ 負荷がかかるシーンで発熱する!ただ動作自体は快適!
❌ 指紋認証は変わらず非採用!顔認証のみ!
❌ 2.5Dガラス採用!ディスプレイが完全フラットではない!(フィルム選び注意)
❌ 特定条件下で望遠(光学5倍)→広角(デジタルズーム)に自動切替される
❌ イヤホンジャック非搭載&microSD非対応

以上が、iPhone 15 Pro Maxを使って感じた悪いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

特定条件下で望遠(光学5倍)→広角(デジタルズーム)に自動切替される!

iPhone 15 Pro Maxの5倍望遠レンズは、特定条件下で広角のデジタルズームへ自動切り替えが行われます。(※手動で固定できない)

被写体との距離が十分にある場合は何ら問題ないものの、比較的近い距離にある被写体だと5倍望遠を選択しても、広角で撮れてしまっていることが多いです。

しかも、スムーズに望遠から広角へ切り替えが行われるため、切り替わったことに気付かず撮影してしまう場面もありました。

現状、マクロ撮影への自動切り替えについてはオン・オフが可能。一方で、望遠→広角(デジタルズーム)の自動切り替えは現状ユーザー側で選択できないので、今後アプデによる改善を期待したいです。

本体サイズが大きく重い!人によって合う合わないがある

大画面ディスプレイで、ゲームや動画鑑賞に最適なiPhone 15 Pro Max。一方で、本体サイズは大きく、約200g超えと物理的な重さがしっかりある一台です。

従来比で握りやすくなり、約19g軽量化したものの、本体サイズ的に片手操作しにくく、約200g超えのため長時間使うと重さが気になってきます。

このあたりは人によって好みが分かれる部分なので、できるだけ事前にサイズ感と重さを確認しておくのがおすすめです。

負荷がかかるシーンで発熱する!ただ動作自体は快適!

使って気になったのは、iPhone 15 Pro Maxの"本体の発熱"です。

原神等の負荷がかかるゲーム時は発熱しやすく、本体が熱く感じる場面がありました。(特に、音量ボタン周辺が熱い)

ただ、発熱時でも極端なカクつきや重さを感じることはなく、動作自体は問題ありません。発熱については、今後のアプデによる調整に期待したいところです。

ちなみに、基本的なネット検索やSNS等だけなら、気になる発熱はなく快適でした。

iPhone 15 Pro Maxの口コミ・評判をチェック

iPhone 15 Pro Maxの口コミ・評判をチェック

iPhone 15 Pro Maxの口コミ・評判を以下に集めてみました。

女性

大画面で見やすいのはとても良いですね!動作も快適で、カメラも綺麗!あと、スピーカーの音がめっちゃ良かったです!ただ、私の手には大きくて重いと感じました!好みが分かれる一台かもしれません。(椿さん)

ちえほん
iPhone 15 Pro Maxの口コミコメントを大募集!もし良かったらコメント欄への投稿をお待ちしています。

iPhone 15 Pro Maxの評価まとめ

iPhone 15 Pro Maxの評価まとめ

結論、iPhone 15 Pro Maxは"大画面ディスプレイ"と"ゲーム動作の快適さ"、"強力なカメラ"、"高音質スピーカー"、"安定したバッテリー持ち"を求めているユーザーにとてもおすすめな一台です。

個人的なiPhone 15 Pro Maxの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★★
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★☆☆
基本動作(快適さ) ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
画面表示&綺麗さ ★★★★★
バッテリー持ち ★★★★☆
スピーカー ★★★★★
カメラ ★★★★☆

iPhone 15 Pro Maxは、最上位iPhoneに相応しい完成された一台でした。

注目は、"チタン素材"採用による軽量化。約19g軽くなったのは、ホント最高でした。Pro Maxシリーズに感じていた大きな弱点がなくなった印象です。

また、Lightningコネクタが廃止され、新たに"USB Type-Cコネクタ"を採用。手軽に外付けSSDなどを使えたり、ケーブルを一本でまとめることができたりととても便利でした。

そして、ズーム性能が強化されたカメラも魅力。5倍望遠搭載により撮れる写真の幅も広がりました。相変わらず、動画撮影性能も強力で、コレ一台で様々シーンに対応できます。

他にも、原神等の重い3Dゲームも快適にできる動作、高音質ステレオスピーカーも魅力。もちろん、ワイヤレス充電、IP68防水防塵&Apple Payなどユーザーが求める仕様は全て揃っています。

一方で、負荷がかかる場面での本体発熱や望遠レンズの自動切り替え仕様、指紋認証の非採用などは"惜しい"と感じました。

とはいえ、致命的な欠点はなく、最上位モデルに相応しい完成された一台でした。

妥協のない最強のiPhoneがほしいなら、iPhone 15 Pro Maxがおすすめです。

もちろん、自分が求めている仕様は何かを考えつつ、自分に合ったスマホを選んでいくことが大事。その際に、ぜひiPhone 15 Pro Maxも一度チェックしてみてください!

ちえほん
質問等ありましたら、是非コメントお待ちしております。

iPhone 15 Pro Maxの価格とお得に買う方法

iPhone 15 Pro Maxの価格とお得に買う方法

iPhone 15 Pro Maxの販売価格は以下のとおりです。

価格(※全て税込) お得なキャンペーン&割引・施策情報
ドコモ 236,940円〜
au 230,360円〜
ソフトバンク 229,680円〜
楽天モバイル 210,800円〜
Appleストア 189,800円〜

iPhone 15 Pro Maxの本体価格は、上記のとおり。本体最安は、Appleストア版です。

ただし、大手キャリアなら大幅な割引キャンペーンやお返しプログラム施策などを利用できて、上手く活用すれば安く購入できます。

どうせ買うなら、少しでもお得に!ぜひ、一度チェックしてみてください!

\ この記事をシェアする /

  • この記事を書いた人

ちえほん

元携帯電話販売スタッフで、現在はスマホ専門ブログとYouTube(登録者数10万人)を運営中。当サイトのコンテンツは、すべてちえほんが校正・監修しています。また、国内メディアへの寄稿やYahoo!ニュースエキスパートクリエイターとしても活動中です。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

よく読まれている関連記事

-iPhone
-

© 2024 モバイルドットコム