スマートフォン

iPhone SE 第3世代 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

更新日:

iPhone SE 第3世代 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

iPhone SE 第3世代の実機レビュー!どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

2022年3月18日に発売されたApple製の低価格5Gモデル「iPhone SE 第3世代(アイフォンエスイーダイサンセダイ)」。使いやすい4.7インチディスプレイ、高性能な「A15 Bionic」採用、Touch ID(指紋認証)対応のホームボタン搭載で、価格は57,800円(税込)からとなっています。(※SIMフリーモデル)

個人的なiPhone SE 第3世代の評価

安心のIP67防水防塵やApple Pay、ステレオスピーカーも備えている一台です。今回はそんな「iPhone SE 第3世代」を購入したので、実際に使って感じた良いところ、悪いところについて、すべて正直にお伝えしていきます。

▼YouTube動画でもiPhone SE 第3世代の実機レビューをしているので、合わせてチェックしてみてね!

YouTube video

個人的なiPhone SE 第3世代の評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
画面表示&綺麗さ ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★☆☆
スピーカー ★★★★☆
カメラ ★★★☆☆

本記事では、iPhone SE 第3世代(2022)を外観・デザイン、カメラ、スペック性能やゲーム・アプリ動作、指紋認証の快適さ、バッテリー持ち、スピーカーの音質、使って感じたメリット・デメリット(良いところ、悪いところ)、口コミ・評判などを含め使用感レビューしつつ評価します。

iPhone SE 第3世代の外観・デザインをレビュー

iPhone SE 第3世代の外観・デザインをレビューしていきます。

iPhone SE 第3世代のパッケージ

パッケージデザインは上記のとおりです。正面に製品デザイン、側面に「iPhone」と刻まれています。

iPhone SE 第3世代の付属品

付属品は、iPhone SE 第3世代本体、SIMピン、USB-C to Lightningケーブル、マニュアルなどです。保護フィルムやケース、ACアダプタは付属しないため、事前に準備しておきましょう。

iPhone SE 第3世代の前面デザイン

ディスプレイサイズは約4.7インチ(液晶)、解像度は1,334x750。画面の明るさ、色味・発色も問題なく、日常使いなら十分でしょう。ただ、屋外の直射日光下では、やや明るさが物足りない印象でした。

iPhone SE 第3世代はディスプレイ上下に黒ベゼルを採用、下部にはTouch ID(指紋認証)対応のホームボタンを備えています。

iPhone SE 第3世代の背面デザイン

背面デザインは、左上に「シングルカメラ」、中央に「ロゴ」が刻まれています。ちなみに、カメラの出っ張りはSIMカード約1枚分程度です。

iPhone SE 第3世代のカラー

iPhone SE 第3世代のカラーは、(PRODUCT)RED、スターライト、ミッドナイトの3色展開です。

今回レビューしているのは、上品な質感の「スターライト」。背面はガラス素材を採用、光沢仕上げです。カラーによっても異なりますが、スターライトは指紋が目立ちにくいのも嬉しいポイントでした。

側面にはアルミフレームを採用、サラサラとしたマット仕上げになっています。

右側面には、「電源ボタン」、「SIMスロット」

右側面には、「電源ボタン」、「SIMスロット」

SIMピンが必要なタイプのSIMスロットを採用しています。ちなみに、外部ストレージには非対応で、シングルSIM+eSIMのデュアルSIM仕様です。

左側面には、「サイレントスイッチ」、「音量ボタン」

左側面には、「サイレントスイッチ」、「音量ボタン」

下部側面には、「マイク」、「Lightningコネクタ」、「スピーカー」

下部側面には、「マイク」、「Lightningコネクタ」、「スピーカー」

iPhone SE 第3世代はステレオスピーカー搭載です。音については、後述。

上部側面には、「なにもありません」

上部側面には、「なにもありません」

iPhone SE 第3世代の本体サイズは、約138.4x67.3x7.3mm、重さは約144g。iPhone SE 第2世代を一緒に並べるとサイズ感は上記のようになります。

コンパクトなサイズ感かつ、丸みを帯びたフレームのおかげで手にフィット感があって持ちやすいです。約144gと軽量なため、長時間の操作も問題ありませんでした。

ちなみに、片手操作はラクラクできる印象。僕の場合、キーボードの片手打ちはもちろん、上部にボタンがある場合も持ち替えず押すことが可能でした。このあたりは個人差もあると思うので、ぜひ実機に一度触れてみることをおすすめします。

iPhone SE 第3世代のスペック性能をレビュー

iPhone SE 第3世代のスペック性能をレビュー

iPhone SE 第3世代のスペック性能を表やベンチマーク計測してレビューしていきます。

iPhone SE 第3世代のスペック表

iPhone SE 第3世代のスペック・性能以下にまとめてみました。(※参照:Apple公式製品ページ

スペックを見る(タップで表示)

スペック iPhone SE 第3世代
メーカー Apple
型番 A2782
発売日 2022年3月18日
OS iOS15
(※初期搭載OS)
CPU A15 Bionic
RAM 4GB
ストレージ 64GB/128GB/256GB
外部ストレージ 非対応
本体サイズ 約138.4x67.3x7.3mm
重量 約144g
画面サイズ 約4.7インチ
ディスプレイ解像度 1,334x750
ディスプレイの種類 液晶ディスプレイ
リフレッシュレート 60Hz
バッテリー容量 2,007mAh
背面カメラ シングルカメラ
1200万画素(広角)
前面カメラ シングルカメラ
700万画素
防水/防塵 IP67
ワンセグ/フルセグ ×
緊急速報
指紋認証
顔認証 ×
ApplePay
イヤホンジャック ×
ワイヤレス充電
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth Bluetooth 5.0
スピーカー ステレオスピーカー
充電端子 Lightningコネクタ
カラー (PRODUCT)RED
スターライト
ミッドナイト

iPhone SE 第3世代のベンチマークスコア

iPhone SE 第3世代のベンチマークスコアを検証しました。参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark」の測定結果を下記に記載しておきます。

iPhone SE 第3世代のAntutu Benchmarkスコア(※3回連続計測)

iPhone SE 第3世代のAntutu Benchmarkスコア(※3回連続計測)

A15 Bionic(4コアGPU)搭載「iPhone SE 第3世代」のAntutu Benchmarkスコアは「734,720点(※検証時のMAXスコア)」でした。異常な発熱はないものの、負荷がかかっている影響かバッテリーの減りは早かったです。

肝心の動作については、タッチ操作やスクロールなどの動作レスポンス、アプリの起動や切り替えなどを含め快適です。

一般的な電話、メール、ウェブブラウジングなどは全く問題ありませんでした。高性能な最新チップである「A15 Bionic」採用ということもあって、ゲームも楽しめる一台に仕上がっています。

iPhone SE 第3世代で利用できる設定・便利機能

iPhone SE 第3世代で利用できる設定・便利機能

iPhone SE 第3世代で利用できるおすすめ設定・便利機能を以下にまとめました。(※機能を一部ピックアップしています。)

バッテリー残量(%)表示 ○(※画面オン中なら常時表示OK)
ピクチャ・イン・ピクチャ ○(※対応アプリのみ)
AirDrop
簡易アクセス
触覚タッチ
背面タップ

iPhone SE 第3世代では、画面オン中ならバッテリー残量(%)を常時表示可能です。また、触覚タッチや背面タップなどの便利機能も引き続き利用できます。

YouTube video

上記のYouTube動画にてiPhone SE 第3世代を買ったら知っておきたい10のおすすめ設定・便利機能を紹介しているので、合わせてチェックしてみてくださいね!

iPhone SE 第3世代のゲーム・アプリ動作をチェック

iPhone SE 第3世代のゲーム・アプリ動作をチェック

iPhone SE 第3世代でゲームやアプリの動作を確認します。

以下の5段階で評価

  • とても快適に遊べる
  • 快適に遊べる
  • 普通に遊べる
  • ある程度遊べる
  • 動作困難

それでは、早速「iPhone SE 第3世代」を使い実際に試していきます。

iPhone SE 第3世代でモンストの動作チェック

iPhone SE 第3世代でモンストの動作チェック

iPhone SE 第3世代でモンストの動作チェックをしていきます。結果は、"とても快適に遊べる"。

一通り試しましたが、カクつくことなく快適に楽しむことができます。

iPhone SE 第3世代でポケモンGOの動作チェック

iPhone SE 第3世代でポケモンGOの動作チェック

iPhone SE 第3世代でポケモンGOの動作チェックをしていきます。結果は、"快適に遊べる"。

ポケモンGOは重い3Dゲームですが、ポケモン出現時や戦闘など含め快適です。もちろん、GPS感度も全く問題ありません。

30分プレイしてバッテリーは約7%減、ゲーム終了後の本体温度は約29.2度。気になる発熱はありませんでしたが、バッテリーの減りはやや早くなる印象です。

iPhone SE 第3世代でPUBGモバイルの動作チェック

iPhone SE 第3世代でPUBGモバイルの動作チェック

iPhone SE 第3世代で、PUBGモバイルの動作を確認していきます。結果は、"快適に遊べる"。

グラフィックは、「FHD」で「ウルトラ」まで選択でき、「スムーズ」は「極限」まで選ぶことが可能でした。

動作については、全く問題なしです。ただし、画面サイズが4.7インチと比較的小さいため操作のしやすさはイマイチでした。

30分プレイしてバッテリーは約12%減、ゲーム終了後の本体温度は約34.2度。異常な発熱はないものの、バッテリーの減りはかなり早いので注意しましょう。

iPhone SE 第3世代で使える通信キャリアをチェック

iPhone SE 第3世代で使える通信キャリアをチェック

iPhone SE 第3世代で使える通信キャリアをチェックしておきましょう。

機種名 iPhone SE 第3世代
対応バンド 4G:B1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/17/18/19
/20/21/25/26/28/30/32
/34/38/39/40/41/42/46/48/66
5G:n1/n2/n3/n5/n7/n8/n12
/n20/n25/n28/n30/n38/n40
/n41/n48/n66/n77/n78/n79

iPhone SE 第3世代の対応バンドは上記のとおりです。国内キャリアのバンドを幅広くカバーしています。ちなみに、利用可能キャリアは下記のとおりです。(※一部主要キャリアのみ記載、4G通信での検証)

キャリア 利用可否
ドコモ 通話○
データ通信○
au 通話○
データ通信○
ソフトバンク 通話○
データ通信○
ワイモバイル 通話○
データ通信○
楽天モバイル 通話 ○
データ通信○
ahamo(アハモ) 通話○
データ通信○

ちなみに、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルも利用可能。ちなみに、ahamoも通話・通信ともに問題なく使うことができました。

▼以下に国内主要キャリアのバンドをまとめておきました!

国内主要キャリアのバンドを見る(タップで表示)

バンド周波数帯 ドコモ au ソフトバンク/ワイモバイル 楽天モバイル
Band1
Band3
Band8
Band11
Band 18/26
Band19/26
Band21
Band28
Band41
Band42
5Gバンド周波数帯 ドコモ au ソフトバンク/ワイモバイル 楽天モバイル
n77(Sub6)
n78(Sub6)
n79(Sub6)
n257(ミリ波)

ドコモは、Band 1 / Band 3 / Band 19/26。山間部などで使うことがない場合は最悪、Band 19がなくても大丈夫です。auで使うなら、Band 1 / Band 18/26は抑えておきましょう。

ソフトバンクとワイモバイルで使うなら、Band 1 / Band 3 / Band 8の対応は必須。楽天モバイルは、Band 3 / Band 18。パートナーエリアで利用したいならBand 18も必須です。

iPhone SE 第3世代のカメラをレビュー

iPhone SE 第3世代のカメラをレビュー

iPhone SE 第3世代のカメラをレビューしていきます。

iPhone SE 第3世代のカメラ・動画撮影性能をチェック

iPhone SE 第3世代は、シングルカメラ搭載。カメラ構成を以下にまとめました。

1200万画素 広角レンズ / F値1.8

構成は、1200万画素の広角レンズ(F値1.8)です。新たにフォトグラフスタイルやDeep Fusion、スマートHDR 4に対応しました。ただし、ナイトモードには非対応なので必要しましょう。

インカメラの仕様は以下のとおり。

700万画素 ー / F値2.2

インカメラは、1200万画素(F値2.2)のシングルカメラ仕様です。

アウトカメラの動画撮影性能は以下にまとめました。

8K 撮影 非対応
4K 撮影 30fps/60fps
1080p撮影 30fps/60fps
スローモーション撮影

動画性能については、手ブレ補正もしっかり効いていて意外と撮れる印象です。流石にiPhone 13シリーズには及ばないものの、動きながらの撮影もある程度は問題ないでしょう。

iPhone SE 第3世代のカメラで撮影した作例

今回は、僕がiPhone SE 第3世代のカメラを魅力に感じた点を含め、作例を交えてご紹介していきます。

※タップして拡大出来ます。
日中

▼広角で撮影

▼左がiPhone SE 第3世代、右がiPhone SE 第2世代

▼左がiPhone SE 第3世代、右がiPhone 7

明るさは十分、ハッキリ撮れる印象です。よく見ると、従来モデルよりも細部まで表現できています。ただ、劇的に変わった感じはありませんでした。

▼デジタルズーム最大5倍

デジタルズームは、最大5倍まで可能。解像感は粗くなりますが、記録程度なら問題ないでしょう。遠くにある被写体をグッと寄って綺麗に撮りたい人は注意が必要です。

その他

夜景・暗所

▼広角で撮影

▼左がiPhone SE 第3世代、右がiPhone SE 第2世代

▼左がiPhone SE 第3世代、右がiPhone 7

暗所・夜景撮影については、"物足りない"印象。光量が極端に少ない場面では、従来モデルよりも少しだけ明るく撮れています。ただし、引き続きノイズが出やすく解像感も粗くなりがちでした。

第2世代から大きく進化した感じはなく、ナイトモード対応iPhoneとは比べるまでもありません。今回ナイトモードは非搭載なのはとても残念です。

iPhone SE 第3世代のバッテリー持ちをチェック

iPhone SE 第3世代のバッテリー持ちをチェック

iPhone SE 第3世代のバッテリー持ちについては、"あまり良くない"という結果になりました。

機内モードオンで、Wi-Fiのみオンにした状態でYouTubeを流し続け、1時間おきにバッテリー残量を計測するテストを行った結果は以下のとおりです。※テスト環境、条件により差が出る場合があるので注意してください。

バッテリー持ち検証

機種名 0時間経過 1時間経過 2時間経過 3時間経過
iPhone SE 第3世代 100% 97% 89% 81%
iPhone SE 第2世代 100% 90% 76% 63%
iPhone 13 mini 100% 97% 90% 83%
iPhone 12 100% 96% 88% 81%

単純にYouTube動画を流すだけのテストではありますが、従来比でかなり持ちは良くなっている印象です。

ちなみに、じっくり検証した結果は上記のとおりです。ネット検索、SNS、動画視聴、音楽鑑賞、ゲームなどを検証しつつ、1日終了時点での残量は約24%程度。物凄くバッテリー持ちが良いとは言えず、僕の使い方でも1日1回の充電が必要です。

もちろん利用環境や使い方によっても変わってきますが、電話やメール、ネット検索、SNSなどを中心に使うライトユーザーなら1日はおそらく問題ないと思います。

ただ、場合によってはモバイルバッテリーが必要なシーンもあるかもしれませんので注意しましょう。(※旅行時などは準備しておくと良いかも)

iPhone SE 第3世代の指紋認証をチェック

iPhone SE 第3世代の指紋認証をチェック

iPhone SE 第3世代は、Touch ID(指紋認証)にのみ対応しています。

iPhone SE 第3世代のTouch ID(指紋認証)

iPhone SE 第3世代のTouch ID(指紋認証)

早速、Touch ID(指紋認証)を試してみました。精度・認証スピードも問題なく、安定したロック解除が可能です。

顔認証とは違い机に置いたままでも認証OK、失敗する確率も低く使いやすさを感じました。もちろん、マスク時にも快適なロック解除を行えます。

iPhone SE 第3世代のスピーカー(音質)をチェック

iPhone SE 第3世代のスピーカー(音質)をチェック

iPhone SE 第3世代は、ステレオスピーカーを搭載。肝心の音については、クリアで迫力あるサウンドを楽しめます。

▼iPhone SE 第3世代のステレオスピーカーの音はこちら!

フリー音源 Song: Zero Venture - Point Of View (feat. Cadence XYZ) Link: https://youtu.be/EnarUjBnLXw Music promoted by FMW. Released by Mind Resurgence.

実際に様々な"音"をiPhone SE 第3世代から出して検証してみましたが、クリアさが増し、従来モデルよりも音圧が向上していました。

動画鑑賞やゲームなど、スピーカーから出る音を楽しみたい人にもおすすめできます。

ちなみに、イヤホンジャックには非対応です。有線イヤホンをどうしても利用したい人は、変換アダプタ(別売)などを準備しておきましょう。

iPhone SE 第3世代のメリット(良いところ)

iPhone SE 第3世代のメリット(良いところ)

iPhone SE 第3世代を実際に使ってみて感じたメリットをチェックしていきます。

ココがメリット(良い点)

⭕ コンパクトなサイズ感と軽さが魅力!日常使いには最適!
⭕ 快適な動作レスポンス!ゲームもできる!
⭕ 従来モデルよりも発熱が抑えられている
⭕ 扱いやすいシングルカメラ!動画撮影はそこそこイケる!
⭕ クリアで迫力あるステレオスピーカー搭載!
⭕ バッテリー残量をステータスバーに常時表示できる
⭕ Touch ID(指紋認証)対応のホームボタンが最高すぎる!
⭕ 一度購入すれば長期アップデートが期待できる
⭕ IP67防水防塵&Apple Payも備えている
⭕ 第2世代よりバッテリー容量UP&約4g軽くなってる!
⭕ 急速充電対応&ワイヤレス充電にも対応
⭕ ケースや保護フィルムなどが充実!選べるアクセサリーも魅力!

以上が、iPhone SE 第3世代を使って感じた良いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

コンパクトなサイズ感と軽さ&快適動作レスポンスが魅力!

iPhone SE 第3世代の魅力は、コンパクトなサイズ感と軽さ+快適動作レスポンスです。

日常使いしやすいサイズ感かつ軽いので、片手操作もラクラク。出先で手に持ったまま長電話をしても、疲れにくいのが素敵でした。(※SE 第2世代より約4gかるくなっています)

また、Appleの最新チップ「A15 Bionic」を搭載していることもあって、動作は快適そのものです。

発熱を心配していましたが、以前よりも抑えられている印象。長時間オンラインゲームなどをしない限りは問題ないでしょう。

指紋認証対応のホームボタンが最高すぎる!

引き続きTouch ID(指紋認証)対応のホームボタンを採用しているiPhone SE 第3世代。改めて、顔認証よりも快適に使えるシーンが多いと感じました。

iPhone 12シリーズ以降のFace ID搭載機はマスク認証に正式対応

iOS15.4にて顔認証がマスクに正式対応したことで、一部Face ID対応モデルの使いやすさは格段に向上しました。僕自身もう指紋認証は"必要ない"と思っていましたが、実際にはそんなことなかったです。

顔認証の場合、引き続き画面に顔をある程度向けないといけません。失敗こそ少ないですが、手間に感じるシーンもあるでしょう。

一方で、指紋認証なら画面を見ず直感的にロック解除できるので、やっぱり便利だなって感じました。

このあたりは、用途や利用環境なども考えつつ自分に合った最適なものを選んでいきましょう。

iPhone SE 第3世代のデメリット(悪いところ)

iPhone SE 第3世代のデメリット(悪いところ)

iPhone SE 第3世代を実際に使ってみて感じたデメリットをチェックしていきます。

ココがデメリット(悪い点)

❌ デザイン刷新がないのは残念!
❌ カメラ性能が物足りない!超広角や望遠なし
❌ ナイトモード非搭載!暗所・夜景撮影が苦手
❌ 直射日光下だと少し見にくくなる
❌ Type-Cコネクタ非採用!
❌ イヤホンジャック&microSDは非搭載
❌ バッテリー持ちは物足りない!ただ従来比ではしっかり改善!
❌ 上下ベゼルが太い!画面が狭く感じる

以上が、iPhone SE 第3世代を使って感じた悪いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

カメラ性能が物足りない!ナイトモード非搭載は残念!

iPhone SE 第3世代のカメラ性能は、思ったよりも進化が少ない印象です。

個人的には、ナイトモード非搭載もとても残念です。また、超広角や望遠がないため、様々なシーンに合わせてレンズを切り替えて撮っていくこともできません。

従来比で劇的に撮れる写真が変わった、という体験は残念ながらできません。カメラ性能を求めているか、求めていないのかを考えつつ選んでいきましょう。

バッテリー持ちは物足りない!従来比ではしっかり改善!

気になるバッテリー持ちについては、従来比でしっかり改善しています。ただし、まだ物足りない印象です。

実際にじっくり1日使ってみましたが、ネット検索やTwitter、動画鑑賞、ゲームなど満遍なく楽しんで就寝時にはバッテリー残量は24%でした。

少なくとも僕の使い方では、1日1回の充電は必須です。ライトユーザーの方であれば1日は大丈夫だと思いますが、使い方によって物足りないと感じる場合もあるかもしれないので注意しましょう。

iPhone SE 第3世代の口コミ・評判をチェック

iPhone SE 第3世代の口コミ・評判をチェック

iPhone SE 第3世代の口コミ・評判を以下に集めてみました。

女性

手にフィット感があって、持ちやすいのが良いですね♪私のように普段から動画鑑賞や漫画を読んだりされる方には、画面サイズが小さいと感じるかもしれません。サイズ感が合っているかどうか、手にとって確認するのがおすすめです!(椿さん)

ちえほん
iPhone SE 第3世代の口コミコメントを大募集!もし良かったらコメント欄への投稿をお待ちしています。

iPhone SE 第3世代の評価まとめ

iPhone SE 第3世代の評価まとめ

iPhone SE 第3世代は、使いやすいサイズ感と軽さ、快適な動作、価格も抑えつつ長く使える一台を求めている人にこそおすすめなモデルです。

個人的なiPhone SE 第3世代の評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
画面表示&綺麗さ ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★☆☆
スピーカー ★★★★☆
カメラ ★★★☆☆

iPhone SE 第3世代は日常的にちょうど良いサイズ感、長時間利用しても疲れない軽さがとても魅力的でした。

また、ホームボタン採用かつ「Touch ID(指紋認証)」対応なのは最高。顔認証よりも手軽で、失敗しにくいのもやっぱり良かったです。最新モデルですが、どこか懐かしく使いやすさを感じます。

一方で、従来モデルからのデザイン刷新やカメラ性能の大幅向上などはなく、あくまでマイナーアップデートという印象が強い一台でもありました。

とはいえ、できるだけ安く、一度買えば安心して長く使えるスマホを求める人には最適なスマホであるのは間違いないでしょう。

自分がスマホに求めているものは"何か"、という部分を明確にして、選んでいくのがおすすめです。

もちろん、どんなスマホでも良いところ、悪いところは必ずあります。より自分に合った一台を選んでいきましょう。ぜひ、iPhone SE 第3世代も一度チェックしてみてください!

ちえほん
質問等ありましたら、是非コメントお待ちしております。

iPhone SE 第3世代の価格とお得に買う方法

iPhone SE 第3世代の価格とお得に買う方法

iPhone SE 第3世代の販売価格は以下のとおりです。

iPhone SE 第3世代の販売価格(参考価格)

  • ドコモ : 65,230円(税込)から
  • au / UQ mobile : 65,355円(税込)から
  • ソフトバンク / ワイモバイル : 67,680円(税込)から
  • 楽天モバイル : 57,800円(税込)から
  • Apple Store : 57,800円(税込)から

iPhone SE 第3世代の本体代だけで考えれば、AppleStoreや楽天モバイルでの購入がお得です。

ただ、各社のりかえなどで割引キャンペーンを実施していたり、お返しプログラムなどを利用することでより安く買うことができます。

どうせ買うなら、少しでもお得にオンラインで!ぜひ、一度チェックしてみてください!

\ この記事をシェアする /

  • この記事を書いた人

ちえほん

スマートフォンを専門に取り扱うブログ+YouTubeチャンネルを運営。実際に使って感じたことを正直にお伝えします!Real Soundなど国内メディア等への寄稿やYahoo!JAPANクリエイターズプログラムでも活動中。詳しいプロフィールはこちら


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

-スマートフォン
-

© 2022 モバイルドットコム