スマートフォン

Galaxy Note20 Ultra 5G レビュー | 買ってわかった凄いところと気になるところ

更新日:

Galaxy Note20 Ultra 5G レビュー

はぁ〜また買っちゃった!どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

2020年8月中旬より海外で発売が開始されたSamsung(サムスン)最新フラッグシップモデル「Galaxy Note20 Ultra 5G」。大画面6.9インチ有機ELディスプレイ&リフレッシュレート120Hz対応、高性能な「Snapdragon 865+」、メモリ(RAM)12GBを採用、1億800万画素含むトリプルカメラ搭載スマホです。

本記事では、Samsung最強ハイエンドモデル「Galaxy Note20 Ultra 5G」の開封&ファーストインプレッションをお届けします。また、実際に手にとってわかった凄いところと気になるところを"正直にレビュー"お伝えしていきます。

Galaxy Note20 Ultra 5G

Galaxy Note20 Ultra 5G

「Galaxy Note20 Ultra 5G」は、"所有欲を満たしてくれる一台"。この一言に尽きます。スペック値よりも全然軽く感じる本体設計や不満のない動作レスポンス、万能なカメラに大画面フルスクリーンは凄く魅力的でした。

ココが凄い!

⭕ディスプレイが超大画面かつ綺麗!動画やゲームにも最適
⭕動作快適!ベンチマークスコア約59万点!
⭕ステレオスピーカーの音がクリアで最高
⭕スペック値よりも軽く感じる本体設計が素晴らしい
⭕万能なトリプルカメラ!弱点だった望遠も強化されている
⭕電源ボタン+音量ボタンが右側に変更!使いやすい!
⭕エッジディスプレイがより狭く、ケースを付けるとフラットに近くなる
⭕デザインに高級感を感じる!背面は指紋が付かない
⭕Sペンがより快適に書ける!遅延が少ない!

ココが気になる!

❌リフレッシュレート120Hz適用はFHD+まで!
❌リフレッシュレート120Hzに固定はできない!
❌比較的発熱しやすい!
❌カメラが出っ張る影響で机に置いてSペンで書くとグラグラする
❌画面スリープ直後に指紋認証位置が分からない!

Galaxy Note20 Ultra 5G 開封の儀

Galaxy Note20 Ultra 5G 開封の儀

Galaxy Note20 Ultra 5G 開封の儀

それでは、早速「Galaxy Note20 Ultra 5G」を開封していきましょう。外箱には、「Sペン」と「Galaxy Note20 Ultra 5G」の文字が刻まれています。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの付属品

Galaxy Note20 Ultra 5Gの付属品

付属品は、電源アダプター(海外向け)、充電ケーブル、説明書、SIMピン、AKGイヤホン(端子はType-C)、純正ケースが入っています。

Galaxy Note20 Ultra 5Gは6.9インチ有機ELディスプレイ

Galaxy Note20 Ultra 5Gは6.9インチ有機ELディスプレイ

「Galaxy Note20 Ultra 5G」のディスプレイは大画面で鮮やかな発色、とても綺麗です。画面上にパンチホール型のインカメラが備わっており、旧モデルより約1周りほど小さくなってインカメラが邪魔になりません。

左がGalaxy Note10+、右がGalaxy Note20 Ultra 5G

左がGalaxy Note10+、右がGalaxy Note20 Ultra 5G

また、物理ボタンはない6.9インチ大画面フルスクリーンなので、画面を広く使えて動画鑑賞やゲームにも適しています。個人的には快適なジェスチャー操作を使えるのも魅力だと感じます。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの背面デザイン

Galaxy Note20 Ultra 5Gの背面デザイン

背面は高級感あふれる仕上がりで、左上に「トリプルカメラ+レーザーオートフォーカス」を搭載、下部に「Samsung」と刻まれています。とてもシンプルで個人的にはかなり好印象でした。

ミスティックブロンズは磨りガラス仕様

ミスティックブロンズは磨りガラス仕様

ミスティックブロンズは、磨りガラス仕様でサラサラしたマッドな触り心地です。指紋が全く目立たないのは最高すぎました。また、背面はキズにも強く、2メートルの高さから落としても耐えれる最新ガラス「Gorilla Glass Victus(ゴリラガラスヴィクタス)」が使われています。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのカメラ部分

Galaxy Note20 Ultra 5Gのカメラ部分

Galaxy Note10+のカメラ部分

Galaxy Note10+のカメラ部分

気になるカメラ部分ですよね。正直かなり出っ張っています。お世辞にも気にならないとは言えないレベルで、SIMカードの台紙3枚分の厚さがあります。ちなみに、Galaxy Note10+は約1枚分だったことを考えるとどのぐらいカメラが出ているか想像しやすいと思います。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの重さは約208g

Galaxy Note20 Ultra 5Gの重さは約208g

後ほど、詳しく触れますが「Galaxy Note20 Ultra 5G」の重さは約208gと重量級なスマホです。ただ、実際に持ってみると数値よりもずっと軽く、なかなか持ちやすいです。

正直に言うと、Galaxy Note10+よりも持ちやすさを感じるレベルとなっています。そのぐらい手にとってみないと分からないちょうど良さがあるスマホです。

Galaxy Note20 Ultra 5Gを買ってわかった凄いところ!

Galaxy Note20 Ultra 5Gを買ってわかった凄いところ

購入しないと分からない部分も含め、Galaxy Note20 Ultra 5Gを買ってわかった凄いなって思うところをご紹介していきます。

ココが凄い!

⭕ディスプレイが超大画面かつ綺麗!動画やゲームにも最適
⭕動作快適!ベンチマークスコア約59万点!
⭕ステレオスピーカーの音がクリアで最高
⭕スペック値よりも軽く感じる本体設計が素晴らしい
⭕万能なトリプルカメラ!弱点だった望遠も強化されている
⭕電源ボタン+音量ボタンが右側に変更!使いやすい!
⭕エッジディスプレイがより狭く、ケースを付けるとフラットに近くなる
⭕デザインに高級感を感じる!背面は指紋が付かない
⭕Sペンがより快適に書ける!遅延が少ない!

ディスプレイが超大画面かつ綺麗!動画やゲームにも最適

ディスプレイが超大画面かつ綺麗

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、極狭ベゼルで大画面6.9インチ有機Elディスプレイ、解像度3088x1440(WQHD+)を採用しています。

動画鑑賞やゲーム中心に利用したい人にとって、6.9インチの大画面っていうだけで魅力的ですよね?僕自身よく動画鑑賞をしますが、6.9インチの大画面に慣れてしまうと小さい画面のスマホに見づらさや違和感を感じるぐらい、ちょうどよい大画面に魅了されています。

6.9インチと聞くと大画面すぎないか、と心配に感じる人もいると思いますが、Galaxy Note20 Ultra 5Gは想像しているよりも使いやすいサイズ感です。

快適な動作!ベンチマークスコア約59万点!

ベンチマークスコア約59万点

Galaxy Note20 Ultra 5Gの動作は、当たり前ですがとても快適。CPUに最新で高性能な「Snapdragon 865+」を搭載、メモリ(RAM)は12GBを採用と文句なしのハイスペック仕様です。

ベンチマークスコアは、約59万点となっています。PUBGモバイル等の重い3Dゲームも問題なく、遊ぶことが可能です。どこまでを求めるかは人それぞれですが、少なくとも一般的な使い方に対して、動作に不安を感じることありません。

スペック値よりも軽く感じる本体設計が素晴らしい

スペック値よりも軽く感じる本体設計が素晴らしい

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、スペック値よりも軽く感じる本体設計が素晴らしいです。旧モデルNote10+よりも約11g、遂に200gを超えてしまいました。

ただ、実際に手にとってみるとびっくりするほど使いやすく、むしろ軽いとまで感じるぐらいです。本体設計を突き詰めれば、ここまで重さをカバーできるか!って思わず声に出していました。

それ以外にも電源ボタン+音量ボタンが右側に変更になったことでより使いやすくなりました。また、エッジディスプレイがより狭く、ケースを付けるとほぼフラット近くなるのもかなり魅力的です。

万能なトリプルカメラ!弱点だった望遠も強化されている

万能なトリプルカメラ

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、トリプルカメラ+レーザーオートフォーカスを搭載しています。カメラ構成は、1億800万画素の広角(F1.8)、1200万画素の超広角(F2.2) 、1200万画素の望遠(F3.0)の3眼です。

特に今まで弱点とされてきた望遠カメラは大幅に強化。5倍光学ズーム、最大デジタルズーム50倍まで対応しています。

実際にGalaxy Note20 Ultra 5Gで撮影した作例を以下にまとめました。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの広角で撮影した公園

Galaxy Note20 Ultra 5Gの広角で撮影した公園

Galaxy Note10+の広角で撮影した公園

Galaxy Note10+の広角で撮影した公園

Galaxy Note20 Ultra 5Gの超広角で撮影した公園

Galaxy Note20 Ultra 5Gの超広角で撮影した公園

Galaxy Note10+の超広角で撮影した公園

Galaxy Note10+の超広角で撮影した公園

広角、超広角ともにS20シリーズに近い写真が撮影可能で、Note10+の写真と比較すると、だいぶ印象が変わった感じがします。

分かりやすいのが、空の色です。Galaxy Note20 Ultra 5Gはより色味が濃く、SNS映えするような写真撮影が行えます。好みが分かれるかもしれません。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの5倍光学ズーム

Galaxy Note20 Ultra 5Gの5倍光学ズーム

Galaxy Note20 Ultra 5Gの10倍デジタルズーム

Galaxy Note20 Ultra 5Gの10倍デジタルズーム

Galaxy Note10+の10倍デジタルズーム

Galaxy Note10+の10倍デジタルズーム

Galaxy Note20 Ultra 5Gの50倍デジタルズーム

Galaxy Note20 Ultra 5Gの50倍デジタルズーム

旧モデルで寄れる限界のところはまだまだ粗さがなく綺麗な写真が撮れていて、さらにそこからもう一段回寄って撮影ができるようになったのは魅力的です。

(※左がGalaxy Note20 Ultra 5G、右がGalaxy Note10+)

懸念点だったオートフォーカス速度やピントの合い具合は、不満に感じることはなかったです。ただ、写真によってはNote10+の方がピタッとピントが合いやすい場面もありました。

色味の好みはありますが、相変わらずシャッターを切るだけで誰でも綺麗な写真を撮れるのはGalaxyシリーズの魅力です。今回のGalaxy Note20 Ultra 5Gは、明らかに望遠が強化されており、犬や猫などのあまり近づいて撮影できない被写体を撮るときにも便利です。

運動会等でもGalaxy Note20 Ultra 5Gの望遠レンズであれば間違いなく活躍してくれるでしょう。今回のカメラは今まで物足りないと感じていた部分をしっかりと克服・改善してくれています。(※夜景に関しては後日追記予定です。)

Sペンがより快適に書ける!遅延が少ない!

Sペンがより快適に書ける

Galaxy Note20 Ultra 5GはこれまでのSペンよりも遅延が少なくなっています。そのため、線を引く時の表示がより速く、「描き心地」が格段に良いです。

Sペンの遅延を9ミリ秒になったことで、「Apple Pencil」と同等になりました。Note10+よりも描き心地がかなり良くなっており、さらに違和感なく書けるようになっています。

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、今までよりももっとSペンを使って書きたくなる一台です。

Galaxy Note20 Ultra 5Gを買ってわかった気になること!

Galaxy Note20 Ultra 5Gを買ってわかった気になること

Galaxy Note20 Ultra 5Gの現時点でわかった気になることに触れていきたいと思います。

ココが気になる!

❌リフレッシュレート120Hz適用はFHD+まで!
❌リフレッシュレート120Hzに固定はできない!
❌比較的発熱しやすい!
❌カメラが出っ張る影響で机に置いてSペンで書くとグラグラする
❌画面スリープ直後に指紋認証位置が分からない!

リフレッシュレート120Hz適用はFHD+まで&固定はできない

リフレッシュレート120Hz適用はFHD+ま

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、ディスプレイ解像度3088×1440(WQHD+)に対応しています。

解像度の切り替えも行えるのですが、WQHD+に変更するとリフレッシュレート120Hzは利用できなくなる仕様となっています。

最高解像度でリフレッシュレート120Hzを利用したいという人にとっては注意が必要です。

また、Galaxy S20シリーズでは、高リフレッシュレート(120Hz)に固定が可能でしたが、Galaxy Note20 Ultra 5Gはコンテンツによって自動調整されるように変更されています。

比較的発熱しやすい!!

比較的発熱しやすい

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、比較的発熱しやすいように感じます。負荷がかかる動作については当然発熱しますが、普通に使っていてもほんのり温かくなる感じがあります。

ちなみにベンチマーク計測後の温度は、約41.1度でした。同価格帯スマホに比べて高すぎる温度ではないものの、発熱が始まるタイミングが早い感じがしています。

カメラが出っ張る影響で机に置いてSペンで書くとグラグラする!

カメラの出っ張りを含めデザイン性については概ね満足しているのですが、不満点もあります。

個人的に不満なのが机の上にGalaxy Note20 Ultra 5Gを置いて、Sペンでメモを書き込む時、本体がグラつくことです。

ディスプレイ下部に書き込む時はそこそこ安定しているのですが、中央より上部に書き込むとかなりグラつきがあり、書きやすいとは言えない状況になります。純正ケースを付けることで、若干緩和もされますが、やはりグラつきはあります。

机に置いて、Sペンで書き込みたい人にとっては、Galaxy Note20 Ultra 5Gは不向きです。置いたまま安定して書き込むには、手に持つか、カメラ部分の出っ張りがなくなるケースを手に入れる必要があります。

画面スリープ直後に指紋認証位置が分からない!

画面スリープ直後に指紋認証位置が分からない

画面スリープ直後に指紋認証位置が分からないというのは、Galaxy Note20 Ultra 5Gだけではなく、これまでの超音波式指紋認証を搭載したモデルすべて言えます。

他メーカーでは、画面スリープ直後どこに指を置けば認証できるわかるようになっている機種もあります。

意図しないタイミングで画面スリープになってしまい、すぐにロック解除したいのに指紋認証位置が分からないのは若干不便に感じます。

対策としては、Always On Displayを常時オンにしておくことです。バッテリー持ちは確実に悪くなりますが、指紋認証しやすくなります。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのレビューまとめ

Galaxy Note20 Ultra 5Gのレビューまとめ

Galaxy Note20 Ultra 5Gに"所有欲を満たしてくれる一台"だと感じました。スペックから表だけではわからない、手にとってこそわかる良さがあるスマホです。

特に本体サイズと重さからは想像できなかった使いやすいには驚かされました。本体の重さだけでみれば"208g"、旧モデルよりも11g増え誰もが"重くなった"と感じるでしょう。

「Galaxy Note20 Ultra 5G」は想像以上にちょうど良いスマホ

僕自身、不安に思っていました。ただ実際にはGalaxy Note10+よりも軽くなった?と錯覚するほど、軽く感じました。スペック表だけ見ていれば、どう考えてもちょうど良いサイズのスマホとはならないはずなんですが、「Galaxy Note20 Ultra 5G」は想像以上にちょうど良いスマホです。

ただ、気になる点ももちろんあります。個人的には置いたままSペンで書き込むこともあるので、カメラの出っ張りが影響で若干書き込みにくくなったのは非常に残念でした。

Sペンの書き心地がかなり良くなっているだけに、本当に惜しいです。とはいえ、手に持ってSペンを利用する人にとってはあまり関係ないので過度な心配は必要ないでしょう。

その点を踏まえ全体的な仕上がりは、間違いなく過去一ではあるものの、合う合わないはある一台だと感じました。自分の使う環境や用途によって合うかどうかはぜひじっくり考えてみてください。

ココが凄い!

⭕ディスプレイが超大画面かつ綺麗!動画やゲームにも最適
⭕動作快適!ベンチマークスコア約59万点!
⭕ステレオスピーカーの音がクリアで最高
⭕スペック値よりも軽く感じる本体設計が素晴らしい
⭕万能なトリプルカメラ!弱点だった望遠も強化されている
⭕電源ボタン+音量ボタンが右側に変更!使いやすい!
⭕エッジディスプレイがより狭く、ケースを付けるとフラットに近くなる
⭕デザインに高級感を感じる!背面は指紋が付かない
⭕Sペンがより快適に書ける!遅延が少ない!

ココが気になる!

❌リフレッシュレート120Hz適用はFHD+まで!
❌リフレッシュレート120Hzに固定はできない!
❌比較的発熱しやすい!
❌カメラが出っ張る影響で机に置いてSペンで書くとグラグラする
❌画面スリープ直後に指紋認証位置が分からない!

最新Galaxy Note20 Ultra 5Gを買ってわかった凄いところと気になるところ少しでも参考になれば嬉しいです。質問等ありましたら、是非、コメントお待ちしております。

スペックを見る(タップで表示)

機種名 Galaxy Note20 Ultra 5G Galaxy Note10+
本体サイズ
(縦×幅×厚さ)
約163.8x77.2x8.1 mm 約162.3×77.2×7.9mm
重量 208g 197g
ディスプレイ 約6.9インチ
有機ELディスプレイ
120Hzリフレッシュレート
約6.8インチ
有機ELディスプレイ
60Hzリフレッシュレート
CPU(SoC) Snapdragon 865+ Snapdragon 855
メモリ(RAM) 8GB/12GB 12GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB/256GB/512GB 256GB
外部ストレージ microSDXC 最大1TB microSDXC 最大1TB
メインカメラ トリプルカメラ
1億800万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,200万画素(望遠)
レーザーAF
トリプルカメラ
1,600万画素(超広角)
1,200万画素(広角)
1,200万画素(望遠)
深度測位カメラ(TOF)
サブカメラ 約1000万画素 約1000万画素
バッテリー 4,500mAh 4,300mAh
防水・防塵 IP68 IP68
その他 5G対応
イヤホンジャック非搭載
ワイヤレス充電対応
5G非対応
イヤホンジャック非搭載
ワイヤレス充電対応

(※参照・引用元:https://www.galaxymobile.jp/galaxy-note20/)

\ この記事をシェアする /


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

-スマートフォン
-

© 2020 モバイルドットコム