スマートフォン

Galaxy Note20 Ultra 5G レビュー |使って感じたメリット・デメリットと評価まとめ!

更新日:

Galaxy Note20 Ultra 5G レビュー |使って感じたメリット・デメリットと評価まとめ!

Galaxy Note20 Ultra 5Gの使用感レビュー!どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

Samsung(サムスン)のフラッグシップモデル「Galaxy Note20 Ultra 5G」。Sペンが使える大画面6.9インチ(有機EL)&高リフレッシュレート120Hz対応、1億800万画素含むトリプルカメラ搭載スマホです。

高性能な「Snapdragon 865+」、メモリ(RAM)最大12GB、最大50倍デジタルズーム含むトリプルカメラ採用など、"ロマン"あふれる魅力的な一台。今回は、そんなGalaxy Note20 Ultra 5Gを使って感じる良いところ、悪いところについて、すべて正直にお伝えしてきます。

個人的なGalaxy Note20 Ultra 5Gの評価

個人的なGalaxy Note20 Ultra 5Gの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★☆☆
携帯性 ★★★☆☆
ゲーム性能 ★★★★★
画面表示&綺麗さ ★★★★★
バッテリー持ち ★★★★☆
スピーカー ★★★★★
カメラ ★★★★☆

本記事では、Galaxy Note20 Ultra 5Gを外観・デザイン、カメラ、スペック性能やゲーム・アプリ動作、指紋認証・顔認証の快適さ、バッテリー持ち、使って感じたメリット・デメリット(良いところ、悪いところ)、口コミ・評判などを含め使用感レビューをして評価していきます。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの魅力!

Galaxy Note20 Ultra 5Gの魅力は、大きく以下の3つです。

大画面6.9インチで見やすい&リフレッシュレート120Hz対応!

大画面で見やすい&リフレッシュレート120Hz対応

Galaxy Noteシリーズでは史上最も大きい6.9インチ有機ELディスプレイ採用、さらに初のリフレッシュレート120Hzに対応しました。

見やすく、Sペンで書き込みやすいディスプレイは非常に魅力的で、Note10+と比べてエッジ部分が緩やかになったのも嬉しいポイントです。

また、リフレッシュレート120Hzに対応したことで、スクロール時などに残像が少ないなめらかな表示が可能になっています。

万能なトリプルカメラ!最大50倍デジタルズームで望遠も大幅強化

万能なトリプルカメラ

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、従来モデルで物足りないと感じていた"望遠カメラ"が一気に強化されました。

ペリスコープ式の望遠カメラを採用し、最大50倍のデジタルズームに対応。月も撮れるカメラにレベルアップしています。

また、メインカメラには1億800万画素カメラを搭載するなど、今までのカメラの使いやすさはそのままに撮れる写真を強化した一台です。

Sペン自由にメモが取れる!遅延改善や新機能追加も魅力

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、Sペンがこれまで以上に書きやすく、エアアクションなどで利用できる機能も増えました。

iPad Proで利用できるApple Pencil2と同等のレイテンシ(遅延時間)を実現。書き込んだ線が遅延なくついてきてくれる感じで、今までよりも違和感なく書き込めます。

また、Note10シリーズで搭載されたペンを振るジェスチャーで遠隔操作ができる「エアアクション」機能に、戻るや進むなどの操作が追加されました。

地味な変更点ではあるものの、実際に使ってみると「これは良い!」としっかり変化を感じられるのが魅力です。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの外観・デザインをレビュー

Galaxy Note20 Ultra 5Gの外観・デザインをレビュー

Galaxy Note20 Ultra 5Gの外観・デザインをチェックしていきます。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのパッケージデザイン

パッケージデザインは上記のとおりです。「Note20 Ultra 5G」と刻まれており、外観デザインも描かれています。いつもどおり高級感があって、手にとった人がワクワクするパッケージデザインです。

約6.9インチ有機ELディスプレイ

ディスプレイサイズは、約6.9インチ有機ELディスプレイ、解像度は1440x3088(Quad HD+)を採用しています。Galaxyシリーズらしい綺麗なディスプレイです。

パンチホール型のインカメラを採用

ディスプレイ中央に従来よりもわずかに小さくなったパンチホール型のインカメラを採用、物理ボタンはなくフルスクリーンで画面を広く使うことが可能です。

背面デザイン

背面デザインは、左上に「トリプルカメラ+レーザーAF」、中央下部に「Samsung」とロゴが刻まれています。(※レビューに利用しているのは海外版です。国内版とはわずかにロゴ等が異なるのでご注意ください)

左からミスティックブロンズ、ミスティックブラック、ミスティックホワイト

左からミスティックブロンズ、ミスティックブラック、ミスティックホワイト

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、ミスティックブロンズ、ミスティックブラック、ミスティックホワイトの3色展開です。

今回購入したのは、ミスティックブラウンで、唯一背面が磨りガラスを採用しています。サラサラとしたマッドな質感で触り心地もよく、手に馴染みやすいのが特徴です。

また、鏡面仕上げとは異なるので、指紋が全く付かないのも気に入っています。貫禄ある雰囲気を纏っており、手にとった人の所有欲を満たしてくれる一台です。

右側面には、「電源ボタン」、「音量ボタン」

右側面には、「電源ボタン」、「音量ボタン」

左側面には、ボタン類やスロットはありません。

左側面には、ボタン類やスロットはありません。

下部側面に「Sペン」、「スピーカー」、「Type-Cコネクタ」、「マイク」

下部側面に「Sペン」、「スピーカー」、「Type-Cコネクタ」、「マイク」

旧モデルと同様に、イヤホンジャックは非搭載です。ちなみにスピーカーは、ステレオスピーカーを採用しています。

上部側面には、「SIMスロット」、「マイク」

上部側面には、「SIMスロット」、「マイク」

SIMピンが必要なタイプのSIMスロットなので、開閉時は注意が必要です。(※SIMピンは付属しています。)

Galaxy Note20 Ultra 5Gの本体サイズ

本体サイズは約163.8x77.2x8.1mm、重さは約209g。横幅はNote10+と同じ、わずかに縦に長く、数mm厚くなっています。

Galaxy Note20 Ultra 5Gを実際に持ってみました

Galaxy Note20 Ultra 5Gを実際に持ってみました。手にとってみるとわかりますが、重心がほぼ中心にある影響か約209gとは思えないほど軽い印象を受けます。体感は、Note10+と大差ない印象です。

ただ、長時間持っていると物理的に重くなっている分、片手で持つには流石にきつくなってきます。

片手操作については、手の大きさは普通の僕がツイッター起動から投稿までを片手操作だけで完了できました。ただこのあたりは、ぜひ実機に一度触れてみることをおすすめします。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのスペック性能をレビュー

Galaxy Note20 Ultra 5Gのスペック性能をレビュー

Galaxy Note20 Ultra 5Gのスペック性能を表やベンチマーク計測してレビューしていきます。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのスペック表

Galaxy Note20 Ultra 5Gのスペック・性能以下にまとめてみました。(※参照:サムスン公式ページ

スペックを見る(タップで表示)

スペック Galaxy Note20 Ultra 5G
発売日 2020年10月15日
OS Android 10(初期OS)
CPU Snapdragon 865+
RAM 12GB
ストレージ 256GB
外部ストレージ microSDXC 最大1TB
本体サイズ 約163.8x77.2x8.1mm
重量 約208g
画面サイズ 約6.9インチ
ディスプレイ解像度 1440x3088(Quad HD+)
液晶の種類 有機ELディスプレイ
バッテリー 4500mAh
背面カメラ トリプルカメラ
1億800万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,200万画素(望遠)
レーザーAF
前面カメラ シングルカメラ
約1000万画素(標準)
防水/防塵 IP68
ワンセグ/フルセグ ×
緊急速報
指紋認証
顔認証
おサイフケータイ
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth Bluetooth 5.0
スピーカー ステレオスピーカー
充電端子 Type-C
カラー ミスティックブロンズ
ミスティックブラック
ミスティックホワイト(※海外のみ)

Galaxy Note20 Ultra 5Gのベンチマークスコア

Galaxy Note20 Ultra 5Gのベンチマークスコア

Galaxy Note20 Ultra 5Gのベンチマークスコアを検証しました。参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark」の測定結果を下記に記載しておきます。

▼Galaxy Note20 Ultra 5G
Galaxy Note20 Ultra 5Gのベンチマークスコア

▼Galaxy S20+
Galaxy S20+のベンチマークスコア

Snapdragon 865+搭載「Galaxy Note20 Ultra 5G」のAntutu Benchmarkスコアは「589,136点」でした。今回比較しているのは国内版のSnapdragon 865ではなく、Exynos 990搭載の「Galaxy S20+」です。

Snapdragonよりもわずかにスコアは落ちますが、いずれにせよ「Galaxy Note20 Ultra 5G」の方が高得点を出します。

肝心の動作については、アプリの起動や切り替えを含めレスポンスは非常に快適です。一般的な電話、メール、ウェブブラウジング、SNSなどは全く問題なく利用できます。

Sペンは何が変わった?強化ポイントまとめ

Sペンは何が変わった?強化ポイントまとめ

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、Note10+からSペンの強化が行われています。個人的に大きな変更点だと感じたものをピックアップして以下にまとめました。

Sペンの強化ポイント

  • Sペンの遅延が改善!iPad同様は9ミリ秒
  • テキストの上に手書き文字をかける
  • 「エアアクション」でできることが増えた
  • ペンボタンでノート作成が可能になった
Sペンで書いた時の遅延時間が改善

Sペンで書いた時の遅延時間が改善

Galaxy Note20 UltraのSペンは、応答時間の遅延が9ミリ秒に改善しています。これは、iPad Proで利用できるApple Pencil 2と同等の遅延レベルを実現。よりペンで書いた時についてきてくれる感じがあって、書きやすさが増しました。

個人的に良いなと思った改善点としては、テキストの上に手書き文字を書けるようになったことです。今までは、テキスト文字で入力した部分にSペンでラインを引いたりすることはできませんでした。

Note20 Ultraでは問題なく、文字の上にペンで書き込め、文章の添削等もより簡単にできるので便利です。(※最新のアップデートでNote10+でもテキストの上から書けるようになっていました)

Sペンのエアアクションに新機能が追加

Sペンのエアアクションに新機能が追加

また、「エアアクション」でできることも増えています。例えば、Sペンのボタンを押しながら振ると「戻る」や「進む」などを遠隔で本体に触れずに操作が可能です。

少し地味な変更のように感じてしまうかもしれませんが、実際に使ってみると「Sペン」の使い勝手が格段に良くなっています。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのスペックまとめ

Galaxy Note20 Ultra 5Gのスペックまとめ

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、間違いなく国内トップクラスのハイエンドモデルです。

大画面6.9インチで、これまでよりも使いやすく書きやすくなったSペン、快適な動作レスポンスを実現する高性能CPU「Snapdragon 865+」、最大50倍デジタルズームを含むトリプルカメラなど、ロマンあふれる仕様になっています。

また、安心のIP68防水防塵やS20シリーズよりも安定したバッテリー持ちも魅力です。(※国内版はおサイフケータイにも対応)

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、手にとった人の所有欲を完璧に満たしてくれる最上級スマートフォンとなっています。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのゲーム・アプリ動作をチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gでゲームやアプリの動作を確認します。

Galaxy Note20 Ultra 5Gでモンストの動作チェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gでモンストの動作チェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gでモンストの動作チェックをしていきます。結果は、"非常に快適に遊べる"でした。

モンストは比較的軽いゲームなので、Galaxy Note20 Ultra 5Gでは正直全く問題なく快適に遊ぶことができました。

Galaxy Note20 Ultra 5GでポケモンGOの動作チェック

Galaxy Note20 Ultra 5GでポケモンGOの動作チェック

Galaxy Note20 Ultra 5GでポケモンGOの動作チェックをしていきます。結果は、"非常に快適に遊べる"でした。

ポケモン出現時や戦闘、一覧表示なども重くならず、快適に遊ぶことが可能です。

ただし、少し発熱しやすい傾向があるので、出先での利用時は注意しておきましょう。発熱時でも、極端なバッテリー減りはあまり感じませんでした。

Galaxy Note20 Ultra 5GでPUBGモバイルの動作チェック

Galaxy Note20 Ultra 5GでPUBGモバイルの動作チェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gで、PUBGモバイルの動作を確認していきます。結果は、"非常に快適に遊べる"でした。

グラフィックは、「FHD」で「ウルトラ」まで選択でき、「スムーズ」は「極限」まで選ぶことが可能です。

動作については、重い3DゲームであるPUBGモバイルでも十分快適に遊べました。

ただし、こちらもある程度長時間プレイすることで発熱が発生します。本体を手にとって熱いと感じるぐらいにはなるので注意が必要です。

Galaxy Note20 Ultra 5Gで使える通信キャリアをチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gで使える通信キャリアをチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gで使える通信キャリアをチェックしておきましょう。

機種名 Galaxy Note20 Ultra 5G(au版)
対応バンド 4G:B1/3/18/26/28/42
5G:N77/N78/N257
機種名 Galaxy Note20 Ultra 5G(海外版)
対応バンド 4G:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19
/20/25/26/28/34/38/39/40/41
5G:N1/N41/N78/N79

Galaxy Note20 Ultra 5Gのau版は、しっかり5G ミリ波にも対応しています。ただし、使えるエリアはまだまだ少なく満足に使えるレベルにはないので、5G通信を楽しみたいので買われる方は注意が必要です。

ちなみに、海外版Galaxy Note20 Ultra 5Gでも4G LTE通信は可能で楽天モバイルを含む全キャリアでの利用が可能でした。Rakuten UN-LIMIT(ラクテンアンリミット)も快適に使えています。(※5G通信に関しては、エリア等の関係で検証できておりません。)

▼以下に国内主要キャリアのバンドをまとめておきました!

バンド周波数帯 ドコモ au ソフトバンク/ワイモバイル 楽天モバイル
Band1
Band3
Band8
Band11
Band 18/26
Band19
Band21
Band28
Band41
Band42

ドコモは、Band 1 / Band 3 / Band 19。山間部などで使うことがない場合は最悪、Band 19がなくても大丈夫です。auで使うなら、Band 1 / Band 18/26は抑えておきましょう。

ソフトバンクとワイモバイルで使うなら、Band 1 / Band 3 / Band 8の対応は必須。楽天モバイルは、Band 3 / Band 18。パートナーエリアで利用したいならBand 18も必須です。

Galaxy Note20 Ultraの海外版は現状、技適マークは表示されていないので取り扱いにはご注意くださいませ。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのカメラをレビュー

Galaxy Note20 Ultra 5Gのカメラをレビューしていきます。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのカメラ・動画撮影性能をチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gはトリプルカメラを搭載しています。カメラ構成を以下にまとめました。

1億800万画素 広角レンズ / F値1.8
1200万画素 超広角レンズ / F値2.2
1200万画素 望遠レンズ / F値3.0
レーザーAF -

カメラ構成は、1億800万画素の広角レンズ(F値1.8)、1200万画素の超広角レンズ(F値2.2)、1200万画素の望遠レンズ(F値3.0)の3眼構成に加え、レーザーAFを搭載しています。

1000万画素 インカメラ / F値2.2

インカメラは、1000万画素F値2.2のシングルカメラとなっています。

動画撮影性能は以下にまとめました。

8K 撮影 24fps
4K 撮影 24fps/30fps/60fps
1080p 撮影 24fps/30fps/60fps/120fps
1080pスローモーション撮影 240fps
720p スローモーション撮影 960fps

Galaxy Note20 Ultra 5Gのカメラで撮影した作例

今回は、僕がGalaxy Note20 Ultra 5Gのカメラを魅力に感じた点を含め、作例を交えてご紹介していきます。

※タップして拡大出来ます。
日中
▼Galaxy Note20 Ultra 5Gの広角カメラで撮影

Galaxy Note20 Ultra 5Gの広角で撮影した公園

Galaxy Note20 Ultra 5Gの広角で撮影した公園

Galaxy Note10+の広角で撮影した公園

Galaxy Note10+の広角で撮影した公園

▼Galaxy Note20 Ultra 5Gの超広角カメラで撮影

Galaxy Note20 Ultra 5Gの超広角で撮影した公園

Galaxy Note20 Ultra 5Gの超広角で撮影した公園

Galaxy Note10+の超広角で撮影した公園

Galaxy Note10+の超広角で撮影した公園

広角、超広角ともにS20シリーズに近い写真が撮影可能で、Note10+の写真と比較すると、だいぶ印象が変わった感じがします。

分かりやすいのが、空の色です。Galaxy Note20 Ultra 5Gはより色味が濃く、SNS映えするような写真撮影が行えます。好みが分かれるかもしれません。

▼Galaxy Note20 Ultra 5Gの望遠レンズ

Galaxy Note20 Ultra 5Gの5倍光学ズーム

Galaxy Note20 Ultra 5Gの5倍光学ズーム

Galaxy Note20 Ultra 5Gの10倍デジタルズーム

Galaxy Note20 Ultra 5Gの10倍デジタルズーム

Galaxy Note10+の10倍デジタルズーム

Galaxy Note10+の10倍デジタルズーム

Galaxy Note20 Ultra 5Gの50倍デジタルズーム

Galaxy Note20 Ultra 5Gの50倍デジタルズーム

旧モデルで寄れる限界のところはまだまだ粗さがなく綺麗な写真が撮れていて、さらにそこからもう一段回寄って撮影ができるようになったのは魅力的です。

色味の好みはありますが、相変わらずシャッターを切るだけで誰でも綺麗な写真を撮れるのはGalaxyシリーズの魅力です。今回のGalaxy Note20 Ultra 5Gは、明らかに望遠が強化されており、犬や猫などのあまり近づいて撮影できない被写体を撮るときにも便利です。

接写・ポートレート

十分被写体に寄って撮影はできるものの、マクロレンズはないため極端に寄って撮影することはできませんでした。

(※左がGalaxy Note20 Ultra 5G、右がGalaxy Note10+)

懸念点だったオートフォーカス速度やピントの合い具合は、不満に感じることはなかったです。ただ、写真によってはNote10+の方がピタッとピントが合いやすい場面もありました。

少し気になる点として、Galaxyシリーズでは毎回のことではありますが、料理などを寄って撮影する時に周りをぼかしすぎる傾向にあります。

ここは全体をハッキリ撮りたいという時に「AI」をオフにしてもぼかしはやはり入ってしまうんですよね。ぼかした方がお洒落に撮れる時もあるんですが、調節できるとさらに良くなりそうです。

ちなみに、料理時に少しハッキリ目の写真を撮りたい時は、上記の写真のように望遠レンズの光学2倍や3倍あたり上手く使うと案外綺麗に撮れるのでおすすめです。

夜景・暗所

「一瞬、あれ?昼間だっけ?」っとなるレベルで明るく撮れます。もはや明るすぎます(笑)

もちろん、暗さを調節すれば、現実に近い暗さの写真も撮れますが、暗所撮影で自分から暗くしないといけないところまできたのは恐ろしいですね。

より光量が足りない場面では、ナイトモードを活用するのがおすすめですが、標準オート撮影でもこれぐらいは撮れます。

何も考えず、シャッターを押すだけでここまで撮れてしまうので使い勝手的には素晴らしいです。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのバッテリー持ちをチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gのバッテリー持ちをチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gのバッテリー持ちについては、同価格帯スマホと比べても"十分良い"という結果になりました。

機内モードオンで、Wi-Fiのみオンにした状態でYouTubeを流し続け、1時間おきにバッテリー残量を計測するテストを行った結果は以下のとおりです。※各機種、基本的にデフォルト設定のままテストしています。テスト環境、条件により差が出る場合があるので注意してください。

バッテリー持ち検証

機種名 0時間経過 1時間経過 2時間経過 3時間経過
Galaxy Note20 Ultra 5G 100% 94% 88% 83%
HUAWEI P40 Pro 100% 96% 89% 81%
OPPO Find X2 Pro 100% 93% 85% 77%
Xperia 1 II 100% 94% 87% 80%
Galaxy S20 100% 90% 82% 73%
Galaxy S20+ 100% 92% 85% 78%

検証した結果、単純にYouTube動画を流すだけならS20シリーズよりもバッテリー持ちは良い結果になりました。また、同価格帯のハイエンド機と比べても比較的持ちは良い感じです。

実際に数週間利用してきましたが、朝から晩まで利用しても十分耐えてくれました。

もちろん使う環境や使い方にもよりますが、一般的な電話、メール、Web検索などが中心の使い方であれば問題なく、一日中安心して使えるバッテリー持ちを備えています。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの指紋認証と顔認証をチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gの指紋認証と顔認証をチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、超音波式の画面内指紋認証と顔認証どちらにも対応しています。

Galaxy Note20 Ultraの画面内指紋認証

Galaxy Note20 Ultraの画面内指紋認証

実際にGalaxy Note20 Ultra 5Gの超音波式画面内指紋認証を試してみました。Note10+から考えると格段に認証精度がよくなっている印象があります。

指が水で濡れていたり、乾燥していたりする場合でも認証が可能で、十分な快適な指紋認証利用可能です。

Galaxy Note20 Ultraの顔認証

Galaxy Note20 Ultraの顔認証

次に、顔認証を試していきましょう。認証速度も早く、メガネをかけていても正確に認証してくれます。

ただし、3D顔認証ではないため、顔認証はあくまでサブ的な使い方がおすすめです。メインのセキュリティは指紋認証で、顔認証も併用することで利便性を上げられます。(※個人的には虹彩認証が復活してくれたら嬉しいです)

Galaxy Note20 Ultra 5Gのスピーカー(音質)をチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gのスピーカー(音質)をチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gはステレオスピーカーを搭載。結論としては、同価格帯スマホの中でも音がクリアで、臨場感を楽しめるスピーカーとなっています。

▼Galaxy Note20 Ultra 5Gのステレオスピーカーの音はこちら!

実際に様々な"音"をGalaxy Note20 Ultra 5Gから出して検証してみましたが、ハイエンドGalaxyシリーズらしい低音と高音のバランスが取れた音を楽しめます。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのメリット(良いところ)

Galaxy Note20 Ultra 5Gのメリット(良いところ)

Galaxy Note20 Ultra 5Gを実際に使ってみて感じたメリットをチェックしていきます。

ココがメリット(良い点)


⭕美しく綺麗な大画面ディスプレイ&日光下でも見やすくなったのが魅力
⭕インカメラがNote10+よりも小さく目立たなくなった
⭕Sペンが想像していたよりも進化!エアアクションの新機能も便利!
⭕文句なしの快適動作レスポンス
⭕ステレオスピーカーの音がクリアで最高
⭕万能なトリプルカメラ!弱点だった望遠も強化されている
⭕電源ボタン+音量ボタンが右側に変更!使いやすい!
⭕エッジディスプレイがより狭く、ケースを付けるとフラットに近くなる
⭕デザインに高級感を感じる!ブラウンの背面は指紋が付かない
⭕指紋認証精度がより改善されている
⭕S20シリーズよりもバッテリー持ちが良い!!
⭕DeX機能がワイヤレス接続で使えるようになった!

以上が、Galaxy Note20 Ultra 5Gを使って感じた良いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

万能なトリプルカメラ!弱点だった望遠も強化されている

万能なトリプルカメラ!弱点だった望遠も強化されている

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、トリプルカメラ+レーザーオートフォーカスを搭載。カメラ構成は、1億800万画素の広角(F1.8)、1200万画素の超広角(F2.2) 、1200万画素の望遠(F3.0)の3眼です。

5倍光学ズーム、最大デジタルズーム50倍まで対応しており、去年のNote10+の望遠レンズでは撮れなかった写真が、Galaxy Note20 Ultraの望遠レンズを使えば軽々撮れるようになりました。

遠くの被写体にグッと寄って撮影ができるので、運動会や動物を撮るシーンにも活躍してくれます。また、高倍率ズーム時にはガイドモニターが出るなど、Galaxyらしい使いやすいも感じるカメラでした。

電源ボタン+音量ボタンが右側に変更!使いやすい!

電源ボタン+音量ボタンが右側に変更

Galaxy Note20 Ultraは、ボタン類がすべて右側配置に変わったのが、控えめに言って最高です。Note10+を使っていて、個人的に唯一不満だったのがボタン配置でした。

僕自身が右利きということもあって、右側に電源ボタンがある方がなんだかんだ使い勝手は良いと感じます。

もちろん、逆に左利きの人にとっては少し不便になったと感じてしまうことはあると思います。このあたりは、利用するユーザーによって賛否が分かれるかもしれませんが、個人的には格段に使いやすくなった印象です。

ステレオスピーカーの音がクリアで最高!

ステレオスピーカーの音がクリアで最高

スマートフォンのスピーカーから音を出して楽しみたい派の僕にとって、ステレオスピーカーかつ音の綺麗さは非常に重要です。

Galaxy Note20 Ultraのステレオスピーカーは非常に音が綺麗でクリア、迫力あるサウンドを楽しめるので、動画や音楽鑑賞用にも向いています。

6.9インチの大画面で、臨場感ある音を楽しめながら観る映画やアニメはたまりません。ぜひ、スピーカー派の人はチェックしてみてほしい一台です。

S20シリーズよりもバッテリー持ちが良い!

S20シリーズよりもバッテリー持ちが良い

Galaxyシリーズはバッテリー持ちがちょっとという方は、ぜひNoteシリーズがおすすめです。今年のGalaxy Note20 Ultraもバッテリー持ちは十分、S20シリーズより電池持ちは良いと感じました。

数週間使ってみましたが、バッテリー持ちに不満を感じることはなく、ライトユーザーの僕が使う分には1日は余裕で持ちます。

Sペンを使わなくても、バッテリー持ちだけでNoteシリーズを選ぶ価値は十分あると僕自身思っています。Sシリーズのバッテリー持ちに不満、不安がある人は、一度Galaxy Note20 Ultraをチェックしてみてください。

日光下でも見やすくなったのが魅力!

日光下でも見やすくなったのが魅力

Galaxy Note20 Ultraの発色がいまいちと一部で言われていますが、個人的にはあまり差を感じませんでした。従来どおり綺麗な発色で文句はありません。

驚いたのは、日光下で格段に画面が見やすくなっていることでした。おそらく最大輝度が「1500nits」になったことが影響していて、S20シリーズよりも太陽光が直接当たる場面で、見やすいです。

この改善で屋外での調べ物やメモなどがより快適に行えるようになったのは個人的に凄く嬉しいポイントでした。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのデメリット(悪いところ)

Galaxy Note20 Ultra 5Gのデメリット(悪いところ)

Galaxy Note20 Ultra 5Gを実際に使ってみて感じたデメリットをチェックしていきます。

ココがデメリット(悪い点)


❌本体設計は素晴らしく軽く感じるが、物理的に重い!
❌接写撮影時にぼかしすぎる傾向がある
❌リフレッシュレート120Hz適用はFHD+まで&固定はできない!
❌イヤホンジャックが非搭載
❌比較的発熱しやすい!(バッテリー持ちは良い)
❌カメラが出っ張る影響で机に置いてSペンで書くとグラグラする
❌画面スリープ直後に指紋認証位置が分からない!(対策あり)
❌急速充電が45W→30Wに変更されている

以上が、Galaxy Note20 Ultra 5Gを使って感じた悪いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

本体設計は素晴らしく軽く感じるが、物理的に重い!

本体設計は素晴らしく軽く感じるが、物理的に重い

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、スペック値よりも軽く感じる本体設計が素晴らしいです。ただ、数週間使った結果からお伝えすると、やっぱり物理的に重いと感じてしまいました。

手にとってみた瞬間は"軽い"とまで感じますが、使っていくと物理的な重さに悩まされます。

旧モデルNote10+よりも約11g重くなっており、"わずかな差"と感じるかもしれませんが、200gを超えると長時間使うには両手使用出ない限りキツくなってきます。

リフレッシュレート120Hz適用はFHD+まで&固定はできない

リフレッシュレート120Hz適用はFHD+ま

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、ディスプレイ解像度3088×1440(WQHD+)に対応。解像度の切り替えも行えるのですが、WQHD+に変更するとリフレッシュレート120Hzは利用できなくなる仕様となっています。

最高解像度でリフレッシュレート120Hzを利用したいという人にとっては注意が必要です。

また、Galaxy S20シリーズでは、高リフレッシュレート(120Hz)に固定が可能でしたが、Galaxy Note20 Ultra 5Gはコンテンツによって自動調整されるように変更されています。

比較的発熱しやすい!(バッテリー持ちは良い)

比較的発熱しやすい

Galaxy Note20 Ultra 5Gは、比較的発熱しやすいように感じます。負荷がかかる動作については当然発熱しますが、普通に使っていてもほんのり温かくなる感じがあります。

ちなみにベンチマーク計測後の温度は、約41.1度でした。同価格帯スマホに比べて高すぎる温度ではないものの、発熱が始まるタイミングが早い感じがしています。

カメラが出っ張る影響で机に置いてSペンで書くとグラグラする!

カメラが出っ張る影響で机に置いてSペンで書くとグラグラする

カメラの出っ張りを含めデザイン性については概ね満足しているのですが、不満点もあります。

個人的に不満なのが机の上にGalaxy Note20 Ultra 5Gを置いて、Sペンでメモを書き込む時、本体がグラつくことです。

Sペンでメモを書き込む時、本体がグラつく

ディスプレイ下部に書き込む時はそこそこ安定しているのですが、中央より上部に書き込むとかなりグラつきがあり、書きやすいとは言えない状況になります。純正ケースを付けることで、若干緩和もされますが、やはりグラつきはあります。

机に置いて、Sペンで書き込みたい人にとっては、Galaxy Note20 Ultra 5Gは不向きです。置いたまま安定して書き込むには、手に持つか、カメラ部分の出っ張りがなくなるケースを手に入れる必要があります。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの口コミ・評判をチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gの口コミ・評判をチェック

Galaxy Note20 Ultra 5Gの口コミ・評判を以下に集めてみました。

女性

Galaxyシリーズらしいカメラの綺麗さとスピーカーも素敵でした♪ただ、私にはちょっと重かったです!(椿さん)

国内発売後、順次ユーザーの声を追記していきます。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの評価まとめ

Galaxy Note20 Ultra 5Gの評価まとめ

最強ハイエンドスマホを求める人は、間違いなくGalaxy Note20 Ultra 5Gが"買って後悔しない"一台です。

個人的なGalaxy Note20 Ultra 5Gの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★☆☆
携帯性 ★★★☆☆
ゲーム性能 ★★★★★
画面表示&綺麗さ ★★★★★
スピーカー ★★★★★
バッテリー持ち ★★★★☆
カメラ ★★★★☆

Galaxy Note20 Ultra 5Gは"妥協のない最強スペック"を文字通り、実現した一台でしょう。

今年のGalaxy Note20 Ultraは、見た目ももちろん変わっていますが、大きく変わったのは中身です。日中でも見やすくなった「ディスプレイ」や今までよりも遅延がなくなった「Sペン」、弱点だった「望遠カメラ」の強化など、手にとってみないとわからない変化を楽しめる一台となっています。

手にとった人の"所有欲を満たすスマホ"は健在です。最強のハイエンドGalaxyを探しているのであれば、まず手にとって間違いない一台でしょう。

もちろん、使ってみて良いところ、悪いところはあります。大事なのは、どれだけ自分の使いたい目的・環境に合っているかどうかです。ぜひ、Galaxy Note20 Ultra 5Gも一度チェックしてみてください!

質問等ありましたら、是非、コメントお待ちしております。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの価格とお得に買う方法

Galaxy Note20 Ultra 5Gの価格とお得に買う方法

Galaxy Note20 Ultra 5Gを買うならオンラインショップでの購入がお得です。国内では、auの取り扱いが決まり予約もすでに開始されています。

オンラインショップなら「頭金なし」、「待ち時間0分」、「予約不要」で24時間いつでも受付可能、しかも割引があって非常にお得です。

Galaxy Note20 Ultra 5Gのオンラインショップでの販売価格は以下の通りです。

Galaxy Note20 Ultra 5Gの販売価格(参考価格)

  • au : 159,830円(税込)
  • イオシス : 129,800円(税込)
  • ETOREN : 124,800円(税込)

Galaxy Note20 Ultra 5Gの販売価格は上記のとおりです。個人的には今から買うならauから販売される国内版が一番おすすめです!保証も手厚く、安して購入することが可能となっています。ただし、価格はほぼ16万と高額なので注意が必要です。

少しでも早くほしいなら、イオシスで販売されている海外がおすすめ!新品保証もあって、国内で買えるのも嬉しいポイントです。

もしもとにかく安く、早く、安心して購入したいのであれば、ガジェット好きから絶大な人気を誇るまめこモバイルさんもおすすめです。

ただし、在庫状況にもよるので「ちえほんさんのブログを見た!」とまめこモバイルさんに伝えてもらえれば、在庫確認もスムーズに行ってくれます。ぜひチェックしてみてくださいね!

\ この記事をシェアする /


  1. ゆう より:

    note10plusと比べて、どちらが好みですか?
    よろしくお願いいたします。

    • ちえほん より:

      コメントありがとうございます!単純な好みだけの話であればNote10+の方が僕は好きかもしれません!ただ、全体的なスペックアップはしっかりしている印象です!Note10+からNote20 Ultraへの乗り換えは無理してする必要はないと思います。それ以前のNoteシリーズを使われている方にとっては、魅力的な進化を遂げているので、満足できる体験を間違いなくしてもらえる一台になっていると思いますね!

      • ゆう より:

        ありがとうございます。
        note10の方が好みな理由をお聞きしてもいいですか?
        あとS10plusからの買い替えは買いですかね?

        • ちえほん より:

          S10+からNote20 Ultraへの買い替えですかね?NoteシリーズはSペンがあるので、S10+とは違った体験ができるのでありだと思いますよ!

          • ゆう より:

            はい。s10+からです。
            ちなみに良かったらNote10+がNote20ultraより好みの理由も教えてください。
            よろしくお願いいたします。

          • ちえほん より:

            なぜ?という部分がまだイマイチ固まっていないのですが、恐らくデザインと使い心地ですかね!わずかに軽さが勝っているので使っていて心地よい気がしています。

            ただ、これはNote10+からNote20 Ultraへ変えているのであまり参考になれないかもしれない体験談です^^!もしNote10+を持っていない状態で、今から僕が買うなら迷わずNote20 Ultraを買いますね!

            大事なのは、今使っている機種から機種変更してどのぐらい新しい体験ができるかどうかだと思います!その点から言うと、より新しい体験をできるのはNote20 Ultraですね!どこまで求めるかではあると思いますが、参考になれば嬉しいです。

  2. ゆう より:

    教えていただきありがとうございます。
    あと1点教えていただきたいのですが、Xiaomi Mi 10 UltraとNote20ultraならどっちが好みでした?

    • ちえほん より:

      難しいですね...どちらも良かったですよ!そして、どちらも好みです!^^

      • ゆう より:

        ありがとうございます。難しいですよね。私も悩んでます。笑
        ちえほんさんのメインは何をお使いですか?

  3. マダオ より:

    note10plusスター・ウォーズエディションとnote20ウルトラどっちがでしょうか?

  4. くろねこ より:

    xperia1iiとこの機種で迷ってます。どちらがいいと思いますか?
    ちなみにxperia 1iiはsimフリーの方で考えてます。

    • ちえほん より:

      コメントありがとうございます!難しいですね!自分がどんなことに使いたいかを具体的にイメージすると選びやすいかもです。特にカメラは自分でこだわって設定しながら撮りたい!ということであれば、1 II。シャッターを押すだけで綺麗に撮りたい!ということならNote20 Ultraというようにどんな風に使いたいかを決めておくと選びやすいかもしれません!

  5. くろねこ より:

    返信ありがとうございます。
    一様、ゲームがメインになるのですが笑
    FGOとか音ゲーアプリになります。
    カメラは、仕事の書類をたまにとるぐらいなのであまりとらないと思います。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

-スマートフォン
-

© 2020 モバイルドットコム