スマートフォン

Xperia 5 II 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

投稿日:

Xperia 5 II 実機レビュー

Xperia 5 IIの使用感レビュー!どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

ソニーの最新5Gスマホ「Xperia 5 II(エクスペリアファイブマークツー)」。約6.1インチ有機ELディスプレイ&リフレッシュレート120Hz対応、高性能なCPU「Snapdragon 865」、カールツァイスレンズ採用のトリプルカメラ搭載です。

個人的なXperia 5 IIの評価

安心のIP68防水防塵やおサイフケータイ対応、独自のゲーミング機能など魅力な一台となっています。今回は、そんなXperia 5 IIを実際に使って感じる良いところ、悪いところについて、すべて正直にお伝えしてきます。

▼YouTube動画でもXperia 5 IIのレビューをしています。1 IIとの動画・写真・スピーカー比較もあるのでぜひチェックしてみてくださいね!

個人的なXperia 5 IIの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★★
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★☆
画面表示&綺麗さ ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★★★
スピーカー ★★★★★
カメラ ★★★★☆

本記事では、Xperia 5 IIを外観・デザイン、カメラ、スペック性能やゲーム・アプリ動作、指紋認証の快適さ、バッテリー持ち、スピーカーの音質、使って感じたメリット・デメリット(良いところ、悪いところ)を含め使用感レビューをして評価していきます。

Xperia 5 IIの外観・デザインをレビュー

Xperia 5 IIの外観・デザインをチェックしていきます。

約6.1インチ有機ELディスプレイ

ディスプレイサイズは、約6.1インチ有機ELディスプレイ、解像度は2,520×1,080(FHD+)、リフレッシュレート120Hz対応。フルスクリーンで物理ボタンはなく、邪魔なノッチやパンチホールもないので見やすく、発色も鮮やかで綺麗なディスプレイとなっています。

フロントステレオスピーカー採用

Xperia 5 IIは、1 II同様にフロントステレオスピーカー採用。迫力ある上質なサウンドを楽しめます。

背面デザイン

背面デザインは、左上に「トリプルカメラ」、中央に「SONY」ロゴ、下部に「Xperia」と刻まれています。

Xperia 5 IIは、上記の左からブルー、ブラック、グレー、ピンクの4色展開です。

美しく鮮やかなブルー

今回レビューしているのは、美しく鮮やかなブルー。背面は鏡面仕上げで、側面はメタルフレームなので、上質な高級品あるデザインとなっています。

トレンドのスクエア型カメラではなく、縦型のカメラ採用で、キャリアロゴ等もないのでシンプルなのが嬉しいポイントです。ただし、鏡面仕上げなので指紋は付きやすいので注意です。

右側面には、「音量ボタン」、「指紋認証一体型電源ボタン」、「Googleアシスタントボタン」、「カメラボタン」

右側面には、「音量ボタン」、「指紋認証一体型電源ボタン」、「Googleアシスタントボタン」、「カメラボタン」

左側面には、「SIMスロット」

左側面には、「SIMスロット」

XperiaシリーズはSIMピンが必要ないタイプのSIMスロットなので、SIMピンがなくてもmicroSDカードやSIMカードの入れ替えが行えるのは最高に便利です。

下部側面に、「マイク」、「Type-Cコネクタ」

下部側面に、「マイク」、「Type-Cコネクタ」

上部側面には、「イヤホンジャック」、「マイク」

上部側面には、「イヤホンジャック」、「マイク」

左がXperia 1 II、右がXperia 5 II

左がXperia 1 II、右がXperia 5 II

本体サイズ(高さ×幅×厚さ)は約158x68x8.0mm、重さは約163gです。1 IIと比べてもハッキリサイズと重さの違いがわかります。

意外だったのは一度に表示できる情報量にあまり大きな差がなかったこと。見やすさは1 IIに劣るものの、一度に表示できる情報量に差がないのは良いですね。

Xperia 5 IIを実際に持ってみました

Xperia 5 IIを実際に持ってみました。側面は丸みを帯びている影響で、手に持った時のフィット感が凄くあります。横幅もちょうど良い感じです。

前面はほぼフラットディスプレイなので、誤タッチ等の心配がないのも嬉しいポイント。片手操作については、問題なく可能で、手の大きさが普通の僕でもツイッター起動から投稿までを片手操作だけで完了できました。

Xperia 5 IIのスペック性能をレビュー

Xperia 5 IIのスペック性能をレビュー

Xperia 5 IIのスペック性能を表やベンチマーク計測してレビューしていきます。

Xperia 5 IIのスペック表

Xperia 5 IIのスペック・性能以下にまとめてみました。(※参照:SONY公式ページ

スペックを見る(タップで表示)

スペック Xperia 5 II
発売日 2020年10月17日
OS Android 10(初期OS)
CPU Snapdragon 865
RAM 8GB
ストレージ 128GB
外部ストレージ microSDXC 最大1TB
本体サイズ 約158x68x8.0mm
重量 約163g
画面サイズ 約6.1インチ
ディスプレイ解像度 1080x2400(FHD+)
液晶の種類 有機EL
バッテリー 4000mAh
背面カメラ トリプルカメラ
1220万画素(広角)
1220万画素(超広角)
1220万画素(望遠)
前面カメラ シングルカメラ
約800万画素(標準)
防水/防塵 IP68
ワンセグ/フルセグ ×
緊急速報
指紋認証
顔認証 ×
おサイフケータイ
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth Bluetooth 5.1
スピーカー ステレオスピーカー
充電端子 Type-C
カラー ブルー
ブラック
グレー
ピンク

Xperia 5 IIのベンチマークスコア

Xperia 5 IIのベンチマークスコアを検証しました。参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark」の測定結果を下記に記載しておきます。

▼Xperia 5 II
Xperia 5 IIのベンチマークスコア

▼Xperia 1 II
Xperia 1 IIのベンチマークスコア

Snapdragon 865搭載「Xperia 5 II」のAntutu Benchmarkスコアは「561,754点」でした。同じSnapdragon 865搭載のXperia 1 IIを上回るスコアを記録しています。

肝心の動作については、非常に快適です。ヘビーユーザーが満足できる動作レスポンスで、ライトユーザーが困ることないはまずないでしょう。

一般的な電話、メール、ウェブブラウジング、SNSなどは快適で、アプリの起動や切り替えについても問題ありません。

Xperia 5 IIのスペックまとめ

Xperia 5 IIのスペックまとめ

Xperia 5 IIは、コンパクトなサイズ感と軽さで使いやすさもありつつ、しっかりハイエンド仕様になっているのが魅力です。

快適な動作レスポンスはもちろん、様々なシーンに使えるトリプルカメラで雰囲気ある写真撮影も行えます。

また、安心のIP68防水防塵やおサイフケータイも嬉しいポイントとなっています。一日しっかり持つ長持ちバッテリーも魅力でした。

Xperia 5 IIのゲーム・アプリ動作をチェック

Xperia 5 IIでゲームやアプリの動作を確認していきます。

画面のリフレッシュレート変更

画面のリフレッシュレート

実は、1 IIにはない独自機能として、画面のリフレッシュレートやタッチ反応速度、タッチ追従性も個別で調整できたり、「VCマイクの最適化」というゲーミングヘッドセットのマイクをより相手に聞き取りやすくする機能も実装されています。

1 IIよりもよりゲーミング機能が強化されたのが、Xperia 5 IIです。

Xperia 5 IIでモンストの動作チェック

Xperia 5 IIでモンストの動作チェック

Xperia 5 IIでモンストの動作チェックをしていきます。結果は、"快適に遊べる"でした。

モンストは比較的軽いゲームなので、Xperia 5 IIでは問題なく快適に遊べます。

Xperia 5 IIでポケモンGOの動作チェック

Xperia 5 IIでポケモンGOの動作チェック

Xperia 5 IIでポケモンGOの動作チェックをしていきます。結果は、"快適に遊べる"でした。

ポケモン出現時や戦闘、一覧表示など、問題なく快適に遊ぶことができます。

長時間遊ぶ場合は発熱もありますが、手に持てなくなるほどの発熱はなく、個人的には気にならないレベルでした。

Xperia 5 IIでPUBGモバイルの動作チェック

Xperia 5 IIでPUBGモバイルの動作チェック

Xperia 5 IIで、PUBGモバイルの動作を確認していきます。結果は、"快適に遊べる"でした。

グラフィックは、「FHD」で「ウルトラ」まで選択でき、「スムーズ」は「極限」まで選ぶことが可能です。

動作については、重い3DゲームであるPUBGモバイルでも問題なく快適に遊べます。ただし、アプリ側がリフレッシュレート90Hzに対応していないので注意です。

本体の発熱は、ある程度長時間プレイすることで発熱が発生しますが、こちらも熱くて持てなくなるほどではありませんでした。

Xperia 5 IIで使える通信キャリアをチェック

Xperia 5 IIで使える通信キャリアをチェックしておきましょう。

機種名 Xperia 5 II (au版)
対応バンド 4G:B1/3/11/18/26/28/42
5G:N77/78
機種名 Xperia 5 II (ソフトバンク版)
対応バンド 4G:B1/3/8/11/28/42
5G:N77
機種名 Xperia 5 II (海外版)
対応バンド 4G:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/25/26/28/29/32/34/38/39/40/41/46/48/66
5G:N1/3/8/28/77/78

Xperia 5 IIの国内モデルは、キャリアによって対応バンドが異なります。SIMロック解除して使いたい場合は、使いたいキャリアのバンドに対応しているかチェックしておきましょう。

▼以下に国内主要キャリアのバンドをまとめておきました!

バンド周波数帯 ドコモ au ソフトバンク/ワイモバイル 楽天モバイル
Band1
Band3
Band8
Band11
Band 18/26
Band19
Band21
Band28
Band41
Band42

ドコモは、Band 1 / Band 3 / Band 19。山間部などで使うことがない場合は最悪、Band 19がなくても大丈夫です。auで使うなら、Band 1 / Band 18/26は抑えておきましょう。

ソフトバンクとワイモバイルで使うなら、Band 1 / Band 3 / Band 8の対応は必須。楽天モバイルは、Band 3 / Band 18。パートナーエリアで利用したいならBand 18も必須です。

ちなみに、Xperia 5 IIの国内キャリアはデュアルSIMには非対応なので、SIMカード二枚運用したい方は注意が必要です。

Xperia 5 IIのカメラをレビュー

Xperia 5 IIのカメラをレビュー

Xperia 5 IIのカメラをレビューしていきます。

Xperia 5 IIのカメラ・動画撮影性能をチェック

Xperia 5 IIはトリプルカメラを搭載しています。カメラ構成を以下にまとめました。

1220万画素 広角レンズ / F値1.7
1220万画素 超広角レンズ / F値2.2
1220万画素 望遠レンズ / F値2.4

カメラ構成は、1220万画素の広角レンズ(F値1.7)、1220万画素の超広角レンズ(F値2.2)、1220万画素の望遠レンズ(F値2.4)です。1 IIとは違いiToFカメラは非搭載となっています。

800万画素 インカメラ / F値2.0

インカメラは、800万画素F値2.0のシングルカメラとなっています。

動画撮影性能は以下にまとめました。

4K 撮影 60fps/120fps
1080p 撮影 30fps/60fps/120fps
4K スローモーション撮影 60fps/120fps
1080pスローモーション撮影 60fps/120fps
720p スローモーション撮影 120fps

Xperia 5 IIのカメラで撮影した作例

今回は、僕がXperia 5 IIのカメラを魅力に感じた点を含め、作例を交えてご紹介していきます。

※タップして拡大出来ます。
日中
▼Xperia 5 IIの広角カメラで撮影

▼Xperia 5 IIの超広角カメラで撮影

▼Xperia 5 IIの光学3倍ズーム

▼Xperia 5 IIのデジタルズーム10倍

接写・ポートレート

夜景・暗所

Xperia 5 IIのバッテリー持ちをチェック

Xperia 5 IIのバッテリー持ちをチェック

Xperia 5 IIのバッテリー持ちについては、同価格帯スマホと比べても"非常に良い"という結果になりました。

機内モードオンで、Wi-Fiのみオンにした状態でYouTubeを流し続け、1時間おきにバッテリー残量を計測するテストを行った結果は以下のとおりです。※各機種、基本的にデフォルト設定のままテストしています。テスト環境、条件により差が出る場合があるので注意してください。

バッテリー持ち検証

機種名 0時間経過 1時間経過 2時間経過 3時間経過
Xperia 5 II 100% 95% 89% 83%
Xperia 1 II 100% 94% 87% 80%
Galaxy S20 100% 90% 82% 73%
Galaxy S20+ 100% 92% 85% 78%

検証した結果、単純にYouTube動画を流すだけなら同価格帯モデルと比較しても持ちは良く、Xperia 1 IIよりも持ちが良い印象です。

実際に数日間利用してきましたが、朝から晩まで一日しっかり使ってもバッテリー切れの心配はありませんでした。

リフレッシュレート120Hzを適用時はたしかにバッテリー持ちの減りが早くなりますが、ライトユーザーであれば問題なく一日は使えます。

もちろん使う環境や使い方にもよりますが、一般的な電話、メール、Web検索などが中心の使い方であれば、間違いなく1日は持つでしょう。

Xperia 5 IIの指紋認証をチェック

Xperia 5 IIの指紋認証をチェック

Xperia 5 IIは、側面指紋認証に対応しています。残念ながら、顔認証には非対応です。

Xperia 5 IIの側面指紋認証

Xperia 5 IIの側面指紋認証

実際にXperia 5 IIの側面指紋認証を試してみました。反応や精度に問題なく、快適な指紋印象です。

ただし、指が水で濡れていたりする場合などは認証が上手く行かなったり、できないこともあるので注意が必要です。

また、Xperia 1 II同様にスリープ直後、わずか1秒程度認証が出来なくなるのは同じでした。(※このあたりはおそらく仕様です。)

Xperia 5 IIのスピーカー(音質)をチェック

Xperia 5 IIのスピーカー(音質)をチェック

Xperia 5 IIはステレオスピーカーを搭載しています。結論としては、同価格帯スマホかつステレオスピーカー搭載機の中では、音が良いスマホです。

▼Xperia 5 IIのステレオスピーカーの音はこちら!

実際に様々な"音"をXperia 5 IIから出して検証してみましたが、クリアで低音もしっかり聴こえるスピーカーで、音を楽しみたい方にもおすすめです。

1 IIと比較すると音の広がりや低音の調整が微妙に違います。好みの問題だと思うので、このあたりはぜひ実機で聴き比べるのがおすすめです!

Xperia 5 IIのメリット(良いところ)

Xperia 5 IIのメリット(良いところ)

Xperia 5 IIを実際に使ってみて感じたメリットをチェックしていきます。

ココがメリット(良い点)


⭕コンパクトで小さい、軽い!使いやすい!
⭕美しい背面デザインが最高(※完全に好み)
⭕不満がない動作レスポンス!ゲーミング機能も充実
⭕雰囲気ある写真が撮れるカメラ!Photo Proにも対応!
⭕1 IIと撮れる写真の色味が違う!より明るくなっている!
⭕5から段違いによくなったフロントステレオスピーカーが最高!
⭕安心して一日使える!バッテリー持ちが良い!
⭕IP68防水防塵&おサイフケータイ対応は素敵
⭕イヤホンジャックを備えている

以上が、Xperia 5 IIを使って感じた良いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

5から段違いによくなったフロントステレオスピーカーが最高!

5から段違いによくなったフロントステレオスピーカーが最高

Xperia 5 IIではフロントステレオスピーカーが復活。Xperia 5から考えると格段に音を楽しめるスマートフォンになっています。

去年感じていた音がこもる印象もなく、迫力あるクリアなサウンドを楽しむことが出来ます。

しかも、今年はイヤホンジャックも復活しているので、有線イヤホン好きの人にとっても間違いなく買って後悔しない一台です。

1 IIと撮れる写真の色味が違う!より明るくなっている!

1 IIと撮れる写真の色味が違う

Xperia 5 IIは、1 IIで撮れる写真と違う色味になっています。なんと、5 IIの方が明るく撮れるようになっていました。

上記写真、左がXperia 5 II、右がXperia 1 IIです。特に夜間・暗所でより明るく撮れようになっていたのは、嬉しい誤算でした。

また、1 II同様雰囲気ある写真も撮れるようになっており、Photo Pro対応で細かな設定も可能。カメラ好きでも楽しめるカメラになっています。

安心して一日使える!バッテリー持ちが良い!

安心して一日使える

Xperia 5 IIは、コンパクトサイズ5Gスマホの中ではかなりバッテリー持ちが良い一台です。

日常的に使うスマホだからこそ、バッテリー持ちは重要ですが、Xperia 5 IIは一日しっかり使えるバッテリー持ちを備えています。

また、リフレッシュレート120Hzを常時使っていても発熱しすぎる印象もあまりなく、バッテリー持ちも通常時(60Hz)よりは悪くなりますが、許容範囲内でした。

Xperia 5 IIのデメリット(悪いところ)

Xperia 5 IIのデメリット(悪いところ)

Xperia 5 IIを実際に使ってみて感じたデメリットをチェックしていきます。

ココがデメリット(悪い点)


❌高価格帯スマホなのに顔認証がない
❌Googleアシスタントボタンのアプリ割り当ては不可
❌レンズ切り替えが遅い
❌スリープ直後に指紋認証が使えるようになるのが遅い
❌純正アルバムアプリが使えない(野良アプリならあるが・・・)

以上が、Xperia 5 IIを使って感じた悪いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

Googleアシスタントボタンのアプリ割り当ては不可

Googleアシスタントボタンのアプリ割り当ては不可

Googleアシスタントボタンのアプリ割り当ては現状できませんでした。

いくつかボタン割り当てを変えられるアプリも使ってみましたが、そもそもGoogleアシスタントボタンを認識してくれず、追加すら出来ませんでした。

Googleアシスタントを普段から活用される方にとっては素晴らしいボタンかもしれませんが、元々電源ボタン2度押しで割り当て出来ていたので別ボタンで搭載したメリットについては今のところ疑問が残ります。

レンズ切り替えが遅い

レンズ切り替えが遅い

これはXperia 5 IIだけではなく、1 IIにも言えますが、スムーズなレンズ切り替えができないのは惜しいポイントでした。

今までよりも、ワンタップで広角、超広角、望遠を切り替えることができるようにはなりましたが、まだ切り替え速度が遅い印象です。

Photo Proに関しては、今のままレンズ切り替えを楽しめる要素として残して良いと思うのですが、普通のカメラアプリではただただ使いにくさが残るので、シームレスレンズ切り替えができたらもっと良いと感じました。

スリープ直後に指紋認証が使えるようになるのがタイミング遅い

スリープ直後に指紋認証が使えるようになるのがタイミング遅い

何気に不便なのは、スリープ直後に指紋認証が使えるようになるタイミングが他社スマホに比べるとわずかに遅いことです。

ほんのわずか数秒かもしれませんが、なんだそんな差なのかと思われるかもしれませんが、日常的に使う指紋認証だと案外不便でした。

指紋認証だけでなく、顔認証にも搭載されていればまた違った印象かもしれませんが、指紋のみのXperiaだからこそ惜しいポイントだと感じました。

Xperia 5 IIの評価まとめ

Xperia 5 IIの評価まとめ

コンパクトで使いやすいサイズ+カメラも楽しめるスマホを探している人とって、Xperia 5 IIは"買って後悔しない"一台です。

個人的なXperia 5 IIの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★★
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★☆
画面表示&綺麗さ ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★★★
スピーカー ★★★★★
カメラ ★★★★☆

Xperia 5 IIは、誰にでも"安心しておすすめできるスマホ"だと感じました。一般ユーザーが欲しい仕様・機能がすべて揃っている一台です。

魅力的なサイズ感と軽さ、美しく高速なディスプレイ、快適な動作レスポンス、安定したバッテリー持ちや遊べるカメラなど、魅力的なXperiaが返ってく来てくれています。

もちろん、使ってみて良いところ、悪いところはあります。大事なのは、どれだけ自分の使いたい目的・環境に合っているかどうかです。ぜひ、Xperia 5 IIも一度チェックしてみてください!

質問等ありましたら、是非、コメントお待ちしております。

Xperia 5 IIの価格とお得に買う方法

Xperia 5 IIの価格とお得に買う方法

Xperia 5 IIを買うならオンラインショップでの購入がお得です。販売価格は以下の通りです。

Xperia 5 IIの販売価格(参考価格:2020年10月6日時点)

  • au : 109,425円(税込)→最大5500円のキャッシュバック有り
  • ソフトバンク : 115,200円(税込)→割引最大適用で-22000円引き
  • イオシス : 109,800円(税込)
  • ETOREN(海外版) : 108,000円(税込)

Xperia 5 IIの販売価格は上記のとおりです。キャリア購入なら安心の保証サービスも提供されているので、国内モデル購入が1番おすすめです。

オンラインショップにて、割引サービスも駆使してお得に買い替えていきましょう。ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

\ この記事をシェアする /


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

-スマートフォン
-

© 2020 モバイルドットコム