Galaxy

Galaxy S23 FE 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

更新日:

Galaxy S23 FE 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

Galaxy S23 FEの実機レビュー!どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

サムスン製の廉価版5Gスマホ「Galaxy S23 FE (ギャラクシーエストゥエンティースリーエフイー)」。大画面6.4インチディスプレイ(有機EL)×リフレッシュレート最大120Hz対応、SoCには「Snapdragon 8 Gen 1」採用、望遠レンズを含むトリプルカメラ搭載モデルです。

大容量4,500mAhバッテリーやステレオスピーカー、ワイヤレス充電、IP68防水防塵、おサイフケータイまで備えている一台。今回はそんな「Galaxy S23 FE」を購入したので、実際に使って感じた良いところ、悪いところについて、すべて正直にお伝えしていきます。

読み飛ばしたいところへジャンプ

本記事では、Galaxy S23 FEのデザイン、カメラの画質、スペック性能やゲーム・アプリ動作、指紋・顔認証の快適さ、バッテリー持ち、スピーカーの音質、使って感じたメリット・デメリット(良いところ、悪いところ)、口コミ・評判などを含め使用感レビューしつつ評価します。

ちえほんによるGalaxy S23 FEの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★☆☆
基本動作(快適さ) ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★☆
画面表示&綺麗さ ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★☆☆
スピーカー ★★★★☆
カメラ ★★★★☆

結論、Galaxy S23 FEは価格を抑えつつ、快適な動作と綺麗に撮れるカメラ、IP68防水防塵&おサイフケータイなどの全部入り仕様が魅力的でした。"大画面×高性能コスパスマホ"を求めているユーザーにおすすめな一台です。

Galaxy S23 FEの外観・デザインをレビュー

Galaxy S23 FEの外観・デザインをレビュー

Galaxy S23 FEの外観・デザインをレビューしていきます。

Galaxy S23 FEの前面デザイン・ディスプレイ(輝度)

Galaxy S23 FEの前面デザイン

ディスプレイサイズは約6.4インチ(有機EL)、解像度は2,340×1,080(FHD+)。明るい画面で、色味は若干黄色が強めな印象です。

明るさ最大(手動)+通常ページ表示時

明るさ最大(手動)+HDR映像(白)表示時

ちなみに、最大輝度は最大1,450ニト(ピーク輝度)。屋外の直射日光下でも、明るく見やすいディスプレイでした。(※検証した結果、HDR時は約907ニト程度でした。)

リフレッシュレートについては、60-120Hz駆動。ウェブ検索時などに、なめらかなスクロール表示体験を楽しむことが可能です。(※アプリ開閉や操作時も動作が滑らかになります。)

Galaxy S23 FEはフラットディスプレイ

Galaxy S23 FEはフラットディスプレイ採用、中央上部にはパンチホール型インカメラを備えています。

Galaxy S23 FE ベゼル

ベゼルは、比較的太めです。特に、下部は太く、極狭ベゼルを求めているユーザーは注意しましょう。(個人的には、使っていれば慣れてきました。)

Galaxy S23 FEの背面デザイン

Galaxy S23 FEの背面デザイン

背面デザインは、上記のとおりです。左上に「カメラ」、下部に「Samsung」と「IMEI」が刻まれています。auの型番記載もなく、非常にシンプルです。カメラの出っ張りは、SIMカード約3枚分程度でした。

Galaxy S23 FEのカラーラインナップ

Galaxy S23 FE カラーラインナップ

Galaxy S23 FEのカラーは、ミント、クリーム、グラファイトの合計3色展開です。

今回レビューしているのは、ミント。パステルカラーで、めっちゃ可愛いです。

背面にはガラス素材を採用(前面、背面ともにゴリラガラス5)、表面は光沢仕上げになっています。ちなみに、ミントは比較的指紋やホコリが目立ちにくいです。(※カラーによって異なる)

Galaxy S23 FEの側面デザイン

右側面には、「電源ボタン」、「音量ボタン」

右側面には、「電源ボタン」、「音量ボタン」

左側面には、「何もありません」

左側面には、「何もありません」

下部側面には、「マイク」、「Type-Cコネクタ」、「スピーカー」

下部側面には、「マイク」、「Type-Cコネクタ」、「スピーカー」

Galaxy S23 FEは、ステレオスピーカーを搭載。音については、後述します。

上部側面には、「マイク」、「SIMスロット」

上部側面には、「マイク」、「SIMスロット」

SIMスロットの開閉には、SIMピンが必要。(eSIM+nanoSIMのデュアルSIM対応)ちなみに、本機はmicroSDカードには非対応となっています。

Galaxy S23 FEの本体サイズ・重さ・持ちやすさ

Galaxy S23 FEの本体サイズ

Galaxy S23 FE(ブラック)の本体サイズ(高さ×幅×厚さ)は、約158.0x76x8.2mm、重さは約209g。他機種を一緒に並べるとサイズ感は、上記のようになります。

6.4インチの大画面かつ両面フラット、横幅もあるので、握り心地はイマイチな印象。また、本体は200g超えのため、ずっしり感があります。このあたりは人によって好みが分かれそうです。

ちなみに、片手操作については"厳しい印象"。僕の手だとキーボード片手打ちはできるものの、上部にあるボタンは持ち替えが必要でした。

このあたりは個人差もあると思うので、冒頭にある実機レビュー動画などでサイズ感をチェックしつつ選んでいくのをおすすめします。

Galaxy S23 FEのスペック性能をレビュー

Galaxy S23 FEのスペック性能をレビュー

Galaxy S23 FEのスペック性能を表にまとめつつ、動作の快適さやベンチマークスコア、本体発熱なども合わせてレビューしていきます。

Galaxy S23 FEのスペック表

Galaxy S23 FEのスペック・性能以下にまとめてみました。(※参照:サムスン公式製品ページ

スペックを見る(タップで表示)

スペック Galaxy S23 FE
メーカー サムスン
型番 au:SCG24
発売日 2024年2月9日
OS Android 14(初期OS)
CPU(SoC) Snapdragon 8 Gen 1
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ容量(ROM) 256GB
外部ストレージ 非対応
本体サイズ 約158.0x76x8.2mm
重量 約209g
画面サイズ 約6.4インチ
ディスプレイ解像度 2,340×1,080(FHD+)
画面の種類 有機EL(AMOLED)
リフレッシュレート 最大120Hz
バッテリー 4,500mAh
背面カメラ トリプルカメラ
約5,000万画素(広角)
約1,200万画素(超広角)
約800万画素(望遠)
前面カメラ シングルカメラ
約1,000万画素
防水/防塵 IP68
耐衝撃 ×
ワンセグ/フルセグ ×
指紋認証
顔認証
おサイフケータイ
イヤホンジャック ×
ワイヤレス充電
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth Bluetooth 5.3
スピーカー ステレオスピーカー
充電端子 Type-C
カラー ミント
クリーム
グラファイト

Galaxy S23 FEのベンチマークスコアと発熱

Galaxy S23 FEのベンチマークスコアを検証しました。参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark(V10)」測定結果を、下記に記載しておきます。

Galaxy S23 FEのAntutu Benchmarkスコア(※3回連続計測)

Galaxy S23 FEのAntutu Benchmarkスコア(※3回連続計測)

Snapdragon 8 Gen 1搭載「Galaxy S23 FE」のAntutu Benchmark」スコアは1,227,500点(※検証時のMAXスコア)」。計測中、本体温度は最大45.2度でした。

高負荷がかかるベンチマーク計測時は、発熱がしっかりある印象。ただ、実際ネット検索やSNSを使っていて、気になる発熱はなく、思ったよりも上手く発熱を制御できている感じでした。

動作性能を以下の5段階で評価

  • めっちゃ快適
  • 快適
  • 普通
  • もたつきを感じる
  • 動作が重い
Chrome めっちゃ快適
Googleマップ めっちゃ快適
Twitter めっちゃ快適
YouTube めっちゃ快適

肝心の動作については、タッチ操作やスクロールなどの動作レスポンス、アプリの起動や切り替えなどを含め、快適な印象です。

ネット検索や各種SNSはもちろん、原神のように重い3Dゲームもある問題なく楽しむことができます。

Galaxy S23 FEのゲーム・アプリ動作をレビュー

Galaxy S23 FEのゲーム・アプリ動作をレビュー

Galaxy S23 FEでゲームやアプリの動作を確認します。

以下の6段階で評価

  • めっちゃ快適
  • 快適
  • 普通
  • 動くがカクつき・重さを感じる
  • 重い
  • ガクガク

それでは、早速「Galaxy S23 FE」を使い実際に試していきます。

Galaxy S23 FEでモンストの動作チェック

Galaxy S23 FEでモンストの動作チェック

Galaxy S23 FEでモンストの動作をチェック。結果は、"めっちゃ快適"です。

モンスターストライクは一通り試しましたが、カクつきや重くなったりなどはなく、快適に遊べました。

Galaxy S23 FEでポケモンGOの動作チェック

Galaxy S23 FEでポケモンGOの動作チェック

Galaxy S23 FEでポケモンGOの動作をチェック。結果は、"めっちゃ快適"です。

ポケモン出現時やアイテム回収、オンライン対戦なども含め、 快適に楽しめました。

Galaxy S23 FEでPUBGモバイルの動作チェック

Galaxy S23 FEでPUBGモバイルの動作チェック

Galaxy S23 FEで、PUBGモバイルの動作をチェック。結果は、"めっちゃ快適"でした。

グラフィックは「ウルトラHDR」で「ウルトラ」まで選択でき、「スムーズ」は「極限」まで選ぶことができます。

動作については、快適に遊べる印象。チーム戦なども試しましたが、重さやカクつきなどを感じることなく遊べました。

ちなみに、スムーズ(極限)+パフォーマンス優先設定で30分遊ぶとバッテリーは約10%減、ゲーム終了後の本体温度は33.9度でした。

Galaxy S23 FEで原神の動作チェック

Galaxy S23 FEで原神の動作チェック

Galaxy S23 FEで原神の動作をチェック。結果は、"普通"でした。

デフォルトの画質は「中」、フレームレートは「30」。動作については、最高画質+60fpsにしても"遊べる"印象です。

原神にて最高画質+60fpsへ設定変更後、平均fpsを「WeTest PerfDog」で計測。30分間の計測では、平均43.4FPSでした。(※千尋の砂漠にて計測、元素スキルや元素爆発など使いつつ戦闘も複数回行いました。)

Galaxy S23 FEなら最高画質+60fpsでも、遊ぶこと自体は全く問題ありません。ただし、高フレームレートを維持しつつ快適に遊びたいユーザーは注意が必要でしょう。

本体発熱が約43度に達すると、フレームレートの低下が顕著。発熱のピーク時に、動作のカクつきもありました。

一方で、発熱は案外抑えられている印象。連続30分プレイしても約43度付近をキープしていたので、Snapdragon 8 Gen 1搭載機としては優秀です。

ちなみに、最高画質+60fps設定で30分遊ぶとバッテリーは約17%減。ゲーム終了後の本体温度は43度でした。

Galaxy S23 FEのカメラをレビュー

Galaxy S23 FEのカメラをレビュー

Galaxy S23 FEのカメラをレビューしていきます。

カメラ性能は以下の5段階で評価

  • めっちゃ良い
  • 良い
  • 普通
  • あまり良くない
  • 悪い

カメラ性能の評価は、以下のとおりです。

静止画 良い
動画 普通

それでは、カメラ仕様・作例などをより詳しくチェックしていきます。

Galaxy S23 FEのカメラ・動画撮影性能をチェック

Galaxy S23 FEは、トリプルカメラを搭載しています。

約5,000万画素 広角 / F値1.8
約1,200万画素 超広角 / F値2.2
約800万画素 望遠 (光学3倍) / F値2.4

アウトカメラは約5,000万画素の広角+約1,200万画素の超広角、約800万画素の望遠を搭載しています。

インカメラの仕様は以下のとおり。

1,000万画素 標準 / F値2.4

インカメラは、1,000万画素の標準レンズ(F値2.4)のシングルカメラ仕様です。

アウトカメラの動画撮影性能は、以下にまとめました。

8K 撮影 24fps
4K 撮影 30fps/60fps
1080p撮影 30fps/60fps
スローモーション撮影

動画については、8K/24fpsまで撮影可能。今回は1080p/60fpsにて試してみましたが、"手ブレを抑えつつ、動画が撮れる"印象です。

歩きながらであれば全く問題なし、激しい動きがある撮影でも手ブレをある程度抑えつつ撮影できます。

冒頭のレビュー動画内で実際に撮影したものを公開しているので、気になる方はチェックしてみてください。

Galaxy S23 FEのカメラで撮影した作例

今回は、僕がGalaxy S23 FEのカメラを魅力に感じた点を含め、作例を交えてご紹介していきます。

日中

▼広角で撮影

広角は明るくハッキリ、撮影できます。

色味は若干派手めですが、違和感なく仕上がっています。

▼超広角で撮影

超広角は広大な風景などを一枚の写真に収めたい時に便利です。

光量が足りているシーンであれば、綺麗に撮れる印象。広角との色味に若干差はあるものの、使いにくさは感じない超広角でした。

▼望遠(光学3倍)で撮影

望遠(光学3倍)は、手元にある料理や少し遠くにある被写体などに寄って撮りたいシーンで重宝します。

明るく撮れて、解像感も十分な印象。少なくとも、スマホで写真を確認する程度であれば気になることはないでしょう。

▼最大30倍ズームで撮影

デジタルズームは、最大30倍まで利用可能。流石に最大倍率は粗さを感じますが、記録用程度には使えそうです。

その他

▼その他

夜景・暗所

▼標準でオート撮影

▼標準で撮影(ナイトモード)

▼その他

暗所・夜景撮影については、"綺麗に撮れる"印象です。光量が極端に足りない場面でも、AIオンやナイトモードを使えば明るく撮影可能です。

強い光源があるシーンではフレアやゴーストが発生しやすいものの、これだけ撮れていれば十分暗所・夜景も撮れると言って良いでしょう。

Galaxy S23 FEのバッテリー持ちをレビュー

Galaxy S23 FEのバッテリー持ちをレビュー

Galaxy S23 FEのバッテリー性能を確認していきます。

バッテリー性能は以下の6段階で評価

  • めっちゃ良い (16時間で残量60%以上)
  • 良い (16時間で残量40%-59%)
  • 普通 (16時間で残量30%-39%)
  • あまり良くない (16時間で残量20%-29%)
  • 悪い (16時間で残量10%-19%)
  • とても悪い (16時間で残量0%-9%)

バッテリー持ちについては、"普通"です。

機内モードオンで、Wi-Fiのみオン+バッテリー残量100%(満充電)にした状態でYouTubeを流し続け、1時間おきにバッテリー残量を計測するテストを行った結果は以下のとおりです。※テスト環境、条件により差が出る場合があるので注意してください。

バッテリー持ち検証

機種名 0時間経過 1時間経過 2時間経過 3時間経過
Galaxy S23 FE 100% 96% 90% 85%
Galaxy S22 100% 93% 86% 79%
Galaxy S21 5G 100% 94% 88% 82%

単純にYouTube動画を流すだけのテストでは、持ちは"普通"印象。じっくり検証した結果は、以下のとおりです。

Galaxy S23 FEの電池持ち検証(日常使い)

Galaxy S23 FEの電池持ち検証(日常使い)

ネット検索やSNS、動画視聴、音楽鑑賞、ゲームなどを検証しつつ利用した結果、16時間後のバッテリー残量は30%。僕の使い方なら、1日は持つ印象でした。

ただし、ゲームや動画鑑賞を長時間行うユーザーは注意が必要。特に、3Dゲーム時は負荷がかかりやすく急速に減っていきます。

利用環境や使い方によっても変わりますが、電話やメール、ネット検索などを中心に利用するライトユーザーであれば、1日は持ってくれるでしょう。

Galaxy S23 FEの指紋・顔認証をチェック

Galaxy S23 FEの指紋・顔認証をチェック

Galaxy S23 FEは、指紋・顔認証どちらにも対応しています。

Galaxy S23 FEの指紋認証テスト

Galaxy S23 FEの指紋認証テスト

早速、画面内指紋認証(光学式)を試してみました。

精度良し、認証速度も高速で、ロック解除からホーム画面への移行もスムーズでした。

ちなみに、画面オフ(スリープ状態)のままでも高速認証できます。

気になったのは、指紋認証センサーの位置。片手で持って、指紋認証するには若干下めにあるので使いにくさを感じました。

Galaxy S23 FEの顔認証テスト

Galaxy S23 FEの顔認証テスト

次に、顔認証を試していきましょう。認証速度は高速、精度も良く、メガネをかけたままの認証できます。

Galaxy S23 FEは指紋・顔認証どちらにも対応しており、利用環境問わず快適に使える一台でした。

Galaxy S23 FEのスピーカー(音質)をレビュー

Galaxy S23 FEのスピーカー(音質)をレビュー

Galaxy S23 FEは、ステレオスピーカーを搭載。早速、音質などを確認していきます。

スピーカー性能は以下の5段階で評価

  • めっちゃ良い
  • 良い
  • 普通
  • あまり良くない
  • 悪い

肝心の音については、"良い"印象です。

▼Galaxy S23 FEのステレオスピーカーの音はこちら!

フリー音源 Song: Zero Venture - Point Of View (feat. Cadence XYZ) Link: https://youtu.be/EnarUjBnLXw Music promoted by FMW. Released by Mind Resurgence.

実際に様々な"音"をGalaxy S23 FEから出して検証してみましたが、クリアかつ音の広がりを感じられるスピーカーです。

一方で、音の深みや繊細さにやや欠ける印象。音質にこだわりがあるユーザーは注意しましょう。

とはいえ、個人的には動画鑑賞・ゲーム用としては十分満足できるスピーカーだと感じました。

このあたりは、自分がどこまで求めているのかを考えつつ選んでいくのがおすすめです。(ちなみに、ドルビーアトモス対応)

なお、Galaxy S23 FEはイヤホンジャック非搭載。普段から有線イヤホンを利用するユーザーは変換アダプタ等を準備してておきましょう。(※ワイヤレスイヤホンはもちろん、利用OK)

Bluetoothコーデック ・SBC:○
・AAC:○
・aptX:○
・aptX HD:×
・LDAC:○
・aptX Adaptive:×
※実際にワイヤレスイヤホンを使い検証(ーは未検証)

ちなみに、対応しているBluetoothコーデックは上記のとおりです。実機検証したところ、「LDAC」にも対応していました。

Galaxy S23 FEのメリット(良いところ)

Galaxy S23 FEのメリット(良いところ)

Galaxy S23 FEを実際に使ってみて感じたメリットをチェックしていきます。

ココがメリット(良い点)

⭕ デザインの質感良し!両面ゴリラガラス5採用◎
⭕ 動画鑑賞にも最適!大画面6.4インチ!直射日光下でも見やすい◎
⭕ リフレッシュレート最大120Hz対応!なめらか表示などを体験できる
⭕ 快適動作レスポンス!原神などのゲームも問題なし!
⭕ 高負荷がかかるシーン以外での気になる発熱はなし
⭕ トリプルカメラ搭載!暗所も綺麗に撮れる広角!望遠もある!
⭕ 指紋認証の精度が良い!顔認証にも対応!
⭕ 25W急速充電やワイヤレス充電にも対応!
⭕ ワイヤレスバッテリー共有にも対応している
⭕ ステレオスピーカー搭載!動画鑑賞用にも良い!
⭕ ドルビーアトモス対応!イコライザーも実装されている
⭕ IP68防水防塵&おサイフケータイに対応している
⭕ eSIM対応!物理SIMとのデュアルSIM利用OK!
⭕ エッジパネルやかんたんモードなど便利機能が豊富

以上が、Galaxy S23 FEを使って感じた良いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

動画鑑賞にも最適!大画面6.4インチ!直射日光下でも見やすい◎

Galaxy S23 FEは6.4インチと大画面で文字なども見やすく、ネット検索や動画鑑賞にも最適でした。

加えて、最大輝度は1,450ニト(ピーク輝度)。直射日光下でも、見やすいです。

さらに、リフレッシュレート最大120Hzにも対応。ネットニュースを読む時などになめらか表示体験を楽しめる一台となっています。

快適動作レスポンス!高負荷シーン以外での気になる発熱はなし

Galaxy S23 FEは、ハイエンド向けチップ「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載。動作は、Galaxyシリーズのミドルレンジ比でかなり快適です。

アプリの開閉はもちろん、一つ一つの動作が快適で、電話やメール、ネット検索、SNSなど全く問題ないでしょう。

また、しっかりゲームも楽しめる性能。流石に上位モデル比だと、劣る部分はあるものの、原神などの重いゲームも普通に遊べる一台でした。

高負荷がかかるシーン以外での気になる発熱はなし!

予想外だったのは、「Snapdragon 8 Gen 1」搭載による本体の発熱が思いの外少ない点です。

高負荷がかかる原神(最高画質+60fps)を30分連続で遊んでも、本体温度はMAX43度。パフォーマンスを維持しつつ、本体温度上昇を上手く抑えている印象でした。

実際、ネット検索やSNSを使っていても異常な発熱はなく、安定。「Snapdragon 8 Gen 1」搭載機だから発熱が・・・、と必要以上に心配することはしなくて良いでしょう。

Galaxy S23 FEのデメリット(悪いところ)

Galaxy S23 FEのデメリット(悪いところ)

Galaxy S23 FEを実際に使ってみて感じたデメリットをチェックしていきます。

ココがデメリット(悪い点)

❌ 本体が大きく重い!人によって合う合わないがある
❌ イヤホンジャック非搭載&microSDカード非対応!
❌ 画面内指紋認証センサーの位置が下すぎて使いにくい!
❌ 望遠レンズによる4K60fps/1080p60fps撮影は不可
❌ 全体的にベゼルが太め!
❌ ディスプレイ品質は上位モデルに劣る(鮮やかさ等)
❌ バッテリー持ちが物足りない!ヘビーユーザーは注意!
❌ 望遠レンズのAFが遅い&ピントが合いにくい時がある

以上が、Galaxy S23 FEを使って感じた悪いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

本体サイズが大きく重い!人によって合う合わないがある

大画面で動画鑑賞等もしやすいGalaxy S23 FEですが、本体サイズは大きく、重量は約209gと物理的な重さもしっかりあります。

また、両面フラットデザイン採用。持ちやすさも、イマイチです。片手で持って、長時間続けて操作をしたいユーザーには不向きでしょう。

このあたりは人によって合う合わないがある部分だと思うので、購入前に実機に触れておくのがおすすめです。

バッテリー持ちが物足りない!ヘビーユーザーは注意!

Galaxy S23 FEを使って気になったのは、発熱ではなくバッテリー持ちでした。

負荷がかかるゲーム時はもちろん、動画鑑賞時なども電池消費が早くなる傾向です。

特に、重い3Dゲームを長時間続けて遊ぶユーザーは、1日持つか持たないかといった不安を感じる可能性があります。

少なくともバッテリー持ちはやや物足りない印象で、電池持ちを重視したいユーザーは選ぶ際に注意しましょう。

Galaxy S23 FEの口コミ・評判をチェック

Galaxy S23 FEの口コミ・評判をチェック

Galaxy S23 FEの口コミ・評判を以下に集めてみました。

女性

デザインの質感が良くて、カラーも可愛いですね!あと、大画面で見やすく、動作も快適です!ただ、私の手には本体が大きく、重さも気になりました。好みが分かれそうなので、実機に触れてみるのが良いかもしれないですね!(椿さん)

ちえほん
Galaxy S23 FEの口コミコメントを大募集!もし良かったらコメント欄への投稿をお待ちしています。

Galaxy S23 FEの評価まとめ

Galaxy S23 FEの評価まとめ

Galaxyシリーズに"ゲームもできる動作"と"大画面ディスプレイ"、"綺麗に撮れるカメラ性能"を求めているなら、間違いなくGalaxy S23 FEがおすすめです。

ちえほんによるGalaxy S23 FEの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★☆☆
基本動作(快適さ) ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★☆
画面表示&綺麗さ ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★☆☆
スピーカー ★★★★☆
カメラ ★★★★☆

Snapdragon 8 Gen 1搭載機で、正直"心配"でしたが、Galaxy S23 FEは良い意味で裏切ってくれました。

現行の上位モデルには及ばないものの、原神などの重いゲームもちゃんと遊べます。驚いたのは、発熱抑制とパフォーマンス制御の絶妙さです。

発熱時、ガッとパフォーマンスを落とすのではなく、緩やかな制御をしている印象。結果、安定性と熱対策の両立を実現していました。

一方で、バッテリー持ちは"惜しい"。正直、ゲームを数時間以上楽しむであろう学生が使うには"心もとない"印象です。

とはいえ、性能と価格のバランスは素晴らしく、まさに"学生"にピッタリな一台。特に、ゲームをしたいなら低価格ミドルよりもGalaxy S23 FEをおすすめします!

もちろん、自分が求めている仕様は何かを考えつつ、自分に合ったスマホを選んでいくことが大事です。その際に、ぜひGalaxy S23 FEも一度チェックしてみてください!

ちえほん
質問等ありましたら、是非コメントお待ちしております。

Galaxy S23 FEの価格とお得に買う方法

Galaxy S23 FEの価格とお得に買う方法

Galaxy S23 FEの販売価格は以下のとおりです。

価格(※全て税込) お得なキャンペーン&割引・施策情報
au 88,000円

Galaxy S23 FEの価格は上記のとおりです。

大手キャリアなら大幅割引+お返しプログラムなどを利用すれば、安く購入できるようになっています。

どうせ買うなら、少しでもお得に!ぜひ、一度チェックしてみてください!

\ この記事をシェアする /

  • この記事を書いた人

ちえほん

元携帯電話販売スタッフで、現在はスマホ専門ブログとYouTube(登録者数10万人)を運営中。当サイトのコンテンツは、すべてちえほんが校正・監修しています。また、国内メディアへの寄稿やYahoo!ニュースエキスパートクリエイターとしても活動中です。


  1. Second AZAN より:

    MNP含めるとauオンラインのs22(現在は売り切れたとか)と余り変わらない
    これはS23を値下がるのを待つよりこっち購入のほうがいいのかもしれない

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

よく読まれている関連記事

-Galaxy
-

© 2024 モバイルドットコム