スマートフォン

iPhone 13 Pro 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

更新日:

iPhone 13 Proの実機レビュー!どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

2021年9月に発売されたAppleの最新5Gモデル「iPhone 13 Pro(アイフォンサーティーンプロ)」。大画面6.1インチ(有機EL)×リフレッシュレート最大120Hz対応(ProMotion)、CPUに「A15 Bionic」、万能なトリプルカメラを備えて、価格は税込122,800円から(SIMフリー)となっています。

従来モデルよりも電池持ちが向上、安心のIP68防水防塵&ApplePayにも対応している一台です。今回はそんな「iPhone 13 Pro」を購入したので、実際に使って感じた良いところ、悪いところについて、すべて正直にお伝えしていきます。

▼YouTube動画でもiPhone 13 Proの実機レビューをしているので、合わせてチェックしてみてね!

YouTube video

個人的なiPhone 13 Proの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★☆☆
ゲーム性能 ★★★★★
画面表示&綺麗さ ★★★★★
バッテリー持ち ★★★★★
スピーカー ★★★★☆
カメラ ★★★★☆

本記事では、iPhone 13 Proを外観・デザイン、カメラ、スペック性能やゲーム・アプリ動作、顔認証の快適さ、バッテリー持ち、スピーカーの音質、使って感じたメリット・デメリット(良いところ、悪いところ)、口コミ・評判などを含め使用感レビューしつつ評価します。

iPhone 13 Proの外観・デザインをレビュー

iPhone 13 Proの外観・デザインをレビューしていきます。

パッケージデザインは上記のとおり。正面に製品デザインが描かれた大胆な外箱です。

付属品は、iPhone 13 Pro本体、SIMピン、USB-C to Lightningケーブル、マニュアルです。保護フィルムやケース、ACアダプタは、別途事前に準備しておきましょう。

YouTube video

上記、YouTube動画でiPhone 13 Pro用のおすすめアクセサリーを紹介しているので、合わせてチェックしてみてくださいね!

ディスプレイサイズは約6.1インチ(有機EL)、解像度は2,532x1,170。画面は今まで以上に明るく、色味も鮮やかでとても綺麗なディスプレイです。屋外の直射日光下でも、ハッキリ見えます。

ディスプレイ上部にノッチを採用、従来比で約20%小型化されました。ただし、引き続きバッテリーの%表示を常時表示することはできないので注意です。ベゼルについては若干太めで気になりますが、使っていれば慣れてきます。

背面デザインは、左上に「トリプルカメラ」、中央に「ロゴ」が刻まれています。ちなみに、カメラの出っ張りはSIMカード約4枚分程度です。

iPhone 13 Proのカラーは、グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルーの4色展開です。

今回レビューしているのは、爽やかで上品な「シエラブルー」。背面はガラス素材を採用、マットでサラサラとした触り心地です。引き続き、角張ったデザインなので、個人的には凄く好みでした。ちなみに、指紋はかなり付きにくくはなっています。(※側面フレームはステンレススチール採用のため、指紋が付きやすいです。)

右側面には、「電源ボタン」

左側面には、「サイレントスイッチ」、「音量ボタン」、「SIMスロット」

SIMピンが必要なタイプのSIMスロットを採用しています。ちなみに、外部ストレージには非対応で、シングルSIM+eSIMのデュアルSIM仕様です。(※eSIM×2の同時利用も可能)

下部側面には、「マイク」、「Lightningコネクタ」、「スピーカー」

iPhone 13 Proはステレオスピーカー搭載です。音については、後述。

上部側面には、「なにもありません」

iPhone 13 Proの本体サイズは、約146.7x71.5x7.65mm、重さは約203g。iPhone 13シリーズを全部一緒に並べるとサイズ感は上記のようになります。

持ちやすさについては、従来モデルから大きな変化はない印象。フラットデザインのため手へのフィット感が若干悪いです。また、カメラが大型化した影響なのか、重心は若干上の方になっているように感じました。

片手操作は、出来なくはないが厳しい印象です。キーボードの片手打ちは可能、上部にボタンがある場合は持ち替えないと押しにくいです。このあたりは個人差もあると思うので、ぜひ実機に一度触れてみることをおすすめします。

iPhone 13 Proのスペック性能をレビュー

iPhone 13 Proのスペック性能を表やベンチマーク計測してレビューしていきます。

iPhone 13 Proのスペック表

iPhone 13 Proのスペック・性能以下にまとめてみました。(※参照:Apple公式製品ページ

スペックを見る(タップで表示)

スペック iPhone 13 Pro
メーカー Apple
型番 A2636
発売日 2021年9月24日
OS iOS15
(※初期搭載OS)
CPU A15 Bionic
RAM 6GB
ストレージ 128GB/256GB/512GB/1TB
外部ストレージ 非対応
本体サイズ 約146.7x71.5x7.65mm
重量 約203g
画面サイズ 約6.1インチ
ディスプレイ解像度 2,532x1,170
ディスプレイの種類 有機ELディスプレイ
バッテリー容量 非公表
背面カメラ トリプルカメラ
1200万画素(広角)
1200万画素(超広角)
1200万画素(望遠)
前面カメラ シングルカメラ
1200万画素
防水/防塵 IP68
ワンセグ/フルセグ ×
緊急速報
指紋認証 ×
顔認証
ApplePay
イヤホンジャック ×
ワイヤレス充電
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth Bluetooth 5.0
スピーカー ステレオスピーカー
充電端子 Lightningコネクタ
カラー グラファイト
ゴールド
シルバー
シエラブルー

iPhone 13 Proのベンチマークスコア

iPhone 13 Proのベンチマークスコアを検証しました。参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark」の測定結果を下記に記載しておきます。

iPhone 13 ProのAntutu Benchmarkスコア(※3回連続計測)

A15 Bionic(5コアGPU)搭載「iPhone 13 Pro」のAntutu Benchmarkスコアは「791084点(※検証時のMAXスコア)」。計測中、本体温度は約40度付近まで上昇しましたが、バッテリーの減り具合は安定していました。

肝心の動作については、タッチ操作やスクロールなどの動作レスポンス、アプリの起動や切り替えなどを含めとても快適です。高リフレッシュレートに対応したことで、スクロール表示が凄くなめらかにヌルヌル動きます。

一般的な電話、メール、ウェブブラウジングなどを中心に利用する人だけではなく、本格的にゲームもできる一台です。

iPhone 13 Proのスペック解説

iPhone 13 Proは、現行iPhoneシリーズの中で1番使いやすい"最上位モデル"です。

大画面6.1インチのSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)、快適な動作を実現する「A15 Bionic」、光学3倍ズーム可能な望遠レンズを含むトリプルカメラも備えています。

従来モデルよりも電池持ちが大幅向上、安心のIP68防水防塵&ApplePayにも対応。ProMotion(リフレッシュレート最大120Hz対応)やProResビデオ撮影など、"Pro"シリーズにしかない仕様・機能もあり、全部入りが欲しい人向けの一台となっています。

iPhone 13 Proのゲーム・アプリ動作をチェック

iPhone 13 Proでゲームやアプリの動作を確認します。

以下の5段階で評価

  • とても快適に遊べる
  • 快適に遊べる
  • 普通に遊べる
  • ある程度遊べる
  • 動作困難

それでは、早速「iPhone 13 Pro」を使い実際に試していきます。

iPhone 13 Proでモンストの動作チェック

iPhone 13 Proでモンストの動作チェックをしていきます。結果は、"とても快適に遊べる"。

一通り試しましたが、カクつきなどなく快適に楽しむことができます。30分程度遊んでみましたが、気になる発熱もなく、バッテリー持ちも安定していました。

iPhone 13 ProでポケモンGOの動作チェック

iPhone 13 ProでポケモンGOの動作チェックをしていきます。結果は、"とても快適に遊べる"。

ポケモンGOは重い3Dゲームですが、ポケモン出現時や戦闘など含め問題なく楽しむことができました。もちろん、GPS感度も全く問題ありません。

約30分間のプレイで本体温度は最大約33度、バッテリー4%減少。発熱、バッテリー減りどちらもかなり安定している印象でした。

iPhone 13 ProでPUBGモバイルの動作チェック

iPhone 13 Proで、PUBGモバイルの動作を確認していきます。結果は、"とても快適に遊べる"。

グラフィックは、「FHD」で「ウルトラ」まで選択でき、「スムーズ」は「極限」まで選ぶことが可能でした。

動作については、カクつきなく快適です。ゲームメインに考えている方にも、安心しておすすめできます。

約30分間のプレイで本体温度は最大約34度、バッテリー8%減少。流石に負荷がかかるのか、バッテリーの減りは若干早くなっていました。発熱については、比較的安心していたので問題ないでしょう。

iPhone 13 Proで使える通信キャリアをチェック

iPhone 13 Proで使える通信キャリアをチェックしておきましょう。

機種名 iPhone 13 Pro
対応バンド 4G:B1/2/3/4/5/7/8/11/12
/13/14/17/18/19/20/21/25/26/28
/29/30/32/34/38/39
/40/41/42/46/48/66/71
5G:n1/2/3/5/7/8/12/20/25
/28/29/30/38/40/41/48
/66/71/77/78/79

iPhone 13 Proの対応バンドは上記のとおりです。国内キャリアのバンドを幅広く網羅しています。ちなみに、利用可能キャリアは下記のとおりです。(※一部主要キャリアのみ記載、4G通信での検証)

キャリア 利用可否
ドコモ 通話○
データ通信○
au 通話○
データ通信○
ソフトバンク 通話○
データ通信○
ワイモバイル 通話○
データ通信○
楽天モバイル 通話 ○
データ通信○
ahamo(アハモ) 通話○
データ通信○

ちなみに、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルも利用可能。ちなみに、ahamoも通話・通信ともに問題なく使うことができました。

▼以下に国内主要キャリアのバンドをまとめておきました!

国内主要キャリアのバンドを見る(タップで表示)

バンド周波数帯 ドコモ au ソフトバンク/ワイモバイル 楽天モバイル
Band1
Band3
Band8
Band11
Band 18/26
Band19/26
Band21
Band28
Band41
Band42

ドコモは、Band 1 / Band 3 / Band 19/26。山間部などで使うことがない場合は最悪、Band 19がなくても大丈夫です。auで使うなら、Band 1 / Band 18/26は抑えておきましょう。

ソフトバンクとワイモバイルで使うなら、Band 1 / Band 3 / Band 8の対応は必須。楽天モバイルは、Band 3 / Band 18。パートナーエリアで利用したいならBand 18も必須です。

iPhone 13 Proのカメラをレビュー

iPhone 13 Proのカメラをレビューしていきます。

iPhone 13 Proのカメラ・動画撮影性能をチェック

iPhone 13 Proはトリプルカメラを搭載しています。カメラ構成を以下にまとめました。

1200万画素 広角レンズ / F値1.5 / センサーシフトOIS
1200万画素 超広角レンズ / F値1.8
1200万画素 望遠レンズ / F値2.8 / OIS
LiDARスキャナ

カメラ構成は、1200万画素の広角レンズ(F値1.5 / センサーシフトOIS)、1200万画素の超広角レンズ(F値1.8)、1200万画素の望遠レンズ(F値2.8 / OIS)+LiDARスキャナです。

Proシリーズのみ、LiDARスキャナを利用したナイトモードのポートレートにも対応しています。

インカメラの仕様は以下のとおり。

1200万画素 ー / F値2.2

インカメラは、1200万画素(F値2.2)のシングルカメラ仕様です。

アウトカメラの動画撮影性能は以下にまとめました。

8K 撮影 非対応
4K 撮影 30fps/60fps
1080p撮影 30fps/60fps
スローモーション撮影

新機能として、被写体の背景をぼかしてエモい映像が撮れるシネマティックモード(1080p/30fps)も利用可能です。

また、Proシリーズのみ最大4K/30fpsのProResビデオ撮影にも対応しています。(※ストレージ容量128GBのモデルでは1080p/30fpsまで)

iPhone 13 Proのカメラで撮影した作例

今回は、僕がiPhone 13 Proのカメラを魅力に感じた点を含め、作例を交えてご紹介していきます。

※タップして拡大出来ます。
日中

▼広角で撮影

広角は、従来モデルより格段に明るく写真が撮れる印象。12シリーズよりも色味が若干控えめになっていて、より見たままに近い感じで撮影ができるようになっています。

▼超広角で撮影

超広角は、一度に広い範囲を撮影できるので、風景やグループ撮影時に役立ちます。広角と同様に今までよりも明るく撮れて、黄色っぽさが減って現実の色味に近い感じで撮影可能です。

少し気になったのは、解像感です。パッと見は綺麗ですが、右下の草や木などに若干粗さを感じました。

▼望遠で撮影(光学3倍ズーム)

iPhone 13 Proは、望遠レンズ(光学3倍ズーム)を備えています。ちょっと遠くにある被写体にも、サッと寄って撮影が可能。光量がある場面では十分明るく、ハッキリと撮れる印象です。

気になったのは、撮影したい被写体が近すぎると自動で広角→マクロと切り替わってしまう点。意図しない場面で、自動切り替えがされるのでちゃんと望んだレンズで撮れているかは確認が必要でしょう。

▼デジタルズーム最大15倍

デジタルズームは、最大15倍まで可能。ただし、流石に解像感は粗くなるので注意しましょう。

接写・ポートレート・その他

▼接写

シリーズ初のマクロ撮影に対応したiPhone 13 Pro。被写体に2cmまで寄って撮影できるので、ブツ撮りなどにも最適です。

▼ポートレート

▼その他

夜景・暗所

▼広角ナイトモードで撮影

▼その他(暗所・夜景撮影)

暗所・夜景撮影については、十分撮れるが物足りない印象。光量が極端に少ない場面でも、ナイトモード使えばこれだけ明るく、ノイズを抑えつつ撮影できます。

ただし、よく見ると全体的に解像感は粗めで、価格帯を考えるとハッキリ鮮明に撮れないのは物足りないです。また、従来モデルから変わらず場面によってはフレアや光の玉(ゴースト)が映り込むことがあるので注意しましょう。

iPhone 13 Proのバッテリー持ちをチェック

iPhone 13 Proのバッテリー持ちについては、同価格帯スマホと比べても"持ちが良い"という結果になりました。

機内モードオンで、Wi-Fiのみオンにした状態でYouTubeを流し続け、1時間おきにバッテリー残量を計測するテストを行った結果は以下のとおりです。※テスト環境、条件により差が出る場合があるので注意してください。

バッテリー持ち検証

機種名 0時間経過 1時間経過 2時間経過 3時間経過
iPhone 13 Pro 100% 99% 95% 90%
iPhone 12 Pro Max 100% 99% 95% 90%
iPhone 12 100% 96% 88% 81%
iPhone SE 第2世代 100% 90% 76% 63%

単純にYouTube動画を流すだけのテストではありますが、「iPhone 13 Pro」のバッテリー持ちはとても良い印象。高リフレッシュレートに対応しましたが、難しい設定をせずとも1日は余裕で耐えてくれます。

ちなみに、じっくり検証した上記1日ではネット検索、SNS、動画視聴、音楽鑑賞、ゲームなどを検証しつつ利用して、就寝時に25%程度でした。

もちろん利用環境や使い方によっても変わってきますが、電話やメール、ネット検索、SNSなどを中心に使うなら、まずバッテリー持ちを気にせず利用できるでしょう。

iPhone 13 Proの顔認証をチェック

iPhone 13 Proは、Face ID(顔認証)にのみ対応しています。残念ながら、指紋認証には非対応です。

iPhone 13 ProのFace ID(顔認証)テスト

iPhone 13 ProのFace ID(顔認証)テスト

早速、Face ID(顔認証)を試してみました。精度・認証スピードも問題なく、高速ロック解除が可能。ただし、ロック解除後は下から上にスワイプしないとホーム画面に進めないので注意です。

iOS15.4にて、マスクしたままの顔認証が正式対応!

顔認証が正式にマスクしたまま認証へ対応したことで、とても快適に利用可能です。(※iPhoneに注視が必要)

以下に、マスクをしたまま顔認証をいくつかのパターンで試した結果を置いておきます。

マスク+メガネ
マスク+メガネ+帽子
マスク+サングラス ×

マスクをしたままの顔認証は、真っ暗なシーンでも利用可能でした。ちなみに、「マスク+メガネ+帽子」の場合は眉毛が隠れていると上手く認証できなかったので、注意しましょう。

iPhone 13 Proのスピーカー(音質)をチェック

iPhone 13 Proは、ステレオスピーカーを搭載。肝心の音については、動画鑑賞などを満足して楽しめる素敵な音でした。

▼iPhone 13 Proのステレオスピーカーの音はこちら!

フリー音源 Song: Zero Venture - Point Of View (feat. Cadence XYZ) Link: https://youtu.be/EnarUjBnLXw Music promoted by FMW. Released by Mind Resurgence.

実際に様々な"音"をiPhone 13 Proから出して検証してみましたが、iPhoneらしいクリアで迫力あるサウンドを楽します。

従来モデルよりも低音がしっかり聴こえるような印象で、音の広がりや臨場感も申し分なく幅広い曲を柔軟にこなしてくれる魅力的なステレオスピーカーでした。

ちなみに、イヤホンジャックには非対応。有線イヤホンをどうしても使いたい人は、変換アダプタなどを利用していきましょう。

iPhone 13 Proのメリット(良いところ)

iPhone 13 Proを実際に使ってみて感じたメリットをチェックしていきます。

ココがメリット(良い点)


⭕角張ったフラットデザインが最高!高級感が魅力!
⭕ノッチが20%小型化している
⭕大画面で文字も見やすく綺麗なディスプレイ
⭕シリーズ初のリフレッシュレート最大120Hz駆動
⭕快適な動作レスポンス!ゲームもしっかりできる
⭕誰でも使いやすいトリプルカメラ!動画撮影性能が向上
⭕クリアで大迫力なステレオスピーカー!低音が良い感じ!
⭕圧巻の電池持ち!1日中安心して利用できる
⭕マスクしたままでも顔認証が使える!
⭕一度購入すれば長期アップデートが期待できる
⭕IP68防水防塵&Apple Payも備えている
⭕急速充電対応&ワイヤレス充電にも対応

以上が、iPhone 13 Proを使って感じた良いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

ProMotion対応!初のリフレッシュレート最大120Hz駆動!

iPhone 13 Proは、シリーズとしては初となる最大120Hzの可変リフレッシュレート「ProMotion」に対応しています。

よりなめらかなスクロール表示が可能。SafariやTwitterで試してみましたが、かなりヌルヌル動いてくれます。

元々iPhoneのアニメーション・スクロールはそこそこ快適でしたが、もうワンランクアップグレードされてる感じです。一度体験すると戻れなくなる魅力は間違いなくあるので、ぜひ実機に触れてみてくださいね!

使いやすいトリプルカメラ!動画撮影性能が向上

誰でも使いやすいトリプルカメラを搭載。今までよりも明るく、パキッとした写真が簡単に撮れるようになっています。遠くにある被写体にグッと寄れる望遠レンズや超広角を利用した2cmまで寄れるマクロも面白かったです。

また、従来モデルよりも動画性能が大幅に向上。12シリーズでは最上位モデルである"Pro Max"にのみだったセンサーシフト光学式手ぶれ補正の搭載や新たに被写体の背景をぼかしてエモい映像が撮れるシネマティックモード(1080p/30fps)も利用可能です。

手ブレしにくい映像を手軽に撮れる上、"Pro"シリーズのみシネマティックモードで望遠レンズを使った撮影も行えるのでより色んなシーンで活用できました。

圧巻の電池持ち!1日中安心して利用できる!

iPhone 13 Proは、従来モデルよりも明らかにバッテリー持ちが向上しています。

丸1日じっくり検証してみましたが、ネット検索やTwitterなどの各種SNS、ゲーム、動画鑑賞を満遍なく楽しんでも夜までしっかり耐えてくれました。

高リフレッシュレート対応によるバッテリーの異常な減りや発熱はなく、電池持ちを気にせず1日中利用できる一台です。

iPhone 13 Proのデメリット(悪いところ)

iPhone 13 Proを実際に使ってみて感じたデメリットをチェックしていきます。

ココがデメリット(悪い点)


❌望遠も一定の距離になると広角→マクロへ自動切替が不便
❌暗所・夜景が物足りない!ベタッとした画作りになりがち
❌リフレッシュレート最大120Hz対応アプリがどれか分からない
❌従来モデルよりも約16g重くなっている
❌Type-Cコネクタ&指紋認証が非採用
❌顔認証後に自動でホーム画面に移行できない
❌ノッチ縮小でもバッテリー残量を常時%表示できない
❌ノッチの縦幅が増えたことで逆に目立つ
❌カメラのサイズが大型化!重心も変化した
❌イヤホンジャック&microSDは非搭載

以上が、iPhone 13 Proを使って感じた悪いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

望遠も一定の距離になると広角→マクロへ自動切替が不便

超広角カメラを利用した2cmまで寄れるマクロ撮影が可能なiPhone 13 Pro。わざわざ超広角へ切り替える必要はなく、広角および望遠を利用時一定距離になると自動でマクロモードへ移行されます。

ちなみに、望遠レンズの場合は広角→マクロと自動切り替え。最初は便利だと感じていたんですが、切り替わってほしくないシーンでも自動切り替えされてしまうことが何度かあって不便でした。

とはいえ、逆にいえば何も考えずとも、自動切り替えで最適な写真を撮れるというのは魅力的でもあります。このあたりは、ユーザー側で自由に機能をオンオフ選択できればさらに良くなりそうですね。

Type-Cコネクタ&指紋認証が非採用

iPhone 13 Proは、従来モデルから引き続きType-Cコネクタ&指紋認証が非採用となっています。

単純にケーブルをまとめたいです。スマホ以外の製品でも徐々にType-C採用デバイスが増えており、出張や旅行時にType-Cケーブル一本あれば良いはずが、iPhoneのために別途Lightningケーブルを持ち運ばないといけません。

ぜひ、次期モデルではType-Cコネクタ採用に期待したいところです。

ノッチ縮小でもバッテリー残量を常時%表示できない

フルスクリーンディスプレイを搭載したiPhoneシリーズでは、ノッチの影響でバッテリー残量を常時数値で表示しておくことができません。

これはノッチが従来比で20%小さくなったiPhone 13シリーズでも同様でした。iPhone自体のバッテリー持ちが改善されているとはいえ、バッテリー残量を常時%表示できないのは地味に不便でした。

せっかく従来比で20%小さくしたノッチを活かしきれていない印象で、ぜひ今後の改善アップデートに期待したいです。

iPhone 13 Proの口コミ・評判をチェック

iPhone 13 Proの口コミ・評判を以下に集めてみました。

女性

デザインの高級感、シエラブルーのとても可愛いカラーも魅力ですね!私的には、本体の重さが気になりました....(椿さん)

ちえほん
iPhone 13 Proの口コミコメントを大募集!もし良かったらコメント欄への投稿をお待ちしています。

iPhone 13 Proの評価まとめ

iPhone 13 Proは、大画面かつ大容量バッテリーよりも"使いやすさ"を重視しつつ、全部入りのiPhoneを求めている人にこそおすすめな"Pro"モデルです。

個人的なiPhone 13 Proの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★☆☆
ゲーム性能 ★★★★★
画面表示&綺麗さ ★★★★★
バッテリー持ち ★★★★★
スピーカー ★★★★☆
カメラ ★★★★☆

文字も見やすい6.1インチ(有機EL)×リフレッシュレート最大120Hz対応(ProMotion)、高性能な「A15 Bionic」、"Pro"シリーズだけ搭載されている望遠レンズを含むトリプルカメラも魅力的です。

カメラ性能の向上で、知識がなくとも自動でレンズ切り替えを行い最適な写真が撮れたり、シネマティックモードで雰囲気あるお洒落な動画も撮影できるようになっています。

また、電池持ちの大幅向上でより安心して1日しっかり使えて、IP68防水防塵&ApplePayにももちろん対応しています。一方で、iPhone 12シリーズから考えると残念ながら、今回はマイナーアップデートとも言えるでしょう。

そのため、確実に体感できる変化を楽しみたいなら、iPhone 11シリーズより前のモデルからの機種変更がおすすめです。

もちろん、どんなスマホでも良いところ、悪いところは必ずあります。より自分に合った一台を選んでいきましょう。ぜひ、iPhone 13 Proも一度チェックしてみてください!

ちえほん
質問等ありましたら、是非コメントお待ちしております。

▼iPhone 13 Proを買ったら知っておきたいおすすめ設定・便利機能をまとめた動画も公開しているので、ぜひチェックしてみてね!

YouTube video

iPhone 13 Proの価格とお得に買う方法

iPhone 13 Proを買うならオンラインショップでの購入が圧倒的にお得です!販売価格は以下のとおりです。

iPhone 13 Proの販売価格(参考価格)

  • ドコモ : 142,560円(税込)から →最大22,000円割引
  • au : 143,040円(税込)から →最大22,000円割引
  • ソフトバンク : 144,000円(税込)から →最大21,600円割引
  • 楽天モバイル : 122,800円(税込)から →最大20,000円分のPT還元
  • Apple Store : 122,800円(税込)から

iPhone 13 Proの販売価格は上記のとおり。本体代だけで考えれば、AppleStoreや楽天モバイルでの購入がお得です。

ただ、各社の割引キャンペーンを利用できる方は、組み合わせて購入するのがより安く買えます。

どうせ買うなら、少しでもお得にオンラインで!ぜひ、一度チェックしてみてください!

\ この記事をシェアする /

  • この記事を書いた人

ちえほん

スマートフォンを専門に取り扱うブログ+YouTubeチャンネルを運営。実際に使って感じたことを正直にお伝えします!Real Soundなど国内メディア等への寄稿やYahoo!JAPANクリエイターズプログラムでも活動中。詳しいプロフィールはこちら


  1. りょーた より:

    12ProMaxから13Proに買い換えました。
    今のところバッテリー持ちはほぼ変わらない日と、13Proの方が若干減りが早いかなという印象です。
    他のハイエンドAndroidと比べても、動画撮影特にHDRで撮影した動画の画質と、それをiPhone自体で再生した時の美しさは流石だなと思います。

    ただ、ちえほんさんも言われているように、そろそろ重量は限界って感じるくらい重いので、デザインとの両立は難題ですが軽量化に取り組んでほしいです

    • ちえほん より:

      コメントありがとうございます!!おめでとうございますーーー!!!ホント今回は動画性能が素晴らしいですね....。

      めちゃくちゃわかります。軽量化だけなんとか頑張ってほしいところですね...!!

  2. 匿名 より:

    13Proに変更して二週間になります
    ゲームではないのですが、小説を読むとかなり熱を持ち、バッテリーの減りも早いように思います
    カメラとバッテリーで選んだので、ちょっと不安です

    • ちえほん より:

      コメントありがとうございます。手元にある13 Proとかなりバッテリー持ちが良いのですが、もしかすると利用環境(お使いの通信会社など)によっても変わるかもしれないですね...。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

-スマートフォン
-

© 2022 モバイルドットコム