サムスン

「Galaxy Note9」を開封から外観レビューまでを一挙大公開!【写真30枚記載】

更新日:

大画面6.4インチ、進化したSペンを添えて「Galaxy Note9」を開封から外観レビューまでを一挙大公開をお届けします。Galaxy Noteシリーズの最高傑作。歴代最強のGalaxy Noteがいよいよ発売開始されました。

当ブログでも早速Galaxy Note9を輸入。

Galaxy Note9は、6GBのRAMに128GBのストレージ、最上位モデルは8GBのRAMに512GBのストレージ、512GBの最大容量に512GBのmicroSDカードを挿せば1TBのストレージをスマートフォンになります。CPUは、Snapdragon845および、Exynos9810、ディスプレイは、6.4インチ、解像度2960 x 1440(516ppi)、Quad HD+ Super AMOLEDを採用、バッテリー容量4000mAh、メインカメラはデュアルカメラで12MP(f/1.5-f/2.4)+12MP(f/2.4)、IP68防水防塵対応、虹彩認証、指紋、インテリジェントスキャン(虹彩+指紋)を採用、サイズ161.9 x 76.4 x 8.8mm、重さは201g、OSはAndroid 8.1を搭載しています。

「Galaxy Note9」はまさに最強のスマホというわけですね。

「Galaxy Note9」を開封から外観レビュー!

Galaxy Note9:箱

Galaxy Note9のパッケージは上記の通りです。今回のGalaxy Noteシリーズは、Sペンの進化も一つテーマにしていることもあり、パッケージにもSペンが描かれていますね。

Galaxy Note9:付属品

Galaxy Note9の付属品は、すぐに使い出せるようにしっかりと付属品が入っています。ただ、日本国内版はおそらくここまで色々付属品が入っていない可能性があります。個人的に嬉しいのは、純正ケースです。作りもしっかりしているので使いやすくて良いですね。

Galaxy Note9:オモテ

Galaxy Note9は、大画面6.4インチ、Infinity DisplayのQuad HD+有機EL(Super AMOLEDディスプレイ)を採用しています。Galaxy Note8よりもわずかに大きくなり、わずかに重くなりました。それでも使いやすさ、いえ使い出したら手放せない一台になるスマホには変わりありません。

Galaxy Note9でSペン使う上で大画面はやはり必須。6.4インチの大画面だからこそスラスラとメモすることができる。

Galaxy Note9:ウラ

Galaxy Note9はメタルフレーム、ダイアモンドカットを採用し、非常に綺麗なデザインになっています。また、メインカメラは背面になめらかに収納されており、手だけではなく見た目にも心地よいデザインになっています。Galaxy S9+よりも角がしっかりしているので大きく感じますが、Sペンも使いやすく、大きくなってむしろ使い勝手がよくなっています。

Galaxy Note9は、指紋認証の位置も変更されています。Galaxy Note8で使いにくくなっていた指紋認証の位置もGalaxy Note9で変更されています。インテリジェントスキャンと併用出来るので使い勝手も非常に良いですね。

Galaxy Note9:側面

Galaxy Note9の左側面には、音量ボタンとBixbyボタンあります。個人的には、Bixbyボタンはほぼ使いません。使い勝手は良くなっているようですが、誤操作するときもあるので正直必要ないように感じます。音量ボタンはいつもどおり使いやすく押しやすいです。右側には、電源ボタンがあります。押しやすい位置にあるので不便には感じません。

いつもどおり上部にはSIMスロットが備わっています。Galaxy Note9の下部には、Sペンとイヤホンジャック、Type-Cコネクタを採用しています。イヤホンジャックを今も残してくれているサムスンには感謝ですね!最近では、イヤホンジャックを廃止するメーカーも多い中、イヤホンジャックは必要と思っている方も多いと思うので、この流れを続けてほしいですね。

Galaxy Note9:カメラ

Galaxy Note9のメインカメラは、1200万画素+1200万画素のデュアルカメラ構成になっています。F値1.5モードでは暗闇での撮影でも光を集めることができ、F値2.4モードではシャープで鮮明な写真を撮影できます。メインカメラの広角レンズがF値1.5モード、F値2.4モードに対応しています。

望遠レンズと広角レンズを同時に使ったライブフォーカスでオリジナリティあふれるポートレートも撮影も可能です。また、デュアル光学手ブレ補正(OIS)によって、多少のブレがあっても鮮明な写真を撮影することができます。光学2倍の1200万画素カメラでは、より美しい写真も撮影可能です。

Galaxy Note9のカメラは、AIカメラにも対応しており、瞬時にAIが撮影するものを判別して最適化してくれます。何度か試してみましたが、そこそこ判別も早く、綺麗な写真が撮影可能です。Galaxy Note9のカメラは、使い勝手がよく、相変わらずとても綺麗な写真が撮影出来ます!!

Galaxy Note9:Sペン

Galaxy Note9で一番進化したのはSペンです。Sペンが若干太くなったことで、コントロールしやすくなり、スケッチ、デザイン、アイデアなどをより書きやすくなっています。また、0.7mmと細い先端と4,096段階もの筆圧を再現してくれるので、書き心地も最高です。

また、Bluetoothに対応したことで、遠隔でセルフタイマーを切ったり、セルフィーを撮るために腕が疲れることも、大人数での集合写真が入りきらずに困ることもなくなります。その他にも、指定アプリの起動やロック画面の解除など、本当に便利になっています。

Galaxy Note9のSペンは間違いなく、過去最高の使いやすさ、便利さを実現しました。Sペンは使えば使うほど、癖になり、手放せなくなります。ぜひ、一度体験してみてください!

Galaxy Note9:バッテリー


個人的に「Galaxy Note9」の魅力な点の一つが、大容量4,000mAhのバッテリーを搭載しているということです。Galaxy Note9は、仕事からプライベートまでを一台でこなせるように作られています。ということは、一日中使えるスマホじゃないとだめですよね?

「Galaxy Note9」は本当にバッテリー持ちが良い。1回の充電で1日中使うことが可能です。体感は、Galaxy S9シリーズよりもだいぶバッテリー持ちが改善されているように思います。Galaxyシリーズは比較的ハイパワー可動なのでバッテリー持ちは諦めていましたが、Galaxy Note9は全く別物でバッテリー持ちが大幅に良くなっています!

Galaxy Note9:指紋認証

Galaxy Note9の指紋認証は非常に高速です。Galaxy Note8から指紋認証の位置が変更になり、さらに使い勝手がよくなりました。また、顔認証と虹彩認証を組み合わせたインテリジェントスキャンを使って、簡単にロック解除も可能になっています。暗い場所でも、顔認証、虹彩認証は可能ですが、加えて指紋認証もあるのは非常に便利です!!

Galaxy Note9:ホーム画面

海外版「Galaxy Note9」は、ホーム画面が非常にシンプルでプリインストールアプリが少ないのが特徴的です。国内版は現状未発表ではありますが、国内キャリアから発売されるとどうしても不要なプリインストールアプリが入ってしまうので逆に使いにくくなってしまいますよね。最初からプリインストールアプリが少ないのは最高でした。

Galaxy Note9:レスポンス

Galaxy Note9のCPUは、販売国によってCPUが異なります。おそらく国内モデルは、Snapdragon845となります。Snapdragon845版は約28万5000点を記録、Exynos9810版は、約24万点を記録しています。(とある方にご協力してもらっています。) ゲーム中心に考えている方ならSnapdragon845版をオススメしますが、操作した感じは、Exynos9810版も全く大差ありませんでした。ただ、さすがにこれだけ点差もあるのでこのスコアだけがすべてではないですが、CPU選びは慎重にいきましょう。

Galaxy Note9:SIMカードトレイ

海外版「Galaxy Note9」は、デュアルSIMモデルとシングルSIMモデルがあります。国内版はおそらくシングルSIMモデルになると思われます。デュアルSIMの場合は、デュアルSIM使用時にはMicroSDカードが使えませんのでご注意ください。

Galaxy Note9:純正ケース

Galaxy Note9には、純正TPUケースが付属しています。ぴったりサイズで保護力もあるので、最初にケースを購入しておく必要はないですが、好みで色々変えたい人は、別途ケースを購入しておいても良いかもしれません!

スポンサーリンク

最後に・・・

大画面6.4インチ、進化したSペンを添えて「Galaxy Note9」を開封から外観レビューまでを一挙大公開はいかがでしたでしょうか?

これまでの「Galaxy Note」シリーズの中でも間違いなく最高傑作となっている「Galaxy Note9」。まさに今年一番のハイエンドモデル、スペック、カメラ、デザイン、バッテリー、レスポンスどれをとっても素晴らしさを感じます。また、Sペンは思ったよりも使い勝手が向上していて、まだまだこんな使い方ができるんじゃないかと、考えるだけでワクワクさせてくれる。

「Galaxy Note9」を不思議と使ってみたくなりませんか?

一度、使えばわかる「Galaxy Note9」の良さ。

一度使い始めたら、手放せない存在になります。

覚悟して「Galaxy Note9」に触れてみてください!

Galaxy Note9は、今あるすべてを詰め込んだ完成された一台です。

Galaxy Note9 を一番安く購入する方法は?

Galaxy Note9 を安く購入するなら、安心安全のイートレンがオススメです。初心者でも購入しやすく、最速翌日到着もあります。すぐにほしい方には特に嬉しいですよね!また、送料がわかりやすく、関税も込みなのであとからの請求もないので安心です。

ETOREN(イートレン)とは?

Etoren.comは香港とシンガポールに販売拠点があるSIMフリーのスマートフォン、タブレット、携帯ガジェットを中心とした家電製品を販売するオンラインサイトです!日本語でのサイト表記、日本人スタッフによる電話、オンラインチャット、メールでの顧客対応。輸入関税、消費税込の商品価格設定にて、配送後の税金支払いも当サイトで対応。また、日本国内に物流/サービス拠点もあり、返品、修理で購入者が海外へ発送する問題もございません!また、取扱商品も、新商品をいち早く発売しており、旧機種含め多くのラインナップをそろえております。商品故障も1年間保証をしておりますため、購入後も安心して使える体制となっております。

購入費用は?

価格は、約80,000円(関税込み)です。
送料は、約2,000円
合計で約82,000円程度になります。

ETOREN(イートレン)の最大の魅力は、関税が込み価格となっているところです。ETOREN(イートレン)なら関税込み価格なので、後日請求もなく安心です。

【業界最安値】ETORENにて「Galaxy Note 9 」が販売開始

今すぐ購入する

※新品最安値、関税込み!今なら80,000円〜

スポンサーリンク

\ PICK UP!! /

エイスース

国内版ASUS ZenFone 6 ZS630KLの発表会イベントレポート動画をYouTubeに公開しました!

先日、国内で行われたイベントで発表されたASUS ZenFone 6 ZS630KLのレポート動画をYouTubeに公開しました。ASUSにご招待頂き一足先にイベント会場内で実機を試しております。 動画の後半にはZenFone 6の試作機の映像も後半に登場します。触ることは出来ませんでしたが、色々なモックが展示されていました。また、実機の国内版ZenFone 6の映像もあるので、ミッドナイトブラックおよびトワイライトシルバーの色味も感じてもらえます。 また、30周年記念モデルについても映像にしております。 ...

続きを読む

ASUS新製品ZenFone 6含む発表会イベント

エイスース

ASUS新製品ZenFone 6含む発表会イベントレポート | 創立30周年&ジョニー・シー会長が登壇

ASUS発表会イベントに初参戦。どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 本記事では、ASUS JAPAN発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」の様子をレポートしていきます。発表会では、国内向け新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」の発表や新型ノートPC2「ZenBook Pro Duo」についてなど、魅力的な新製品が発表されました。その時の興奮や感動を少しでもお届け出来たら幸いです。 まず、本題に入る前に発表会にお招き頂いたAS ...

続きを読む

Amazonスマートフォン本体の売れ筋ランキング第1位にZenFone6がランクイン

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL (6GB/128GB) | Amazonスマートフォン本体の売れ筋ランキング第1位に

先日、国内発売が発表されたASUS最新フラッグシップモデルZenFone 6。すでに国内では、各ショップにて予約が開始されており、いよいよ明日8月23日に発売が開始されます。 国内投入される「ZenFone 6 ZS630KL」は、以下のとおりです。(一部モデルのみ順次投入) 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM6GB/ROM128GB (BK128S6) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ZS630KL トワイライトシルバー RAM6GB/ ...

続きを読む

国内版ZenFone 6の実機をチェック

エイスース

国内版ZenFone 6(トワイライトシルバー/ミッドナイトブラック)の実機をチェック | 見れば見るほど欲しくなるんだよ。

ZenFone 6は最高だぞッ!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! ちえほん見れば見るほど欲しくなるんだよ。 遂に国内版の発売が決まったASUS渾身の最新フラッグシップ「ZenFone 6」。国内では初となるインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味で、アウトカメラ(メインカメラ)でインカメラも撮れる自撮りやグループ撮影にも使える万能なカメラです。 本記事では、ASUS JAPANの発表会イベント ...

続きを読む

エイスース

【30周年記念モデル】ZenFone 6実機ファーストインプレッション | A部発表会レポート①

ASUS(エイスース)から国内発売が発表されたZenFone 6。注目したいのは、30周年記念モデルの存在。限定モデルのASUS ZenFone 6 Edition 30 (ZS630KL)は、通常のZenFone 6をさらにハイスペック仕様(RAM12GB / 512GB)に変え、背面にASUSらしいスピン調でかつ30周年記念ロゴが入っています。 また、保証も手厚くなんと国内30ヶ月保証が提供されます。特別な存在のZenFone 6は通常モデルにはないさらなる高級感を放つ。上質で、懐かしい背面加工はAS ...

続きを読む

ZenFone 6と外箱

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL レビュー!インカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラが最強すぎる

どうも、僕はASUSが好き。ちえほん(@chehonz201)です!! さて、今回はASUS最新フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を購入したのでレビューをお届けします。注目は、やはりインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味。また、最新のハイエンド向けCPU搭載や他にはない大容量バッテリー5,000mAhの採用など、目が話せない2019年夏モデル大注目スマートフォンとなっています。 この記事 ...

続きを読む

エイスース

ASUS JAPAN新型スマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を発表 | 発売は8/23から、価格は69,500円(税抜)〜

ASUS JAPANは、発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」にて国内向けに新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を投入することを発表しました。 発売が開始された国内投入されるは「ZenFone 6 ZS630KL」、以下のとおりです。(一部モデルのみ順次投入) 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM6GB/ROM128GB (BK128S6) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ...

続きを読む

iPhone 11を買うか買わないか

アップル

2019年今秋に発売されるであろう新型iPhoneは買いますか | 7割近くは買わない・見送り?

2019年iPhoneを買いますか?どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! いよいよ、来月に発表されるであろうApple(アップル)の新型iPhone 11シリーズ(仮名称)。カメラは、5.8インチiPhone Proと6.5インチiPhone Pro Maxの2機種が上位モデルの位置づけでトリプルカメラを搭載、iPhone 11はデュアルカメラを搭載すると言われています。 また、iPhone 11シリーズは以下の三種類が登場すると言われています。 ポイント iPhone 11 ▶ ...

続きを読む

関連記事

-サムスン
-

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.