モバイルドットコム

話題のスマホを中心にガジェットの最新情報を発信中!!

スポンサーリンク

Android HuaweiP30lite

HUAWEI P30 liteをレビュー!P20 liteよりも大幅性能向上、コスパ最強スマホ再び【写真40枚記載】

更新日:

どうも、HUAWEI P30シリーズ最高!ちえほん(@chehonz201)です。

今回は、HUAWEI P30シリーズの中で最もコスパ最強スマホHUAWEI P30 liteファーウェイピーサーティーライトをレビューしていきます。去年、2018年に最も売れたSIMフリースマホ「HUAWEI P20 lite」の後継機です。

国内版が発表!!

HUAWEI P30 lite ⇒ 発売日は2019年5月24日(金)、価格は32,880円(税抜)〜

追記: 国内版 HUAWEI P30 liteについて

国内版は思っていたよりも安く登場しました。価格が32,880円(税抜)であれば、間違いなく買いな一台です!!国内版の仕様は、メモリ4GBで、ストレージ容量は64GBになっています。やはり国内版はすべてメモリ4GB、ストレージ容量はau版のみ128GBになりそうです。⇒auが2019年夏モデルを発表!最新スマホのスペック・仕様や特徴、発売日まとめ!

カラーは、ミッドナイトブラック、パールホワイト、ピーコックブルーの3色展開です!!

今年も、格段に性能が良くなって値段もほぼ同等、まさにコスパ最強スマホ再びです!!今年のHUAWEI P30 liteは、この価格帯のスマートフォンを狙っている方ならまず間違いなく買い!!

HUAWEI P30 liteのおすすめポイント!

  • トリプルカメラを搭載!!超広角カメラが追加!
  • CPUの性能が向上、Kirin 710を搭載
  • バッテリーも大きくなり、長時間利用可能!
  • 引き続きTypeCコネクタ採用!
  • メモリ(RAM)は最大6GB!
  • 価格はほぼ据え置き!

「HUAWEI P20 lite」も非常にコスパに優れたSIMフリースマホでしたが、もう一つスペックアップが欲しかったという方にも、HUAWEI P30 liteはオススメ出来る!!

Kirin 710は、HUAWEI P9 / P9 PlusのKirin 955と同程度の性能です。二年前とはいえ、フラッグシップモデルと同等のパワーアップになっています。カメラも強化され、より使う人を満足させてくれるSIMフリースマートフォンになっています!!

HUAWEI P30 liteの実機レビュー動画もYouTubeに公開しました!!

こちらも合わせてどうぞ!!

※追記:2019年05月03日更新(2週間使ってみた感想を追記!)

それでは、早速HUAWEI P30 liteのスペック・仕様をチェックしていきましょう!!

HUAWEI P30 liteのスペック・仕様をチェック!!

HUAWEI P30 liteのスペックをざっくり確認しておきましょう!!

ディスプレイは、6.15インチIPSディスプレイ、アスペクト比19.5:9、FHD+解像度(1080 x 2312px)です。

CPUは、Kirin 710を搭載、これは二年前のフラッグシップモデルHUAWEI P9と同等です。

動作は格段によくなっている印象です。

機種名 HUAWEI P30 lite
CPU Kirin 710
※P20 lite:Kirin 659
MEMORY 4GB or 6GB RAM + 128 GB ROM
※P20 lite:4 GB + 32GB / 64GB
ディスプレイ(画面)サイズ 6.15インチIPSディスプレイ
アスペクト比19.5:9
FHD+
解像度(1080 x 2312px)
※P20 lite:5.84インチ
(2280x1080)FHD+
メインカメラ トリプルカメラレンズ搭載
24MP(標準):f1.8、PDAF
8MP(超広角):13mm
2MP(深度センサー):f2.4
※P20 lite:16MP(標準)+2MP(深度センサー)
サブカメラ シングルカメラ
32MP(f値2.0):国内版は24MPです。
※P20 lite:16MP
バッテリー 3340mAh
※P20 lite:3000mAh
SIM スロット Nano SIM
OS Android 9.0
※P20 lite:Android 8.0
サイズ 152.9 x 72.7 x 7.4 mm
※P20 lite:149 x 71 x 7.4 mm
重さ 159 g
※P20 lite:145g
カラー 3色展開
Blue
Black
Pearl white
対応バンド LTEバンド
1(2100)
3(1800)
5(850)
7(2600)
8(900)
28(700)
34(2000)
38(2600)
39(1900)
40(2300)
41(2500)
その他 USB Type-C

HUAWEI P30 liteは、HUAWEI P20 liteよりも重くなりましたが、その分ディスプレイが大きくなりました。

より画面が見やすく、使いやすさも上がっています!!

また、トリプルカメラレンズ搭載しています。

カメラ構成は、24MP(標準):f1.8、PDAF、8MP(超広角):13mm、2MP(深度センサー):f2.4です。

HUAWEI P20 liteよりも色んな写真が撮影出来るようになっています!!

それでは、早速HUAWEI P30 liteの実機レビューをみていきましょう。

スポンサーリンク

HUAWEI P30 liteを実機レビュー!!

HUAWEI P30 liteの外観もよりよくなっているので、ぜひ実機をみていきましょう。

パッケージ


パッケージは、非常にシンプルでHUAWEI P30、HUAWEI P30 Pro同様に高級感があります。

上部には、HUAWEIのロゴが記載されています。中央には、HUAWEI P30 liteの文字があります。

開封+付属品


HUAWEI P30 liteは、今回米国からの輸入をしたので、上記のようなフィルムが貼られていました。

この初期フィルムの他に、保護フィルムが一枚別で付属品として入れられていました。

背面にも同じように保護シートが付けられています。

付属品は、以下のとおりです。

付属品

電話(内蔵バッテリー)×1
充電器×1
タイプCケーブル×1
タイプCイヤホン×1
TPU保護ケース×1(西ヨーロッパおよび北東ヨーロッパにはありません)
クイックスタートガイド×1
取り出しツール×1
保証書× 1
保護フィルム×1

ファーウェイは、付属品が非常に充実しています。

すぐにでも使い出せるところがオススメポイントです!!!

別途、フィルムやケースを購入しなくても良いのはホント嬉しいですよね!!

外観・デザイン:オモテ


HUAWEI P20 liteは、上部に目立つノッチディスプレイがありました。

今回HUAWEI P30 liteは、上部に水滴ノッチディスプレイを採用、よりディスプレイが大きく感じます。

また下部のベゼル部分が狭くなっています。

個人的には、HUAWEI P20 liteよりもHUAWEI P30 liteの方がデザインがよくなっているように感じます。

外観・デザイン:ウラ


背面をみていきましょう。

HUAWEI P30 liteは、左上にメインカメラ、上部に指紋認証を搭載しています。

このあたりは、HUAWEI P20 liteと同じデザインを引き継いでいるように感じます。

両サイドがエッジがかっているので、HUAWEI P20 liteよりも持ちやすさを感じるデザインになっています。

カラーラインナップは、Blue、Black、Pearl whiteの3色展開です。

今回は、個人的に好きな色のBlackを選びました。

凄く格好良いカラーになっています!!

外観・デザイン:側面

側面は、右側に音量ボタンと電源ボタン、左側にはフレームのみです。

上部に、SIMトレイ、下部にTypeCコネクタが採用されています。

ASUSのこのくらいの価格帯のスマートフォンでは、microUSBコネクタが採用されていることが多いですが、個人的にはTypeCコネクタの方が使いやすく、こちらを採用してくれているのはメリットに感じます。

ちなみに、SIMトレイはDualSIM対応、最大512GBのmicroSDも入ります。(※排他的仕様のためmicroSD仕様時は、DualSIMは使えません。)

カメラ


それでは、HUAWEI P30 liteのカメラをみていきましょう。

P30 liteのカメラ構成・仕様

トリプルカメラレンズ搭載
2400万画素(標準:広角):f1.8、PDAF
800万画素(超広角):13mm
200万画素(深度センサー):f2.4

※デジタルズーム最大6倍

メインカメラは、HUAWEI P20 liteよりもしっかり強化が行われています。

トリプルカメラ構成になり、超広角レンズが搭載されたことにより、格段に撮影できるシーンが増えています。

インカメラは、3200万画素(国内版は2400万画素) F2.0でHUAWEI P30および、HUAWEI P30 Proと同じです。

インカメラが上位モデルと同じ仕様なのは凄い、インスタグラム等で自撮りをよく使う方にもオススメです!!

作例

それでは、試しにHUAWEI P30 liteで撮影した写真をみていきましょう。


標準


超広角

HUAWEI P30 liteのカメラで撮影して感じるのは、明るい場所での撮影はHUAWEI P30 liteでも十分すぎるほど良く撮れます。

これだけあれば、十分と言えるレベルです。

ただし、望遠ズームはないのでズームが欲しいならP30もしくは、P30 Proですね!

どこまでを求めるかによって最適なスマートフォンが変わってくると思います。

あと気になったのは、暗い場所での撮影です。

HUAWEI P20 liteよりは良くなっているように感じますが、若干粗さが目立つ印象でした。

ディスプレイ


HUAWEI P30 liteは、6.15インチIPSディスプレイを搭載しています。

水滴ノッチディスプレイのおかげで、凄く広く画面が使えるのは非常に嬉しい点ですね!!

アスペクト比19.5:9、FHD+解像度(1080 x 2312px)です。

有機ELよりは劣りますが、日常使用であれば全くの無問題です!!

十分に綺麗なディスプレイとなっています!!

OS+UI


ホーム画面


ホーム画面2ページ目

HUAWEI P30 liteは、EMUI 9.0を採用しています。

SIMフリーモデルということもあり、余計なアプリが少ないのも良いですがそれでも使わないアプリもありますね。


設定


カメラUI

OSは、Android 9.0を搭載しています。

年々使いやすくなっている気がするので、使いにくい感じは全くありませんでした。

指紋認証+顔認証

HUAWEI P30 liteの指紋認証は、非常に高速で利便性が凄い高いです!

指紋認証をすると、画面も同時に起動するのも便利で良い感じです!!

顔認証については、正直あまり使いたいと思うレベルにはなっていません。

指紋認証メインでの使用をオススメします!!

ベンチマーク

それでは、恒例のHUAWEI P30 liteでベンチマークスコアを計測していきます!

Antutu BenchmarkとGeekbenchで検証してみました。

Antutu Benchmark

HUAWEI P30 liteのベンチマークスコア、まずはAntutu Benchmarkです。

ベンチマークスコアは、約12万点でした。

年々ベンチマークスコアも上がって来ていますが、正直10万点を超えていれば、日常使用には全く問題ありません。

Geekbench


次に、Geekbenchも計測してみました。

スコアは、シングルが1322、マルチスコアが4762でした。

HUAWEI P30 liteは、あくまでミッドレンジモデルなので、本格的な3Dゲームをメインで使う方にはオススメ出来ません。

ただ、安く長く使えるスマートフォンであればHUAWEI P30 liteは十分オススメ出来る一台です!

「HUAWEI P30 lite」の良いところ

「HUAWEI P30 lite」の良いところをご紹介していきます。

ココがおすすめ

▶CPUが強化され、動作が快適になっている!
▶トリプルカメラ構成になって撮影できるシーンが格段に増えた!
▶インカメラの仕様が上位モデルと同じ!
▶価格が約3万円で安い!!

HUAWEI P30 liteの良いところ、まずはCPUが強化されたことです。

P9 /P9 PlusレベルのCPUになっているので、十分快適に動いてくれます。

電話、メール、ネット、Twitter等、複数同時に扱っても問題ない快適さをキープしてくれます。

また、カメラが良くなっている!

超広角カメラが搭載されたことにより、より色んなシーンを納められるカメラになっています。

インカメラも上位モデルと変わらないのは嬉しいですね!!

この内容で、約3万はやはり安い。人気モデルはやっぱりコスパに優れています。

「HUAWEI P30 lite」の悪いところ

次に、「HUAWEI P30 lite」の悪いところをご紹介していきます。

ココがダメ

▶カメラは暗い場所での撮影が苦手
▶望遠レンズはないので、光学ズームは出来ない

価格が価格なので、あまり多くのことは求めないモデルではありますが、個人的にちょっと残念に感じたのは暗い場所での撮影です。

若干、粗さが目立ちます。ただ、明るい場所での撮影はホント十分すぎるほど綺麗に撮れます!!

また、望遠レンズは搭載していないので、光学ズームは出来ません。

ケースやフィルムのアクセサリー

ちえほん
今回より保護力を高めるためにガラスフィルムとケースも購入してみました!!

ガラスフィルムは、Spigenのものを購入しました。

ケースは、ウルトラ・ハイブリッドを購入しました。

デザインを活かすなら、やっぱりクリアケースですよね!

HUAWEI P30 liteを2週間使ってみてわかった良かった点と悪かった点は?

HUAWEI P30 liteをじっくり2週間使ってみて感じたことを素直にお伝えしていきたいと思います!!

控えめに言って、HUAWEI P30 liteは最高のミッドレンジモデルです。

一般レベルの使用ならまず間違いなく、HUAWEI P30 liteで十分です!

僕自身HUAWEI P30 liteを実際に使ってみて、良かった点と悪かった点も見つかりました。

その部分も含めて、お伝えしていこうと思います。

使ってみてわかった良かった点と悪かった点

  • 必要最低限以上のトリプルカメラがすごい!
  • P20 liteよりも画面が大きくなって使いやすい!
  • 超広角カメラが追加されてカメラが使いやすく!
  • バッテリー容量がUP!さらに長時間利用可能に!
  • ミッドレンジモデルだが、TypeCコネクタ採用!
  • イヤホンジャックが搭載されている!
  • 指紋認証が高速で使いやすい!
  • 重い3Dゲームも出来なくはないが、少々重い!

個人的なHUAWEI P30 liteの評価は、満点です。ミッドレンジモデルの中では間違いなくトップクラスのコスパスマホだと思います。

とてもミッドレンジモデルとは思えない快適なスマートフォンでした。基本的な電話、メール、インターネット、SNS、LINE等は全く問題ないでしょう。

それよりも、ミッドレンジモデルとはいえカメラも楽しめるのが、ファーウェイの最新ミッドレンジスマートフォンです!!

それでは、細かくHUAWEI P30 liteをみていきましょう。

外観 / デザインについて


HUAWEI P30 liteの外観・デザインは、HUAWEI P20 liteよりもわずかに大きく、HUAWEI P30よりも大きくなっています。ディスプレイは水滴ノッチディスプレイを採用していることもあり、液晶ディスプレイが非常にスッキリ大画面です。上位モデルのようなカラーラインナップではないですが、HUAWEI P30 liteのカラーも非常に美しさがあります。高級感は、HUAWEI P20 liteよりも増しています。ただし、画面内指紋認証ではないので背面に指紋認証センサーが搭載されています。

見栄え的には好みが分かれると思いますが、個人的には特に嫌なデザインではありません。個人的に嬉しかったのはフラットディスプレイなことです。ガラス保護フィルムが簡単に貼れるのが本当に嬉しい!また、背面は両側エッジがかっているので持ちやすいデザインも意識されています。大画面6.15インチですが、持ちにくいこともありません。

ディスプレイについて


HUAWEI P30 liteのディスプレイは、6.15インチIPSディスプレイを搭載しています。先程もお伝えしましたが、水滴ノッチディスプレイを採用しています。2019年のスマートフォンはインカメラをどう隠すかという感じになってきていますが、水滴ノッチディスプレイは個人的にはありだと思います。HUAWEI P20 liteのような通常ノッチでは、ステータスバーを存分に使うことが出来ませんでした。HUAWEI P30 liteのディスプレイはより使いやすくなっています。

アスペクト比19.5:9、FHD+、解像度(1080 x 2312px)です。液晶ディスプレイの綺麗さは、やはり上位モデルには劣るものの、十分実用的な綺麗さになっています。HUAWEI P20 liteよりも画面は大きくなっているので、より操作がしやすく、画面が見やすく、縦型のアスペクト比を採用していることもあり、持ちやすさにも貢献しています。

バッテリーについて


HUAWEI P30 liteのバッテリー持ちは非常に優秀です。HUAWEI P20 liteのバッテリー持ちも優秀でしたが、今回のHUAWEI P30 liteも引き続きバッテリー持ちが良いです。最近のミッドレンジモデルは、省電力CPUと相まってハイエンドモデルよりもパワーでは劣りますが、バッテリー持ちが良い場合も多くあります。P30 liteのバッテリー持ちがあれば、一日中問題なく快適に利用が可能です。

実際、2週間使ってみてバッテリー持ちに不安は覚えませんでした。ファーウェイのスマートフォンは、他のAndroidシリーズよりも全体的にバッテリー持ちが良いように感じます。

軽さ、コンパクトさについて


軽さ、コンパクトさについては、HUAWEI P30 liteよりもHUAWEI P20 lite方が上に感じます。P20 liteよりも大きく、重くなっているのでコンパクトさ、軽さともに少し落ちてしまっている感じがします。

P30 liteは、152.9 x 72.7 x 7.4 mm、P20 liteは149 x 71 x 7.4 mm、厚さと幅はほぼ変わりませんが若干縦長になっています。P30 liteの重さは159g、P20 liteは145gと重くなっています。代わりにP30 liteは3340mAh、P20 liteは3000mAhとバッテリー容量が大きくなっています。バッテリー持ちや画面の大きさが大きくなって使いやすくなっているのでどちらを優先するかは人それぞれ違ってくると思います。

カメラについて


HUAWEI P20 liteよりももっと使いやすくなって帰ってきたHUAWEI P30 liteのカメラは非常に魅力的でした。手軽に綺麗に撮れるHUAWEI P30 liteのカメラは凄いです。夜間は一定の明るさがあればノイズが少ない綺麗な写真を撮影可能です!!

日中や明るい場所での撮影は、手ブレを気にせずに撮影が出来ます。


標準


広角

ただ、夜間や暗い場所での撮影は手ブレが気になる場面もありました。

暗所の明かりが少ない場所での撮影もしてみました。

ただ、暗所で明るさが少ない場合はノイズがのってしまうことがありました。HUAWEI P30 liteのカメラを使ってみて感じるのは、OIS(光学手ブレ補正)も、AIS(AI手ブレ補正)もないので夜間撮影には向かないような気がしました。

昼間の撮影、料理撮影は全然問題ありません。また、広角レンズを搭載したことにより、撮れる写真の幅が広がったのは嬉しかったです。自撮りについては、HUAWEI P30 / P30 Pro同様非常に綺麗な写真が撮影出来ました。

防水防塵 / セキュリティについて


HUAWEI P30 liteには、防水防塵性能はありません。そのため、使う環境や防水重視の方にはあまりオススメ出来ません。また、海外版はもちろん、国内版もP20 lite同様おサイフケータイがつかないと思うのでこのあたりが必須の人にはオススメ出来ない機種になります。

セキュリティについては、顔認証と指紋認証を搭載しています。顔認証の精度は正直イマイチといったところです。ただ、指紋認証については非常に高速でスムーズな認証を行ってくれます。HUAWEI P30 liteを使うなら、セキュリティは指紋認証重視で、顔認証と併用しながら使っていくことをオススメします。

CPU / メモリについて

最後に、HUAWEI P30 liteのCPUとメモリについてお伝えしていきます。HUAWEI P30 liteのCPUは、Kirin 710を搭載、Antutuベンチマークスコア、約12万点でした。同価格帯の他社ミッドレンジモデルより若干劣るものの、ほぼ同一スコア帯です。

実際に使ってみて感じるのは、スコア以上に快適な動作でした。一般的使用方法なら、特にもたつきを感じることなく快適に使うことが出来ます。ただし、重い3Dゲームには向いていないスマートフォンです。PUBGなどをプレイしてみると分かりますが、若干重さを感じます。ただ、快適とまではいきませんが問題なく遊ぶことは出来るのでこのあたりは凄いなと感じます。ゲームメインで考えているならワンランク上のHUAWEI P30以上のスマートフォンをオススメします。

メモリについては、今回4GB版でしたが複数タスク処理でも特に重さを感じることはありません。ただし、ハイエンドモデルとは違うということだけ頭に入れておいてください。

総評


HUAWEI P30 liteのレビューはいかがでしたでしょうか?

改めて、HUAWEI P30 liteって凄いなって感じました。

ハイエンドモデルを狙っている人にはオススメは出来ませんが、出来るだけ安くコスパが良いSIMフリースマートフォンを狙っている方ならHUAWEI P30 liteはきっと満足出来るはずです。

去年、最も売れたSIMフリースマートフォンHUAWEI P20 liteの後継機、HUAWEI P30 liteはやっぱり凄い。

ココ最近、本当にミッドレンジモデルのスマートフォンが良くなってきているのを牽引してくれている一台だと感じました。

HUAWEI P30 liteのオススメポイントまとめ▼

HUAWEI P30 liteのおすすめポイント!

  • トリプルカメラを搭載!!超広角カメラが追加!
  • CPUの性能が向上、Kirin 710を搭載
  • バッテリーも大きくなり、長時間利用可能!
  • 引き続きTypeCコネクタ採用!
  • メモリ(RAM)は最大6GB!
  • 価格はほぼ据え置き!

ミッドレンジモデルではありますが、十分快適な動作、カメラ性能、バッテリー持ちも強化され、よりコスパ最強感が増した印象です。

国内版「HUAWEI P30 lite」を買えるところまとめ!!

国内版「HUAWEI P30 lite」の予約販売がされているところをまとめてみました。限定キャンペーンも始まっていたりするのでお早めにどうぞ!!

HUAWEI P30 liteが購入出来る格安SIM会社


国内版「HUAWEI P30 lite」の予約販売がすでに開始されています!!!

AmazonのHUAWEI公式ストアはこちら

楽天のHUAWEI公式ストアはこちら

HUAWEI P30シリーズを安く購入するならどこがオススメ?

HUAWEI P30シリーズを安く購入するならETOREN(イートレン)がオススメです!!

ETOREN(イートレン)とは?

Etoren.comは香港とシンガポールに販売拠点があるSIMフリーのスマートフォン、タブレット、携帯ガジェットを中心とした家電製品を販売するオンラインサイトです!日本語でのサイト表記、日本人スタッフによる電話、オンラインチャット、メールでの顧客対応。輸入関税、消費税込の商品価格設定にて、配送後の税金支払いも当サイトで対応。また、日本国内に物流/サービス拠点もあり、返品、修理で購入者が海外へ発送する問題もございません!また、取扱商品も、新商品をいち早く発売しており、旧機種含め多くのラインナップをそろえております。商品故障も1年間保証をしておりますため、購入後も安心して使える体制となっております。

計算方法が分かりにくい関税も込みで、配送も非常に安い。

関税込みなので、後日思ったより高い関税の支払いもないので安心です!!

また、新品未開封の状態で届くのも嬉しいところ!!

それでは、ETOREN(イートレン)での購入費用と購入方法をご紹介します。

▶ETOREN(イートレン)での購入方法

ETOREN(イートレン)での購入方法は、非常に簡単です。

スマホからの購入ももちろん可能です!!!

⇒⇒⇒【2019年版】ETOREN(イートレン)の購入方法を初心者でも分かるように解説する!スマホで簡単に注文出来るぞ!

00
【2019年版】ETOREN(イートレン)の購入方法を初心者でも分かるように解説する!スマホで簡単に注文出来るぞ!

ETOREN(イートレン)での購入は非常に簡単なので、誰でも簡単に個人輸入が出来ます。

▶HUAWEI P30 liteの購入費用と商品ページはこちら

「HUAWEI P30 lite」がETOREN(イートレン)にて非常に安価に購入可能です。

購入費用は?

価格は、約33,800円(関税込み)です。※最安値モデル
送料は、約2,000円
合計で約35,800円程度になります。

ETOREN(イートレン)の最大の魅力は、関税が込み価格となっているところです。

ETOREN(イートレン)なら関税込み価格なので、後日請求もなく安心です。

ETORENで購入出来るHUAWEI P30 lite

\ ETORENにて「HUAWEI P30 lite」の在庫復活!! /

今すぐ購入する

※最安値、関税込み!今なら35,400円〜

▶HUAWEI P30の購入費用と商品ページはこちら

「HUAWEI P30」がETOREN(イートレン)にて非常に安価に購入可能です。

購入費用は?

価格は、約81,000円(関税込み)です。※最安値モデル
送料は、約2,000円
合計で約83,000円程度になります。

ETOREN(イートレン)の最大の魅力は、関税が込み価格となっているところです。

ETOREN(イートレン)なら関税込み価格なので、後日請求もなく安心です。

ETORENで購入出来るHUAWEI P30

\ ETORENにて「HUAWEI P30」の初入荷!! /

今すぐ購入する

※最安値、関税込み!今なら81,000円〜

▶HUAWEI P30 Proの購入費用と商品ページはこちら

「HUAWEI P30 Pro」がETOREN(イートレン)にて非常に安価に購入可能です。

購入費用は?

価格は、117,600円です。※最安値モデル
送料は、約2,000円
合計で約119,600円程度になります。

ETOREN(イートレン)の最大の魅力は、関税が込み価格となっているところです。

ETOREN(イートレン)なら関税込み価格なので、後日請求もなく安心です。

\ ETORENにて「HUAWEI P30 Pro」が初入荷!! /

今すぐ購入する

※最安値、関税込み!今なら117,600円〜

ぜひ、一度お試しあれ!!

HUAWEI P30 / P30 Proを実機レビュー!スペック・違いを分かりやすくまとめ!

スポンサーリンク

関連記事

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.