最新技術を洗練し、詰め込んだ『Xperia X Performance 502SO』外観・使用感レビュー!#Xperiaアンバサダー

スポンサーリンク

f:id:chehonz5:20160610095848j:plain

先日、タッチ&トライアンバサダーミーティングに参加しました。
そして、日本国内未発売(2016/06/14現在)『Xperia X Performance 502SO』をモニターとしてお借りすることが出来ました。『Xperia X Performance 』は、2016年夏モデルです。日本国内では、「docomo」「au」「SoftBank」から2016年6月中旬以降に順次発売が予定されています。

国内未発売モデルを先行して使わせて頂けるのことは非常に光栄です。
日本国内での販売に力を入れているのが凄く伝わってきます。

せっかくのモニター体験ということもあり、『Xperia X Performance』を徹底的にレビューしていきます。当たり前のことではありますが、今回『Xperia X Performance』の良いところも悪いところも包み隠さずお伝えしていきたいと思います。では、『Xperia X Performance』の実機レビューをどうぞ!

『Xperia X Performance 502SO』の外観レビュー・使用感を細かく解説!

『Xperia X Performance 502SO』の外観は?

日本国内版は、一部デザインが変更されています。
その辺りも含め、お伝えしていきたいと思います。


f:id:chehonz5:20160610095840j:plain

f:id:chehonz5:20160610100030j:plain

「Xperia X Performance」の上部に、FeliCaが搭載されています。上部にあることで非常に使いやすくなっていると思います。

f:id:chehonz5:20160610100035j:plain
f:id:chehonz5:20160610100038j:plain

「Xperia X Performance」は、最近流行りの湾曲ディスプレイです。この僅かなラウンドで保護フィルム等を貼った時に浮いてしまわないか心配ですね。

フロント上部
f:id:chehonz5:20160610095903j:plain

フロント下部
f:id:chehonz5:20160610095855j:plain

背面
f:id:chehonz5:20160610095938j:plain

日本国内版仕様のこの背面デザイン。
先日、話題になっていました。
開発者の方に聞いたところ、日本の厳しい基準をクリアするにはこの方法しかなかったようです。開発者陣もこの背面パネルについては非常に悩んだようです。因みに、使用した感じではあまりこのデザインでも気になりませんでした。

そもそもケースをつける方は、見えなくなる場合もあると思うのでそこまで気にしなくても良いかもしれません。

背面上部
f:id:chehonz5:20160610095910j:plain

「Xperia」のロゴは掘られていて触り心地良し。

背面下部
f:id:chehonz5:20160610095957j:plain
f:id:chehonz5:20160610100009j:plain

背面カメラ
f:id:chehonz5:20160610100002j:plain

背面カメラは、いつもの様に出っ張りがないデザイン。
この出っ張りがないデザインは非常に素晴らしいと毎回思います。
ココはもっと評価されるといいんですが・・・

USBコネクタ
f:id:chehonz5:20160610100026j:plain

側面
f:id:chehonz5:20160610100016j:plain

f:id:chehonz5:20160610100021j:plain

『Xperia X Performance 502SO』使用感はどうなの!?

f:id:chehonz5:20160610100042j:plain

「Xperia X Performance」

『Xperia X Performance 502SO』の使用感は、「Xperia Z5」からの進化はしっかり体感できる。操作性、レスポンス、カメラ、持ちやすさどれをとっても他社の新機種に劣らないと思います。ただ唯一、やはり気になるのは背面のデザイン。ココだけはどうにか頑張って欲しかったと思いました。

画面の綺麗さが格段に上がっている

今回「Xperia Z5」と比較して一番変わったところは、画面の綺麗さ。比べて頂ければすぐに分かりますが、その差は歴然としています。

▼ 比較画像!右「Xperia Z5」、左「Xperia X Performance」
f:id:chehonz5:20160610103111j:plain

ちょっと写真では伝わりにくいですが、まず色の綺麗さ。ついで画面の明るさが圧倒的に「Xperia X Performance」の方が明るいです。勿論、明るさだけ上げているわけではありません。ココは一番驚いたぐらい違いがハッキリしていました。

「Xperia X Performance」はカメラも強化!

f:id:chehonz5:20160610103152j:plain

Xperia史上最速約0.6秒起動・撮影可能なカメラは流石のクオリティ。
実際試して見ましたが、ホントに速い!しかもしっかり撮れますよ!

また、先読みオートフォーカスを搭載したことにより動く被写体に対して非常に強くなりました。特に、奥から手前に動いて近づいてくるものに対してスマホでここまでブレなく撮影できるのは「Xperia X Performance」だけだと思います。

最後に・・・

f:id:chehonz5:20160610100048j:plain

「Xperia X Performance」は、外観デザインも変わっていますがもっと大きく変わっているのは内面だと思います。特に、「Xperia Z5」を横に並べて比較するとその違いがよく分かります。バッテリー持ちに関しては現状まだなんとも言えませんがバッテリー持ち自体は悪く無い。発熱に関しては、今回もしっかりと対策されており、背面がメタル加工になっているので熱を分散しやすくなっているようです。

日本国内での発売もまもなく始まるので是非一度手にとってお試しあれ!!

「Xperia X Performance」にお薦めケースと保護フィルムについて、買って後悔したくない!

「Xperia X Performance」にお薦めケースと保護フィルムについて、買って後悔したくない!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

今話題の最新スマホなら
イートレン【Etoren】 安心の日本語対応に、税金関税込みでわかりやすい値段設定、最速2-3日で届く!安心の一年保証あり!
新作!究極のモバイルファースト
WPテーマ「ストーク」 「新しいスマホビュー時代をつくろう」というのをコンセプトに、スマホでの見やすさ、操作しやすさにとことんこだわりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!