モバイルドットコム

ガジェットレビューサイト!!最新スマホ情報をガツガツお届け!!

スポンサーリンク

Android HuaweiP30

最新モデル「HUAWEI P30」を徹底レビュー!スペック・カメラ・ベンチマークもまとめてチェック!【写真40枚記載】

更新日:

どうも、HUAWEI P30って実は凄いって感動しているちえほん(@chehonz201)です。

さて前回は、HUAWEI P30 / P30 Proを2台同時に開封してきました。

\HUAWEI P30 / P30 Proを実機レビュー!/
⇒⇒⇒HUAWEI P30 / P30 Proを実機レビュー!スペック・違いを分かりやすくまとめ!

YouTubeにもHUAWEI P30 / P30 Proを実機レビュー動画を公開しております。

前回の記事では、HUAWEI P30 / P30 Proを実機レビューしながらそれぞれの違いを解説してきました。

今回の記事では、HUAWEI P30をもっと詳しく知りたい方向けに、開封から外観・スペック・カメラ・使用感までより詳しくレビューをお届けします!

ちえほん
HUAWEI P30も十分凄いカメラなんだよ!!
ね、こっちはデジタルズーム最大30倍ナノ?十分過ぎない?
ヨメ
ちえほん
そうなんでよね、CPUも一緒だし、こっちでも十分かも!!
じゃあ、私はHUAWEI P30 Proを使うね
ヨメ
ちえほん
あ・・・!!

みなさん、残念に思う必要はありません。

HUAWEI P30だって、HUAWEI P30 Proに負けないぐらい良いんです!

HUAWEI P30の魅力が少しでも伝われば幸いです。

まずは、HUAWEI P30ってどんなスマホなのか?

というわけで、簡単に特徴をまとめてみました!!

HUAWEI P30の特徴!

  • 6.1インチ有機ELディスプレイ搭載!
  • アスペクト比19.5:9の縦長スマホ!
  • CPUは、Kirin 980を搭載(P30 Proと同じ)
  • RAM(メモリ)は、6GB / 8GB搭載(P30 Proと同じ)
  • バッテリー容量は3,650mAh搭載!!
  • イヤホンジャック搭載!!
  • ライカトリプルカメラレンズ搭載⇒40MP(標準)+16MP(超広角)+8MP(望遠 光学3倍)
  • 光学3倍ズーム、5倍ハイブリットズーム、最大デジタルズーム30倍まで可能!!
  • IP53規格の防水防塵対応!!(P20は非対応でした)
  • Type-Cコネクタ採用!これも便利!!

HUAWEI P30は、HUAWEI P30 Proに比べると劣る部分もあります。

ただ、必要最低限のものは同一スペックになっています。

コンパクト重視ならこちらがオススメ!

P30は、P20にはなかったIP53規格の防水防塵対応したのもデカイですね。

国内で使いたい人には嬉しいスペックアップだと思います。

また、P30のカメラも実はなかなか凄いんです!

ライカトリプルカメラレンズ搭載です。

カメラ構成は、40MP(標準)+16MP(超広角)+8MP(望遠)。

HUAWEI P30 Proばかり話題になりますが、P30も5倍ハイブリットズーム、最大デジタルズーム30倍に対応しています。

確かに、10倍ハイブリッドズーム+最大50倍デジタルズームには及ばないものの、他のスマートフォンよりも凄いのは間違いないですね!

それでは、より詳しくHUAWEI P30を実機を絡めながらみていきましょう。

HUAWEI P30 : スペック・仕様

まずは、HUAWEI P30のスペックをみていきましょう。

赤字は、旧モデルHUAWEI P20からの変更点になります。

機種名 HUAWEI P30
CPU Kirin 980
※P20:Kirin 970
メモリ(RAM) 6GB / 8GB
※P20:4GB(RAM)
ストレージ(ROM) 128GB
※P20:128GB(ROM)
ディスプレイ(画面)サイズ 6.1インチ有機ELディスプレイ
アスペクト比19.5:9
HDR10対応
解像度(1080 x 2340px)
※P20:5.8インチ
アスペクト比:18.7:9
FHD+
解像度(2244x1080ドット)
メインカメラ ライカトリプルカメラレンズ搭載
40MP(標準:広角レンズ、F1.8、27mm、PDAF、レーザーAF)
16MP(超広角、f/2.2、17 mm、PDAF、レーザーAF)
8MP(望遠 光学3倍、f/2.4、80mm、PDAF、レーザーAF、OIS)
※P20:デュアルカメラ
12MP(標準、f/1.8、27mm、OIS、PDAF、レーザーAF)
20MP(モノクロ、f/1.6、27 mm)
サブカメラ シングルカメラ
32MP(F2.0)
※P20:シングルカメラ
24MP(F2.0)
バッテリー 3650mAh
※P20:3400mAh
SIM スロット Nano SIM
スピーカー モノラルスピーカー
※P20:モノラルスピーカー
防水 IP53
※P20:防水なし
OS Android 9.0
※P20:Android 8.1
サイズ 149.1 x 71.4 x 7.6 mm
※P20:149.1 x 70.8 x 7.7 mm
重さ 165 g
※P20:165 g
カラー 5色展開
Amber Sunrise
Breathing Crystal
Aurora
Black
Pearl white
対応バンド LTEバンド
1(2100)
2(1900)
3(1800)
4(1700/2100)
5(850)
6(900)
7(2600)
8(900)
9(1800)
12 (700)
17(700)
18(800)
19(800)
20(800)
26(850)
28(700)
32(1500)
34(2000)
38(2600)
39 (1900)
40(2300)
その他 USB Type-C

HUAWEI P30は、HUAWEI P20からしっかりとスペックアップしています!

個人的に嬉しいのは、上位モデルHUAWEI P30 Proと同じメモリ(RAM)を採用していること。

HUAWEI P20のときは、HUAWEI P20 Proのメモリと違いがありました。

上位モデルとの違いを埋めてくれて嬉しいですね。

ただ、防水性能はHUAWEI P30 Proの方が上。

元々、防水性能がなかったので搭載してくれただけ嬉しいですけど、このあたり仕様を合わせてくれたらもっと良かったかも!

それでは、次にHUAWEI P30の実機レビューを惜しみなくお届けします。

スポンサーリンク

「HUAWEI P30」を実機レビュー

それでは、早速「HUAWEI P30」を実機レビューしていきます!!

パッケージ

HUAWEI P30のパッケージは、シンプルに高級感あるデザインになっています。

中央には、HUAWEI P30と記載があります。また、下部にはLeicaトリプルカメラと記載されています。

ちえほん
非常にお洒落で落ち着くパッケージですよね!

付属品

付属品は下記のとおりです。

付属品

電話(内蔵バッテリー)×1
充電器×1
タイプCケーブル×1
タイプCイヤホン×1
TPU保護ケース×1(西ヨーロッパおよび北東ヨーロッパにはありません)
クイックスタートガイド×1
取り出しツール×1
保証書× 1

ファーウェイは、付属品が非常に充実しています。

すぐにでも使い出せるところがオススメポイントです!!!

別途、フィルムやケースを購入しなくても良いのはホント嬉しいですよね!!

また、イートレンで販売されているモデルもTPU保護ケースが入っています!

\ ETORENにて「HUAWEI P30」の在庫復活!! /

今すぐ購入する

※最安値、関税込み!今なら85,000円〜

外観・デザイン:オモテ

ちえほん
HUAWEI P20のノッチとはだいぶ違うので印象がかなり変わりました。

HUAWEI P30は、画面上部に水滴型のノッチを採用しています。

画面サイズは、6.1インチ有機ELディスプレイを搭載しています。

アスペクト比は、19.5:9で縦長スマホになっています。

HUAWEI P30 Proと同じアスペクト比になります。

縦長なので片手でも持ち操作可能なサイズになっています!!

Galaxy S10シリーズやiPhone XSシリーズとは違い、水滴ノッチの方が邪魔になりにくいように感じます!!

外観・デザイン:ウラ

HUAWEI P30のカラーラインナップは、全部で5色です。

Amber Sunrise、Breathing Crystal、Aurora、Black、Pearl whiteです!!

ちえほん
Aurora綺麗!!

今回のHUAWEI P30シリーズはトレンドカラーも入れた特徴的なラインナップになっています。

その時の最新トレンドをしっかりと遅すぎず、早すぎないペースで取り入れてくるのが上手すぎるファーウェイさんですね。

ちえほん
Auroraは男性は好きなからーじゃないですか??個人的にはかなり好きな色味

外観・デザイン:側面

HUAWEI P30の背面はわずかにエッジがかっています。

HUAWEI P30 Proほどではないですが、そもそもサイズが小さいので持ちやすく感じます。

フレームはHUAWEI P30 Proの方が薄いですが、気になるほどではありません。

右側に音量ボタンと電源ボタン。

下部にSIMスロット、TypeCコネクタがあります。

カメラ

それでは、HUAWEI P30のカメラをみていきましょう。

P30のカメラ構成・仕様

ライカトリプルカメラレンズ搭載
40MP(標準:広角レンズ、F1.8、27mm、PDAF、レーザーAF)
16MP(超広角、f/2.2、17 mm、PDAF、レーザーAF)
8MP(望遠 光学3倍、f/2.4、80mm、PDAF、レーザーAF、光学3倍ズーム)

※ISO204800

HUAWEI P30 Proには及びませんが、HUAWEI P30も凄いカメラ仕様になっています。

メインカメラに採用されているイメージセンサーは噂の最新「RYYB配列のセンサー」を搭載しています。

「RYYB配列のセンサー」についてはどちらも搭載されています。

従来のイメージセンサーは「RGGB配列のセンサー」ですが、ファーウェイはG(グリーン)画素をY(イエロー)画素に変更した「RYYB配列のセンサー」を搭載しました。

これにより、「RGGBセンサー」よりも40%多くの光量を取り込むことが出来るようになりました。

暗い場所でも明るく撮れるカメラになっています!

また、ISO感度についても異なります。

P30も5倍ハイブリットズーム、最大デジタルズーム30倍に対応しています。

HUAWEI P30は、ISO204800に対応しています。

HUAWEI P30 Proには及ばないものの、他社スマートフォンを圧倒しています。

暗闇でもより明るく撮れるカメラになっています。

個人的な感想ですが、HUAWEI P30とHUAWEI P30 Pro最大20倍以降はどちらも手で持って撮影するには手ブレがひどくなります。

※カメラアプリ上に注意書きで「ズーム時の画質向上のためにカメラを固定して撮影してください」と表示がされます。

最大デジタルズームにこだわらないのであれば、HUAWEI P30でも十分な気がしました。

というわけで、色々撮影してみました!

作例

HUAWEI P30のカメラでオートモードで撮影しています。(AIオン)

【日中】

色々撮影してみました。個人的には、スーパーマクロが凄いなって感じました。ホント一眼のような綺麗なボケ方をしてくれます。

AIの認識については、非常に精度は上がっています。

ただ、完全ではないのですがお好みで簡単にオンオフ出来ます。

次に、夜間撮影をしてみました。

【夜間】

夜間撮影は、非常に暗い場所でも軽々明るい写真が撮れます。

このあたり好みもありますが、ホント凄いです。

現実で見ている場所よりも明るくなりますね。

次に、ズームを試してみました。

【ズーム】


超広角レンズ


標準


3倍


5倍


30倍

20倍まではまだ手ブレを抑えて撮影が可能ですが、30倍までくると手ブレがひどくて手で持っての撮影は非常に難しいです。

このあたりは、HUAWEI P30 Proと全く同じ感じです。

流石に、HUAWEI P30 Pro程ズームは出来ないですが、正直十分すぎるぐらいズーム出来ますね。

ちなみに、HUAWEI Mate20 Proのカメラ撮影テストも載せておきます。

ディスプレイ

HUAWEI P30は、6.1インチ有機ELディスプレイを搭載しています。

また、ディスプレイ上部インカメラ部分に水滴ノッチを採用しています。

HUAWEI P20のディスプレイより有機ELを採用したことにより、より綺麗に!

しかもノッチ部分はかなり削られて表示領域が大幅に広がっています。

より大画面に感じます。

SIMトレイ

HUAWEI P30 Proの海外版は、シングルSIMとデュアルSIM版があります。

国内版はおそらくDualSIMモデルが投入されます。

HUAWEI P30は、専用のメモリカードであるファーウェイ独自規格「NM Card」にも対応しています。

通常、よく使われているmicroSDは、HUAWEI P30には使えません。

ただし、専用のファーウェイ独自規格「NM Card」ならメモリカードとして使うことが可能です。

すでに当ブログでもファーウェイ独自規格「NM Card」をレビューしていますので、合わせてどうぞ。

非常にコンパクトで使いやすい「NM Card」、HUAWEIシリーズを使っていくなら一枚持っておくのがオススメです!!

AmazonでもNM Cardは買えます!

OS+UI


設定


カメラUI

HUAWEI P30の初期搭載OSはAndroid9.0、UIは最新のEMUI 9.1を採用しています。

Android 9.0は、最新OSです。そのため、これから長く使える一台になっています。

最新のEMUI 9.1は、新しい壁紙を採用して、より綺麗で映えるようなアプリのアイコンデザインになっています。

ファーウェイのアイコンデザインは昔に比べると大幅によくなっています。

HUAWEI P10シリーズのころのデザインと比べるとやっぱり良くなっていると実感します。

指紋認証

HUAWEI P30は、画面内指紋認証を採用しました。

旧モデルHUAWEI P20の指紋認証は、ディスプレイ下部のホームボタン上に埋め込まれていました。

そのため、どうしても下部のベゼル部分が太くなってしまいましたが、HUAWEI P30では画面ディスプレイ内に指紋認証が搭載されたことで表示領域がかなり広がり、ベゼルも狭くなりました。

指紋認証速度も申し分ないです。

HUAWEI P30 Proと同様の仕様にしてくれたのは非常に嬉しいですね!

ベンチマーク

それでは、恒例のHUAWEI P30でベンチマークスコアを計測していきます!

Antutu BenchmarkとGeekbenchで検証してみました。

Antutu Benchmark

Antutu Benchmarkを計測してみました。

結果は、約28万点です!!

HUAWEI P30 Proと同等のスコアが出来るので、動作に不安を覚える必要は全くありません。

十分、快適に動作してくれるハイエンドモデルになっています。

Geekbench

Geekbenchも、HUAWEI P30 Proと同等のスコアが出ました。

これだけ出ていれば、一般的な利用方法であれば全く問題ありません。

ただし、今年のGalaxy S10シリーズには完敗という感じです。

「HUAWEI P30」の良いところ

「HUAWEI P30」の良いところをご紹介していきます。

ココがおすすめ

▶CPU、メモリ(RAM)はP30 Proと同じ
▶5倍ハイブリットズーム、最大デジタルズーム30倍に対応
▶メインカメラのイメージセンサーもP30 Proと同じ
▶イヤホンジャックがある!

HUAWEI P30の良いところは、CPU、メモリ(RAM)はP30 Proと同じなことです。

価格は、HUAWEI P30の方が安くなっているのでこのあたりの仕様が同じなのは嬉しいですよね!

また、メインカメラに世界初採用されたイメージセンサーも同じものを搭載しているのも良いところです。

実は、HUAWEI P30も5倍ハイブリッドズーム、最大30倍デジタルズームに対応しています。

正直、日常利用であればこれだけしっかりしていれば十分すぎます。

実際写真の撮り比べも行いましたが、メインカメラにOISがなくとも綺麗な写真を撮れました。

より詳しいカメラ比較レビューも後日行いますのでお楽しみに!

HUAWEI P30の良いところはイヤホンジャックが搭載されていること。

まだまだ有線イヤホンを使いたいユーザーも多いと思うので非常にありがたい仕様ですね。

「HUAWEI P30」の悪いところ

次に、「HUAWEI P30」の悪いところをご紹介していきます。

ココがダメ

▶メインカメラ4000万画素の広角カメラにOIS(光学式手ぶれ補正)がない
▶ワイヤレス充電に非対応
▶顔認証3D認証ではない

「HUAWEI P30」の最も残念なポイントは、メインカメラ4000万画素の広角カメラにOIS(光学式手ぶれ補正)がないことです。

先程十分撮れるといったメインカメラ。

ただ、やっぱりOISは搭載してほしかったというのが正直な感想です。

基本的には、綺麗に撮れるので絶対必要かと言われると絶対ではないですが、あればやっぱり嬉しいOIS(光学式手ぶれ補正)です。

より手ブレ軽減したいならHUAWEI P30よりもHUAWEI P30 Proがオススメですね。

それでも十分使えるHUAWEI P30のカメラなので、もっと検証していきますね!

また、ワイヤレス充電に対応してほしかったなというのが本音。

最近のハイエンドモデルは軒並みワイヤレス充電に対応していることもあり、僕自身ワイヤレス充電環境が整ったこともありこのあたり対応してくれたら最高でした。

ケーブルを挿して充電すれば良いだけなんですが、このあたりは好みもありますね。

顔認証は、2D認証なので暗闇には弱めです。明るさがあるなら全く問題ないです。

ケースやフィルムのアクセサリー

ちえほん
今回より保護力を高めるためにガラスフィルムとケースも購入してみました!!

今回は、どちらも僕が愛用しているSpigenさんでケースとフィルムを揃えました。

保護フィルムは、全面保護タイプのガラスフィルム。やっぱり強度が一番強いのはガラスフィルムですよね!!

次に、ケースはSpigenのリキッドクリスタルを選びました。

透明感が非常に高く、デザイン本来の綺麗さを活かすためにこれにしました!!

最後に・・・

HUAWEI P30のレビューはいかがでしたでしょうか?

HUAWEI P30 Proには劣るものの、HUAWEI P20から凄く進化しているHUAWEI P30。

HUAWEI P30にも良いところはたくさんあります。

個人的に地味に嬉しいのが、イヤホンジャックでした。

スピーカーがモノラルスピーカーなので、音の迫力には欠けます。

なので、音楽はイヤホンをとして聴くのがベスト。

HUAWEI P30 Proにはイヤホンジャックがないので、このあたりはHUAWEI P30の利点だと思います。

また、正直カメラも同等並に綺麗に撮れます。

どうしても最大デジタルズーム50倍、ハイブリッドズーム10倍がないと嫌という方にはオススメ出来ませんが、値段的な部分を踏まえるとこちらの方がコスパは高いかもしれませんね。

HUAWEI P30 Proは値段が高すぎるという方は、HUAWEI P30もぜひ検討してみてください!

ちえほん
僕は、HUAWEI P30を使っていきます!

次に、HUAWEI P30 Proのレビューをお届けします▼

\HUAWEI P30 Proのより詳しくレビューはこちら!/
⇒⇒⇒HUAWEI P30 Proを開封から外観・スペック・カメラ・使用感まで全て見せます!【写真50枚記載】

HUAWEI P30 / P30 Proのカメラテストもやってみました!!

こちらも合わせてお読みくださいませ↓

\HUAWEI P30 / P30 Proのカメラ比較をしてみました!/
⇒⇒⇒「HUAWEI P30 / P30 Pro」のカメラを試す!Galaxy S10とiPhone XS Maxとも撮り比べて比較してみた!

HUAWEI P30シリーズを安く購入するならどこがオススメ?

HUAWEI P30シリーズを安く購入するならETOREN(イートレン)がオススメです!!

ETOREN(イートレン)とは?

Etoren.comは香港とシンガポールに販売拠点があるSIMフリーのスマートフォン、タブレット、携帯ガジェットを中心とした家電製品を販売するオンラインサイトです!日本語でのサイト表記、日本人スタッフによる電話、オンラインチャット、メールでの顧客対応。輸入関税、消費税込の商品価格設定にて、配送後の税金支払いも当サイトで対応。また、日本国内に物流/サービス拠点もあり、返品、修理で購入者が海外へ発送する問題もございません!また、取扱商品も、新商品をいち早く発売しており、旧機種含め多くのラインナップをそろえております。商品故障も1年間保証をしておりますため、購入後も安心して使える体制となっております。

計算方法が分かりにくい関税も込みで、配送も非常に安い。

関税込みなので、後日思ったより高い関税の支払いもないので安心です!!

また、新品未開封の状態で届くのも嬉しいところ!!

それでは、ETOREN(イートレン)での購入費用と購入方法をご紹介します。

▶ETOREN(イートレン)での購入方法

ETOREN(イートレン)での購入方法は、非常に簡単です。

スマホからの購入ももちろん可能です!!!

⇒⇒⇒【2019年版】ETOREN(イートレン)の購入方法を初心者でも分かるように解説する!スマホで簡単に注文出来るぞ!

00
【2019年版】ETOREN(イートレン)の購入方法を初心者でも分かるように解説する!スマホで簡単に注文出来るぞ!

ETOREN(イートレン)での購入は非常に簡単なので、誰でも簡単に個人輸入が出来ます。

▶HUAWEI P30 liteの購入費用と商品ページはこちら

「HUAWEI P30 lite」がETOREN(イートレン)にて非常に安価に購入可能です。

購入費用は?

価格は、約33,800円(関税込み)です。※最安値モデル
送料は、約2,000円
合計で約35,800円程度になります。

ETOREN(イートレン)の最大の魅力は、関税が込み価格となっているところです。

ETOREN(イートレン)なら関税込み価格なので、後日請求もなく安心です。

ETORENで購入出来るHUAWEI P30 lite

\ ETORENにて「HUAWEI P30 lite」の在庫復活!! /

今すぐ購入する

※最安値、関税込み!今なら33,800円〜

▶HUAWEI P30の購入費用と商品ページはこちら

「HUAWEI P30」がETOREN(イートレン)にて非常に安価に購入可能です。

購入費用は?

価格は、約85,100円(関税込み)です。※最安値モデル
送料は、約2,000円
合計で約87,100円程度になります。

ETOREN(イートレン)の最大の魅力は、関税が込み価格となっているところです。

ETOREN(イートレン)なら関税込み価格なので、後日請求もなく安心です。

ETORENで購入出来るHUAWEI P30

\ ETORENにて「HUAWEI P30」の初入荷!! /

今すぐ購入する

※最安値、関税込み!今なら85,100円〜

▶HUAWEI P30 Proの購入費用と商品ページはこちら

「HUAWEI P30 Pro」がETOREN(イートレン)にて非常に安価に購入可能です。

購入費用は?

価格は、126,700です。※最安値モデル
送料は、約2,000円
合計で約128,700円程度になります。

ETOREN(イートレン)の最大の魅力は、関税が込み価格となっているところです。

ETOREN(イートレン)なら関税込み価格なので、後日請求もなく安心です。

\ ETORENにて「HUAWEI P30 Pro」が初入荷!! /

今すぐ購入する

※最安値、関税込み!今なら126,700円〜

旧モデル:HUAWEI P20 Proの関連情報はこちら!!


\HUAWEI P20 Proレビュー!!/
⇒⇒⇒ライカトリプルカメラ「HUAWEI P20 Pro」開封フォトレビュー!【写真32枚記載】
IMG_9291
HUAWEI P20 Proを実機レビュー!ライカトリプルカメラが凄いぞ【写真32枚記載】

スポンサーリンク

関連記事

話題の最新スマホが最安値!!

\Galaxy S10 / S10+が国内最安&在庫復活!!/
⇒⇒⇒【大幅値下げ】Galaxy S10がイオシスにて販売中!!本体価格は107,800円(税込)から!!【未使用品&6ヶ月保証】
【大幅値下げ】Galaxy S10がイオシスにて販売中!!本体価格は107,800円(税込)から!!【未使用品&6ヶ月保証】


⇒⇒⇒【大幅値下げ】Galaxy S10+(Plus)がイオシスにて販売中!!本体価格は124,800円(税込)から!!【未使用品&6ヶ月保証】
【大幅値下げ】Galaxy S10+(Plus)がイオシスにて販売中!!本体価格は124,800円(税込)から!!【未使用品&6ヶ月保証】


\Galaxy S10e / S10 / S10+が最短2日配送&在庫復活!!/
⇒⇒⇒【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10eがETORENにて販売中!!本体価格は約75,700円(関税込み)から!!
【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10eがETORENにて販売中!!本体価格は約75,700円(関税込み)から!!


⇒⇒⇒【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10がETORENにて販売中!!本体価格は約89,000円(関税込み)から!!
【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10がETORENにて販売中!!本体価格は約89,000円(関税込み)から!!


⇒⇒⇒【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10+がETORENにて販売中!!本体価格は約102,200円(関税込み)から!!
【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10+がETORENにて販売中!!本体価格は約102,200円(関税込み)から!!

-Android, HuaweiP30
-,

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.