ファーウェイ

「HUAWEI P20 Pro」2週間使用レビュー!使ってみて分かった良かった点と悪かった点は?

更新日:


「HUAWEI P20 Pro」2週間使用レビュー!使ってみて分かった良かった点と悪かった点は?についてご紹介していきます。HUAWEI P20 Proは、ファーウェイの最新フラッグシップモデルとなります。今年は、日本国内キャリア「docomo(ドコモ)」より発売が決まっています。残念なことに、HUAWEI P20 Proの人気色トワイライトが発売しないのは非常に悲しいですね。それでも、世界初のライカ製トリプルカメラで、、6.1インチでフルHD(2240×1080)有機ELディスプレイ、最新トレンドであるiPhone Xと同じノッチディスプレイ(ディスプレイ上部に凸凹)を搭載、CPUにKirin 970、メモリーはRAM6GB、ストレージ128GBを内蔵しています。

今回は海外スマホ販売イートレンで購入!

メインカメラの構成は、2000万画素のモノクロセンサーと4000万画素RGBセンサー、光学3倍ズームの800万画素望遠センサーで、「5x Hybrid Zoom」 という5倍ズームでも画質が劣化しない機能や6軸センサーによる手ブレ補正、Galaxy S9やXperiaシリーズにも搭載されている960fpsのスーパースローモーション撮影にも対応しています。

それでは、「HUAWEI P20 Pro」2週間使用レビュー!使ってみて分かった良かった点と悪かった点は?をお届けします。

外観 / デザイン


Huawei P20 Proのデザインは、iPhone Xに似ていると言われますが、個人的にはまた別のように感じるデザインになっています。特に背面は、トリプルレンズが違和感なく搭載されており、ガラス調で色味も非常に良くなっています。中でもトワイライトは、他のスマホにはない美しさがあります。

スポンサーリンク


ディスプレイ


ノッチディスプレイを採用したことにより、ディスプレイが非常に大きく感じます。6.1インチでフルHD(2240×1080)有機ELディスプレイを採用しているので、画面の美しさも申し分ありません。非常に綺麗で他のハイエンドモデルに肩を並べています。


ホームボタン


全面にホームボタンがあり、1つ戻るやホームに戻るをナビゲーションバーを使わずに完了出来る便利さ、また指紋認証も全面にあるので持ち上げることなく指紋認証出来て非常に便利です。

スポンサーリンク


バッテリー


Huawei P20 Proは、バッテリー持ちも非常に優秀でGalaxy S9+と比べてもHuawei P20 Proの方がバッテリー持ちが良いです。単純にバッテリー持ち優先ならHuawei P20 Proがオススメ出来ます。


軽さ、コンパクトさ


Huawei P20 Proは、6.1インチと非常に大きい印象です。ただし、最近流行りの縦長比率のディスプレイ比を取り入れているので持ちにくさは特に感じませんでした。iPhone XやGalaxy S9+より少し大きめなイメージです。重さは、180gと200gは切ってくれているのでケースを付けてもある程度軽さは保てます。

カメラ


Huawei P20 Proは、なんといってもライカと共同開発初のトリプルレンズカメラが特徴となっています。メインカメラの構成は、2000万画素のモノクロセンサーと4000万画素RGBセンサー、光学3倍ズームの800万画素望遠センサーで、「5x Hybrid Zoom」 という5倍ズームでも画質が劣化しない機能や6軸センサーによる手ブレ補正、Galaxy S9やXperiaシリーズにも搭載されている960fpsのスーパースローモーション撮影にも対応しています。実際に使ってみると思ったより面白いのがAIによる対象物の認識です。例えば、料理の写真を撮ろうとするとAIが自動でフードと認識してくれて、カメラを最適化してくれます。Huawei P20 Proは、このAI認識の的確さが凄いです。また、夜景にも強いカメラとなっているので、スマホにカメラの質を求めるならHuawei P20 Proが間違いなくオススメです。


防水防塵 / セキュリティ


日本国内でもSIMフリーシェアを拡大しているASUSですが、未だに防水防塵対応のSIMフリースマホを登場させていません。防水防塵仕様は、必須という国内ユーザーも多いのではないでしょうか?Huawei P20 Proは、しっかりと防水防塵対応しているので国内販売がされれば魅力的な要素になってくることでしょう。

セキュリティにおいては、高品質高認証の顔認証や指紋認証を搭載しています。とにかく認識スピードが速い。特に、指紋認証は認証しているかどうか分からないレベルに速いです。iPhone Xは、顔認証しかなく不満の声も多く目にしますが、Huawei P20 Proはそんな不満も全く出てこないように思います。


OS


現状最新のAndroid OSを搭載しています。発売時点で最新のAndroid OSを搭載しているのかしていないのかは、Androidスマートフォンを使う上で重要になってくるので、その点に関してはHuawei P20 Proは長く使える一台になりそうです。


Huawei P20 Proは、CPUにKirin 970、メモリーはRAM6GBを搭載しています。最近のハイエンドモデルは、当然のようにRAM6GBを積んできているように感じますが、Huawei P20 Proももちろんハイエンドモデルスペックになっています。唯一気になる点としては、ストレージが128GBでMicroSDカードは使えないという点です。個人的には、そこまで沢山のデータを保存しないというのと、データ移行もほぼクラウド状で済ませてしまうので気になりませんが、今までMicroSDカードをずっと使用してきた人には残念ポイントとなるかもしれませんね。


総評

個人的には、現時点で最強のAndroidスマートフォンはHuawei P20 Proだと思います。これ以上ないスペックに、他にはないトリプルレンズカメラ、最新トレンドを盛り込んだHuawei P20 Proに死角はありません。「HUAWEI P20 Pro」2週間使用してみて感じたのは、コレ一台で全て出来る安心感とカメラの使いやすさ、綺麗さ、ホントに良いスマートフォンでした。日本国内では、トワイライトが発売しないというのと、ドコモが独占販売でSIMフリーモデルが出ないのは少し残念ですが、ファーウェイの最新フラッグシップモデルは非常に素晴らしいものを感じます。

日本国内では発売しない「HUAWEI P20 Pro」トワイライトを購入したいなら海外スマホ販売サイトETOREN(イートレン)がオススメ!
※ただし、技適マークはありませんのでご注意くださいませ。

ETOREN(イートレン)とは?

Etoren.comは香港とシンガポールに販売拠点があるSIMフリーのスマートフォン、タブレット、携帯ガジェットを中心とした家電製品を販売するオンラインサイトです!日本語でのサイト表記、日本人スタッフによる電話、オンラインチャット、メールでの顧客対応。輸入関税、消費税込の商品価格設定にて、配送後の税金支払いも当サイトで対応。また、日本国内に物流/サービス拠点もあり、返品、修理で購入者が海外へ発送する問題もございません!また、取扱商品も、新商品をいち早く発売しており、旧機種含め多くのラインナップをそろえております。商品故障も1年間保証をしておりますため、購入後も安心して使える体制となっております。

当ブログでも海外スマホを輸入する際は、最も信頼を寄せているのがETOREN(イートレン)です。注文後、最短2日で手元に届くスピーディな配送、安心の一年保証付きも魅力的です。また、商品は未開封状態で届くので安心出来ます。

購入費用は?

価格は、約103,000円(関税込み)です。
送料は、約2,000円
合計で約105,000円程度になります。

ETOREN(イートレン)の最大の魅力は、関税が込み価格となっているところです。海外スマホを個人輸入する際、後日別途関税を支払うことになります。関税は、スマホの購入金額が高くなればなるほど、関税も高くなります。ちなみに、約10万円のスマホで約5000円の請求が来ます。ETOREN(イートレン)なら関税込み価格なので、後日請求もなく安心です。

今回は海外スマホ販売イートレンで購入!

HUAWEI P20 Pro 関連記事はこちら!

HUAWEI P20 Pro

ライカトリプルカメラ「HUAWEI P20 Pro」開封フォトレビュー!【写真32枚記載】

HUAWEI P20 Pro

「HUAWEI P20 Pro」2週間使用レビュー!使ってみて分かった良かった点と悪かった点は?

HUAWEI P20 Pro

「HUAWEI P20 Pro」にオススメ保護フィルムとケース・カバーについて、買って後悔したくない!

スポンサーリンク

\ PICK UP!! /

エイスース

【30周年記念モデル】ZenFone 6実機ファーストインプレッション | A部発表会レポート①

ASUS(エイスース)から国内発売が発表されたZenFone 6。注目したいのは、30周年記念モデルの存在。限定モデルのASUS ZenFone 6 Edition 30 (ZS630KL)は、通常のZenFone 6をさらにハイスペック仕様(RAM12GB / 512GB)に変え、背面にASUSらしいスピン調でかつ30周年記念ロゴが入っています。 また、保証も手厚くなんと国内30ヶ月保証が提供されます。特別な存在のZenFone 6は通常モデルにはないさらなる高級感を放つ。上質で、懐かしい背面加工はAS ...

続きを読む

ZenFone 6と外箱

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL レビュー!インカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラが最強すぎる

どうも、僕はASUSが好き。ちえほん(@chehonz201)です!! さて、今回はASUS最新フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を購入したのでレビューをお届けします。注目は、やはりインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味。また、最新のハイエンド向けCPU搭載や他にはない大容量バッテリー5,000mAhの採用など、目が話せない2019年夏モデル大注目スマートフォンとなっています。 この記事 ...

続きを読む

エイスース

ASUS JAPAN新型スマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を発表 | 発売は8/23から、価格は69,500円(税抜)〜

ASUS JAPANは、発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」にて国内向けに新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を投入することを発表しました。 国内投入されるは「ZenFone 6 ZS630KL」、以下のとおりです。( 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM8GB/ROM256GB (BK256S8) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ZS630KL トワイライトシルバー ...

続きを読む

iPhone 11を買うか買わないか

アップル

2019年今秋に発売されるであろう新型iPhoneは買いますか | 7割近くは買わない・見送り?

2019年iPhoneを買いますか?どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! いよいよ、来月に発表されるであろうApple(アップル)の新型iPhone 11シリーズ(仮名称)。カメラは、5.8インチiPhone Proと6.5インチiPhone Pro Maxの2機種が上位モデルの位置づけでトリプルカメラを搭載、iPhone 11はデュアルカメラを搭載すると言われています。 また、iPhone 11シリーズは以下の三種類が登場すると言われています。 ポイント iPhone 11 ▶ ...

続きを読む

iPhone 2019年モデルのケースを買ってみた

アップル

新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみた | XS Maxに付けても違和感がない。

新型iPhoneはどれを買おう。どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! 今秋、発売予定のアップル新型iPhoneについて様々なリークがされています。今年のiPhoneはカメラ部分が大きく変わると言われています。 ちえほん実際どんな感じになるのか知りたい というわけで、先日のEngadget夏祭りにて山根博士さんから新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみました。 すでにご存知の方も多いかもしれませんが、今年のiPhoneは三種類発売されると言われています。発売されると言わ ...

続きを読む

サムスン

DXOMarkにて「Galaxy Note 10+ 5G」のカメラ評価が登場 | イン・アウトともに世界最高点をマーク

先日、サムスンから発表されたGalaxy Note 10シリーズ。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用しています。共通仕様として、防水防塵対応しています。また今回からBixbyボタン、3.5mmオーディオジャック廃止されています。 スマホカメラを評価しているDXOMarkに、Galaxy Note 10シリーズ「5G」 ...

続きを読む

Note10が発表

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が遂に登場 | Note 9から何が変わるのか、日本国内発売はあるのか

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用し ...

続きを読む

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が発表されました | 日本向けページが登場、5Gは予定通りなし。

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 日本向けページも登場しました。5Gモデルは予定通り記載はなく、Galaxy Note 10 / Note 10+が載せられています。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のト ...

続きを読む

関連記事

-ファーウェイ
-

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.