モバイルドットコム

ガジェットレビューサイト!!最新スマホ情報をガツガツお届け!!

スポンサーリンク

Android GalaxyS10

【わかりやすく解説】Galaxy S10ってどんな機種なのか?スペック仕様、評価、発売時期、価格、最安値など最新情報!!!

更新日:

どうも、最新Galaxy S10が本命のちえほん(@Mobilecom777)です。

話題の最新機種「Galaxy S10」ってどんな機種なのか?

本日、2019年2月20日にGalaxy S10シリーズを発表しました。

抑えるべきポイント(要約)

▶6.1インチQuad HD+ Dynamic AMOLEDディスプレイ搭載
▶スマートフォンでは初となるHDR10+に対応
▶超音波指紋センサーを直接スクリーンに搭載
▶CPUは、Snapdragon855 / Exynos9820を搭載
▶RAM(メモリ)は、8GB搭載
▶Galaxy S10のバッテリー容量は3,400mAh搭載
▶トリプルカメラ搭載⇒16MP(ウルトラワイドカメラ)+12MP(広角カメラ)+12MP(望遠カメラ)
▶One UIスマートフォン(よりシンプルに直感的に利用可能)
▶IP68規格の防水防塵対応
▶デュアルSIM対応(国内版はシングルSIMの可能性大)
▶Galaxy S10(8GB / 128GB) - 899ドル(日本円で約99,600円程度)から〜
▶Galaxy S10の発売日は、3月8日
▶日本発売時期は現状未定(日本語公式サイトオープン済み)

今回の記事では、スペック仕様、評価、発売時期、価格、最安値など最新情報にも迫っていきたいと思います。

Galaxy S10が気になる全ての方に向けお届けします。

【わかりやすく解説】Galaxy S10eってどんな機種なのか?スペック仕様、評価、発売時期、価格、最安値など最新情報!!!
【わかりやすく解説】Galaxy S10ってどんな機種なのか?スペック仕様、評価、発売時期、価格、最安値など最新情報!!!
【わかりやすく解説】Galaxy S10+ってどんな機種なのか?スペック仕様、評価、発売時期、価格、最安値など最新情報!!!

それでは、Galaxy S10について順に見ていきましょう。

Galaxy S10eが気になる方はこちら⇒Galaxy S10eってどんな機種なのか?スペック仕様、評価、発売時期、価格、最安値など最新情報!!!

【最新情報:販売開始!!】気になる方はこちら⇒Samsung Galaxy S10 G973FD (RAM8GB / ROM128GB)がETORENにて発売開始!!本体価格は約110,900円(関税込み)から!

発売時期と価格は?

Galaxy S10の発売時期と価格をみていきましょう。

Galaxy S10の発売時期

ポイント

Galaxy S10、Galaxy S10e、Galaxy S10+はすべて3月8日に発売となります。

また、予約注文もGalaxy S10、Galaxy S10e、Galaxy S10+はすでに開始済みになっています。

日本国内でも、恐らく取り扱いがあります。

すでに公式ページも出ているので発売は間違いないと思います。

ポイント

日本語公式サイトはこちら⇒https://www.galaxymobile.jp/galaxy-s10/

日本国内での発売は、恐らく夏モデルでの登場となります。

去年のGalaxy S9は、ドコモとauから発売されました。

今年は最低でも去年同様ドコモとauからの発売がありそうです。

また、今年は3機種Galaxy S10シリーズが登場することもあり、ソフトバンクからも1機種発売される可能性もありそうですね。

ソフトバンクは、Galaxy S6 edge以来Galaxyシリーズを販売していません。

Galaxyシリーズ復活なるか、期待したいところですね。

Galaxy S10の価格

価格については、下記のとおりです。

ポイント

Galaxy S10e(6GB / 128GB) - 749ドル(日本円で約83,028円程度)
Galaxy S10e(8GB / 256GB) - 849ドル(日本円で約94,114円程度)

Galaxy S10(8GB / 128GB) - 899ドル(日本円で約99,600円程度)
Galaxy S10(8GB / 512GB) - 1149ドル(日本円で約12万7,369円程度)

Galaxy S10+(8GB / 128GB) - 999ドル(日本円で約11万729円程度)
Galaxy S10+(8GB / 512GB) - 1249ドル(日本円で約13万8,439円程度)
Galaxy S10+(12GB / 1TB) - 1599ドル(日本円で約17万7,233円程度)

スポンサーリンク

スペック(性能)表

機種名 Galaxy S10
CPU Snapdragon855 / Exynos9820
内蔵メモリ容量 (ROM) 内蔵ストレージ:128GB / 512GB
内蔵メモリ容量 (RAM) 8GB
ディスプレイ(画面)サイズ 6.1インチQuad HD+ Dynamic AMOLEDディスプレイ
HDR10+(対応)
(Gorilla Glass 6)
アスペクト比19:9
メインカメラ トリプルカメラ
16MP(ウルトラワイドカメラ)
12MP(広角カメラ)
12MP(望遠カメラ)
サブカメラ シングルカメラ
10MP
SIM スロット Nano SIM
バッテリー 3400mAh
SIM スロット Nano SIM
OS Android 9.0
サイズ 149.9×70.4×7.8mm
重さ 157g
その他 USB Type-C
Qiワイヤレス充電
リバースワイヤレス充電9W
IP68防水防塵

Galaxy S10のスペックは、完全にハイエンド仕様。

今年2019年を代表する一台となりそうです。

注目は、最新トレンドを牽引するサムスンの最新機種が今年はどんな最新トレンドを取り入れるかですね。

去年のGalaxy S9は、徹底に完全されたスマートフォンでした。

ただし、サムスンらしい革新的な内容ではなく、守りのイメージとなった印象でした。

Galaxy S10では、これを払拭してくれることを祈っています。

ディスプレイはどうなの?


Galaxy S10は、6.1インチQuad HD+ Dynamic AMOLEDディスプレイ搭載。

ひと目で分かるレベルに綺麗なディスプレイを搭載することになります。

Dynamic AMOLEDのユニークな流動性コンポジットは、画面上の色を変えずに有害なブルーライトを42%削減しています。

また、スマートフォンでは初となるHDR10+に対応しました。

HDR10+とは?

「HDR」とは、High Dynamic Rangeの略称。
ハイダイナミックレンジ、略してエイチディーアールです。
従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより明るさの幅をより広く自然に表現できる技術です。

HDR10+は、現行のHDR10をベースに開発されている新技術でより美しい映像を楽しむことが可能です。

解像度は、3040 x 1440 px、550 ppiを採用しています。

また、最新のCorning Gorilla Glass 6を搭載しています。

Infinity-O Displayを採用したディスプレイで、Galaxy S10e / Galaxy S10+と同様パンチホールディスプレイとなっています。

Galaxy S10および、Galaxy S10+のみ、画面内指紋認証を搭載しています。

通常の光学式画面指紋認証ではなく、超音波式を採用しています。

画面に触れるだけで簡単ロック解除を実現しています

Galaxy S10は、セキュリティを背面から前面に移動させ、超音波指紋センサーを直接スクリーンに搭載しています。

カメラ

Galaxy S10は、トリプルカメラ搭載です。

ポイント

16MP(ウルトラワイドカメラ)、F1.5~2.4
12MP(広角カメラ)、F1.5~2.4
12MP(望遠カメラ)、F2.4

1,200万画素望遠カメラ、1,200万画素広角カメラ、1,600万画素ウルトラワイドカメラのトリプルカメラはマルチカメラに対応しています。

デュアルアパチャーを使えば、昼夜を問わず撮影を楽しむことが可能です。

シャッターを押す前に昼から夜への光制御(光の調整と最適化)を行ってくれます。

望遠、広角、さらに超広角のカメラは無限の可能性を秘めています。

気になるCPU・RAMは?

Galaxy S10は、Galaxy S10e / Galaxy S10+と同様に最新CPU「Snapdragon 855 / Exynos9820」を搭載。

AnTuTuベンチマークスコアにて、Galaxy S10+のスコアが以前公開されていました。

Snapdragon 855は、約343051点です。Exynos 9820は、約325067点となっています。

Galaxy S10も同等のスコアを記録出来るはずです。

日本国内版では、「Snapdragon 855」が採用されると思います。

非常に楽しみですね!!

もちろん、メール、電話、SNS、LINE、ゲーム、インターネット何をするにも問題ない最強スマートフォンです。

バッテリー持ちは大丈夫?

Galaxy S10は、もちろんバッテリー持ちも安心です。

日常生活や使用パターンを学び、不要なアプリの電源を切ってくれます。

また、Adaptive Power Savingモードは、1日の予測に基づいてバッテリーの寿命を管理してくれます。

Galaxy S10のバッテリー容量は3,400mAh搭載となっています。

デュアルSIM対応?ただし、国内版は・・・

Galaxy S10は、デュアルSIMをサポートしています。

排他的仕様になっているハイブリッドSIMトレイ。

microSDカードも差し込むことができます。

ただし、これまでもデュアルSIM対応だったモデルもあります。

国内モデルは、基本的にはシングルSIMになっています。

Galaxy S10e / Galaxy S10+との違いは?比較!!

Galaxy S10e / Galaxy S10+との違いは、いくつかあります。

まずは、背面のメインカメラ、Galaxy S10 / Galaxy S10+はトリプルカメラですが、Galaxy S10eはデュアルカメラ構成になります。

カメラ重視ならGalaxy S10eよりもGalaxy S10 / Galaxy S10+の方が向いています。

CPUは同じですが、モデルによりRAMとROMが異なります。

ディスプレイも一部仕様が異なります。

Galaxy S10eは、フラットスクリーン、Galaxy S10 / Galaxy S10+はエッジスクリーンとなります。

サイズ、重さ、価格は、Galaxy S10eがもっとも最小で最安です。

防水・防塵対応はどうなの?

Galaxy S10e、Galaxy S10、Galaxy S10+は、すべて耐水性および防塵性に関するモバイル機器の最高規格であるIP68規格が取得されています。

高性能なGalaxy S9と同様に、Galaxy S10e、Galaxy S10、Galaxy S10+は雨が降っていても使えますね!

Galaxy S10の付属品は?

同梱アクセサリーは下記の通りです。

ポイント

▶Galaxy S10 本体
▶外箱
▶純正ケース
▶データケーブル
▶トラベルアダプター
▶突き出しピン
▶USBコネクタ
▶AKGヘッドセット

今回も純正のケースが付属されているのは、非常に魅力的ですね。

また、購入予約特典として、Galaxy Budsが付いてきているところもあるので日本でも期待したいですね。

評価は?

Galaxy S10は、現状まだ発売されていないので、評価はありません。

ただし、去年のGalaxy S9 / Galaxy S9+が非常にしっかり洗練された一台になっていたので、Galaxy S10には非常に期待しています。

リーク情報

Galaxy S10シリーズのCM動画がリーク

Galaxy S10シリーズを紹介するCM動画が公開されました。

過去リーク情報

ebayにてすでに「Galaxy S10」が販売予約しているお店が登場しました。

販売予約が開始しているのは、米国版のGalaxy S10 SM-G970です。

価格は、日本円で約122000円(関税+送料別)です。

カラーは、3色ラインナップになっています。

発売予定日は、3月10日になっています。

Samsung Galaxy S10 SM-G970 128GB (FACTORY UNLOCKED)との記載があります。

SIMフリー版で容量は、128GBとなっています。

下記はリンクになります。

▶表示されない場合はこちら

Galaxy S10は、間違いなく2019年を代表する一台になることでしょう。

関連記事はこちら▼

「Galaxy S10/S10+/S10e」のスペック仕様、発売時期、評価、価格、最安値まとめ

Galaxy S10/S10+/S10eの詳細レンダリング画像がリーク!予約注文でワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」がついてくる?

購入するならどこで買うのがオススメ?

Galaxy S10を安く購入するなら、安心安全のイートレンがオススメです。初心者でも購入しやすく、最速翌日到着もあります。すぐにほしい方には特に嬉しいですよね!また、送料がわかりやすく、関税も込みなのであとからの請求もないので安心です。

【最新情報:販売開始!!】気になる方はこちら⇒Samsung Galaxy S10 G973FD (RAM8GB / ROM128GB)がETORENにて発売開始!!本体価格は約110,900円(関税込み)から!

スポンサーリンク

関連記事

-Android, GalaxyS10
-

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.