モバイルドットコム

ガジェットレビューサイト!!最新スマホ情報をガツガツお届け!!

スポンサーリンク

Android Galaxy GalaxyS10 GalaxyS10+ GalaxyS10E Galaxyレビュー

Galaxy S10とGalaxy S10eのジェスチャー操作をレビュー!使用感や使い心地をチェック!【Android 9.0 Pie】

投稿日:

どうも、Galaxy S10とGalaxy S10eを勢いで買ってしまったちえほん(@chehonz201)です。

もうレビュー記事はご覧いただけましたか?

\Galaxy S10e実機レビュー!!/
⇒⇒⇒最新モデル「Galaxy S10e」レビュー:開封から外観レビューまでを一挙大公開!【写真45枚記載】

\Galaxy S10実機レビュー!!/
⇒⇒⇒最新「Galaxy S10」実機レビュー:外観からカメラまで“圧倒的な完成度”を徹底チェック!【写真25枚記載】

さて、みなさん!Galaxyシリーズに採用されているジェスチャー操作気になっていませんか?

ジェスチャー操作は、iPhone XSシリーズと似たような操作方法(ほぼ同じだけどちょっと違う部分も)です。

Android 9.0 Pieから採用されたジェスチャー操作ですが、従来のナビゲーションバーを画面から消すことができるのでスマホをより大画面で楽しむことができます。

ジェスチャー操作のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

▶仮想ナビゲーションバーが表示されないので画面を広く使用することが出来る
▶ジェスチャー操作で完結出来るのでボタンを押すタッチ操作がいらなくなる

デメリット

▶ジェスチャー操作に慣れが必要
▶誤動作を招く場合がある

それでは、詳しくみていきましょう。

ジェスチャー操作のメリット

個人的なジェスチャー操作のメリットは下記のとおりです。

メリット

▶仮想ナビゲーションバーが表示されないので画面を広く使用することが出来る
▶ジェスチャー操作で完結出来るのでボタンを押すタッチ操作がいらなくなる

仮想ナビゲーションバーが表示されないので画面を広く使用することが出来るというのが、最大のメリットな気がします。

仮想ナビゲーションは、目視できるボタンを常時配置しておくメリットはあるものの、その分他の部分の表示域は狭くなることがあるので、ジェスチャー操作なら常時画面を広く使えます。

また、もう一つのメリットはジェスチャー操作で完結出来るのでボタンを押すタッチ操作がいらなくなることです。

仮想ナビゲーションでは、ボタンをタップすることで操作が行える代わりにワンタップ操作に増えてしまいます。

ジェスチャー操作なら感じたままに、ジェスチャーでの操作が行えます。(語彙力不足・・・)

より直感的に操作が出来て、タップもいらないので非常に楽な操作が出来ます。

スポンサーリンク

ジェスチャー操作のデメリット

次に、デメリットをみていきましょう。

デメリット

▶ジェスチャー操作に慣れが必要
▶誤動作を招く場合がある

個人的に、最初の使い始めは慣れなくて戸惑いがあります。

iPhone XS Maxを使っているのでジェスチャー操作には慣れているはずなんですが、案外使いにくく感じました。

使いにくく感じた理由は、iPhoneのジェスチャー操作のちょっとした違いにあるように感じます。

iPhoneでは、ホームに戻る、マルチタスク起動をジェスチャー操作で一括して行えますが、Galaxy S10とGalaxy S10eのジェスチャー操作では右側に戻るボタン、真ん中はホームに戻る、左側はマルチタスク起動、左右の動作は入れ替え可能です。

ちょっとした違いではありますが、Galaxy S10とGalaxy S10eのジェスチャー操作は下部のどの辺りからジェスチャー操作をするかで、動作内容が変わります。なので、iPhone XS Maxを使ったあとにGalaxy S10とGalaxy S10eのジェスチャー操作をすると、マルチタスク起動を誤作動させたりしてしまうことがあります。

この辺りは慣れだったりするとは思いますが、一応デメリットですね。

Galaxy S10 / S10eとiPhone XS Maxのジェスチャー操作を比較

Galaxy S10とGalaxy S10eのジェスチャー操作とiPhone XS Maxのジェスチャー操作を比較した動画を公開しました。

それぞれ良いところ悪いところもありますが、どちらも快適には使えます。

Galaxy S10 / S10eとジェスチャー操作設定方法(戻す方法もこちら)

Galaxy S10 / S10eとジェスチャー操作設定方法と元の仮想ナビゲーションバーに戻す方法をご紹介します。

▶ 設定 > ディスプレイ > ナビゲーションバー

上記の通りに進んでください。

ナビゲーションバーの設定から、仮想ナビゲーションとジェスチャー操作を選ぶことが出来ます。

また、ボタンの順序やジェスチャー操作利用時にスワイプ操作のヒントが出るようにオンオフも可能になっています。

オン状態では、下部にグレーのヒントが登場します。

最後に・・・

Galaxy S10とGalaxy S10eのジェスチャー操作を実際に使ってみて、最初慣れないところもありますが使っているうちに慣れてきます。

使い心地も非常に良い感じです。

ただし、今までの仮想ナビゲーションバーの方が使いやすいなと感じる場面もあるので、実際に使ってみて自分に向いているかどうかで切り替えていくのがオススメです。

▶Galaxy S10:関連記事はこちら!!

▶Galaxy S10e:関連記事はこちら!!

スポンサーリンク

関連記事

-Android, Galaxy, GalaxyS10, GalaxyS10+, GalaxyS10E, Galaxyレビュー
-, ,

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.