スマートフォン

AQUOS sense5G 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

更新日:

AQUOS sense5G 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

AQUOS sense5Gの実機レビュー!どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

シャープの最新コスパ5Gスマホ「AQUOS sense5G(アクオスセンスファイブジー)」。大画面5.8インチIGZOディスプレイ、快適な動作を実現するCPU「Snapdragon 690 5G」採用、万能で使いやすいトリプルカメラ、1日は余裕で持つ安心のバッテリーを備えています。

個人的なAQUOS sense5Gの評価

おサイフケータイや安心のIP68防水防塵&耐衝撃にも対応で、ドコモ版は税込み39,600円と価格も含め魅力的な一台です。今回はそんな「AQUOS sense5G」を実際に使って感じた良いところ、悪いところについて、すべて正直にお伝えしていきます。

▼YouTube動画でもAQUOS sense5Gの実機レビューをしているので、合わせてチェックしてみてね!

YouTube video

個人的なAQUOS sense5Gの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★★
携帯性 ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★☆
画面表示&綺麗さ ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★★★
スピーカー ★★★☆☆
カメラ ★★★★☆

本記事では、AQUOS sense5Gを外観・デザイン、カメラ、スペック性能やゲーム・アプリ動作、指紋認証・顔認証の快適さ、バッテリー持ち、スピーカーの音質、使って感じたメリット・デメリット(良いところ、悪いところ)、口コミ・評判などを含め使用感レビューをして評価していきます。

AQUOS sense5Gの外観・デザインをレビュー

AQUOS sense5Gの外観・デザインをレビュー

AQUOS sense5Gの外観・デザインをチェックしていきます。パッケージデザインは上記の通りです。

AQUOS sense5Gの付属品

付属品は、AQUOS sense5G本体、クイックスイッチアダプター、説明書となっています。充電ケーブルやACアダプタは事前に準備しておきましょう。

AQUOS sense5Gのディスプレイ

ディスプレイサイズは、約5.8インチIGZOディスプレイ、解像度は1080×2280(フルHD+)を採用。高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」やHDR10・HLG・VP9・YouTube HDRにも対応しています。

AQUOSシリーズらしいディスプレイの綺麗さ、発色で日常利用には全く問題ありません。もちろん、のぞき見ブロック(ベールビュー)やアウトドアビューも利用可能です。

ディスプレイ中央に水滴型ノッチを備え、下部に物理指紋センサーを搭載しています。

AQUOS sense5Gの背面

背面デザインは、左上に「トリプルカメラ」、中央に「ドコモ」ロゴ、下部に「SHARP」と刻まれています。(※今回は、ドコモ版をレビューしております。)

AQUOS sense5Gのカラーバリエーション

AQUOS sense5Gは、ライトカッパー、オリーブシルバー、ブラックの基本カラーに加え、ニュアンスブラック、ライラック、コーラルレッド、スカイブルー、イエローゴールドのキャリア限定カラーを含む合計8色展開。豊富なカラーバリエーションから選べるのも魅力的です。

ドコモオンラインショップ限定カラーのスカイブルー

今回レビューしているのは、ドコモオンラインショップ限定カラーのスカイブルー。淡い青色が本体にマッチしていて、個人的にはかなり気に入っています。

背面にはアルミ素材を採用しており、指紋も付きにくいのが最高。サラサラとしたマットな触り心地で、ふと使っていたくなる質感です。背面と側面が一体化した構造なので、統一感も魅力でした。

右側面には、「音量ボタン」、「Googleアシスタントボタン」、「電源ボタン」

右側面には、「音量ボタン」、「Googleアシスタントボタン」、「電源ボタン」

左側面には、「SIMスロット」

左側面には、「SIMスロット」

SIMピンが必要ないタイプのSIMスロット採用。手軽にSIMトレイが取り出せる仕様はとても便利です。

下部側面に「マイク」、「Type-Cコネクタ」、「スピーカー」

下部側面に「マイク」、「Type-Cコネクタ」、「スピーカー」

スピーカーは、モノラルスピーカー採用です。音については、後述。

上部側面には、「イヤホンジャック」、「マイク」

上部側面には、「イヤホンジャック」、「マイク」

AQUOS sense5Gの本体サイズは、約148mm×約71mm×約8.9mm、重さは約178g。sense3は約147mm×約70mm×約8.9mm、重さは約167gだったので縦と横幅はわずかに大きくなり、少し重くなりました。

代わりにベゼルが狭くなり画面占有率が大幅向上、サイズ感そのままで画面サイズが大きくなっているのが魅力的です。

AQUOS sense5Gは5.8インチと大画面ではありますが、十分片手で持って操作できるコンパクトなサイズ感です。背面がラウンドしているので、ある程度のフィット感もあります。

ちなみに、手の大きさは普通の僕がツイッター起動から投稿までを片手操作だけで完了できました。このあたりは個人差もあると思うので、ぜひ実機に一度触れてみることをおすすめします。

AQUOS sense5Gのスペック性能をレビュー

AQUOS sense5Gのスペック性能をレビュー

AQUOS sense5Gのスペック性能を表やベンチマーク計測してレビューしていきます。

AQUOS sense5Gのスペック表

AQUOS sense5Gのスペック・性能以下にまとめてみました。(※参照:シャープ公式ページ

スペックを見る(タップで表示)

スペック AQUOS sense5G
発売日 2021年2月
型番 ドコモ:SH-53A
au:SHG03
ソフトバンク:A004SH
OS Android 11(初期OS)
CPU Snapdragon 690 5G
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC 最大1TB
本体サイズ 約148×71×8.9mm
重量 約178g
画面サイズ 約5.8インチ
ディスプレイ解像度 1080x2280(フルHD+)
液晶の種類 IGZOディスプレイ
バッテリー 4570mAh
背面カメラ トリプルカメラ
1200万画素(標準)
1200万画素(超広角)
800万画素(望遠)
前面カメラ シングルカメラ
800万画素(標準)
防水/防塵 IP68
耐衝撃
ワンセグ/フルセグ ×
緊急速報
指紋認証
顔認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電 ×
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.1
スピーカー モノラルスピーカー
充電端子 Type-C
カラー ライトカッパー
オリーブシルバー
ブラック
ニュアンスブラック
ライラック
コーラルレッド
スカイブルー
イエローゴールド

AQUOS sense5Gのベンチマークスコア

AQUOS sense5Gのベンチマークスコアを検証しました。参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark」の測定結果を下記に記載しておきます。

▼AQUOS sense5G
AQUOS sense5Gのベンチマークスコア

▼AQUOS sense3

Snapdragon 690 5G搭載「AQUOS sense5G」のAntutu Benchmarkスコアは「257624点」でした。ちなみに、Snapdragon 630搭載のAQUOS sense3は、「117,340点」だったのでスコアは大幅に向上している結果になっています。

肝心の動作については、アプリの起動や切り替えを含めレスポンスは十分快適です。一般的な電話、メール、ウェブブラウジング、SNSなど、日常利用に不満があることはなく、ライトユーザーであれば間違いなく満足できるでしょう。

AQUOS sense5Gのスペックまとめ

AQUOS sense5Gのスペックまとめ

AQUOS sense5Gは、欲しい機能・仕様をすべて満たしてくれている現状唯一無二の低価格コスパ5Gスマホです。

sense5Gよりも安く買える5Gスマホは国内にも何台か存在していますが、おサイフケータや防水防塵・耐衝撃まで備えている機種は現状存在しません。

また、CPUには最新の「Snapdragon 690 5G」を採用。Snapdragon 630搭載のAQUOS sense3から買い替えを検討されている方も多いと思いますが、動作は明らかにパワーアップしています。

5Gスマホで必要なものが全部入りの低価格を探しているなら、間違いなくAQUOS sense5Gがおすすめです。

AQUOS sense5Gのゲーム・アプリ動作をチェック

AQUOS sense5Gでゲームやアプリの動作を確認します。

AQUOS sense5Gでモンストの動作チェック

AQUOS sense5Gでモンストの動作チェック

AQUOS sense5Gでモンストの動作チェックをしていきます。結果は、"快適に遊べる"でした。

モンストは比較的軽いゲームなので、AQUOS sense5Gでも全く問題なく楽しむことが可能です。

ちなみにゲーム中は、上下に黒帯が出る仕様となっています。

AQUOS sense5GでポケモンGOの動作チェック

AQUOS sense5GでポケモンGOの動作チェック

AQUOS sense5GでポケモンGOの動作チェックをしていきます。結果は、"十分遊べる"でした。

重い3Dゲームのため、快適すぎるとまではいきませんが、ポケモン出現時や戦闘など含め、遊ぶことは十分可能です。

発熱については、約30分程度遊んでも約36度程度と持てないほどの熱さになることはなく、気になる異常な発熱はないでしょう。

AQUOS sense5GでPUBGモバイルの動作チェック

AQUOS sense5GでPUBGモバイルの動作チェック

AQUOS sense5Gで、PUBGモバイルの動作を確認していきます。結果は、"快適に遊べる"でした。

グラフィックは、「HD」で「高」まで選択でき、「スムーズ」は「ウルトラ」まで選ぶことが可能です。

動作については、重い3DゲームPUBGモバイルでも十分楽しめる程度に快適でした。もちろん、ゲームガチ勢にはおすすめできないのですが、たまに遊ぶ程度であればまず問題ないでしょう。

長時間プレイ時は温かいと感じる程度の発熱はありますが、バッテリー持ちは安定していました。

AQUOS sense5Gで使える通信キャリアをチェック

AQUOS sense5Gで使える通信キャリアをチェック

AQUOS sense5Gで使える通信キャリアをチェックしておきましょう。

機種名 AQUOS sense5G SH-53A (ドコモ)
対応バンド 4G:B1/3/8/18/19/42
5G:n77/n78/n79
機種名 AQUOS sense5G SHG03 (au)
対応バンド 4G:B1/3/8/18/19/28/41/42
5G:n77/n78
機種名 AQUOS sense5G A004SH (ソフトバンク)
対応バンド 4G:B1/3/8/18/19/28/41/42
5G:n77

AQUOS sense5Gは、幅広い国内バンドに対応しているので、SIMロック解除することでどのキャリアでも利用することが可能です。

試しに、AQUOS sense5Gで楽天モバイル(※本回線+パートナー回線)とソフトバンク(4G)、ワイモバイル(4G)については手元にあるSIMカードで利用可能でした。

▼以下に国内主要キャリアのバンドをまとめておきました!

バンド周波数帯 ドコモ au ソフトバンク/ワイモバイル 楽天モバイル
Band1
Band3
Band8
Band11
Band 18/26
Band19
Band21
Band28
Band41
Band42

ドコモは、Band 1 / Band 3 / Band 19。山間部などで使うことがない場合は最悪、Band 19がなくても大丈夫です。auで使うなら、Band 1 / Band 18/26は抑えておきましょう。

ソフトバンクとワイモバイルで使うなら、Band 1 / Band 3 / Band 8の対応は必須。楽天モバイルは、Band 3 / Band 18。パートナーエリアで利用したいならBand 18も必須です。

AQUOS sense5Gのカメラをレビュー

AQUOS sense5Gのカメラをレビュー

AQUOS sense5Gのカメラをレビューしていきます。

AQUOS sense5Gのカメラ・動画撮影性能をチェック

AQUOS sense5Gはトリプルカメラを搭載しています。カメラ構成を以下にまとめました。

1200万画素 標準レンズ / F値2.0
1200万画素 超広角レンズ / F値2.4
1200万画素 望遠レンズ / F値2.4

カメラ構成は、1200万画素の広角レンズ(F値2.0)、1200万画素の超広角レンズ(F値2.4)、800万画素の望遠レンズ(F値2.4)の3眼です。

800万画素 インカメラ / F値2.0

インカメラは、800万画素F値2.0のシングルカメラとなっています。

動画撮影性能は以下にまとめました。

8K 撮影 非対応
4K 撮影 30fps
1080p 撮影 30fps/60fps
1080pスローモーション撮影 -
720p スローモーション撮影 -

動画撮影については、1080p 60fpsでの撮影、手ブレ補正も利用可能です。4K撮影してみましたが、約8分間程度の撮影で本体温度はMAX43度でした。

ちなみに約8分になるタイミングで「本体の温度が上昇したため、カメラを終了します」と注意が出て、撮影ができなくなりました。長時間4K撮影したい人は注意が必要です。

AQUOS sense5Gのカメラで撮影した作例

今回は、僕がAQUOS sense5Gのカメラを魅力に感じた点を含め、作例を交えてご紹介していきます。

※タップして拡大出来ます。
日中

▼AQUOS sense5Gの標準カメラで撮影

↓左がAQUOS sense3

↓左がAQUOS sense5G、右がsense4

AQUOS sense5Gは今までよりも鮮明に明るく、見たままの色味で撮影可能です。sense3と比べるとその差は歴然で、明らかにsense5Gの方が良い写真が手軽に撮影できます。

わずかな違いではありますが、sense4はより明るめに鮮やかな色味、sense5Gは色味が濃く出る傾向がありました。

▼AQUOS sense5Gの超広角カメラで撮影

↓左がAQUOS sense3

↓左がAQUOS sense5G、右がsense4

超広角についても、sense3からの進化はしっかり感じていただけると思います。AQUOS sense5Gなら広範囲を一度に明るく、綺麗に撮影できるようになっており、歪みもほとんど気にならないです。

▼AQUOS sense5Gの望遠カメラ(光学2倍)で撮影

AQUOS sense5Gの望遠カメラ(光学2倍)は使い勝手が良く、遠くの被写体にちょっと寄りたい!という時に大活躍してくれます。

▼AQUOS sense5Gのデジタルズーム最大16倍

↓左がAQUOS sense5G、右がsense4

AQUOS sense5Gのデジタルズーム最大16倍は結構凄いんですが、流石におまけ程度に考えておきましょう。

接写・その他

▼ポートレート撮影

▼その他

夜景・暗所

↓AQUOS sense5G

↓左がAQUOS sense3(標準)

↓左がAQUOS sense5G(標準)、右がsense4(標準)

↓左がAQUOS sense3(超広角)

↓左がAQUOS sense5G(超広角)、右がsense4(超広角)

暗所・夜景については、今までは暗くてノイズが出やすい写真しか撮れませんでしたが、AQUOS sense5Gではより明るく撮影可能になりました。若干手ブレしやすいので、撮影時は気をつけましょう。

また、まだまだ明るさに振り切っているだけで鮮明さが物足りないので凄く強いか、という点においてはNOです。ただ、見ていただければ分かるように「AQUOS sense3」から大幅な進化を遂げています。この点については、しっかり評価されるべきだと感じました。

AQUOS sense5Gのバッテリー持ちをチェック

AQUOS sense5Gのバッテリー持ちをチェック

AQUOS sense5Gのバッテリー持ちについては、同価格帯スマホと比べても"凄く良い"という結果になりました。

機内モードオンで、Wi-Fiのみオンにした状態でYouTubeを流し続け、1時間おきにバッテリー残量を計測するテストを行った結果は以下のとおりです。※各機種、基本的にデフォルト(初期値)のままでテストしています。テスト環境、条件により差が出る場合があるので注意してください。

バッテリー持ち検証

機種名 0時間経過 1時間経過 2時間経過 3時間経過
AQUOS sense5G 100% 97% 92% 88%
AQUOS sense4 100% 97% 94% 92%
OPPO Reno3 A 100% 95% 89% 83%
Google Pixel 4a 100% 93% 85% 77%
iPhone SE 第2世代 100% 90% 76% 63%

単純にYouTube動画を流すだけのテストではありますが、「AQUOS sense5G」のバッテリーは持ちが良いという結果になりました。

流石にsense4に比べるとバッテリー持ちはやや劣る印象ですが、同価格帯のミドルレンジモデルの中では明らかに電池持ちが良いです。

僕が実際に使ってみたところ、朝から晩までWeb検索とSNS、動画を中心に利用してもバッテリー残量は約55%残っていました。あまり使わないライトユーザーであれば、1日は十分耐えてくれるでしょう。

もちろん使う環境や使い方にもよりますが、一般的な電話、メール、Web検索などが中心の使い方であればまず問題ないと思います。

AQUOS sense5Gの指紋認証と顔認証をチェック

AQUOS sense5Gの指紋認証と顔認証をチェック

AQUOS sense5Gは、指紋認証と顔認証どちらにも対応しています。

AQUOS sense5Gの指紋認証テスト

AQUOS sense5Gの指紋認証テスト

実際にAQUOS sense5Gの指紋認証を試してみました。物理指紋センサー搭載で使いやすくて、認証精度も良く、高速なロック解除が可能です。

ただし、指が水で濡れている時は上手く認証ができませんでした。そんな時は顔認証と組み合わせるのがおすすめです。

AQUOS sense5Gの顔認証テスト

AQUOS sense5Gの顔認証テスト

顔認証を試してみました。超高速とまではいきませんが、十分実用的な認証速度でメガネをかけていてもロック解除可能です。

ただし、3D顔認証ではないため、顔認証はあくまでサブ的な使い方を推奨。メインのセキュリティは指紋認証、サブで顔認証など併用していくのが良いでしょう。

AQUOS sense5Gのスピーカー(音質)をチェック

AQUOS sense5Gのスピーカー(音質)をチェック

AQUOS sense5Gは、モノラルスピーカーを搭載。結論としては、モノラルスピーカーとしては十分な音を楽しめます。ただ、やっぱりステレオスピーカーと比べると物足りない印象です。

▼AQUOS sense5Gのモノラルスピーカーの音はこちら!

フリー音源 Song: Zero Venture - Point Of View (feat. Cadence XYZ) Link: https://youtu.be/EnarUjBnLXw Music promoted by FMW. Released by Mind Resurgence.

実際に様々な"音"をAQUOS sense5Gから出して検証してみましたが、sense3から考えると格段に良くなっている印象です。ただ、ステレオスピーカーではないので音の広がりや聴こえ方が物足りない印象はありました。

とはいえ、音のクリアさ・音圧も同価格帯のミドルレンジと比べても十分満足できる仕上がりでした。

音については好みもあると思うので、ぜひ実機チェックがおすすめです。どこまで求めるのか、という部分を明確にして自分の用途に合わせて選んでいきましょう。

AQUOS sense5Gのメリット(良いところ)

AQUOS sense5Gのメリット(良いところ)

AQUOS sense5Gを実際に使ってみて感じたメリットをチェックしていきます。

ココがメリット(良い点)


⭕5.8インチながら片手操作できるサイズ感が魅力
⭕豊富なカラーバリエーションが素敵!
⭕日常使いにストレスのない動作レスポンス!
⭕万能なトリプルカメラ搭載!望遠レンズが使いやすい!
⭕1日では使い切れないバッテリー持ちが魅力!
⭕イヤホンジャックも搭載している!
⭕指紋認証と顔認証どちらも備えている
⭕安心のIP68防水防塵&耐衝撃にも対応
⭕おサイフケータイにも対応している
⭕ジェスチャー操作にも対応!直感的に使える
⭕microSDカード対応!
⭕のぞきみ防止などオリジナル機能も豊富
⭕最大2回OSアップデート保証があるので長く使える!
⭕4万円以下で欲しい仕様・機能を網羅するコスパ最強5Gスマホ

以上が、AQUOS sense5Gを使って感じた良いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

日常使いにストレスのない動作レスポンス!

日常使いにストレスのない動作レスポンス

AQUOS sense5Gは、旧モデルのAQUOS sense3とは比べ物にならないぐらい動作が快適になっています。

アプリの起動・切替や指紋認証後の画面移行など、一つ一つの動作が格段に早くなっているので、ストレスなく使うことが可能です。

また、CPUには最新の「Snapdragon 690 5G」を搭載しているので、ある程度のゲームも快適にできるのが嬉しいポイントとなっています。

万能なトリプルカメラ搭載!望遠レンズが使いやすい!

明るく綺麗に撮れる標準、一度に広範囲をサッと撮れる超広角、遠くにある被写体を写すのに最適な望遠の3つを搭載しているAQUOS sense5Gは、様々なシーンに対応できるのが素晴らしいです。

特に、望遠レンズによる光学2倍ズームは動物や人の撮影、遠くにあるものをちょうどよい距離感で捉えることも可能です。

同価格帯ミドルレンジモデルの中で、光学2倍の望遠レンズを搭載している機種はまだまだ少ないので、ぜひ一度試してみてくださいね!

1日では使い切れないバッテリー持ちが魅力!

AQUOS sense5Gは、普通にしっかり使っても1日は使い切れないほどのバッテリー持ちです。

使っていただければわかりますが、ライトユーザーであれば2日1回の充電でも問題ないという方も多いと思います。

毎日欠かさず使うものだからこそ、電池持ちは重要。モバイルバッテリーを持ち歩きたくない人にこそAQUOS sense5Gはおすすめです。

安心のIP68防水防塵&耐衝撃に対応している!

4万円以下で購入できるAQUOS sense5Gは、なんと安心のIP68防水防塵&耐衝撃まで備えています。

スマホを清潔に保つためにアルコール除菌シートを使う人も多いと思いますが、AQUOS sense5Gには使っても問題ありません。

また、耐衝撃にまで対応している機種は案外多くないので、貴重な存在です。利用するシーンを選ばない一台となっています。

AQUOS sense5Gのデメリット(悪いところ)

AQUOS sense5Gのデメリット(悪いところ)

AQUOS sense5Gを実際に使ってみて感じたデメリットをチェックしていきます。

ココがデメリット(悪い点)


❌sense5Gの方がやや発熱しやすい傾向あり!4K撮影は約8分程度で終了
❌写真撮影→保存までの時間がワンテンポ遅いときがある!
❌暗所・夜景撮影はやや苦手!手ブレしやすいので注意!
❌アルバムアプリが純正ではなくGoogleフォト
❌モノラルスピーカーなのがやや物足りない
❌コンパクトサイズだが本体はやや重め
❌アシスタントボタンの位置が悪い

以上が、AQUOS sense5Gを使って感じた悪いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

発熱しやすい傾向あり!4K撮影は約8分程度で終了

AQUOS sense5Gを使っていて気になったのは、やや発熱しやすい傾向にある点です。

特に、4K撮影時は約8分間で本体発熱による録画終了が起こりました。同じ条件下でsense4は20分を経過していても撮影できていたので、発熱しやすい傾向にあるのは間違いなさそうです。

とはいえ、ネット検索やSNS、動画鑑賞時には大した発熱はなく、バッテリー持ちについては一日は余裕で使える安定感はあります。

あまり気にしすぎる必要はないのですが、高画質動画を長時間撮影したい人にとっては注意点となるでしょう。

暗所・夜景撮影はやや苦手!手ブレしやすいので注意!

AQUOS sense5Gは万能なトリプルカメラ搭載で、日中のような光量がある場面ではとても綺麗な写真が撮れます。

まだまだここが惜しいと感じるのは、暗所・夜景撮影です。確かに、AQUOS sense3から考えると飛躍的に明るく撮れるようになっていますが、同価格帯で暗所に強い機種と比べると解像感が粗いので、ここは今後の課題でしょう。

また、暗所・夜景撮影時は手ブレしやすいので、光量が少ない場面での撮ったあとに写真の撮れ高を確認するのがおすすめです。

コンパクトサイズだが本体はやや重め!

5.8インチのちょうどよい見やすい大画面のAQUOS sense5G。コンパクトで十分扱いやすい一台ではあるものの、旧モデルよりもわずかに重くなっているので注意は必要です。

僕自身は、使っていて重すぎる印象はありませんでしたが、椿さんに使ってもらうと片手で使うにはちょっと重いかもと言っていました。

もちろん個人差はあると思いますが、AQUOS sense5Gはsense3よりも約11g重くなっているため、以前よりも長時間片手利用などには不向きです。

念の為、自分に合ったサイズ、重さなのかということは一度購入前に考えておきましょう。

AQUOS sense5Gの口コミ・評判をチェック

AQUOS sense5Gの口コミ・評判をチェック

AQUOS sense5Gの口コミ・評判を以下に集めてみました。

女性

可愛いらしいデザインとカラバリが良いですね!あと、しっかりした防水防塵に対応しているので洗えるのも魅力でした♪(椿さん)

ちえほん
AQUOS sense5Gの口コミコメントを大募集!もし良かったらコメント欄への投稿をお待ちしています。

AQUOS sense5Gの評価まとめ

AQUOS sense5Gの評価まとめ

4万円以下で安定した動作、使いやすいカメラ、安心のバッテリー持ち、防水防塵+耐衝撃&おサイフケータイ全部入りの5G対応スマホを探している方は、間違いなくAQUOS sense5Gが"買って後悔しない"一台です。

個人的なAQUOS sense5Gの評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★★
携帯性 ★★★★★
ゲーム性能 ★★★★☆
画面表示&綺麗さ ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★★★
スピーカー ★★★☆☆
カメラ ★★★★☆

個人的なAQUOS sense5Gの評価としては、素晴らしいの一言。ようやく、誰にでもおすすめできる低価格コスパ最強5Gスマホが誕生した印象です。

ただ安い5Gスマホは、すでに国内でも購入することができます。AQUOS sense5Gが凄いのは、欲しい仕様・機能が全部入りだという点です。

ちょうど良い画面サイズ、日常使いに不満のない動作、万能なトリプルカメラ、一日では使い切れないバッテリー持ち、安心の防水防塵や耐衝撃、おサイフケータイまで対応して、価格は驚異の4万円以下。現状これ以上の機能・仕様を備えた5Gスマホを探すと、到底4万円以下で探すことはできません。

AQUOS sense5Gは、それぐらい素晴らしい一台です。もちろん、使ってみて良いところ、悪いところはあります。大事なのは自分に合っているかどうかです。

4万円以下の5Gスマートフォンで迷ったら、ぜひAQUOS sense5Gも一度チェックしてみてください!

▼YouTube動画でもAQUOS sense5Gの良いところ・悪いところを動画レビューもしているので、合わせてチェックしてみてくださいね!

YouTube video

ちえほん
質問等ありましたら、是非コメントお待ちしております。

AQUOS sense5Gの価格とお得に買う方法

AQUOS sense5Gの価格とお得に買う方法

AQUOS sense5Gを買うならオンラインショップでの購入がお得!オンラインショップなら「頭金なし」、「待ち時間0分」、「予約不要」で24時間いつでも受付可能、しかも割引があって非常にお得です。

AQUOS sense5Gのオンラインショップでの販売価格は以下の通り。

AQUOS sense5Gの販売価格(参考価格)

  • ドコモ : 39,600円(税込)→最大22,000円割引
  • au : 39,890円(税込)→最大22,000円割引
  • ソフトバンク : 43,200円(税込)→最大21,600円割引
  • SIMフリーモデル : 46,000円(税込)〜
  • OCNモバイルONE : 17,490円税込〜(※SIMフリー)

AQUOS sense5Gの販売価格は上記のとおりです。現状で最も安く、お得に買えるのは、今回僕が購入したドコモ版となっています。

とはいえ、各社AQUOS sense5Gを大幅割引キャンペーンの対象機種にしているので、どのキャリアでもお得に購入が可能です。

SIMフリーモデルが欲しいなら、OCNモバイルONEが一番安い!どうせ買うなら、少しでもお得に!ぜひ一度チェックしてみてください!

\ この記事をシェアする /

  • この記事を書いた人

ちえほん

スマートフォンを専門に取り扱うブログ+YouTubeチャンネルを運営。実際に使って感じたことを正直にお伝えします!Real Soundなど国内メディア等への寄稿やYahoo!JAPANクリエイターズプログラムでも活動中。詳しいプロフィールはこちら


  1. SHARP一筋ユーザー より:

    対応バンドの項目で誤りと思われる部分がありましたので、コメントさせていただきました。

    以下がその具体的な部分ですので、ご確認いただければと思います。
    ・ドコモ版はバンド28には非対応
    ・au版はバンド41にも対応(端末のスペック表の通信規格にWiMAX 2+の表記あり)
    ・ソフトバンク版はバンド42にも対応

    詳細は各キャリアが公表している、対応周波数帯一覧をご確認いただければと思います。
    ・ドコモ
    https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/support/unlock_simcard/band.pdf
    ・au(メーカー別一覧からSHARPを選択)
    https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/compatible_network/
    ・ソフトバンク
    https://cdn.softbank.jp/mobile/set/common/pdf/products/aquos-sense5g/spectrum.pdf

    なぜドコモ版だけバンド28に非対応なのか理由は分かりませんが、もしバンド28のみでエリア化された地域があるとすれば、そこでは圏外ということになりますね。

    以上、長々と失礼しました。

    • ちえほん より:

      コメントありがとうございます!
      修正させていただきました!
      情報提供助かります。

      なぜドコモだけバンド28非対応なのか...
      ありがとうございました!

  2. SNOW より:

    sense2を使っていますが、機種変更検討中です。
    写真の保存先をSDカード に設定してもすぐ、勝手に本体になってしまいます。sense5は大丈夫でしょうか。

    • ちえほん より:

      コメントありがとうございます。僕の環境では、今のところは問題ないですね。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

-スマートフォン
-

© 2021 モバイルドットコム