スマートフォン

Galaxy S20 Ultraを買うべき理由を徹底解説!注目すべきは高性能カメラ!?S10から何が変わった?

更新日:

Galaxy S20 Ultraを買うべき理由を徹底解説!注目すべきは高性能カメラ!?S10から何が変わった?

Galaxy S20/S20+、S20 Ultraが発表されたぞ!!!どうも、スマホ買っちゃう系ガジェットライターちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

サムスンの最新フラッグシップモデルが3機種発表されました。

6.2インチ「Galaxy S20」、6.7インチ「Galaxy S20+」、6.9インチ「Galaxy S20 Ultra」。パワフルで高性能なCPUに圧巻のメモリ、カメラを大幅強化、弱点のバッテリーも大容量化されています。

本記事では、サムスンの最新フラッグシップモデルの中でも最上位モデルGalaxy S20 Ultraを買うべき理由を徹底解説していきます。注目のカメラスペックやS10からの変更点や違い、「Galaxy S20/S20+」の価格も含めご紹介していきます。

スポンサーリンク

Galaxy S20 Ultraを買うべき理由

Galaxy S20 Ultraを買うべき理由

Galaxy S20 Ultraを買うべき理由を色々考えて以下にまとめました。

Galaxy S20 Ultraを買うべき理由

  • S20シリーズの中でカメラスペックが最強!
  • 10倍光学ズーム、100倍デジタルズームが魅力的!
  • 夢の大画面6.9インチが熱い!
  • Galaxyシリーズ唯一の弱点が克服?大容量5000mAhバッテリー搭載!
  • 最大メモリ(RAM)がなんと16GB!
  • S20 Ultraを含むS20シリーズ全モデル5G対応
  • 8Kビデオを撮影可能!

それでは、上記Galaxy S20 Ultraを買うべき理由を詳しく解説していきます。

買うべき理由①S20シリーズの中でカメラスペックが最強!

S20シリーズの中でカメラスペックが最強

S20シリーズの中で最もハイスペックで特にカメラが最大の売りであるGalaxy S20 Ultra。

1億800万画素+4800万画素望遠(ペリスコープSpace Zoom)+超広角+ToFセンサーのクアッドカメラ構成です。

歴代Galaxyシリーズ最高のカメラスペックであることは間違いないでしょう。

https://twitter.com/BenGeskin/status/1227221152159936515?s=20

特に今回、望遠カメラがファーウェイスマホ並?超え?に強化されました。10倍光学ズーム、100倍デジタルズーム対応でもはや異次元すぎる。

4800万画素望遠(ペリスコープSpace Zoom)なら、以下の画像右側の写真位置から100倍ズームして撮影すると2枚目の写真が撮れるようです。
4800万画素望遠(ペリスコープSpace Zoom)

100倍デジタルズーム

100倍デジタルズームで撮影をしている写真は、もはやどこを拡大して写しているのかさっぱり分からないですよね。紹介動画でもクレイジーって言ってましたが、これはクレイジー。

買うべき理由②夢の大画面6.9インチ&最大メモリ(RAM)がなんと16GBが熱い

夢の大画面6.9インチ&最大メモリ(RAM)がなんと16GBが熱い

Galaxy S20 Ultraのスペックは、もはや今この記事を書いているPCよりもハイスペックモデルです。

なんと、最大メモリ(RAM)16GB。スマホでそんなにメモリを積む必要があるのかどうかはさておき、完全に夢とロマンでしょう。

また、今まで希少だった大画面6.9インチのディスプレイサイズも魅力なのは間違いありません。

大画面で映像や音楽を楽しめます。5G対応スマホということもあり、せっかく高速通信を楽しむなら大画面のスマホが良いですよね!

買うべき理由③Galaxyシリーズ唯一の弱点が克服?大容量5000mAhバッテリー搭載

Galaxyシリーズ唯一の弱点が克服?大容量5000mAhバッテリー搭載

毎年Galaxy Sシリーズはバッテリー持ちで結局悩まされることがあります。しかし、今年のS20シリーズではそれぞれバッテリー容量が強化されています。

特にGalaxy S20 Ultraは、大容量5000mAhバッテリーを搭載していることもあり、バッテリー持ちにも期待できそうで弱点と言われている部分が改善されていそうな予感です。

買うべき理由④S20 Ultraを含むS20シリーズ全モデル5G対応

S20 Ultraを含むS20シリーズ全モデル5G対応

S20 Ultraを含むS20シリーズ全モデル5G対応となりました。Galaxy S20のみミリ波に非対応で、S20 UltraとS20+はミリ波にも対応しています。

「5G」をよりしっかり体感したのであれば、S20 UltraとS20+のどちらかになりそう。どちらにせよ、S20 Ultraは魅力的ですね。

Galaxy S20 Ultraを買うにあたっての不安点

Galaxy S20 Ultraを買うにあたっての不安点

Galaxy S20 Ultraを買うにあたっての不安点もあります。個人的に思う2つの不安点は以下のとおりです。

Galaxy S20 Ultraを買うにあたっての不安点

  • 価格が高すぎる?
  • 大画面は魅力だが重すぎない?
  • せっかく大画面&動画推しなのにイヤホンジャックがない

Galaxy S20 Ultraは約15万円から!?

Galaxy S20 Ultraは約15万円から

最大の不安は、Galaxy S20 Ultraの価格です。確かに、カメラが凄い!メモリもCPUも凄い!バッテリーも申し分ない、でも価格は高い。

正直、ハイスペックモンスターなわけですが、ガジェット好きにしか受けそうにないハイスペックと価格だと思っています。

約15万円のGalaxyにスッとお金が出せる人は限られてくるでしょう。

Galaxy S20 Ultraの大画面は魅力だが重すぎない?

Galaxy S20 Ultraの大画面は魅力だが重すぎない

もう一つ気になるのは、Galaxy S20 Ultraの重さです。6.9インチかつ大容量5,000mAhを搭載していて、重さが約221gなので正直軽いほうです。

ただ日常的に使うには重すぎると感じています。理由は、11 Pro Maxの重さが自分には合わなかったからです。

似たような重さのGalaxy S20 Ultraは、自分には向いていないような気がしています。このあたりは向き不向きもあると思います。

大画面&動画推しなのにイヤホンジャックがない?

大画面&動画推しなのにイヤホンジャックがない

Galaxy S20 Ultraを含むS20シリーズはイヤホンジャック非搭載になりました。そのため、Type-Cの変換アダプタを利用してイヤホンを使うか、ワイヤレスイヤホンでの音楽・動画視聴になります。

現状バッテリー持ちがどのぐらいなのか、実際に使っていないのでなんとも言えないですが、バッテリー持ち次第では有線での動画視聴は同時に充電できなかったり不便な場面はあるのかもしれません。

ワイヤレス充電には対応しているので、変換アダプタで有線イヤホン使いながら、最悪置きながらの充電は可能となっています。

Galaxy S20/S20+/S20 UltraとS10シリーズの違いは?

Galaxy S20/S20+/S20 UltraとS10シリーズの違いは

ちえほん
タブをクリックすると切り替えができます!





Galaxy S20

機種名 Galaxy S20 Galaxy S10
本体サイズ
(縦×幅×厚さ)
151x69.7x7.9mm 150×70×7.8mm
重量 163g 158g
ディスプレイ 6.2インチ
有機EL
解像度(1440x3200)
120Hz
6.1インチ
有機EL
解像度(1440x3040)
CPU(SoC) Snapdragon 865 Snapdragon 855
メモリ(RAM) 8GB/12GB 8GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB 128GB
外部ストレージ 最大1TB 最大512GB
メインカメラ トリプルカメラ
1,200万画素(広角)
6,400万画素(望遠)
1,200万画素(超広角)
トリプルカメラ
1,200万画素(広角)
1,200万画素(望遠)
1,600万画素(超広角)
サブカメラ 1,000万画素(広角) 1,000万画素(広角)
バッテリー 4,000mAh 3,300mAh
防水・防塵 IP68 IP68
本体カラー コスミックグレー
クラウドブルー
クラウドピンク
クラウドホワイト
プリズムホワイト
プリズムブラック
プリズムブルー
その他 45W急速充電
ワイヤレス充電
ステレオスピーカー
顔認証
超音波式指紋認証
イヤホンジャック非搭
ワイヤレス充電
ステレオスピーカー
顔認証
超音波式指紋認証
イヤホンジャック搭載

Galaxy S20+

機種名 Galaxy S20+ Galaxy S10+
本体サイズ
(縦×幅×厚さ)
161x73.7x7.8mm 158×74×7.8mm
重量 186g 175g
ディスプレイ 6.7インチ
有機EL
解像度(1440x3200)
120Hz
6.4インチ
有機EL
解像度(1440x3040)
CPU(SoC) Snapdragon 865 Snapdragon 855
メモリ(RAM) 8GB/12GB 8GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB/512GB 128GB
外部ストレージ 最大1TB 最大512GB
メインカメラ クアッドカメラ
1,200万画素(広角)
6,400万画素(望遠)
1,200万画素(超広角)
TOF 3D
トリプルカメラ
1,200万画素(広角)
1,200万画素(望遠)
1,600万画素(超広角)
サブカメラ 1,000万画素(広角) デュアルカメラ
1,000万画素
800万画素
バッテリー 4,500mAh 4,000mAh
防水・防塵 IP68 IP68
本体カラー コスミックグレー
クラウドブルー
クラウドホワイト
オーラレッド
プリズムホワイト
プリズムブラック
プリズムブルー
プリズムグリーン
その他 45W急速充電
ワイヤレス充電
ステレオスピーカー
顔認証
超音波式指紋認証
イヤホンジャック非搭載
ワイヤレス充電
ステレオスピーカー
顔認証
超音波式指紋認証
イヤホンジャック搭載

Galaxy S20 Ultra

機種名 Galaxy S20 Ultra
本体サイズ
(縦×幅×厚さ)
166.9x76x8.8mm
重量 約220g
ディスプレイ 約6.9インチ
有機EL
解像度(1440x3200)
CPU(SoC) Snapdragon 865
メモリ(RAM) 12GB/16GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB/512GB
外部ストレージ microSDカード対応
メインカメラ クアッドカメラ
1億800万画素(標準)
ペリスコープ4,800万画素(望遠)
1,200万画素(超広角)
TOF 3D
サブカメラ 4,000万画素
バッテリー 5,000mAh
防水・防塵 IP68
本体カラー コスミックグレー
コスミックブラック
その他 45W急速充電
ワイヤレス充電
ステレオスピーカー
顔認証
超音波式指紋認証
イヤホンジャック非搭載

疑問① Galaxy S20とS10は大きな進化をあまり感じない?

Galaxy S20は、最新のCPUや大容量バッテリーを搭載したことでよりパワフルで長持ちバッテリーが実現しています。ただ、スペック上ではS10からの大幅アップデートという感じはあまりしません。

むしろ、イヤホンジャックが廃止されているのは正直残念に感じました。Galaxy S20とS10を迷っているのであれば、価格的にもS10を購入する選択肢も十分あると思います。

Galaxy S10を使って感じたメリット・デメリット(良い点・悪い点)【使用感レビュー】

続きを見る

疑問② S20+を買うならS20 Ultraを買うべき?

Galaxy S20+については、S10+よりもカメラがしっかり強化された印象で魅力を感じますが、上位モデルS20 Ultraのスペックをみる限りカメラスペックを考えるならS20+を選ぶメリットはあまりなさそうです。

S20 Ultraは、去年のP30 Proを超える望遠を含むクアッドカメラを搭載しています。また、話題の1億800万画素(標準)ペリスコープ4,800万画素(望遠)を利用した光学10倍、デジタル100倍ズーム魅力です。

サイズ感や価格的に許容範囲であれば、Galaxy S20 Ultraを買ったほうが今までにない変化を楽しめるはずです。

Galaxy S20/S20+/S20 Ultraの価格まとめ(S10と価格比較)

Galaxy S20/S20+/S20 Ultraの価格まとめ

Galaxy S20/S20+/S20 Ultraの価格を確認しておきましょう。

Galaxy S20/S20+/S20 Ultraの価格

  • Galaxy S20 (8GB/128GB): 899ユーロ(約107,751円)
  • Galaxy S20 5G (12GB /128GB): 999ドル(約109,638円)
  • Galaxy S20+ (8GB/128GB): 999ユーロ(約119,619円)
  • Galaxy S20+ 5G (12GB/128GB): 1199ドル(約131,602円)
  • Galaxy S20 Ultra 5G (12GB/128GB): 1399ドル(約153,568円)
  • Galaxy S20 Ultra 5G (16GB/512GB): 1549ユーロ(約185,709円)

ここで去年のGalaxy S10シリーズの価格もチェックしておきましょう。以下にまとめてみました。

Galaxy S10シリーズの価格

  • Galaxy S10(8GB / 128GB) - 899ドル(日本円で約99,600円)
  • Galaxy S10(8GB / 512GB) - 1149ドル(日本円で約127,369円)
  • Galaxy S10+(8GB / 128GB) - 999ドル(日本円で約110,729円)
  • Galaxy S10+(8GB / 512GB) - 1249ドル(日本円で約138,439円)
  • Galaxy S10+(12GB / 1TB) - 1599ドル(日本円で約177,233円)

Galaxy S20シリーズはS10シリーズから値上げ!?

去年のS10シリーズと価格を比較すると、わずかではありますが価格が値上げされています。今年は国内でも「5G」が始まりますが、5Gモデルは約数万円高くなると見ていた方が良いかもしれませんね。

サムスンでは、引き続き「4G」モデルの販売も行われるのでそちらの値上げはそこまで大きくないので、価格を考えて少しでも安く買いたいなら4Gの方が良いかもしれませんね。

日本国内では、「4G」モデルと「5G」モデルどちらか一方だけの取り扱いなのか、S20/S20+は4G、S20 Ultraのみ5Gのような売り方になるのか注目していきたいですね。

結論:どれも欲しい!

どれも欲しい!

個人的には、ダントツGalaxy S20 Ultraがおすすめ!だと言い切りたいのですが、実は唯一Galaxy S20/S20+が気になっている理由があります。

それは、Sシリーズでは久しぶりとなるエッジディスプレイではなくほぼフラットディスプレイ(S10e並のフラットさがあるみたい)が採用されているからです。

ほぼフラットディスプレイなら、誤タッチもなく快適に使えるそこに魅力を感じずにはいられません。みなさんはどれを買いますか?コメント・感想お待ちしています。

というわけで、Galaxy S20シリーズどれも欲しい!

逆に新機種が発表されて安くなるGalaxy S10シリーズを狙っている方は以下の記事も是非チェックしてみてね!


最新「Galaxy S10+」を実機レビュー:開封から外観レビューまでを一挙大公開!【写真36枚記載】

続きを見る

\ シェアする /

スポンサーリンク


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

-スマートフォン
-

Copyright© モバイルドットコム , 2020 All Rights Reserved.