スマートフォン

Galaxy S21+ 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

更新日:

Galaxy S21 Plus 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

Galaxy S21+(Plus) 5Gの実機レビュー!どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

Samsung(サムスン)の最新5G対応フラッグシップモデル「Galaxy S21+(ギャラクシーエストゥエンティーワンプラス)」。大画面6.7インチ(有機EL)×リフレッシュレート最大120Hz対応、高性能なCPU「Snapdragon 888」搭載、使いやすいトリプルカメラを備えています。

Galaxy S21+の国内モデルは、auから登場。価格は、138,730円税込です。

個人的なGalaxy S21+の評価

久しぶりのフラットディスプレイ採用や旧モデルよりも安定したバッテリー持ちが魅力な一台です。今回はそんな「Galaxy S21+」を実際に使って感じた良いところ、悪いところについて、すべて正直にお伝えしていきます。

▼YouTube動画でもGalaxy S21+(Plus) 5Gの実機レビューを行っているので、合わせてチェックしてみてくださいね!

YouTube video

個人的なGalaxy S21+の評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★★
携帯性 ★★★★☆
ゲーム性能 ★★★★★
画面表示&綺麗さ ★★★★★
バッテリー持ち ★★★★★
スピーカー ★★★☆☆
カメラ ★★★★☆

本記事では、Galaxy S21+(Plus)を外観・デザイン、カメラ、スペック性能やゲーム・アプリ動作、指紋認証・顔認証の快適さ、バッテリー持ち、スピーカーの音質、使って感じたメリット・デメリット(良いところ、悪いところ)、口コミ・評判などを含め使用感レビューをして評価していきます。

Galaxy S21+の外観・デザインをレビュー

GalaxyS21Plusの外観・デザインをレビュー

Galaxy S21+の外観・デザインをチェックしていきます。パッケージデザインは上記の通りです。今年から付属品が削られたことで、従来モデルよりもコンパクトな外箱になっています。

付属品は、Galaxy S21+本体、USB Type-Cデータケーブル、SIMピン、クイックスタートガイド。ディスプレイには保護シート装着済み、純正ケースは付いてこないので事前に用意しておきましょう。

Galaxy S21+のディスプレイサイズは約6.7インチ(有機EL)、解像度は2400x1080(FHD+)、リフレッシュレート最大120Hzに対応。大きな変更点としては、エッジディスプレイからフラットディスプレイになったことです。

以前よりも持ちにくくはなりましたが、誤タッチ激減かつ保護フィルムも選びやすくなりました。最大解像度は旧モデルよりも落ちていますが、色味も鮮やかで明るさも十分、多くのユーザーは日常使いで不満に感じることはないでしょう。

ディスプレイ中央上部にパンチホール型ノッチを備え、画面上には引き続き物理ボタンはなし。6.7インチのフラットフルスクリーンを存分に活かすことができるので、ゲームや動画にも最適です。

背面デザインは、左上に「トリプルカメラ」、下部に「Samsung」と刻まれています。(※レビュー機は海外版です。)カメラ部分がメタルフレームと一体化しているようなデザインで、カメラの出っ張りはSIMカード約2分程度で気になるほどではありませんでした。

Galaxy S21+の国内版は、ファントムブラック、ファントムシルバーの2色展開です。この他に、海外モデルではファントムバイオレット、ファントムピンク、ファントムゴールド、ファントムレッドも存在しています。

今回レビューしているのは、大人な雰囲気漂う「ファントムバイオレット」。Galaxy S21+の背面にはガラス素材を使用しているので、手にとってもわかる高級感がしっかりあります。

また、マットな仕上がりで表面はサラサラしているので指紋が付きにくいのも嬉しいポイントでした。

右側面には、「音量ボタン」、「電源ボタン」

右側面には、「音量ボタン」、「電源ボタン」

左側面には、「ボタン類はありません」

左側面には、「ボタン類はありません」

下部側面に「SIMスロット」、「マイク」、「Type-Cコネクタ」、「スピーカー」

下部側面に「SIMスロット」、「マイク」、「Type-Cコネクタ」、「スピーカー」

SIMピンが必要なタイプのSIMスロット採用。(※SIMピンは付属)ちなみに、microSDは非対応です。側面下部にはステレオスピーカー搭載で音については、後述。

上部側面には、「マイク」

上部側面には、「マイク」

本体サイズは、約161.5x75.6x7.8mm、重さは約200g。S20+は約161.9x73.7x7.8mm、重さ約186gだったので、縦に小さく横幅は大きくなって、重さが約14g重くなっています。

Galaxy S21+を実際に持ってみました。フラットディスプレイになったことで、横幅が大きくなって手へのフィット感は落ちましたが、6.7インチとは思えない持ちやすさが絶妙です。

片手操作については、手の大きさは普通の僕がツイッター起動から投稿までを片手操作だけで完了可能。上部表示されるボタン類がやや押しづらいです。このあたりは個人差もあると思うので、ぜひ実機に一度触れてみることをおすすめします。

Galaxy S21+のスペック性能をレビュー

Galaxy S21+のスペック性能をレビュー

Galaxy S21+のスペック性能を表やベンチマーク計測してレビューしていきます。

Galaxy S21+のスペック表

Galaxy S21+のスペック・性能以下にまとめてみました。(※参照:Samsung公式ページ

スペックを見る(タップで表示)

スペック Galaxy S21+
型番 SCG10
発売日 2021年4月22日
OS Android 11(初期OS)
CPU Snapdragon 888
RAM 8GB
ストレージ 128GB / 256GB
外部ストレージ 非対応
本体サイズ 約161.5x75.6x7.8mm
重量 約200g
画面サイズ 約6.7インチ
ディスプレイ解像度 2400x1080(FHD+)
液晶の種類 有機ELディスプレイ
リフレッシュレート 最大120Hz
バッテリー 4800mAh
背面カメラ トリプルカメラ
約1200万画素(広角)
約1200万画素(超広角)
約6400万画素(望遠)
前面カメラ シングルカメラ
約1000万画素(標準)
防水/防塵 IP68
ワンセグ/フルセグ ×
緊急速報
指紋認証
顔認証
おサイフケータイ
Sペン対応 ×
ワイヤレス充電
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth Bluetooth 5.0
スピーカー ステレオスピーカー
充電端子 Type-C
カラー ファントムバイオレット
ファントムブラック
ファントムシルバー
ファントムピンク
ファントムゴールド
ファントムレッド

Galaxy S21+のベンチマークスコア

Galaxy S21+のベンチマークスコアを検証しました。参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark」の測定結果を下記に記載しておきます。

▼Galaxy S21+

▼Galaxy S20+

Snapdragon 888搭載「Galaxy S21+」のAntutu Benchmarkスコアは「702396点」。手元にあるGalaxy S20+(Exynos搭載機)は、「521810点」でした。搭載CPUが異なるため、あまり参考にはならないかもしれませんがスコア自体はしっかり伸びています。

肝心の動作については、タッチ操作やスクロールなどの動作レスポンス、アプリの起動や切り替えなどを含めすべてが快適そのものです。また、一般的な電話、メール、ウェブブラウジング、SNSなどについても全く問題ありません。

Galaxy S21+のスペックまとめ

Galaxy S21+のスペックまとめ

Galaxy S21+は同シリーズの中で最もちょうどよい大画面ハイエンドモデル。ゲームがしやすいフラットディスプレイ、高性能なCPU「Snapdragon 888」や万能なトリプルカメラ、安定したバッテリー持ちも魅力です。

また、指紋認証・顔認証搭載、安心のIP68防水防塵やワイヤレス充電などにもしっかり対応しています。

大画面かつ安定したバッテリー持ち、重さのバランスにすぐれたハイエンド機がほしいという人にこそ「Galaxy S21+」はおすすめです。

Galaxy S21+のゲーム・アプリ動作をチェック

Galaxy S21+でゲームやアプリの動作を確認します。

Galaxy S21+でモンストの動作チェック

Galaxy S21+でモンストの動作チェック

Galaxy S21+でモンストの動作チェックをしていきます。結果は、"快適に遊べる"でした。

モンストは比較的軽いゲームなので、Galaxy S21+では問題なく楽しむことが可能です。

長時間遊んでいても気になる発熱もなく、バッテリー持ちも安定しています。

Galaxy S21+でポケモンGOの動作チェック

Galaxy S21+でポケモンGOの動作チェック

Galaxy S21+でポケモンGOの動作チェックをしていきます。結果は、"快適に遊べる"でした。

重い3Dゲームですが、Galaxy S21+ならポケモン出現時や戦闘など含め安定して遊ぶことが可能です。

また、流石に長時間遊んでいるとある程度の発熱はありますが、バッテリー持ちは安定していました。

Galaxy S21+でPUBGモバイルの動作チェック

Galaxy S21+でPUBGモバイルの動作チェック

Galaxy S21+で、PUBGモバイルの動作を確認していきます。結果は、"快適に遊べる"でした。

グラフィックは、「FHD」で「ウルトラ」まで選択でき、「スムーズ」は「極限」まで選ぶことが可能です。

動作については、全く問題なく快適。こちらも約30分のプレイで本体はある程度の発熱はありましたが、異常な熱さになることはなく安定していました。

Galaxy S21+で使える通信キャリアをチェック

Galaxy S21+で使える通信キャリアをチェック

Galaxy S21+で使える通信キャリアをチェックしておきましょう。

機種名 Galaxy S21+(香港版)
対応バンド 4G:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/18/19
/20/25/26/28/34/38/39/40/41
5G:N1/N5/N41/N78/N79

Galaxy S21+の国内版は、5G通信、4G LTE通信、WiMAX 2+に対応。詳しいバンド詳細は公表後記載します。

海外モデルは、国内の幅広いバンドに対応しています。5G通信にも対応済みで、販売国によってミリ波対応有無が異なるので注意しておきましょう。

▼以下に国内主要キャリアのバンドをまとめておきました!

バンド周波数帯 ドコモ au ソフトバンク/ワイモバイル 楽天モバイル
Band1
Band3
Band8
Band11
Band 18/26
Band19/26
Band21
Band28
Band41
Band42

ドコモは、Band 1 / Band 3 / Band 19/26。山間部などで使うことがない場合は最悪、Band 19がなくても大丈夫です。auで使うなら、Band 1 / Band 18/26は抑えておきましょう。

ソフトバンクとワイモバイルで使うなら、Band 1 / Band 3 / Band 8の対応は必須。楽天モバイルは、Band 3 / Band 18。パートナーエリアで利用したいならBand 18も必須です。

Galaxy S21+のカメラをレビュー

Galaxy S21+のカメラをレビュー

Galaxy S21+のカメラをレビューしていきます。

Galaxy S21+のカメラ・動画撮影性能をチェック

Galaxy S21+はトリプルカメラを搭載しています。カメラ構成を以下にまとめました。

1200万画素 広角レンズ / F値1.8
1200万画素 超広角レンズ / F値2.2
6400万画素 望遠レンズ / F値2.0

カメラ構成は、1200万画素の広角レンズ(F値1.8)、1200万画素の超広角レンズ(F値2.2)、6400万画素の望遠レンズ(F値2.0)の3眼構成です。

1000万画素 インカメラ / F値2.2

インカメラは、1000万画素F値2.2のシングルカメラとなっています。

動画撮影性能は以下にまとめました。

8K 撮影 24fps
4K 撮影 30fps/60fps
1080p 撮影 30fps/60fps
1080pスローモーション撮影
720p スローモーション撮影

Galaxy S21+では、初めてスーパー手ブレ補正オン時でも1080p(FHD) 60fpsで撮影可能になりました。ちなみに、8K(7680x4320)の24fpsでの撮影もできます。

Galaxy S21+のカメラ・動画撮影モード対応可否

Galaxy S21+で利用できるカメラ・動画撮影モード対応可否を以下にまとめました。

ナイトモード
ポートレートモード
マニュアルモード
ハイパーラプス
ディレクターズビュー
シングルテイク
スーパースローモーション

Galaxy S21+のナイトモードは広角と超広角に加え、望遠(最大10倍まで)でも利用可能です。また、一度の撮影で静止画や動画などをまとめて撮れる「シングルテイク」やインカメラとアウトカメラを同時に使いワイプ撮影ができる「ディレクターズビュー」機能も使えます。

Galaxy S21+のカメラで撮影した作例

今回は、僕がGalaxy S21+のカメラを魅力に感じた点を含め、作例を交えてご紹介していきます。

※タップして拡大出来ます。
日中

▼Galaxy S21+の広角カメラで撮影

↓左がGalaxy S21+、右がS20+

▼Galaxy S21+の超広角カメラで撮影

↓左がGalaxy S21+、右がS20+

▼Galaxy S21+の望遠光学3倍で撮影

↓左がGalaxy S21+、右がS20+

▼Galaxy S21+のデジタルズーム10倍で撮影

▼Galaxy S21+のデジタルズーム30倍で撮影

↓左がGalaxy S21+、右がS20+

接写・その他

▼接写撮影

▼その他

夜景・暗所

▼広角カメラでオート撮影

↓左がGalaxy S21+、右がS20+

▼広角カメラでナイトモード撮影

↓左がGalaxy S21+、右がS20+

▼超広角カメラでオート撮影

↓左がGalaxy S21+、右がS20+

▼超広角カメラでナイトモード撮影

↓左がGalaxy S21+、右がS20+

Galaxy S21+のバッテリー持ちをチェック

Galaxy S21+のバッテリー持ちについては、同価格帯スマホと比べても"十分良い"という結果になりました。

機内モードオンで、Wi-Fiのみオンにした状態でYouTubeを流し続け、1時間おきにバッテリー残量を計測するテストを行った結果は以下のとおりです。※テスト環境、条件により差が出る場合があるので注意してください。

バッテリー持ち検証

機種名 0時間経過 1時間経過 2時間経過 3時間経過
Galaxy S21+ 100% 95% 91% 86%
Galaxy S21 100% 94% 88% 82%
Galaxy S21 Ultra 100% 95% 90% 85%
Galaxy S20+ 100% 92% 85% 78%
iPhone 12 100% 96% 88% 81%
Google Pixel 5 100% 97% 92% 86%
Xperia 1 II 100% 88% 80% 71%

単純にYouTube動画を流すだけであれば、Galaxy S21シリーズの中で最もバッテリー持ちが良いのは「Galaxy S21+」という結果になりました。

僕が実際に使ってみたところ、朝から晩までSNSと動画視聴中心に利用してもバッテリー残量は58%程度。日常使いをすると、S21 Ultraとほぼ同等並みの電池持ちでした。

もちろん使う環境や使い方にもよりますが、一般的な電話、メール、Web検索などが中心の使い方であればまず不満が出ることはないでしょう。

Galaxy S21+の指紋認証と顔認証をチェック

Galaxy S21+は、超音波式画面内指紋認証と顔認証に対応しています。

Galaxy S21+の画面内指紋認証テスト

Galaxy S21+の画面内指紋認証テスト

早速、超音波式画面内指紋認証を試してみました。従来モデルより精度が高くなったので失敗が激減、少しズレていても速度認証できるので便利です。

ちなみに、指が水で濡れていたり、乾燥している状態でも通常よりも精度は落ちますが、認証できました。

Galaxy S21+の顔認証テスト

Galaxy S21+の顔認証テスト

次に、顔認証を試していきましょう。認証速度は高速、メガネをかけていても認証可能です。

ただし、高セキュリティな3D顔認証ではなく2D認証のため、画面内指紋認証と組み合わせて利用することをおすすめします。

Galaxy S21+のスピーカー(音質)をチェック

Galaxy S21+は、ステレオスピーカーを搭載。肝心の音については、十分クリアでハイエンド機らしい音が楽しめます。

▼Galaxy S21+のステレオスピーカーの音はこちら!

フリー音源 Song: Zero Venture - Point Of View (feat. Cadence XYZ) Link: https://youtu.be/EnarUjBnLXw Music promoted by FMW. Released by Mind Resurgence.

実際に様々な"音"をGalaxy S21+から出して検証してみましたが、ステレオスピーカーによる音の広がりや臨場感は十分であるものの、S20+よりもやや音がこもりがちでした。

とはいえ、他社ハイエンド機と比べても十分クリアで良い"音"は出せています。音に関しては、好みもあるので購入前にチェックしてみるのがおすすめです!

Galaxy S21+のメリット(良いところ)

GalaxyS21Plusのメリット(良いところ)

Galaxy S21+を実際に使ってみて感じたメリットをチェックしていきます。

ココがメリット(良い点)


⭕S21シリーズの中で最もバランスが良い一台
⭕デザインが良い!背面ガラス仕様で高級感がある!
⭕可変式リフレッシュレート最大120Hz対応!
⭕ゲームメインもOK!不満のない動作レスポンスで快適!
⭕誰でも使いやすいトリプルカメラが魅力!
⭕安定したバッテリー持ち!1日は余裕な電池持ち!
⭕安心のIP68防水防塵に対応!
⭕指紋認証の精度向上は神すぎる!失敗しなくなった!

以上が、Galaxy S21+を使って感じた良いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

ゲームや動画鑑賞にも最適!大画面×フラットディスプレイ◎

Galaxy S21+は、大画面かつ使いやすさを感じる絶妙なデザイン設計です。

使ってみて感じるのは、ゲームや動画鑑賞に最適でフラットディスプレイなので見やすさもあります。

S21 Ultraよりも重さを感じないので、ちょうどよい使いやすいギリギリのサイズ感と重さを求めている人におすすめです。

誰でも使いやすいトリプルカメラが魅力!

Galaxyシリーズらしい誰が手にとっても綺麗に写真を撮れる一台です。

S20シリーズではこってりとした濃いめの色味でしたが、Galaxy S21+はだいぶ違和感なく調整されています。

暗所やポートレート撮影も万能にこなせる一台。従来モデルから大幅な性能向上はないものの、安定して綺麗な写真を撮れます。

指紋認証の精度向上は神すぎる!

従来モデルから最も改善したポイントは、超音波式画面内指紋認証の精度が大幅に向上したことです。

セキュリティ的には他社の光学式より優れているものの、どうしても認証精度がイマイチと感じることがありました。

Galaxy S21+を含む、S21シリーズではセンサーが向上したことで、少しズレていたり、指が乾燥していても認証できるようになったのでストレスなく利用できているのが嬉しいポイントです。

Galaxy S21+のデメリット(悪いところ)

GalaxyS21Plusのデメリット(悪いところ)

Galaxy S21+を実際に使ってみて感じたデメリットをチェックしていきます。

ココがデメリット(悪い点)


❌カメラ性能の大幅向上はなし!
❌ステレオスピーカーの音がやや物足りない
❌microSD非対応などの細かなスペックダウン
❌付属品が大幅に削減されている

以上が、Galaxy S21+を使って感じた悪いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

カメラ性能の大幅向上はなし!

Galaxy S21+は色味の改善はされているものの、正直カメラ性能に大幅な進化を感じることはできません。

もしも、カメラ性能重視であれば最上位モデルを選ぶべきです。

今年のGalaxy S21+は、従来モデルのままコスパに振っている感じです。そのため、合う合わないはあるように感じました。

ステレオスピーカーの音がやや物足りない!

Galaxy S21+はエッジディスプレイからフラットディスプレイになったことで、ステレオスピーカーの音がやや変化した感じです。

もちろん、他社の同価格帯ハイエンド機と比べて遜色はないのですが、従来モデルよりもやや音がこもっているように聴こえました。

音のクリアさを求めている人は、一度実機確認してみるのがおすすめでしょう。

microSD非対応などの細かなスペックダウン!

Galaxy S21+は、従来モデルよりもコスパを優勢しているため大幅なスペックアップはありません。

逆に、価格を抑えるためにmicroSD非対応や解像度の低下、ToFカメラの廃止など一部スペックダウンしているのが惜しいポイントです。

その分、価格を下げて手が届きやすいハイエンド機となりました。ハマる方には、ハマる一台です。

Galaxy S21+の口コミ・評判をチェック

GalaxyS21Plusの口コミ・評判をチェック

Galaxy S21+の口コミ・評判を以下に集めてみました。

女性

選べるカラバリは素敵です!私には少し重く感じましたが、大画面で動画鑑賞には良いですね!防水対応なのも嬉しいです♪(椿さん)

ちえほん
Galaxy S21+の口コミコメントを大募集!もし良かったらコメント欄への投稿をお待ちしています。

Galaxy S21+の評価まとめ

GalaxyS21Plusの評価まとめ

価格と性能のバランス、加えて安定性に優れたハイエンド5G対応Galaxyシリーズを探している方は、Galaxy S21+がおすすめな一台です。

個人的なGalaxy S21+の評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★★
携帯性 ★★★★☆
ゲーム性能 ★★★★★
画面表示&綺麗さ ★★★★★
バッテリー持ち ★★★★★
スピーカー ★★★☆☆
カメラ ★★★★☆

Galaxy S21+は、S21シリーズの中で最もバランスに優れています。大画面で見やすいディスプレイ、快適動作を実現したCPU「Snapdragon 888」、使いやすいトリプルカメラを備えた一台です。

ただし、従来モデルからスペック・仕様が一部削られている部分もあるため、自分に合っているかどうかは購入前に必ず確認しておきましょう。

良いところ、悪いところはどんなスマホも必ずあります。より自分に合った一台を選んでいきましょう。ぜひ、Galaxy S21+も一度チェックしてみてください!

ちえほん
質問等ありましたら、是非コメントお待ちしております。

Galaxy S21+の価格とお得に買う方法

GalaxyS21Plusの価格とお得に買う方法

Galaxy S21+を買うならオンラインショップでの購入がおすすめ!海外版の販売価格は以下の通りです。(国内版については、現状未定)

Galaxy S21+の販売価格(参考価格)

  • au : 138,730円(税込)
  • イオシス : 119,800円(税込)
  • ETOREN : 114,600円(税込)

Galaxy S21+の販売価格は上記のとおり。国内モデルは、auから購入可能でおサイフケータイ対応です。現在、最大2.2万円割引キャンペーンも行われています。

どうせ買うなら、少しでもお得にオンラインで!ぜひ、一度チェックしてみてください!

\ この記事をシェアする /

  • この記事を書いた人

ちえほん

スマートフォンを専門に取り扱うブログ+YouTubeチャンネルを運営。実際に使って感じたことを正直にお伝えします!Real Soundなど国内メディア等への寄稿やYahoo!JAPANクリエイターズプログラムでも活動中。詳しいプロフィールはこちら


  1. チャーリー より:

    いつもYouTube拝見させて頂いてます。
    先日、GALAXY A52 5Gが発表されたと思いますが
    実際の所S21プラスとの違いはどこでしょうか?
    本当はS21 ULTRAが欲しかったのですが、auから発売されず・・・ (今の機種を変えとくプログラムで購入したので、docomoでは買えない。)
    両機種とも画面サイズは大差ない様子、120Hzにも対応しているし、カメラ性能も同じようだし、CPUだけの違いならばA52 5Gを待ちたいと思います。
    細かな違い(ベゼル幅やカメラ性能やスピーカー その他)を教えていただければ幸いです。
    S21プラスを購入するなら発売までに予約をしたらイヤホン付属の特典もあるので、非常に悩んでいます。
    基本カメラ性能で選んでいます。

    • ちえほん より:

      コメントありがとうございます。YouTubeも見ていただきとても嬉しいです^^A52を実際に使用していないこともあり、大変申し訳ありませんが正確なご回答はできません。あくまで、スペック上のお話をさせていただきますのでご了承くださいませ。

      まず、CPUにはついてはS21+の方が明らかに良いです。とはいえ、ゲームなどをガンガンしない限りは気にしなくても....!

      気になるカメラについては、A52の方がレンズが多いのですが、レンズが多い=綺麗に撮れるではないので、どこまでやれるのかについては僕も使っていないので分かりません。ただ、経験上から言うのであれば、現状ハイミドルでハイエンドには勝てるカメラを搭載しているのはまだまだ少ない(Pixel 5のような例外除く)です。

      現状、国内投入されるかどうかも決まっていないので、まずそこは待てるのか、海外版を購入するのかでも変わってくるように思います。国内投入されるのはおそらく夏以降(秋ですかね...?)、そうなってくると機種変更時期への影響等々も出てくると思うので、一度そのあたりも含め考えてみるといいかもですね。

      • チャーリー より:

        有難うございました!
        4眼イコール高画質ではないのですね。
        大変参考になりました。
        ギリギリまで悩んでみます。

  2. しゅんしゅん より:

    S21+になると背面がプラスチックではなくガラス(普通の)になるんですよね?標準のs21だけがプラスチック背面になるということと画面サイズが大きいので標準にしようか迷ってたんですけどs21+にします!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

-スマートフォン
-

© 2021 モバイルドットコム