アップル「iPhone X」生産遅延理由はFace ID用のカメラが原因か

スポンサーリンク


アップルは、今月「iPhone X」を含む新型iPhoneの発表を行いました。最上位モデルにあたる「iPhone X」は、発売が大幅に遅れて11月3日に発売が開始される予定になっています。

今回は、何故そんなに発売が遅れているのかという理由についての情報が伝えられています。今回「iPhone X」生産が遅れている最大の原因はどうやら「Face ID」を可能にする「TrueDepth」というカメラが原因である可能性があるようです。

どうやらサムスンの顔認識用カメラよりも複雑な作りになっているようで、量産するのが難しくなっているようです。

すでに、大手メディアでも「iPhone X」は当面の間深刻な在庫不足に見舞われると伝えられていることもあり、早く欲しい方は何としても予約開始と同時に予約する必要がありそうですね。

ソース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

最新!話題のコスパスマホ!
ASUS ZenFone 4 ZE554KL! デュアルカメラ搭載でさらに使いやすくなった「ZenFone 4」の使ってみて分かった良いところ・悪いところ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!