スマートフォン

iPhone 12 実機レビュー |使って感じたメリット・デメリットと評価!

更新日:

iPhone 12 実機レビュー |使って感じたメリット・デメリットと評価!

iPhone 12の使用感レビュー!どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

Apple(アップル)の最新モデル「iPhone 12」。刷新されたデザイン、高性能CPU「A14 Bionic」、大画面6.1インチ(有機EL)で162gという魅力的な軽さ、使いやすいデュアルカメラ(広角+超広角)搭載スマホです。

電子決済ができるApple Payや安心のIP68防水防塵など、"ほしいものがすべてここにある"そんな一台。今回は、そんなiPhone 12を使って感じる良いところ、悪いところについて、すべて正直にお伝えしてきます。

個人的なiPhone 12の評価

個人的なiPhone 12の評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★★☆
ゲーム性能 ★★★★☆
画面表示&綺麗さ ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★★★
スピーカー ★★★★★
カメラ ★★★★☆

本記事では、iPhone 12を外観・デザイン、カメラ、スペック性能やゲーム・アプリ動作、指紋認証・顔認証の快適さ、バッテリー持ち、スピーカー(音質)、使って感じたメリット・デメリット(良いところ、悪いところ)、口コミ・評判などを含め使用感レビューをして評価していきます。

iPhone 12の外観・デザインをレビュー

iPhone 12の外観・デザインをチェックしていきます。

iPhone 12のパッケージデザイン

パッケージデザインは上記のとおりです。相変わらず、シンプル。「iPhone 12」の外観デザインが描かれています。付属品も変わり、今までのパッケージより格段に小さいです。

iPhone 12の付属品

付属品は、USB-C – LightningケーブルとSIMピン、ロゴシールなど。今回からEarPods&電源アダプタ同梱はないので注意が必要です。

約6.1インチSuper Retina XDRディスプレイ

ディスプレイサイズは、約6.1インチSuper Retina XDRディスプレイ(有機EL)、解像度は2,532 x 1,170を採用。iPhone 12シリーズは全機種有機EL対応で、上位下位に差はなく、鮮やかで美しい画面を楽しむことができるのは魅力的です。

ディスプレイ中央に従来モデルと同様にノッチを採用。物理ボタンはなくフルスクリーンで画面を広く使うことが可能です。

背面デザインは、左上に「デュアルカメラ」、中央に「Apple」ロゴがあります。それ以外に型番等の表記もなく、シンプルな背面デザインです。

iPhone 12は、ブラック、ホワイト、(PRODUCT)RED、グリーン、ブルーの5色展開です。

今回購入したのは、ブラック。背面はガラス仕様で、色味はポップな黒という印象で、個人的にはかなり気に入っています。ただ、指紋やホコリが付きやすいのが唯一の悩みです。

右側面には、「電源ボタン」

右側面には、「電源ボタン」

左側面には、「マナーボタン」、「音量ボタン」、「SIMスロット」

左側面には、「マナーボタン」、「音量ボタン」、「SIMスロット」

SIMピンが必要なタイプのSIMスロットなので、開閉時は注意が必要です。(※SIMピンは付属しています。)

下部側面に、「マイク」、「Type-Cコネクタ」、「スピーカー」

下部側面に、「マイク」、「Lightningコネクタ」、「スピーカー」

旧モデルと同様に、イヤホンジャックは非搭載です。ちなみにスピーカーは、ステレオスピーカーを採用しています。

上部側面には、アンテナラインのみで他にはなにもありません。

上部側面には、アンテナラインのみで他にはなにもありません

本体サイズは約146.7x71.5x7.4mm(高さ×幅×厚さ)、重さは約162g。iPhone 11は約194gだったので、iPhone 12は約32g軽くなりました。

iPhone 12を実際に持ってみると分かりますが、11シリーズと比較するとホント"軽い"。数字以上に手にとった瞬間の印象が全く違いました。アクセサリー類をすべて付けても今使っている11 Proよりも軽いのは、結構衝撃的でした。

長時間操作や片手で使うことも問題なく可能で、手の大きさは普通の僕がツイッター起動から投稿までを片手操作だけで完了できました。ただこのあたりは、ぜひ実機に一度触れてみることをおすすめします。

iPhone 12のスペック性能をレビュー

iPhone 12のスペック性能をレビュー

iPhone 12のスペック性能を表やベンチマーク計測してレビューしていきます。

iPhone 12のスペック表

iPhone 12のスペック・性能以下にまとめてみました。(※参照:Apple公式ページ

スペックを見る(タップで表示)

スペック iPhone 12
発売日 2020年10月23日
OS iOS14(初期OS)
CPU A14 Bionic
RAM 4GB
ストレージ 64GB/128GB/256GB
外部ストレージ 非対応
本体サイズ 約146.7x71.5x7.4mm
重量 約162g
画面サイズ 約6.1インチ
ディスプレイ解像度 2,532x1,170
液晶の種類 有機ELディスプレイ
バッテリー 2,815mAh
背面カメラ デュアルカメラ
1200画素(広角)
1200万画素(超広角)
前面カメラ シングルカメラ
約1200万画素(標準)
防水/防塵 IP68
ワンセグ/フルセグ ×
緊急速報
指紋認証 ×
顔認証
Apple Pay
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth Bluetooth 5.0
スピーカー ステレオスピーカー
充電端子 Lightningコネクタ
カラー ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED
グリーン
ブルー

iPhone 12のベンチマークスコア

iPhone 12のベンチマークスコアを検証しました。参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark」の測定結果を下記に記載しておきます。

▼iPhone 12
iPhone 12のベンチマークスコア

▼iPhone 11 Pro
iPhone 11 Proのベンチマークスコア

A14 Bionic搭載「iPhone 12」のAntutu Benchmarkスコアは「562097点」でした。今回比較しているのは、A13 Bionic搭載の「iPhone 11 Pro」です。

肝心の動作については、iPhoneシリーズらしいアプリの起動や切り替えを含めレスポンスは非常に快適です。一般的な電話、メール、ウェブブラウジング、SNSなどは全く問題なく利用できます。

iPhone 12のスペックまとめ

iPhone 12のスペックまとめ

iPhone 12は、優れたハイエンドスマホです。当然動作レスポンスも快適、カメラに違いはあるものの、使う目的次第では上位モデルとの差もわずかと捉えることもできる。去年に比べると手に取りやすい魅力的な要素が増えて、選びやすくなった印象です。

個人的に魅力だと感じたのは、大きく2つ。ディスプレイに有機ELを採用したこと、従来モデルよりも圧倒的に軽くなった点です。

しかも、軽くなったのに安定したバッテリー持ちも魅力で、ようやく手に取りたいと感じる"大画面×軽いiPhone"が誕生してくれたことは素直に嬉しいポイントでした。

iPhone 12のゲーム・アプリ動作をチェック

iPhone 12のゲーム・アプリ動作をチェック

iPhone 12でゲームやアプリの動作を確認します。

iPhone 12でモンストの動作チェック

iPhone 12でモンストの動作チェック

iPhone 12でモンストの動作チェックをしていきます。結果は、"非常に快適に遊べる"でした。

モンストは比較的軽いゲームなので、iPhone 12では全くストレスなく遊ぶことが可能です。

iPhone 12でポケモンGOの動作チェック

iPhone 12でポケモンGOの動作チェック

iPhone 12でポケモンGOの動作チェックをしていきます。結果は、"非常に快適に遊べる"でした。

ポケモン出現時や戦闘、一覧表示なども重くならず、このあたりは流石iPhoneという感じの調整がされています。

iPhone 12のバッテリー持ちが非常に良いので、長時間遊ぶことができますが、発熱は段々してくるので注意が必要です。

iPhone 12でPUBGモバイルの動作チェック

iPhone 12でPUBGモバイルの動作チェック

iPhone 12で、PUBGモバイルの動作を確認していきます。結果は、"非常に快適に遊べる"でした。

グラフィックは、「FHD」で「ウルトラ」まで選択でき、「スムーズ」は「極限」まで選ぶことが可能です。

動作については、重い3DゲームであるPUBGモバイルでも凄く快適に遊ぶことができます。

ただし、こちらもある程度長時間プレイすることで発熱が発生。本体を手にとって熱いと感じるぐらいにはなりました。

iPhone 12で使える通信キャリアをチェック

iPhone 12で使える通信キャリアをチェック

iPhone 12で使える通信キャリアをチェックしておきましょう。

機種名 iPhone 12
対応バンド 4G:B1/2/3/4/5/7/8/11/1/13/14/17/18/19/20/21
25/26/28/29/30/32/34/38/39/40/41/42/46/48/66/71
5G:N1/2/3/5/7/8/12/20/25/28/38
/40/41/66/71/77/78/79

iPhone 12は、5G対応。ただし、ミリ波には非対応です。とはいえ、5Gを使えるエリアはまだまだ少なく満足に使えるレベルにはないので、5G通信を楽しみたいので買われる方は注意が必要です。

ちなみに、iPhone 12シリーズをau(本家)で使う方は、5Gプランへの変更が必要になります。ただ、UQモバイルなどのau系4G回線はそのまま利用可能とのことです。

また、楽天モバイルについては、物理SIMのRakuten UN-LIMITでも利用が可能でした。Rakuten UN-LIMIT(ラクテンアンリミット)も快適に使えています。(※5G通信に関しては、エリア等の関係で検証できておりません。)

▼以下に国内主要キャリアのバンドをまとめておきました!

バンド周波数帯 ドコモ au ソフトバンク/ワイモバイル 楽天モバイル
Band1
Band3
Band8
Band11
Band 18/26
Band19
Band21
Band28
Band41
Band42

ドコモは、Band 1 / Band 3 / Band 19。山間部などで使うことがない場合は最悪、Band 19がなくても大丈夫です。auで使うなら、Band 1 / Band 18/26は抑えておきましょう。

ソフトバンクとワイモバイルで使うなら、Band 1 / Band 3 / Band 8の対応は必須。楽天モバイルは、Band 3 / Band 18。パートナーエリアで利用したいならBand 18も必須です。

au本家回線を契約している方は、iPhone 12を使う際に注意が必要。それ以外の方は、思ったよりも柔軟な使い方ができるようになっていて安心しました。

iPhone 12のカメラをレビュー

iPhone 12のカメラをレビュー

iPhone 12のカメラをレビューしていきます。

iPhone 12のカメラ・動画撮影性能をチェック

iPhone 12はトリプルカメラを搭載しています。カメラ構成を以下にまとめました。

1200万画素 広角レンズ / F値1.6
1200万画素 超広角レンズ / F値2.4

カメラ構成は、1200万画素の広角レンズ(F値1.6)、1200万画素の超広角レンズ(F値2.4)のデュアルカメラ構成です。

広角カメラは、従来モデルよりも27パーセント光を多く取り込むことができ、より明るい写真撮影が可能です。また、超広角レンズでもポートレート撮影が可能になりました。

1200万画素 インカメラ / F値2.2

インカメラは、1200万画素F値2.2のシングルカメラとなっています。

動画撮影性能は以下にまとめました。

8K 撮影 非対応
4K 撮影 24fps/30fps/60fps
1080p 撮影 30fps/60fps
1080pスローモーション撮影 120fps/240fps

ナイトモードのタイムラプスやDolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)にも対応しています。

iPhone 12のカメラで撮影した作例

今回は、僕がiPhone 12のカメラを魅力に感じた点を含め、作例を交えてご紹介していきます。

※タップして拡大出来ます。
日中
▼広角カメラで撮影(左がiPhone 12、右がiPhone 11 Pro)

▼超広角カメラで撮影(左がiPhone 12、右がiPhone 11 Pro)

▼iPhone 12のデジタルズーム5倍

接写・ポートレート

※タップして拡大出来ます。
夜景・暗所

▼広角カメラで撮影(左がiPhone 12、右がiPhone 11 Pro)

▼超広角カメラで撮影(左がiPhone 12、右がiPhone 11 Pro)

超広角レンズの暗所撮影テストのため、あえて光量が少ない、暗い場所で撮影しています。そのため、解像感はあれですが、ある程度光量がある場所であればiPhone 12でもっと綺麗に撮影することが可能です。

正直、iPhone 12とiPhone 11 Proの超広角での暗所撮影にここまでの違いがあるのには驚きました。

iPhone 12のバッテリー持ちをチェック

iPhone 12のバッテリー持ちをチェック

iPhone 12のバッテリー持ちについては、同価格帯スマホと比べても"十分良い"という結果になりました。

機内モードオンで、Wi-Fiのみオンにした状態でYouTubeを流し続け、1時間おきにバッテリー残量を計測するテストを行った結果は以下のとおりです。※各機種、基本的にデフォルト設定のままテストしています。テスト環境、条件により差が出る場合があるので注意してください。

バッテリー持ち検証

機種名 0時間経過 1時間経過 2時間経過 3時間経過
iPhone 12 100% 96% 88% 81%
HUAWEI P40 Pro 100% 96% 89% 81%
OPPO Find X2 Pro 100% 93% 85% 77%
Xperia 1 II 100% 94% 87% 80%
Galaxy S20 100% 90% 82% 73%
Galaxy S20+ 100% 92% 85% 78%

購入初日の朝から晩まで撮影テストやゲーム、SNSなどを中心に使ってみましたが、一日は余裕で耐えてくれる安心のバッテリー持ちでした。

もちろん使う環境や使い方にもよりますが、一般的な電話、メール、Web検索などが中心の使い方であれば、まず間違いなく一日中安心して使えるバッテリー持ちを備えています。

iPhone 12の顔認証をチェック

iPhone 12の顔認証をチェック

iPhone 12は、顔認証(Face ID)に対応しています。指紋認証には非対応です。

iPhone 12の顔認証

iPhone 12の顔認証

実際にiPhone 12の顔認証を試してみました。3D認証のため、認証精度も良く、高速ロック解除が可能です。もちろん、暗闇でも問題ありません。

メガネをしている方は、「別の容姿をもう一つ追加」という項目もあるので、登録しておくとより使い勝手も向上します。

iPhone 12のスピーカー(音質)をチェック

iPhone 12のスピーカー(音質)をチェック

iPhone 12はステレオスピーカーを搭載。結論としては、今までのiPhone史上最も"クリアな音が楽しめる万能スピーカー"になっています。

▼iPhone 12のステレオスピーカーの音はこちら!

実際に様々な"音"をiPhone 12から出して検証してみましたが、とにかく音がクリアでiPhoneらしいどんな曲でもちょうど良いサウンドを表現してくれます。

全体的に強化されているような印象ですが、特に上部スピーカーが良くなっていて、音の広がりもしっかり感じることができました。

iPhone 12のメリット(良いところ)

iPhone 12のメリット(良いところ)

iPhone 12を実際に使ってみて感じたメリットをチェックしていきます。

ココがメリット(良い点)


⭕角張った側面フラットデザインが最高!
⭕従来モデルより大幅に軽量化!使いやすさ抜群!
⭕文句なしの快適動作レスポンス!
⭕ステレオスピーカーが格段に良くなった!音がクリアで最高!
⭕明るく撮れるカメラが良い!特に超広角の暗所撮影が強化
⭕完全フラットディスプレイが素晴らしい!
⭕1日中安心して使える安心のバッテリー持ち
⭕一度購入すれば長くアップデートが受けられる(長期使用に最適)
⭕IP68防水防塵やApple Payもある

以上が、iPhone 12を使って感じた良いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

角張った側面フラットデザインが最高!しかも軽量化!

角張った側面フラットデザインが最高

iPhone 12最大の魅力は、刷新されたデザインです。角張った側面フラットデザインが個人的には"最高"でした。

しかも、iPhone 11からiPhone 12は約30g軽量化に成功。6.1インチの大画面かつ軽いスマホになったことで使いやすさが明らかに向上しています。

フラットディスプレイも最高ですよね....。iPhone 12は、手にとった"瞬間"に買ってよかったと思えるそんな一台でした。

明るく撮れるカメラが良い!特に超広角の暗所撮影が強化!

明るく撮れるカメラが良い

iPhone 12はこれまでのiPhoneよりも光を多く取り込めるようになったことでより明るい写真が簡単に撮れます。

iPhoneカメラの良いところは、難しいことを考えずに撮りたい被写体にカメラを向けてシャッターを押すだけで綺麗に撮れる。細かな調整をする必要がないので、カメラが苦手な方でも使いやすいのは魅力ですよね。

しかも、今回超広角レンズでナイトモードが利用可能。夜間撮影に強くなったことで、さらに色んなシーンに対応できるカメラになりました。

1日中安心して使える安心のバッテリー持ち!

1日中安心して使える安心のバッテリー持ち

iPhone 11のバッテリー持ちが羨ましい!でも重いのが難点だったという方にこそ、iPhone 12はおすすめです。

想像以上に軽くなって、しかもバッテリー持ちはほぼ変わらず長持ちバッテリーでした。

少なくとも4G通信時は、iPhone 11との体感差はなく、余裕で一日持つ。バッテリー持ちを気にせず、軽いiPhoneを使いたい方はぜひ一度チェックしてみてください!

iPhone 12のデメリット(悪いところ)

iPhone 12のデメリット(悪いところ)

iPhone 12を実際に使ってみて感じたデメリットをチェックしていきます。

ココがデメリット(悪い点)


❌日光下でディスプレイが見にくい!
❌黄色みが強いディスプレイ!
❌リフレッシュレート120Hz非対応!
❌イヤホンジャックが非搭載!
❌前面の巨大なノッチが惜しい
❌指紋認証非搭載が残念
❌Type-Cコネクタ非採用
❌望遠レンズがほしい方はProを選ぶべき

以上が、iPhone 12を使って感じた悪いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

日光下でディスプレイが見にくい!

日光下でディスプレイが見にくい

iPhone 12を使って不便に感じたのは、太陽の直射日光があたるような日光下で、画面が極端に見にくくなることです。

正直、画面の明るさはMaxでも"見やすい"という印象にはなりませんでした。

有機ELになった影響もあると思いますが、出先利用時にも影響してくる部分なので、次期モデルでは改善を期待したいところです。

リフレッシュレート120Hz非対応!

リフレッシュレート120Hz非対応

今までのiPhoneシリーズから乗り換える方であれば、今まで通りで"不満"に感じることはない部分です。

ただし、リフレッシュレート120Hz対応AndroidやiPad Proシリーズを使われている方であれば、なんだか違和感があるかもしれません。

高リフレッシュレートでなめらかな表示になれてしまっていると、iPhone 12シリーズがリフレッシュレート120Hzに対応していないのはどうしても惜しいと感じてしまう部分でした。

指紋認証非搭載が残念!

指紋認証非搭載が残念

実際に使って最も残念に感じるのは、やはり指紋認証非搭載です。正直、マスクを付けることも多い環境で顔認証のみ対応は流石に"辛い"と感じました。

ただ、Face IDは使っていくうちに、iPhoneが学習して認証精度が向上していくので、マスク利用時も認証できるようになる場合もあります。

とはいえ、素直に側面電源ボタン一体型指紋認証も合わせて搭載してくれたら、時間をかけずにいつでも快適に利用できて、もっと素敵な一台になる!と確信に近いものを感じるだけに本当残念です。

iPhone 12の口コミ・評判をチェック

iPhone 12の口コミ・評判をチェック

iPhone 12の口コミ・評判を以下に集めてみました。

男性

去年のiPhone 11を所有しているので、購入するかどうか迷いましたが、結果的には購入して本当によかったと思います。軽くなり、しかも薄くなったので最高です。

女性

正直、私は見た目の印象があまり変わらないと感じました。見た目よりも、軽くなったこと、さらにスピーカーが良くなったこと、私はこの2点に感動しました♪(椿さん)

今後も、順次ユーザーの声を追記していきます。

iPhone 12の評価まとめ

iPhone 12の評価まとめ

大画面で見やすくて、軽く、長持ちバッテリーのiPhoneを求める人は、間違いなくiPhone 12が"買って後悔しない"一台です。

個人的なiPhone 12の評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★★☆
デザイン・外観 ★★★★☆
携帯性 ★★★★☆
ゲーム性能 ★★★★☆
画面表示&綺麗さ ★★★★☆
バッテリー持ち ★★★★★
スピーカー ★★★★★
カメラ ★★★★☆

iPhone 12は"最高にちょうど良い"を文字通り、実現した一台でしょう。きっと多くのユーザーは、iPhone 12を手にすれば十分大満足できるはずです。

僕が唯一心配だったのは、Proモデルからの買い替えだったので、劣る部分があったこと。そして、上位モデルと比較すると足りない部分があることです。

ただ、実際に手にとってそんな不安は消えました。大画面と軽さ、そしてバッテリー持ちが両立したiPhone 12こそ、まさに僕が追い求めていたiPhoneでした。

もちろん、使ってみて良いところ、悪いところはあります。大事なのは、どれだけ自分の使いたい目的・環境に合っているかどうかです。ぜひ、iPhone 12も一度チェックしてみてください!

質問等ありましたら、是非、コメントお待ちしております。

iPhone 12の価格とお得に買う方法

iPhone 12の価格とお得に買う方法

iPhone 12を買うならオンラインショップでの購入がお得。国内では、ドコモやau、ソフトバンクなどで取り扱いがされており、すべてオンライン購入可能です。

オンラインショップなら「頭金なし」、「待ち時間0分」、「予約不要」で24時間いつでも受付可能、しかも割引があって非常にお得となっています。

▼iPhone 12のオンラインショップでの販売価格は以下の通りです。(※すべて税込み価格)

iPhone 12の販売価格は上記のとおりです。各社、乗り換え・新規や機種変更で割引キャンペーンを行っています。

最もお得に購入したいなら、ドコモへの乗り換えでiPhone 12を買うのはおすすめ。最大22,000円の割引を適用することができるので、Appleストアで購入するよりも安く手に入れることが可能です。

ぜひ、合わせてチェックしてみてくださいね!

iPhone 12に買っておきたいおすすめアクセサリー

iPhone 12に買っておきたいおすすめアクセサリーを紹介します。

まずは、iPhone 12のケース!個人的に最もおすすめしたいのは、「Deff Ultra Slim & Light Case DURO」です。

アラミド繊維を採用しており、超強度、超耐性を誇り、しかも約10gと超軽量、極薄0.7mmのケースです。

カメラ部分は、ケースの方が高く作られています。そのため、背面から机に置いてもカメラが傷付くことはありません。

側面の一体感やデザイン性をそのまま活かすケースで、凄く軽いのが個人的に使い続けている理由です。

ちえほん
iPhone 12用の保護フィルムまとめ記事は以下からどうぞ!
iPhone 12 / 12 Proに貼るべきおすすめ保護フィルムとガラスフィルムまとめ!

続きを見る

\ この記事をシェアする /

  • この記事を書いた人

ちえほん

ブログ×YouTube「モバイルドットコム」を運営!スマホが大好きで日々最新のモノを追っています。国内メディア等への寄稿、ガジェットライターとしても活動中。お仕事のご依頼はお問い合わせもしくはSNSから宜しくお願い致します。


  1. 山田 より:

    記事とは関係ない質問ですみません。
    現在、f04kを使用しており機種変更を考えていますが、iPhoneかAndroidの機種に悩んでます。アドバイス頂けないでしょうか?

    • ちえほん より:

      コメントありがとうございます。長く使う想定かつコンパクトモデルで、バッテリー長持ち重視なら、iPhone 12やPixel 5あたりですかね!予算次第ではあるのですが、5 IIなんかも良いと思います!

      • 山田 より:

        ありがとうございます。
        魚釣りをやる関係上、防水必須でした。
        予算は携帯だけで10万前後、月々10000円の支払いくらいが理想です。

  2. 山田 より:

    内容が抜けてました。
    ゲームはパズルゲームしかやりません。
    動画、ネットサーフィンはよくします。カメラ機能も子供のクラブや魚釣りで撮影したいので、綺麗なほうが有難いです。
    大きさは小さければ小さいほうが良いです。サクサク動きバッテリー持ちが良い携帯を探しています。
    よろしくお願いします!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

-スマートフォン
-

© 2020 モバイルドットコム