iPhone Xと iPhone 8の外観比較をしてみた!

スポンサーリンク


iPhone XとiPhone 8の大きさ比較をしてみました。iPhone Xは5.8インチ、iPhone 8は4.7インチとなっていますが、iPhone XのサイズはiPhone8より一回り程度大きいだけになっています。そのため大幅に持ちにくくなるということもなく、画面サイズがiPhone 8 Plus並みに大きくなったので見やすくなりました。

iPhone XとiPhone 8をサイズ比較してみた


iPhone Xは、ホームボタンがなくなったことによりほぼ全てがディスプレイとなっています。格段に大きい画面に感じますが、大きさ的には iPhone 8とあまり変わらないあたり凄いですね。


iPhone Xと iPhone 8の背面は、どちらも似ています。大きく違う部分は、カメラ部分だけです。 iPhone 8から下部にあった総務省マークは消えています。


iPhone XとiPhone 8の厚さは、iPhone Xの方がわずかではありますが、分厚くなっています。重さも、iPhone 8よりiPhone Xの方がかなりずっしりとしている感じがあります。長時間片手操作は厳しいと思います。


iPhone X シルバーは、3GS時代のようにフレームがテカテカなのが良いですね。この辺りは、完全に好みの問題だと思います。iPhone Xは、縦長になっているので電源ボタンがiPhone 8よりも縦に長めに作られているので、縦長のiPhone Xでも電源ボタンの押しにくさはありません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!