コスパ最高スマホ「Huawei P10 lite」の気になるベンチマークスコアは?

スポンサーリンク

ファーウェイの最新コスパスマホ「Huawei P10 lite」を先日購入しました。約一週間使いましたが、約25,000円で購入したとは思えないスマートフォンでした。動作も非常に快適で、使用していてもたつくことも全くありませんでした。

▲すでに「Huawei P10 lite」は、レビューしているので気になる方はこちらを参考にしてください。今回は、気になるベンチマークテストを行いました。動作環境によっても変わると思いますが、参考にしてはもらえると思います。ただし、ベンチマークテストだけがすべてではないことだけは覚えておきましょう。

Huawei P10 liteのベンチマークテスト

AnTuTuベンチマーク

▲AnTuTuベンチマークテストを行いました。結果が上のとおりです。正直、同じ価格帯のスマートフォンとあまり変わらないようなスコアになっています。

ランキングをみてもHuawei P10 liteのスコアが特別高いようには感じません。実際このベンチマークテストで出るスコアと動作を考えてもあまりベンチマークテストがあてにならないように感じます。

Geekbench 4ベンチマーク

こちらは、Geekbench 4ベンチマークです。シングルコア、マルチコアともに、やはり凄く高いわけではありませんでした。

総評

Huawei P10 liteの気になるベンチマークテストを行いました。正直、価格帯が同じスマートフォンと比べてもそこまでスコアが良いという感じはしませんでした。実際にHuawei P10 liteを使っていてもこれまでにないほど快適に動いてくれるので、通常利用では全く問題ありません。ぜひ、一度使ってみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!