モバイルドットコム

ガジェットレビューサイト!!最新スマホ情報をガツガツお届け!!

スポンサーリンク

Android ZenFoneMaxProM2 ガジェットレビュー レビュー

「HUAWEI nova lite 3」と「ZenFone Max Pro M2」を徹底比較!スペック仕様、価格、最安値まとめ

更新日:

HUAWEI nova lite 3とZenFone Max Pro M2の比較画像

「HUAWEI nova lite 3」と「ZenFone Max Pro M2」比較をしてみました。

今後、話題になるであろう2機種だと思うので、ぜひ一度チェックしてみてください!!!

ファーウェイ最新スマートフォン「HUAWEI nova lite 3」は、最新トレンドを盛り込んでおり、なおかつ非常に安いSIMフリースマートフォンとなっています。

対する、「ZenFone Max Pro M2」はASUSの最新端末で国内での発表もされ、非常に魅力的なスマートフォンです。

当ブログでは、すでに最新モデル「ASUS ZenFone Max Pro M2」レビュー:開封から外観レビューまでを一挙大公開!【写真30枚記載】のレビューを行っております。

非常に快適で、格安、また異常な程のバッテリー持ちが素晴らしいスマートフォンです。

それでは、を徹底比較していきます。

ココがオススメ!

HUAWEI nova lite3のココがオススメ!

・最新トレンド「水滴ノッチディスプレイ」採用
・低価格なのに上質デザイン
・AIカメラ搭載
・顔認証に対応

「HUAWEI nova lite 3」は、最新トレンド「水滴ノッチディスプレイ」採用、フルビューディスプレイで非常に見やすい素晴らしいです。また、スナップも自撮りもAIカメラで簡単キレイな写真が撮影可能になりました。それでいて、価格は約3万円と非常に安価設定になっています。

ZenFone MaxProM2のココがオススメ!

・大容量バッテリー搭載
・低価格で高パフォーマンス
・AIカメラ搭載
・顔認証対応

「ZenFone Max Pro M2」の最大の特徴は、大容量バッテリーが非常に魅力的です。

良い意味で異常な程バッテリー持ちが良い機種です。

バッテリー切れを全く心配しなくて良いスマートフォンです。

操作レスポンスも非常に魅力的です。

スポンサーリンク

ココがダメ!

「HUAWEI nova lite 3」のココがダメ!

・MicroUSBコネクタ
・メモリ(RAM)が3GB

個人的に「HUAWEI nova lite 3」のダメな所は、MicroUSBコネクタを採用している点です。ただし、今使っている機種がMicroUSBコネクタ採用スマートフォンであれば逆に充電器を買い換えなくてもよいメリットになります。

メモリ(RAM)が3GBというところが気になります。ですが、基本的な動作は全く問題ないので、大きなデメリットではなさそうです。

「ZenFone Max Pro M2」のココがダメ!

・MicroUSBコネクタ

「HUAWEI nova lite 3」と同様MicroUSBコネクタですが、メリットにもなりうる点です。

発売時期と価格は?

「HUAWEI nova lite 3」と「ZenFone Max Pro M2」の発売時期と価格についてそれぞれ確認していきましょう。

「HUAWEI nova lite 3」の発売時期と価格


ファーウェイ最新スマートフォン「HUAWEI nova lite 3」の発売日は2019年2月1日でとなっています。

本日2019年2月1日より、格安SIM会社(MVNO)各社より発売が開始されます。

【公式HP】⇒IIJmio
【公式HP】⇒イオンモバイル
【公式HP】⇒OCN モバイル ONE
【公式HP】⇒DMMモバイル
【公式HP】⇒mineo
【公式HP】⇒LINEモバイル
【公式HP】⇒楽天モバイル◀現状最安値

楽天モバイル

【通話SIMと端末セットで最安値!!!】 
▶分割払い(キャンペーン価格)
⇒449円(税込) ※初回のみ451円+分割手数料※2/月x24回
▶一括払い(キャンペーン価格)
⇒9,980円(税別):税込10,778円

現時点では、楽天モバイルの「HUAWEI nova lite 3」端末+通話SIMが最安値となっています。最低利用期間はあるもののそれでも驚異的な安さになっています。

【公式HP】⇒楽天モバイル◀現状最安値

「ZenFone Max Pro M2」の発売時期と価格


ASUS ZenFone Max Pro (M2)が国内発表され、発売が始まっています。

海外版は2018年12月11日にインドにて正式発表後、発売が開始されています。台湾においてもすでに発売が開始されています。

ASUS ZenFone Max Pro (M2)の価格については、約30000円程度で取引されています。(台湾)

▼ETOREN(イートレン)ですでに台湾版の取り扱いが開始されています。

ETORENにて「Asus Zenfone Max Pro M2」が初入荷!!

今すぐチェックする

※最安値、関税込み!今なら31,000円〜

ETOREN(イートレン)から購入方法がわからない方はこちらをチェック!!!⇒【最新版】ETOREN(イートレン)の購入方法を初心者でも分かるように解説する!スマホで簡単に注文出来るぞ>>

2019年3月15日に販売開始となりました。

スペック・仕様の違いは?


ZenFone Max Pro M2のスペック・仕様表

機種名  ZenFone Max Pro(M2)
カラー コズミックチタン
ミッドナイトブルー
CPU Snapdragon660 オクタコア
サイズ 約157.9mm x約75.5mmx 約8.5mm
重量 約175 g
電池容量 5000mAh(内蔵)
内蔵メモリ容量 (ROM) 内蔵ストレージ: 32GB / 64GB / 128GB
内蔵メモリ容量 (RAM) RAM: 3GB / 4GB / 6GB
ディスプレイ(画面)サイズ  6.3インチIPSディスプレイ
ディスプレイ(画面)解像度 FHD +(2280 x 1080)
メインカメラ 1200万画素+500万画素
AIカメラ
サブカメラ 1300万画素
SIM スロット Nano SIM スロットx 2+microSDカードスロット

HUAWEI nova lite 3のスペック・仕様表

機種名  HUAWEI nova lite 3
カラー ミッドナイトブラック
コーラルレッド
オーロラブルー
CPU Kirin 710
サイズ 高さ:155.2mm
横幅:73.4mm
厚さ:7.95mm
重量 約160g
電池容量 3400mAh(内蔵)
内蔵メモリ容量 (ROM) 内蔵ストレージ: 32GB
内蔵メモリ容量 (RAM) RAM: 3GB
ディスプレイ(画面)サイズ 6.21インチディスプレイ(水滴ノッチ)
ディスプレイ(画面)解像度 FHD +(2340 x 1080)
メインカメラ 1300万画素+200万画素
AIカメラ搭載
サブカメラ 1600万画素
AIカメラ搭載
対応バンド FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 8 / 17 / 18 / 19
TDD LTE: B41
WCDMA: B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
OS Android 9

CPUに差はあるの?

ZenFone Max Pro M2 Snapdragon660
HUAWEI nova lite 3 Kirin 710

Snapdragon660とKirin 710の差は個人的にはそこまで大きくないように思います。

どちらも基本的なインターネット・WEB、動画視聴やLINE、SNS、ゲーム、非常に快適に動作してくれるのでメイン端末としての利用も可能です。

ただ、Androidで重い3DゲームをするならSnapdragon660のほうが比較的しっかり動作してくれます。

ゲームメインで考えるならZenFone Max Pro M2がオススメですね。

ベンチマークスコアでいえば、ほぼ互角の約13万点付近となります。

ディスプレイの違いはあるの?

ZenFone Max Pro M2 6.3インチIPSディスプレイ(通常ノッチ)
HUAWEI nova lite 3 6.21インチディスプレイ(水滴ノッチ)

「HUAWEI nova lite 3」と「ZenFone Max Pro M2」のディスプレイは、ほぼ同サイズです。

ただし、ノッチディスプレイと水滴ノッチディスプレイの違いはあります。

より、液晶表示部分が多いほうが好みなら「HUAWEI nova lite 3」のほうがオススメです。

水滴ノッチディスプレイのほうがノッチが邪魔にならない点が嬉しいですね。

メモリの違いはあるの?

ZenFone Max Pro M2 RAM: 6GB(国内版予想)
HUAWEI nova lite 3 RAM: 3GB

「HUAWEI nova lite 3」と「ZenFone Max Pro M2」のメモリには違いがありそうです。

「ZenFone Max Pro M2」は現状未発表ではありますが、おそらく国内版はRAM6GBとなります。

対する「HUAWEI nova lite 3」はRAM3GBと個人的にはここが物足りなさを感じます。

基本的な動作レスポンスにそこまでは影響ないとは思いますが、複数アプリを立ち上げた状態等の動作が気になりますね。

バッテリー持ちは?

ZenFone Max Pro M2 5000mAh(内蔵)
HUAWEI nova lite 3 3400mAh(内蔵)

「ZenFone Max Pro M2」のほうが、物理的に大きなバッテリーを搭載しています。

「HUAWEI nova lite 3」と比べるとその差は歴然です。

バッテリー持ちを優先するならZenFone Max Pro M2です。

ただし、一日持てば大丈夫という方であればHUAWEI nova lite 3でも問題ないと思います。

カメラは?

ZenFone Max Pro M2 1300万画素+500万画素
AIカメラ搭載
HUAWEI nova lite 3 1300万画素+200万画素
AIカメラ搭載

「HUAWEI nova lite 3」と「ZenFone Max Pro M2」のカメラはどちらもAIカメラを搭載しています。

最新トレンドのAIカメラをミッドレンジ(上位)モデルに搭載してきているのは凄いと思います。

ファーウェイは非常にカメラにも力を入れているのでカメラメインで考えているのであれば「HUAWEI nova lite 3」がオススメです。

対応バンドは?

「HUAWEI nova lite 3」は、全キャリア対応(後日アップデート対応含む)となっています。

国内版が発表されているだけあって、対応バンドもしっかりしています。

総評

「HUAWEI nova lite 3」と「ZenFone Max Pro M2」比較いかがでしたでしょうか?

個人的には、「HUAWEI nova lite 3」が凄く気になります!!

ただ、「ZenFone Max Pro M2」も非常に魅力的です。

どちらも最新トレンドてんこ盛りSIMフリースマートフォンです。

しかも価格が非常に安くて買いやすい、ぜひ「HUAWEI nova lite 3」と「ZenFone Max Pro M2」をお試しあれ!!

「HUAWEI nova lite 3」が買えるところ▼
【公式HP】⇒IIJmio
【公式HP】⇒イオンモバイル
【公式HP】⇒OCN モバイル ONE
【公式HP】⇒DMMモバイル
【公式HP】⇒mineo
【公式HP】⇒LINEモバイル
【公式HP】⇒楽天モバイル

「ZenFone Max Pro M2」は、2019年3月15日に販売開始となりました。

大人気SIMフリースマートフォンになること間違いなし!!

関連記事はこちら▼

最新モデル「ASUS ZenFone Max Pro M2」:実機レビューはこちら>>
ASUS ZenFone Max Pro M2とASUS ZenFone Max Pro M1の違い:今から買うならどっちがいいか比較してみた>>
ASUS ZenFone Max Pro M2とASUS ZenFone Max M2の違いは?どちらを購入するべきか>>
「ASUS ZenFone Max Pro M2」用に保護液晶フィルムとケース・カバーを色々買ってみた!購入する時の注意点はこちら>>
ASUS ZenFone Max Pro M2(Snapdragon 660 / RAM3GB / ROM32GB)の実機AnTuTuベンチマークスコアはこちら>>
ASUS ZenFone Max Pro M2:現状au系MVNOは非対応なので注意!日本国内版に期待!>>

スポンサーリンク

関連記事

話題の最新スマホが最安値!!

\Galaxy S10 / S10+が国内最安&在庫復活!!/
⇒⇒⇒【大幅値下げ】Galaxy S10がイオシスにて販売中!!本体価格は107,800円(税込)から!!【未使用品&6ヶ月保証】
【大幅値下げ】Galaxy S10がイオシスにて販売中!!本体価格は107,800円(税込)から!!【未使用品&6ヶ月保証】


⇒⇒⇒【大幅値下げ】Galaxy S10+(Plus)がイオシスにて販売中!!本体価格は124,800円(税込)から!!【未使用品&6ヶ月保証】
【大幅値下げ】Galaxy S10+(Plus)がイオシスにて販売中!!本体価格は124,800円(税込)から!!【未使用品&6ヶ月保証】


\Galaxy S10e / S10 / S10+が最短2日配送&在庫復活!!/
⇒⇒⇒【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10eがETORENにて販売中!!本体価格は約75,700円(関税込み)から!!
【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10eがETORENにて販売中!!本体価格は約75,700円(関税込み)から!!


⇒⇒⇒【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10がETORENにて販売中!!本体価格は約89,000円(関税込み)から!!
【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10がETORENにて販売中!!本体価格は約89,000円(関税込み)から!!


⇒⇒⇒【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10+がETORENにて販売中!!本体価格は約102,200円(関税込み)から!!
【大幅値下げ!!】在庫復活!!Galaxy S10+がETORENにて販売中!!本体価格は約102,200円(関税込み)から!!

-Android, ZenFoneMaxProM2, ガジェットレビュー, レビュー
-,

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.