ファーウェイ

最新「Huawei Mate10 Pro」を開封外観レビュー!【写真28枚記載】

更新日:


ファーウェイの最新フラッグシップモデル「Huawei Mate10 Pro」開封外観レビューをお届けします。本日2017年12月01日が、国内版Huawei Mate10 Proの発売日です。海外ではすでに発売が開始されている地域もありますが、いよいよ日本でもHuawei Mate10 Proの発売が開始されました。

Huawei Mate10 Proは、CPUにKirin970、オクタコアCPU (4x2.36GHzA73+4x1.8GHzA53)、メモリ:RAM 6GB / ROM 128GBで、Android OSは最新のAndroid 8.0 Oreoを搭載しています。ディスプレイサイズは、約6.0インチ FullViewDisplayで18:9の表示比、ベゼルレスに近い状態になっています。非常に画面が綺麗で、本体も6インチなのに非常にコンパクトな仕上がりになっています。

Huawei Mate10 Proは、メインカメラライカダブルレンズ仕様になっています。1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサーの組み合わせになっています。インカメラは、800万画素 (開口部 F2.0, FF)、バッテリー容量は、4000mAhと大容量になっています。最新のフルスペック仕様でまさにハイエンドモデルにふさわしい一台になっています。

今回は、ヨドバシカメラで購入しましたが、かなり売れているようで私が購入に行った頃にはすでにブルーが売り切れになっていました。現在、Amazonでも購入が可能になっているので気になる方は要チェックです!

Huawei Mate10 Proを開封外観レビュー!

Huawei Mate10 Pro:外箱

外観は、ファーウェイシリーズを購入したことがある方なら似たようなデザインのパッケージだと思う方も多いのではないでしょうか。思ったよりも大きなパッケージになっています。Huawei Mate10 Proの文字も刻まれています。引き続きカメラレンズもLeicaとコラボしています。

Huawei Mate10 Pro:開封

Huawei Mate10 Proを開封すると上記のように収納されています。箱を開けるといきなり、Huawei Mate10 Proが登場します。

Huawei Mate10 Pro:付属品

Huawei Mate10 Proの付属品は、非常に凄い!今回もケーブルやACアダプタ、イヤホンやケースも付属しています。充実した付属品で、他に別途何も購入しなくても使い始められるファーウェイの気遣いは素晴らしいですね。ちなみに、保護フィルムはすでに本体に貼られているのでご安心下さい。

Huawei Mate10 Proは、イヤホンジャックが廃止されています。そのためType-C用のイヤホン変換アダプタも付属品として付いてきます。

Huawei Mate10 Pro:外観オモテ

今までのHuawei Mate9とはまた違う高級感あるデザインとなっています。物理ホームボタンがなく、ディスプレイのベゼル部分が凄く狭いため全体的にスッキリとした素晴らしいデザインですね。

上下のベゼル幅もなかなかすごいですが、やはり両サイドのベゼル幅もなかなか狭くディスプレイ表示部がかなり大きく見えます。

下部にはファーウェイロゴ。個人的にはここも消して欲しかったですが、この辺りは流石にしょうがないですね。

Huawei Mate10 Proを起動してみました。ディスプレイ表示部の広さは圧巻です。やはりベゼルレスモデルは非常に良さを感じます。

ほぼ全てが画面なので見やすさも非常に快適です。

Huawei Mate10 Proは、約6.0インチでFullViewDisplay採用なので画面も非常に綺麗で大きく見やすいディスプレイになっています。また今流行りのディスプレイ比18:9の表示比になっているので意外とコンパクトです。

Huawei Mate10 Pro:外観ウラ

背面は、両サイドがラウンドフォルムになっています。そのため手に持った時のフィット感は、握りやすく、6インチなのに持ちやすさまで感じれるスマートフォンになっています。

背面上部には、ライアデュアルカメラレンズ+指紋認証が搭載されています。カメラ部分の横線が色が違いお洒落な感じが良いですね!

背面のラウンドフォルムは、本当に美しい。綺麗な曲線を描いています。

Huawei Mate10 Pro:側面

左側にはSIMスロットが付いています。

Type-Cコネクタが採用されており、急速充電にももちろん対応しています。

右側には、音量ボタン+電源ボタンの組み合わせです。

Huawei Mate10 Pro:カメラ

Huawei Mate10 Proは、Huawei Mate9に引き続きLeicaデュアルカメラレンズを搭載しています。カメラ仕様は、1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサーの組み合わせになっています。またHuawei Mate10 Proのカメラは色、コントラスト、明るさ、露出などを自動的に調整し、AIにより様々なタイプのシーンやオブジェクトをリアルタイムで識別し、鮮やかで鮮明な写真を作り出します。 (花、青空、植物、夜景、食べ物、日の出/日の出、テキスト、ビーチ、雪、肖像画など。)指紋認証は、相変わらず非常に高速で正確な指紋認証となっています。

Huawei Mate10 Pro:使用感は?

Huawei Mate10 Proを実際に手に持ってみると非常にコンパクトです。約6インチの大型ディスプレイを搭載していますが、全く大画面の大きさは感じません。やはりディスプレイ比18:9の恩恵をしっかりと受けているという印象があります。Huawei Mate9よりも断然持ちやすい本体になっています。また、動作は非常にサクサクで快適そのものです。特に何の不満もありません。

カメラについては別途別記事でレビューしていきますが、今回も期待を超えるカメラでかなり手軽に綺麗な写真が撮影可能になっています。カメラ目当てでの購入も十分に考えて良いスマートフォンだと思います。

Huawei Mate10 Pro:付属品ケースが凄い!

今回、是非とも伝えたいことはHuawei Mate10 Proに付属している純正TPUケースです。以前までは、ハードケースが多かったですが、今回は全体を覆うタイプのTPUケースとなっています。私自身普段からTPUケースを使っていることから今回のこの付属品は嬉しすぎました。購入後すぐに傷を防ぎたいと考える人や最初からしっかりしたケースと保護フィルムがセットになったスマートフォンが良いと言う人にもオススメできるスマートフォンになっています。

コネクタ部分もしっかり保護されています。

画面よりもケースが高くなっているので裏面で置いても画面が直で触れることを防いでくれます。

背面はカメラ部分や指紋認証部分の使い勝手はそのままになっています。

Huawei Mate10 Proに付属している今回の純正ケースは本当に良い!別途Amazon等で購入をする必要はまずないでしょう。

Huawei Mate10 Pro:大きさ比較

Huawei Mate10 ProとiPhone Xを大きさ比較してみました。縦長にはHuawei Mate10 Proの方が長いですが、横はほぼ同サイズとなっています。Huawei Mate10 Proは、背面がラウンドフォルムということもあり持ちやすさではHuawei Mate10 Proの方が上です。

Huawei Mate10 ProとGalaxy Note8を大きさ比較してみた。縦長にはGalaxy Note8の方が大きくなっています。わずかに画面サイズが大きくなっているためです。横幅はこちらもほぼ同サイズとなっています。比較していて気になったのは、Huawei Mate10 Proの方が軽い点です。少しでも軽い方が良い方はHuawei Mate10 Proをお試しあれ!

スポンサーリンク

最後に•••

Huawei Mate10 Proを開封外観レビューしてみて感じたのは、「Huawei Mate10 Proカッコええ」どんどんハマっていくこの感じ。背面の色味も好みで、予想以上にコンパクトで軽く片手操作もギリギリ出来るサイズで、カメラも引き続き素晴らしい。特に文句のつけようのない一台となっています。また今回は、Huawei Mate10 Proに防水防塵性能が搭載されたこともあり、国内でもかなり売れそうな一台となっています。是非一度お試しあれ!

追記:12/04 0:00現在アマゾンにて在庫あり

Amazon(アマゾン)にて、HUAWEI Mate 10 Proの最安価格を発見しました。こちらは、HUAWEI Mate 10 Pro+OCNモバイルONE SIMカード付モデルになりますが、simカードの契約は必須ではないため、おそらく現状最安値になります。また、在庫も現状ありになっているのでお得な購入が可能です。

追記:12/04 0:00現在楽天にて在庫あり

ビックカメラ楽天市場にてグレーのみ在庫ありになっています。ブルーは現状お取り寄せになっています。

スポンサーリンク

\ PICK UP!! /

エイスース

【30周年記念モデル】ZenFone 6実機ファーストインプレッション | A部発表会レポート①

ASUS(エイスース)から国内発売が発表されたZenFone 6。注目したいのは、30周年記念モデルの存在。限定モデルのASUS ZenFone 6 Edition 30 (ZS630KL)は、通常のZenFone 6をさらにハイスペック仕様(RAM12GB / 512GB)に変え、背面にASUSらしいスピン調でかつ30周年記念ロゴが入っています。 また、保証も手厚くなんと国内30ヶ月保証が提供されます。特別な存在のZenFone 6は通常モデルにはないさらなる高級感を放つ。上質で、懐かしい背面加工はAS ...

続きを読む

ZenFone 6と外箱

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL レビュー!インカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラが最強すぎる

どうも、僕はASUSが好き。ちえほん(@chehonz201)です!! さて、今回はASUS最新フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を購入したのでレビューをお届けします。注目は、やはりインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味。また、最新のハイエンド向けCPU搭載や他にはない大容量バッテリー5,000mAhの採用など、目が話せない2019年夏モデル大注目スマートフォンとなっています。 この記事 ...

続きを読む

エイスース

ASUS JAPAN新型スマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を発表 | 発売は8/23から、価格は69,500円(税抜)〜

ASUS JAPANは、発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」にて国内向けに新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を投入することを発表しました。 国内投入されるは「ZenFone 6 ZS630KL」、以下のとおりです。( 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM8GB/ROM256GB (BK256S8) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ZS630KL トワイライトシルバー ...

続きを読む

iPhone 11を買うか買わないか

アップル

2019年今秋に発売されるであろう新型iPhoneは買いますか | 7割近くは買わない・見送り?

2019年iPhoneを買いますか?どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! いよいよ、来月に発表されるであろうApple(アップル)の新型iPhone 11シリーズ(仮名称)。カメラは、5.8インチiPhone Proと6.5インチiPhone Pro Maxの2機種が上位モデルの位置づけでトリプルカメラを搭載、iPhone 11はデュアルカメラを搭載すると言われています。 また、iPhone 11シリーズは以下の三種類が登場すると言われています。 ポイント iPhone 11 ▶ ...

続きを読む

iPhone 2019年モデルのケースを買ってみた

アップル

新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみた | XS Maxに付けても違和感がない。

新型iPhoneはどれを買おう。どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! 今秋、発売予定のアップル新型iPhoneについて様々なリークがされています。今年のiPhoneはカメラ部分が大きく変わると言われています。 ちえほん実際どんな感じになるのか知りたい というわけで、先日のEngadget夏祭りにて山根博士さんから新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみました。 すでにご存知の方も多いかもしれませんが、今年のiPhoneは三種類発売されると言われています。発売されると言わ ...

続きを読む

サムスン

DXOMarkにて「Galaxy Note 10+ 5G」のカメラ評価が登場 | イン・アウトともに世界最高点をマーク

先日、サムスンから発表されたGalaxy Note 10シリーズ。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用しています。共通仕様として、防水防塵対応しています。また今回からBixbyボタン、3.5mmオーディオジャック廃止されています。 スマホカメラを評価しているDXOMarkに、Galaxy Note 10シリーズ「5G」 ...

続きを読む

Note10が発表

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が遂に登場 | Note 9から何が変わるのか、日本国内発売はあるのか

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用し ...

続きを読む

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が発表されました | 日本向けページが登場、5Gは予定通りなし。

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 日本向けページも登場しました。5Gモデルは予定通り記載はなく、Galaxy Note 10 / Note 10+が載せられています。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のト ...

続きを読む

関連記事

-ファーウェイ
-

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.