Google Homeはがっかり感が凄い!満足な点、不満な点、これから期待したいことは?

スポンサーリンク


あまりにも「Google Home」のがっかり感が凄かったので、今後購入される方に向けて、満足な点、不満な点、これから期待したいことについて触れていきたいと思います。「Google Home」とは、10月6日にGoogleが発売したスマートスピーカーです。例えば、「OK Google、今日の天気は?」と喋りかけると、その日の天気を教えてくれたり、その他にもニュースや交通情報、今日一日のニュースなども教えてくる未来感たっぷりの新型デバイスとなっています。価格は、税抜14000円となっています。

そんなメディアでも話題の「Google Home」をいち早く購入、レビューしていこうと思っていましたが、あまりにも想像していた未来感ではなく残念感の方が勝ってしまい、購入レビューよりも先に満足な点、不満な点について書いていこうと思います。あくまで一個人の感想として温かい目でお読みいただけると幸いです。それでは、「Google Home」のがっかり感はどこから出ているのかお楽しみくださいませ。

「Google Home」に未来感はなく、そこにあるのは残念感

個人的な感想としては、まだ「Google Home」に未来を感じることは出来ませんでした。ある程度会話が楽しめて、音声認識もしっかりしている感じを想像していたこともあり、この辺り若干イメージと違ったり、喋りかけると音楽を自動再生することは良いのですが、再生された音楽の音がスピーカーがあまり良くないせいか音がこもっていたりと、正直な話なんだかがっかり感を感じることの多い製品でした。

「Google Home」の満足な点

満足な点
・ボタンを押さずにしゃべりかけるだけで反応する
・明日の天気を聞ける
・伝えるだけで音楽が聞ける
まずは、実際に使って感じた「Google Home」の満足な点をご紹介します。

ボタンを押さずにしゃべりかけるだけで反応する
これが売りだから当たり前ですが、ボタンを押すことなく喋りかけるだけで反応してくれるのは便利でした。手が塞がっている時や料理中に本体に触らずにタイマーセットが出来たりと便利な面が見えてきます。

明日の天気を聞ける
普段、毎朝起床後すぐに今日の天気を確認したり、明日の天気を確認したりすることが多いのでこれは普通に便利な機能でした。

伝えるだけで音楽が聞ける
こちらも喋りかけることだけで完了出来る便利な機能でした。例えば、ロックをかけてやジャズをかけてと指定すればそのジャンルの曲を自動再生してくれたりします。呼びかけるだけで完了してくるのは便利ですね。

残念な点
・とにかくノロノロな設定アプリ
・使用中は専用ACアダプタが必須
・期待したレベルの音声認識には程遠い
・スピーカーから出る音がこもっている
・連携できるアプリが少なすぎる
・「OK Google」もしくは「ねえGoogle」と話かけないといけない

さ、続いて問題の不満点を見ていきましょう。

とにかくノロノロな設定アプリ
「Google Home」を利用する際に必ず「Google Home」アプリから初期設定をしていきます。この「Google Home」アプリの読み込みの遅さは、非常に不満でした。ただし、私自身iPhone 8で設定を行ったのでAndroid版のアプリならもう少しスムーズに設定出来るのかもしれません。相性等もあると思うので・・・ただそれにしても読み込みの遅さ、エラーの多さには正直満足な域には達していないような気がしました。

使用中は専用ACアダプタが必須
案外不便だったのは、「Google Home」に付属している専用ACアダプタです。これがないと「Google Home」は使用出来ないので、あまり持ち運ぶことはないかもしれませんが持ち運ぶ際は「Google Home」と一緒に専用アダプタを持ち歩かないといけません。この辺り、充電規格をType-C等にしてくれると嬉しかったです。

期待したレベルの音声認識には程遠い
個人的に、Googleの音声認識については他社の同様の機能を圧倒しているように感じています。だからこそ、このスマートスピーカーと「会話」を楽しめるんじゃないかと大いに期待していました。結果から言うと、短文会話はそこそこ出来ます。ただ、ちょっと長文になると認識してくれなくなります。また、基本的には聞いたことに対して答えがくるだけなのでスマートフォンで出来ることをそのまま「Google Home」に乗せたという感じです。

スピーカーから出る音がこもっている
「Google Home」のスピーカーから出る音はしっかりこもっています。確かに低音はある程度しっかりしていますが、音がこもっているだけな感じが否めないです。パッケージには、高出力スピーカーにより、クリアな高音と迫力ある重低音で美しいサウンドを実現、と書いてありますがこのスピーカー部分にある程度期待して購入するなら絶対にオススメ出来ません。あくまで喋るスピーカーで、単純に音楽を楽しみたいなら別のスピーカーのみ購入するのをオススメします。それぐらいスピーカーの音に関して不満でした。

連携できるアプリが少なすぎる
すでに使用されている方も多く、使ってみると連携出来るアプリの少なさに驚いたという声も多く聞きます。僕自身も全く同じ感想です。現状、連携出来るアプリが少なすぎる。音楽もGoogle Play MusicもしくはSpotifyのみとかなり限定的です。せめて、自分のiPhoneの音楽アプリに入っている曲を再生出来るなら良かったですが、現状それも出来ません。まだまだ利便性が高いとは言えないと思います。

「OK Google」もしくは「ねえGoogle」と話かけないといけない
使っていて地味に不便なのが、「OK Google」もしくは「ねえGoogle」と話かけないといけないということ、これは個人差があると思いますが、例えばリビングで家族がいるのに「OK Google」もしくは「ねえGoogle」と話しかけるのになんだか違和感を感じました。あまり愛着も沸かないですね。呼びかける名前や「OK Google」もしくは「ねえGoogle」なしで声の認識だけで反応してくれたらそれは素晴らしい未来感だった気がします。

期待したいこと
・設定や操作時の快適さ
・スピーカーの改善
・日常会話を楽しめるレベルの音声認識
・連携出来るアプリの強化

以上を含めて、今後「Google Home」に期待したいことは、設定や操作時の快適さ、スピーカーの改善、日常会話を楽しめるレベルの音声認識、連携出来るアプリの強化です。「Google Home」に未来感はなく、そこにあるのは残念感と書きましたが、すぐそこまで今まで出来たらいいなという未来が近づいてきていることは間違いありません。今後数年で、私達の生活が確実に大きく変わっていくそんな感覚抱けたのは「Google Home」を購入したからかもしれません。この記事を最後までお読み頂きありがとうございました。あくまで一個人の感想でしたが、少しでも参考になればと思います。


この記事を書き上げたと同時に、そっと「Google Home」を箱にしまいしました。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

最新!話題のコスパスマホ!
ASUS ZenFone 4 ZE554KL! デュアルカメラ搭載でさらに使いやすくなった「ZenFone 4」の使ってみて分かった良いところ・悪いところ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!