モバイルドットコム

話題のスマホを中心にガジェットの最新情報を発信中!!

スポンサーリンク

Android GalaxyS8

最新Galaxy S8を開封から外観レビューまでを一挙大公開!【写真24枚記載】

更新日:

話題の最新スマホGalaxy S8の購入レビューをお届けしたいと思います。

Galaxy S8は、Samsung(サムスン)の新型フラッグシップモデルです。海外では、一部の国において既に発売が開始されています。当ブログも早速、海外版Galaxy S8を入手しましたので、購入開封から外観レビューをお伝えしていきます。お読みいただける方に外観デザインが出来るだけ詳しく伝わるように記載写真を多めにしておきました。

Galaxy S8は、間違いなく過去最高のGalaxyでどのスマートフォンよりも革新的です。去年、国内でも話題になったGalaxy S7 edgeでしたが、Galaxy S8はそれ以上の仕上がりになっていて、未来を感じれる一台となっています。まだ体験したことのないことが詰まっているそんなスマートフォンです。

Galaxy S8は、5.8インチSuper AMOLED Infinite Display、解像度は2960×1440、RAM 4GBを搭載し、CPUにはSnapdragon 835もしくはExynos 8895(国によってこと異なる)を採用しています。カメラは、アウトカメラが約1200万画素デュアルピクセルセンサーを採用しており、暗闇でも明るく撮影が可能になっています。大きく変わっているのは、インカメラでGalaxy S7 edgeは約500万画素だったのに対して、Galaxy S8は約800万画素に強化されており、オートフォーカスに対応しました。

またGalaxy S7 edge同様、防水防塵仕様でmicroSDカードも使用が可能になっています。Galaxy S8の大きさは68.1×148.9×8mm、重さは155gと画面が大きくなっているのにも関わらずGalaxy S7 edgeより軽くなっています。また指紋センサー、虹彩認証、顔認証にも対応しています。最新機能がすべて詰め込まれており、ディスプレイも過去のスマートフォンにはない美しさと見やすさを兼ね揃えています。

Galaxy S8 / Galaxy S8+のスペック表


機種名Galaxy S8Galaxy S8 Plus
CPUSnapdragon 835 Snapdragon 835
サイズ148.9 x 68.1 x 8mm159.5 x 73.4 8.1mm
重さ155g173g
ディスプレイサイズ5.8インチ
2960 x 1440
Quad HD+
6.2インチ
2960 x 1440
Quad HD+
RAM4GB4GB
ROM内部ストレージ:64GB
microSD:最大256GB
内部ストレージ:64GB
microSD:最大256GB
アウトカメラデュアルピクセル 12MP F1.7デュアルピクセル 12MP F1.7
インカメラ8MP
AF対応
F1.7
8MP
AF対応
F1.7
バッテリー3000mAh3500mAh
防水・防塵IP68性能IP68性能

 Galaxy S8 / Galaxy S8+に違いは?

Galaxy S8とGalaxy S8+の違いは、画面サイズだけの違いになっています。このあたり上位モデルを作らず、2つのモデルでほぼ同じ仕様にしてくれたのはユーザーへの配慮があって嬉しいですね。というわけで、ユーザー側が自身の使用環境を考えて選択が出来ます。コンパクトで持ち運びを優先するなら5.8インチのGalaxy S8、動画鑑賞や出先での文章入力等の作業が多い方は、6.2インチのGalaxy S8+の方が便利だと思います。この辺りは、自分が使う環境にどちらが合っているのかじっくり考えましょう。

スポンサーリンク

Galaxy S8を開封から外観レビュー!

外箱

Galaxy S8の外箱はこちらです。Galaxy S7 edge外箱にも似ている感じですね。外箱にカバーが付いているのでそれを外して開封となります。箱には、機種名や本体容量の記載があります。

開封

外箱カバーを外して開封するとGalaxy S8が出てきます。透明の初期フィルムが両面に貼られています。

付属品は?

Galaxy S8 海外版の付属品は、おそらく発売されるであろう国内版よりも色々付いています。(国内版は、おそらく充電ケーブル等がない)海外版ということもあり日本国内で使えるACアダプタは付属しないので注意しましょう。Type-Cケーブルは付属しているのと、変換用のType-Cアダプタも付いています。ケーブルに関しては別途購入する必要はありません。

Galaxy S8は、音にもこだわりがあり、32ビットPCMとDSD64 / 128再生をサポートしているので音楽をよりクリアな高音質で楽しむことが可能です。付属品には、AKGがチューニングした付属のイヤホンが付いてきます。

Galaxy S8 外観は?

Galaxy S8は、5.8インチとスマートフォンの中では大画面の部類に入り、大きすぎて持ちにくいと感じる方もいるかと思いますが、既存のイメージとは全く異なる大きさでした。大きさ的には、4.7インチとほぼ同じ幅で、細長になっています。正直、手に持ってみて5.8インチのスマートフォンとは思えない程の大きさと持ちやすさでした。

ベゼルがほとんどないので5.8インチでも大きすぎることはありません。両サイドが、エッジがかっているので安定の持ちやすさです。操作するときにもフィット感があり、入力操作もしやすいです。またホームボタンは画面の下に埋め込まれているのでその部分のスペースも大画面化に繋がっているようです。

Galaxy S8は、背面までシンメトリーにカーブしたなめらかなデザインになっているので持ちやすさに貢献しています。またメインカメラは、同一平面上に見えるよう配置がされているので出っ張りは気にならないようになっています。ただし、僅か数ミリ出っ張りがあります。

Galaxy S8 外観 オモテ

Galaxy S8は、iPhone 7 Plusよりも大きな5.8インチの大画面スマートフォンとなっていますが、ベゼルを極限まで削っているのではiPhone 7 Plusよりもコンパクトに持ちやすくなっています。初めて、Galaxy S8に触れたときとにかく細長いスマートフォンだなという印象でした。Galaxy S8のディスプレイ比は、18.5:9になっており他のスマートフォンにはないものとなっています。このあたりも未来感が凄く、先進的仕様になっています。

Galaxy S8 外観 ウラ

背面上部には、メインカメラに加え、指紋認証が搭載されています。Galaxy S7 edgeでは、本体オモテに物理ボタンと指紋認証が一緒に搭載されていましたが、指紋認証は背面に移動になりました。指紋認証の位置としては、正直使いにくい位置にあります。ただ、Galaxy S8には虹彩認証や顔認証も搭載されてるので指紋認証を使わなくなるということでの配置かもしれませんね。ちなみにあらかじめ画面を起動させておく必要はありません。

Galaxy S8 メインカメラは?

Galaxy S8のメインカメラは、Galaxy S7 edgeに引き続き手軽に、綺麗な写真撮影が可能です。また暗闇でも鮮明な写真撮影も出来るようになっています。Galaxy S8のカメラは、起動から撮影まで速く、高速でピントが合います。ただ、Galaxy S7 edgeから劇的に変わっている感じはしませんでした。もちろん、とても綺麗な写真を撮影できるのでなんの不満もありません。

Galaxy S8 側面

Galaxy S8は、フレーム部分は極端に細くなっています。非常に美しいデザインとなっています。ブラックなので少し見にくくて申し訳ありません。

Galaxy S8シリーズは、Type-Cコネクタを採用しています。バッテリーを使い切っても、急速充電機能が搭載されているのでわずかな時間でもすぐに充電が回復します。ワイヤレス充電器があれば、ケーブルの抜き差しなく充電可能です。意外と、ワイヤレス充電に対応している機種は少ないので実際に使ってみると非常に便利でした。

3.5mmイヤホンジャックを搭載

最近では、iPhone 7シリーズのように3.5mmイヤホンジャックを廃止しているスマートフォンも見受けられます。今回のGalaxy S8シリーズについては、3.5mmイヤホンジャックが付いています。正直、イヤホンジャックは付いている方が便利な気がします。

極細フレーム

先程、お伝えしましたがGalaxy S8のサイドフレームはギリギリの極細フレームになっています。フレーム加工もしっかりされているので美しさに加え、高級感も出ています。

Type-Cコネクタ搭載

USB Type-Cコネクタは、ケーブルの向きを気にすることなく差し込んで充電可能です。最近では、主流になりつつありますね。Galaxy S8のType-C充電ケーブルは、上下の向きが関係ないので差し込むときに間違えることもありません。故障のリスクが減るので安心できますね。

SIMトレイは・・・


今回購入したGalaxy S8海外版は、デュアルSIMカード対応となっています。ただし、microSDを使う場合はデュアルSIMカードを使うことができないので注意が必要です。また、microSDカードスロットは、最大256GBまで外部メモリに対応しています。

虹彩認証 / 顔認証+インカメラ

Galaxy S8は、指紋センサーに加え、虹彩認証、顔認証にも対応しています。虹彩認証については、虹彩パターンの複製は不可能と言われて厳重なセキュリティになります。Galaxy Note 7よりも認証スピードが早くなっていて精度が上がっている感じです。また、顔認証については、認証してロック解除を非常に高速で終えることが可能です。

虹彩のパターンはあなた固有のものであり、複製は不可能と言われています。つまり、虹彩認証は、スマートフォンをロックして内容を非公開にするための最も安全な方法の1つです。

顔認証を利用したロック解除は、本当に早くて指紋認証よりも速いとは言えませんが同等並の認証速度です。

インカメラについては、Galaxy S7 edgeの500万画質から800万画質に強化されており、オートフォーカスにも対応しました。より手軽に綺麗なセルフィを撮影可能です。

ディスプレイ上下にある丸みを帯びている液晶画面

ディスプレイ上下にある液晶画面の丸みについては、最初デザインをみて残念な感じに思っていましたが、使い始めると全く気になりません。なんの違和感もなく利用が可能だと思います。

Galaxy S8には新機能「Bixby」が搭載

Bixbyとは、音声、文字、タッチ、3つの操作方法を使って、様々な情報の検索ややりとりが可能です。例えば、気になっているものを撮影するとそのものを自動で検索してくれたりします。

Galaxy S8には、Bixbyキーというボタンが本体左側に搭載されています。いつでもBixbyを呼び出すことが可能です。

総評

サムスンの新型フラッグシップモデル「Galaxy S8」を徹底的に外観レビューしてみました。「Galaxy S8」は、革新的なスマートフォンでした。見たこともない画面比率や圧巻の操作レスポンス、安定したカメラどれをとっても最高の一台だと感じました。一番驚いたのは、やはり5.8インチの大画面ディスプレイを搭載しているのに、本体サイズは4.7インチiPhone 7と同等のサイズということでした。正直、衝撃的でした。現状、国内での発売は発表されていません(2017年4月28日時点)。今後、日本国内での発売が開始されれば話題になることは間違いないと思います。※Galaxy S8は、現状技適マークは表示出来ていません。自己責任で宜しくお願いします。

Galaxy S8は、完全に「買い」なスマートフォンです。去年、Galaxy S7 edgeのCMでこれはやばい!と言っていましたが、本当にやばいのはこのGalaxy S8シリーズだと感じました。こんなにもスマートフォンが浸透してきているのに、今までにない体験を出来るGalaxy S8、これはやばい!(笑)

ぜひ一度お試しあれ。

Galaxy S8 関連記事はこちら!

Galaxy S8
最新Galaxy S8を開封から外観レビューまでを一挙大公開!【写真24枚記載】
Galaxy S8
「Galaxy S8」におすすめ保護フィルムとケースについて、買って後悔したくない!
Galaxy S8
『Galaxy S8』にオススメなケースはコレ!現状コレ以外考えられない、落下衝撃に強いSpigen ラギッド・アーマーを購入レビュー
Galaxy S8
Galaxy S8のAntutuベンチマークスコア&Geeekbenchスコアを検証してみた!
Galaxy S8
【比較】Galaxy S8のサイズ感が凄すぎる!5.8インチの大画面なのに、本体サイズは4.7インチiPhone 7と同等!?
Galaxy S8
「Galaxy S8」を使ってみてわかった良いところ・悪いところ!【使用感レビュー】
Galaxy S8
「Galaxy S8」のカメラを使ってみた!使用してみて感じたことは・・・?
Galaxy S8
『Galaxy S8』のオススメ保護フィルムはコレ!現状コレ以外考えられない、ケースとの相性も良い◎
Galaxy S8
【初期設定編】これだけはやっておきたい『GalaxyS8』の初期設定はコレ!
Galaxy S8
「Galaxy S8」にこれだけは入れておきたいオススメAndroidアプリ15選
Galaxy S8
Galaxy S8にオススメな保護フィルムはコレで決まり!Spigen Neo Flex(ネオ・フレックス)はどんなケースにも最適◎
Galaxy S8
コスパ最高「Galaxy S8」にオススメなTPUクリアケース Spigen Galaxy S8用ウルトラ・ハイブリッドをレビュー!
Galaxy S8
『Galaxy S8』に最適な本当は教えたくない最高のオススメケースはコレだ!Spigen タフ・アーマーは圧巻の使い心地と安心感ある衝撃吸収
Galaxy S8
「Galaxy S8」を買うべき5つの理由

Galaxy S9 / Galaxy S9+ / Galaxy Note9を購入する一番安く購入するならどこがオススメ?


Galaxy S9 / Galaxy S9+を安く購入するなら、安心安全のイートレンがオススメです。初心者でも購入しやすく、最速翌日到着もあります。すぐにほしい方には特に嬉しいですよね!また、送料がわかりやすく、関税も込みなのであとからの請求もないので安心です。

ETOREN(イートレン)とは?

Etoren.comは香港とシンガポールに販売拠点があるSIMフリーのスマートフォン、タブレット、携帯ガジェットを中心とした家電製品を販売するオンラインサイトです!日本語でのサイト表記、日本人スタッフによる電話、オンラインチャット、メールでの顧客対応。輸入関税、消費税込の商品価格設定にて、配送後の税金支払いも当サイトで対応。また、日本国内に物流/サービス拠点もあり、返品、修理で購入者が海外へ発送する問題もございません!また、取扱商品も、新商品をいち早く発売しており、旧機種含め多くのラインナップをそろえております。商品故障も1年間保証をしておりますため、購入後も安心して使える体制となっております。

当ブログでも海外スマホを輸入する際は、最も信頼を寄せているのがETOREN(イートレン)です。注文後、最短2日で手元に届くスピーディな配送、安心の一年保証付きも魅力的です。また、商品は未開封状態で届くので安心出来ます。

ETOREN(イートレン)の最大の魅力は、関税が込み価格となっているところです。海外スマホを個人輸入する際、後日別途関税を支払うことになります。関税は、スマホの購入金額が高くなればなるほど、関税も高くなります。ちなみに、約10万円のスマホで約5000円の請求が来ます。ETOREN(イートレン)なら関税込み価格なので、後日請求もなく安心です。

Galaxy S9の購入費用は?

価格は、約60,000円(関税込み)です。
送料は、約2,000円
合計で約62,000円程度になります。

Galaxy S9+の購入費用は?

価格は、約70,000円(関税込み)です。
送料は、約2,000円
合計で約72,000円程度になります。

【業界最安値】ETORENにて「Galaxy S9 / Galaxy S9+」が最安値更新!!

今すぐ購入する

※今が買い時、関税込み!!今なら60,000円〜

Galaxy Note9の購入費用は?

価格は、約80,000円(関税込み)です。
送料は、約2,000円
合計で約82,000円程度になります。

【業界最安値】ETORENにて「Galaxy Note 9 」が最安値更新!!

今すぐ購入する

※今が買い時、関税込み!!今なら80,000円〜

Galaxy S9 / Galaxy S9+ 関連記事はこちら!

Galaxy S9 / Galaxy S9+

【厳選10選】これだけは知っておきたい『Galaxy S9+』の便利機能&設定方法まとめ!

Galaxy S9 / Galaxy S9+

【厳選30選】これだけは知っておきたい「Galaxy S9」の便利機能&設定方法まとめ!

Galaxy S9 / Galaxy S9+

『Galaxy S9』オススメ保護フィルムはコレ!現状コレ以外考えられない、ケースとの相性も良い◎

Galaxy S9 / Galaxy S9+

Galaxy S9にオススメなケース・カバーはコレ!全体を保護出来るクリアTPUケース◎

Galaxy S9 / Galaxy S9+

「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」はどっちがオススメ?

Galaxy S9 / Galaxy S9+

最新「Galaxy S9」5日間使用レビュー!使ってみて感じた良い点、悪い点

Galaxy S9 / Galaxy S9+

【驚異の26万点越え】Galaxy S9 SM-G9600 Snapdragon845版のベンチマークスコアを検証!

Galaxy S9 / Galaxy S9+

「iPhone X」と「Galaxy S9」はどちらを買うべきか?

Galaxy S9 / Galaxy S9+

美しさ際立つ「Galaxy S9」を開封から外観レビューまでを一挙大公開!【写真24枚記載】

Galaxy S9 / Galaxy S9+

【初期設定編】これだけはやっておきたい『Galaxy S9+』の初期設定はコレ!

Galaxy S9 / Galaxy S9+

海外版「Galaxy S9+ G965FD」はカメラのシャッター音が無音化可能!設定方法は?

Galaxy S9 / Galaxy S9+

Galaxy S9+のカメラをチェック!ーオート撮影と料理モードを比較

Galaxy S9 / Galaxy S9+

サムスン「Galaxy S9+」4日間使用レビュー!使ってみて分かった良かった点と悪かった点は?

Galaxy S9 / Galaxy S9+

海外版「Galaxy S9+」のベンチマークスコアは?【Exynos9810搭載版】

Galaxy S9 / Galaxy S9+

最新Galaxy S9+を開封から外観レビュー!過去最高に使いやすく、完成された一台に

Galaxy S9 / Galaxy S9+

「Galaxy S9 / Galaxy S9+」にオススメ保護フィルムとケースについて、買って後悔したくない!

Galaxy Note9 関連記事はこちら!

Galaxy Note9

【厳選40選】これだけは知っておきたい「Galaxy Note9」の便利機能&設定方法まとめ

Galaxy Note9

サムスン最新スマホ「Galaxy Note9 SM-N9600」を着弾簡易レビュー!ベンチマークスコアは約28万点!?技適マーク等の気になる点もチェック!

Galaxy Note9

今すぐ『Fortnite:フォートナイト』の限定スキン「Galaxy」がほしいなら海外版「Galaxy Note9」を購入するしかない?

Galaxy Note9

大画面6.4インチ、進化したSペンを添えて「Galaxy Note9」を開封から外観レビューまでを一挙大公開!【写真30枚記載】

Galaxy Note9

「Galaxy Note9」をグッと使いやすくするオススメ保護フィルムとケースについて、買って後悔したくない

Galaxy Note9

Galaxy Note9にオススメな液晶保護フィルム「G-Color 全面保護TPUフィルム」:気泡ゼロでケースと干渉しない◎

Galaxy Note9

最新「Galaxy Note9」5日間使用レビュー!使ってみて感じた良い点、悪い点

Galaxy Note9

これだけは知っておきたいGalaxy Note9の「Sペン」便利機能・使い方・設定・活用方法まとめ!

Galaxy Note9

Galaxy Note9 カメラレビュー:誰でも素敵な写真が撮影できて、コンデジいらず

Galaxy Note9

「iPhone XS」と「Galaxy Note9」を比較してみた:あなたはどちらを買いますか?

スポンサーリンク

関連記事

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.