サムスン

「Galaxy S8」にオススメ保護フィルムとケースについて、買って後悔したくない!

更新日:

せっかく購入した「 GalaxyS8」に傷を付けたくない。でも色々ありすぎてどれが良いのか分からないという方に今回の記事をお届けします。Galaxy S8用の保護フィルムとケースについて、注意点も合わせてご紹介します。

Galaxy S8用の保護フィルムについての注意点は、まずGalaxy S8のフロントパネルが湾曲している点です。通常のガラスフィルムや保護フィルムだと淵が浮いてまったり、サイズがかなり小さかったりして画面をすべて保護出来なかったりします。Galaxy S8用の保護フィルムを購入する時に気を付けたいことは、まず画面の大きさに合っているか、淵が浮いてしまわないか、最後にケースと保護フィルムが干渉しないかです。

ケースについては、カメラ部分の出っ張りを保護出来ていれば基本的には大丈夫だと思います。Galaxy S7 edgeの時もそうでしたが保護フィルムを探すのに苦戦しました。

今回は、Galaxy S7 edgeの時にずっと愛用していたメーカーの商品を購入しました。上記のような問題を解決してくれる保護フィルムとケースのセットなのでおすすめです。価格が安いのもおすすめポイントです。

G-Color Galaxy S8 フィルム 全面保護

パッケージ

G-Colorは、Galaxy S7 edgeの時に利用していた保護フィルムのメーカーです。TPU保護フィルムなので、貼るときだけ気を付ければ全面を浮きなくすべて保護することが可能です。 Galaxy S8用にもすでに発売されているので早速購入しました。

付属品

これ以外に本体に貼り付けるTPU保護フィルムももちろんセットになっています。価格は、約1,000円で保護フィルムとケースがセットになっているのでコスパ良すぎです。しかもケース干渉も少ないケースです。

早速、TPU保護フィルムを貼ってみた!

TPU保護フィルムなので、最初は気泡が入るのは当たり前です。またかなり柔らかいので画面に貼るときに注意して下さい。今回ご紹介しているTPU保護フィルムは、一度貼っても剥がして再度貼り直すことも可能なので焦らず貼りましょう!

☆ポイントは、TPU保護フィルムを貼る前に付属のケースを付けて干渉しないようにTPU保護フィルムをカットしておくことをおすすめします。私は、今回一回り小さく貼る前にカットしました。切った部分が荒いですが、不器用なので勘弁してください。

カットするのは、両サイドと上下です。角の部分も切っておいた方が良いので一周ぐるっとひと回りカットするのがかんたんです。

気泡を抜いていこう!

空気を抜く際は、付属の板のようなものを使いましょう。優しく力を抜いて気泡だけを抜いていきます。

気泡を抜いたあとは、上記のようになっています。徐々に気泡が抜けていくので心配しないでください。

約30分経過・・・もっと寝かしておきます。

約4時間後には、気泡が抜けます!

 

約4時間後には、気泡が抜けて綺麗な状態になります。わずかに残っている気泡をポイントカード等(硬いカードならなんでも大丈夫)で気泡を追い出すように抜いていきます。力の入れ過ぎには注意です。

コツは焦らないことと事前に保護フィルムをカットしておくことです。全面を保護できるのとケース干渉も起こらないのでおすすめです。

付属のケースを付けてみた!

背面は特殊加工がされているので、独特の滲みのようなものは出ないです。TPU保護フィルムとこのケースがセットと考えると非常にお得です。

側面

TPUクリアケースなので、どの色に合わせても大丈夫です。また本体すべてを覆ってくれるので傷が付きにくいのも嬉しいですね。ボタン周りも押しやすいです。

TPU保護フィルムとの干渉もしない

ケースを付けても浮いていません。そのまま貼ると色んなところが浮いてくるので事前にTPU保護フィルムを少し切っておくことは大事です。ちなみに、他のケースを付けても一度カットしておけば大体どのケースを付けてもケース干渉はしません。ただし、Spigen(シュピゲン)のケースを使われる予定の方は多めにカットしておいた方がいいと思います。

とりあえず、ガラス保護フィルムは浮きが出るものが多いのでそういう心配がないTPU保護フィルムをご紹介しました。是非、一度お試しあれ!

Galaxy S8 5.8インチ用はこちら

Galaxy S8+ 6.2インチ用はこちら

スポンサーリンク

Galaxy S8 関連記事はこちら!

Galaxy S8
最新Galaxy S8を開封から外観レビューまでを一挙大公開!【写真24枚記載】
Galaxy S8
「Galaxy S8」におすすめ保護フィルムとケースについて、買って後悔したくない!
Galaxy S8
『Galaxy S8』にオススメなケースはコレ!現状コレ以外考えられない、落下衝撃に強いSpigen ラギッド・アーマーを購入レビュー
Galaxy S8
Galaxy S8のAntutuベンチマークスコア&Geeekbenchスコアを検証してみた!
Galaxy S8
【比較】Galaxy S8のサイズ感が凄すぎる!5.8インチの大画面なのに、本体サイズは4.7インチiPhone 7と同等!?
Galaxy S8
「Galaxy S8」を使ってみてわかった良いところ・悪いところ!【使用感レビュー】
Galaxy S8
「Galaxy S8」のカメラを使ってみた!使用してみて感じたことは・・・?
Galaxy S8
【厳選10選】これだけは知っておきたい「Galaxy S8」の便利機能&設定方法まとめ!
Galaxy S8
『Galaxy S8』のオススメ保護フィルムはコレ!現状コレ以外考えられない、ケースとの相性も良い◎
Galaxy S8
【初期設定編】これだけはやっておきたい『GalaxyS8』の初期設定はコレ!

スポンサーリンク

\ PICK UP!! /

エイスース

【30周年記念モデル】ZenFone 6実機ファーストインプレッション | A部発表会レポート①

ASUS(エイスース)から国内発売が発表されたZenFone 6。注目したいのは、30周年記念モデルの存在。限定モデルのASUS ZenFone 6 Edition 30 (ZS630KL)は、通常のZenFone 6をさらにハイスペック仕様(RAM12GB / 512GB)に変え、背面にASUSらしいスピン調でかつ30周年記念ロゴが入っています。 また、保証も手厚くなんと国内30ヶ月保証が提供されます。特別な存在のZenFone 6は通常モデルにはないさらなる高級感を放つ。上質で、懐かしい背面加工はAS ...

続きを読む

ZenFone 6と外箱

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL レビュー!インカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラが最強すぎる

どうも、僕はASUSが好き。ちえほん(@chehonz201)です!! さて、今回はASUS最新フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を購入したのでレビューをお届けします。注目は、やはりインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味。また、最新のハイエンド向けCPU搭載や他にはない大容量バッテリー5,000mAhの採用など、目が話せない2019年夏モデル大注目スマートフォンとなっています。 この記事 ...

続きを読む

エイスース

ASUS JAPAN新型スマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を発表 | 発売は8/23から、価格は69,500円(税抜)〜

ASUS JAPANは、発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」にて国内向けに新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を投入することを発表しました。 国内投入されるは「ZenFone 6 ZS630KL」、以下のとおりです。( 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM8GB/ROM256GB (BK256S8) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ZS630KL トワイライトシルバー ...

続きを読む

iPhone 11を買うか買わないか

アップル

2019年今秋に発売されるであろう新型iPhoneは買いますか | 7割近くは買わない・見送り?

2019年iPhoneを買いますか?どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! いよいよ、来月に発表されるであろうApple(アップル)の新型iPhone 11シリーズ(仮名称)。カメラは、5.8インチiPhone Proと6.5インチiPhone Pro Maxの2機種が上位モデルの位置づけでトリプルカメラを搭載、iPhone 11はデュアルカメラを搭載すると言われています。 また、iPhone 11シリーズは以下の三種類が登場すると言われています。 ポイント iPhone 11 ▶ ...

続きを読む

iPhone 2019年モデルのケースを買ってみた

アップル

新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみた | XS Maxに付けても違和感がない。

新型iPhoneはどれを買おう。どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! 今秋、発売予定のアップル新型iPhoneについて様々なリークがされています。今年のiPhoneはカメラ部分が大きく変わると言われています。 ちえほん実際どんな感じになるのか知りたい というわけで、先日のEngadget夏祭りにて山根博士さんから新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみました。 すでにご存知の方も多いかもしれませんが、今年のiPhoneは三種類発売されると言われています。発売されると言わ ...

続きを読む

サムスン

DXOMarkにて「Galaxy Note 10+ 5G」のカメラ評価が登場 | イン・アウトともに世界最高点をマーク

先日、サムスンから発表されたGalaxy Note 10シリーズ。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用しています。共通仕様として、防水防塵対応しています。また今回からBixbyボタン、3.5mmオーディオジャック廃止されています。 スマホカメラを評価しているDXOMarkに、Galaxy Note 10シリーズ「5G」 ...

続きを読む

Note10が発表

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が遂に登場 | Note 9から何が変わるのか、日本国内発売はあるのか

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用し ...

続きを読む

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が発表されました | 日本向けページが登場、5Gは予定通りなし。

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 日本向けページも登場しました。5Gモデルは予定通り記載はなく、Galaxy Note 10 / Note 10+が載せられています。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のト ...

続きを読む

関連記事

-サムスン
-

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.