「Xperia XZs」にオススメな保護フィルム!現状コレ以外考えられない、ケースとの相性も良い◎

スポンサーリンク


先日、Xperia XZs(海外版)を購入しました。新品でピカピカのXperia XZsに傷は絶対につけたくない!というわけで、早速保護フィルムをアマゾンにて購入しました。

今回購入した保護フィルムはこちら

最近いつも愛用しているG-Colorさんの画面全体を保護出来るTPU保護フィルムを今回も選びました。こちらの保護フィルムの良さは、湾曲しているディスプレイに対しても、浮きなく全面を保護出来る点です。

最近では、2.5Dガラス採用でディスプレイが湾曲しているスマートフォンをよく見かけます。ディスプレイが湾曲していると通常の保護フィルムやガラスフィルムでは、サイズが小さかったり端が浮いたりして見っともないです。TPU保護フィルムの最大のメリットは、TPUであれば端まで浮きなく貼ることが出来る点です。

デメリットとしては、TPU保護フィルムは非常に薄くてペラペラなので貼る時に注意が必要です。貼り方についても触れていきますので、貼り方さえ間違えなければ非常にオススメな保護フィルムです。やり方さえ間違えなけらば簡単に貼れますよ!アマゾンで良く上手く貼れなかったというレビューコメントを見かけますが、貼り方が間違っているだけのように感じます。

それでは、G-Colorの画面全体を保護出来るTPU保護フィルムをレビューしていきます!

全面を完全保護出来るG-ColorのXperia XZs用TPU保護フィルムをレビュー!

付属品一覧

G-ColorのTPU保護フィルムは、付属品も一通りついてきます。昔は、空気を抜く板が入っていなかったのでポイントカード等で気泡を抜いていましたが、現在では気泡を抜く板も同梱しています。一応、貼り方の手順シートも写真付きであります。

というわけで、早速Xperia XZsに貼ってみた!

上記写真では既にTPU保護フィルムが全面に貼られています。気泡もなく非常に綺麗に貼れます。貼り方のコツは下記の記事を参考にして頂けると簡単に貼ることが出来ます。

TPU保護フィルムの貼り方はこちら

https://www.mobile-com.net/entry/galaxys8-film-tpu/

貼り終えた後、気泡が残っていても問題ない!

TPU保護フィルムの特徴として、どんなに綺麗に貼っても必ず最初は気泡が入ります。なので、焦らずすぐに外すのではなく付属の白い板で丁寧に気泡を抜いていきます。

徐々に気泡が抜けていく

全ての気泡を丁寧に板で押し出していくと上記のように気泡が一切ない綺麗な状態になります。これで完成です。

TPUクリアケースを付けてもケース干渉なし!

先日、アマゾンで購入したオススメTPUクリアケースを付けてもケース干渉しませんでした。もしもケース干渉が怖いということであれば、TPU保護フィルムを貼る前に事前にフィルムをカットしておくと良いかもしれません。ケースによってはフィルムと干渉を起こすものもあるので注意です。

https://www.mobile-com.net/entry/xperiaxzs-tpu-clear-case/

ケース干渉しないオススメTPUケースはこちら

ちなみに、今回ご紹介したG-Colorの保護フィルムは3枚入りになっているので仮に最初貼るのが失敗しても呼びがあるのも嬉しいですよね。

保護フィルムを貼るのが嫌という方にオススメなフッ素コーティング!

最近では、保護フィルムの代わりにフッ素コーティングをして画面を保護するというものも存在します。保護フィルムを貼るのが嫌という方にもフッ素コーティングであれば、コーティングするだけで通常通りそのまま何も貼らずに使えるのでフッ素コーティングもオススメです。

最後に•••

Xperia XZsのフロントパネルは湾曲しています。その影響でガラスフィルムや通常のフィルムでは浮きが出たり、サイズが小さかったりするものもあるので、今回ご紹介した全面を浮かずに保護出来るTPU保護フィルムがオススメです。操作性も全く悪くないので、操作性を気にする方にもオススメです。是非一度お試しあれ!

今回ご紹介したG-ColorのTPU保護フィルムはこちら

Xperia XZsの関連記事はこちら

Xperia XZs購入レビューはこちら

https://www.mobile-com.net/entry/xperiaxzs-review/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

今話題の最新スマホなら
イートレン【Etoren】 安心の日本語対応に、税金関税込みでわかりやすい値段設定、最速2-3日で届く!安心の一年保証あり!
新作!究極のモバイルファースト
WPテーマ「ストーク」 「新しいスマホビュー時代をつくろう」というのをコンセプトに、スマホでの見やすさ、操作しやすさにとことんこだわりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!