ソニー

「Xperia 1」のこれだけは知っておきたい便利機能&基本設定まとめ【厳選9選】

更新日:

ソニーモバイル、2019年夏モデル「Xperia 1」。シリーズ初のトリプルレンズカメラを搭載、スマホ初の瞳AF、世界初となる4K×有機ELディスプレイを搭載するなど、魅力あふれる一台になっています。Xperia 1はバッテリー持ちを長くさせる機能に、より使いやすくする「サイドセンス」など、もっと便利で使いやすくするカスタマイズが沢山あります。

今回の記事では、購入してから最初にやっておきたい基本設定や必ず知っておきたい便利機能を幅広くご紹介していきます。

YouTube動画でもXperia 1の便利機能・設定をご紹介しています。

映像の中でも設定をしておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

サイドセンスの設定方法・使い方

Xperia 1を使う上で必ず使ってほしい機能が「サイドセンス」です。一度使うと便利すぎてもう後には戻れません。サイドセンスは、画面の両サイド(設定は変えられます)をダブルタップすると、ユーザーの利用状況を自動で予測してアプリを表示したり、使いたいアプリを追加しておくことでサイドセンスメニューから起動出来たりします。

Xperia 1のサイドセンス

便利なのは、Xperia 1の縦長スマホの特徴を活かす2画面分割マルチウィンドウが、サイドセンスから起動出来ることです。また、2画面分割で使いたいアプリを事前に登録しておけば、すぐに2つのアプリを起動可能なのも嬉しいポイントです。

サイドセンスの設定方法

設定>画面設定>詳細設定>サイドセンス

サイドセンスには、以下のような詳細設定も搭載されています。

「マルチウィンドウメニュー設定」から事前にペアにしたいアプリを設定しておくことが可能です。(※3つまでペア設定を作れます。)また、サイドセンスの表示位置や透明度、長さ、有効にする側面(左側、右側、両側)から選ぶことが出来ます。

サイドセンスの使い方

サイドセンスの使い方は非常に簡単です。ホーム画面以外にも、アプリ起動時にも使えます。サイドセンスを使う時は、設定した右側面、もしくは左側面をダブルタップします。コツは、フレームとディスプレイの境目をダブルタップする感じです。サイドセンスメニューが起動したら、そのまま好きなアプリ、Wi-Fi等のオンオフ、マルチウィンドウなどを楽しんでみてください。

使えば、使うほどくせになるサイドセンスは是非一度設定を確認して使ってみてくださいね!!

片手モードの設定方法

Xperia 1の「片手モード」は使いやすい!ホームボタンをダブルタップすることで簡単に片手モードへ移行出来ます。超縦長スマホなので、片手モードを併用して使うことでより使いやすく操作が可能になります。

設定>画面設定>詳細設定>片手モード

「片手モード」をオンにすることで、すぐに使い始めることが出来ます。非常に便利な機能なので是非一度使ってみてくださいね!!

音周り(タッチ操作音やロック音)の設定方法

個人的には必ずと言っていいほど最初に設定する項目は、音周り(タッチ操作音やロック音)の設定です。基本設定ではありますが、より使いやすくするためには必要な設定項目だと思っています。

設定>音設定>詳細設定>その他の音とバイブレーション

その他の音とバイブレーションから、「ダイヤルキー操作音」や「画面ロック音」、「充電開始音」、「タッチ操作音」、「タッチ操作時のバイブレーション」機能をオン・オフすることが出来ます。地味に、タッチ操作音やバイブレーションは必要ない派なので、いつもオフにしています。Xperia 1を使い始める最初に設定しておきたい項目です。

指紋認証の設定方法

指紋認証を設定しておくことで、スマートフォンのセキュリティ向上や個人情報の保護に繋がるので必ず設定しておきましょう。

設定>ロック画面とセキュリティ>指紋設定

指紋認証は、登録したい指を何度か繰り返し置いたり離したりしましょう。指紋認証は、非常に便利です。是非、登録しておきましょう。

フォントサイズの設定方法

スマートフォンを使う上で、使いやすい文字サイズに設定しておくことは非常に重要です。

設定>画面設定>フォントサイズ

フォントサイズは、「小」、「標準」、「大」、「最大」から選択出来ます。自分の見やすいサイズに設定しておきましょう。

表示サイズの設定方法

アイコンの表示サイズを変更出来たります。フォントサイズと合わせて変更しておきましょう。


設定>画面設定>表示サイズ

表示サイズは、「小」、「標準」、「大」、「特大」、「最大」から選択が可能です。変更するとすぐにホーム画面のアイコンサイズも変わっています。

STAMINAモードの設定方法

STAMINAモードは、一部の動作を制限することで電池の消費を抑えることが出来ます。使用時間も大幅に伸ばすことも出来ます。

設定>バッテリー>STAMINAモード

STAMINAモードでは、節電レベルも調整が可能になっています。Xperia 1では、「電池持ちを優先したい」、「バランスよく節電したい」の2種類から選択が可能になっています。STAMINAモードは、比較的強く機能に制限をかけるわけではないので、日常的な利用は問題ありません。ただし、ゲームをやる時はSTAMINAモードをオフにしておきましょう。

いたわり充電の設定方法

「いたわり充電」は、電池の寿命を延ばすための機能です。充電の習慣(充電器に長く接続している時間帯)を学習して充電速度を自動で調節することで、バッテリーの性能をよりよい状態に保つことが出来ます。結果、バッテリーの寿命を延ばすことが出来ます。

設定>バッテリー>いたわり充電

「いたわり充電」をオンにすればあとは自動で調節が始まります。個人的には、挙動に不安があるときがあるのでオフにしています。使う時は一度様子を見るのが良いかもしれません。

通知周りの設定方法

通知周りの設定方法をご紹介します。

設定>アプリと通知>通知の設定

LEDの点滅による通知設定など、愛用されている方もいると思います。一度、是非通知周りの設定を見直しておきましょう。

最後に・・・

「Xperia 1」のこれだけは知っておきたい便利機能&基本設定をまとめてみました。Xperia 1には様々な機能が沢山搭載されています。

必ず設定しておきたい項目は、やはり「サイドセンス」です。Xperia 1を使う上でもっとも役立つ機能です。また指紋認証も登録しておくと、もしもの時に役立つので是非設定しておきましょう。

Xperia 1をより自分に合ったカスタマイズをして、Xperia 1をより楽しみながら使っていきましましょう。

Xperia 1購入するならオンラインショップがおすすめ!!待ち時間なし、自宅で受け取れる!!

国内版Xperia 1が買えるところ

スポンサーリンク

\ PICK UP!! /

エイスース

ASUS JAPAN新型スマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を発表 | 動くフリップカメラが特徴的だ

ASUS JAPANは、発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」にて国内向けに新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を投入することを発表しました。 国内投入されるは「ZenFone 6 ZS630KL」、以下のとおりです。( 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM8GB/ROM256GB (BK256S8) ZenFone 6 ZS630KL トワイライトシルバー RAM8GB/ROM256GB (SL25 ...

続きを読む

iPhone 11を買うか買わないか

アップル

2019年今秋に発売されるであろう新型iPhoneは買いますか | 7割近くは買わない・見送り?

2019年iPhoneを買いますか?どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! いよいよ、来月に発表されるであろうApple(アップル)の新型iPhone 11シリーズ(仮名称)。カメラは、5.8インチiPhone Proと6.5インチiPhone Pro Maxの2機種が上位モデルの位置づけでトリプルカメラを搭載、iPhone 11はデュアルカメラを搭載すると言われています。 また、iPhone 11シリーズは以下の三種類が登場すると言われています。 ポイント iPhone 11 ▶ ...

続きを読む

iPhone 2019年モデルのケースを買ってみた

アップル

新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみた | XS Maxに付けても違和感がない。

新型iPhoneはどれを買おう。どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! 今秋、発売予定のアップル新型iPhoneについて様々なリークがされています。今年のiPhoneはカメラ部分が大きく変わると言われています。 ちえほん実際どんな感じになるのか知りたい というわけで、先日のEngadget夏祭りにて山根博士さんから新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみました。 すでにご存知の方も多いかもしれませんが、今年のiPhoneは三種類発売されると言われています。発売されると言わ ...

続きを読む

サムスン

DXOMarkにて「Galaxy Note 10+ 5G」のカメラ評価が登場 | イン・アウトともに世界最高点をマーク

先日、サムスンから発表されたGalaxy Note 10シリーズ。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用しています。共通仕様として、防水防塵対応しています。また今回からBixbyボタン、3.5mmオーディオジャック廃止されています。 スマホカメラを評価しているDXOMarkに、Galaxy Note 10シリーズ「5G」 ...

続きを読む

Note10が発表

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が遂に登場 | Note 9から何が変わるのか、日本国内発売はあるのか

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用し ...

続きを読む

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が発表されました | 日本向けページが登場、5Gは予定通りなし。

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 日本向けページも登場しました。5Gモデルは予定通り記載はなく、Galaxy Note 10 / Note 10+が載せられています。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のト ...

続きを読む

GalaxyNote10

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+ってどんな機種なのか?【スペック・仕様・発売日・特徴】

Galaxy Note 10シリーズが欲しい!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月7日(日本時間では8月8日午前5時頃)から米国にてサムスン最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10シリーズが発表されるイベントで発表されました。 最新Noteシリーズは、今回は2種類。6.3インチのGalaxy Note 10、6.8インチのGalaxy Note 10+が発売されると言われています。もちろん、大人気のSペンは搭載、新しいグラーデーションカラーが追加されるなど、楽しみで ...

続きを読む

ファーウェイ

HUAWEI P30 liteをレビュー!P20 liteよりも大幅性能向上、コスパ最強スマホ再び【写真40枚記載】

どうも、HUAWEI P30シリーズ最高!ちえほん(@chehonz201)です。 今回は、HUAWEI P30シリーズの中で最もコスパ最強スマホHUAWEI P30 liteファーウェイピーサーティーライトをレビューしていきます。去年、2018年に最も売れたSIMフリースマホ「HUAWEI P20 lite」の後継機です。 国内版が発表!! HUAWEI P30 lite ⇒ 発売日は2019年5月24日(金)、価格は32,880円(税抜)〜 追記: 国内版 HUAWEI P30 liteについて 国内 ...

続きを読む

関連記事

-ソニー
-,

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.