スポンサーリンク

あなたはスマホや携帯端末にいくらまで払えますか?【2019年版】

投稿日:

最近のスマートフォンは高すぎやしないか気になっているちえほん(@Mobilecom777)です。

みなさん、スマホや携帯端末にいくらまで払えますか?

どうも、最近はスマホや携帯端末が高くなりすぎているように感じます。

また今後の流れとして、総務省は「完全分離プラン」を導入させることを検討しています。

これにより、メリットしては携帯電話の通信料金が値下げされます。

一方で端末の割引がなくなることが予想されています。

端末の値引きがなくなれば、これまで安くみえていた端末代金が高くなるように見えるというデメリットが出ます。

ということは、近年次々と10万円を超えるような下記のような最新スマホを割引の補助がなく購入していかねばなりません。

【1分でわかる】Galaxy S10e / Galaxy S10 / Galaxy S10+をサクッと最新3機種知りたい方向け!
【1分でわかる新型Xperia】ソニーが発表した「Xperia 1 / Xperia 10 /Xperia 10 Plus」スペック仕様、発売時期、価格まとめ!

なんと、約30万円のスマートフォンも登場しました!!

「Huawei Mate X」ってどんな機種なのか?スペック仕様、レビュー動画、発売時期、価格、ツイッター上の反応など最新情報

そこで気になったのが、スマホや携帯端末にいくらまで払えるのかということ。

僕自身は、スマホブログをやっていることもあり15万円を超えるスマホを購入することもあります。

ただ、もしブログをやっていなかったと考えると10万円を超えるようなスマートフォンは買わない気がします。

買わない理由は以下のとおりです。

買わない理由

▶約1〜2年間で1回変えるスマホに10万円もかけられない

個人的に、10万円を超えるスマホを買わない理由です。

考えてもみてください。

約1〜2年間で1回変えるスマホに10万円もかけられますか?

冷蔵庫やエアコンのような長期利用出来るものであればもちろん、ありだと思います。

スマートフォンの場合は、毎日使うものだからこそ約2年経てばそれ相応にバッテリーがヘタります。

バッテリーの持ちが悪くなったと感じることもあると思います。

動作が重くなったりすることもあるでしょう。

そのため、ストレスなくスマホを使っていくなら最低でも約1〜2年間で1回変える必要があると思います。

それなのに、価格が約10万円を超えてしまっているということは問題な気がします。

と、僕の意見ばかり言っていてもしょうがないのでツイッター上でアンケートを取ってみました。

あなたはいくらまでのスマホなら買いますか?

最終投票数、663票になりました。

ご協力頂いた方には、この場をお借りして感謝致します。

それでは、結果を分析していきましょう。

結果

▶27% : 5万円まで
▶44% : 10万円まで
▶22% : 15万円まで
▶7%  : 30万円まで

600人以上のご回答を頂いたのでかなり信頼性のあるアンケートになりました。

結果、10万円までのスマホなら買えるという結果になりました。

正直、やっぱりという感じです。

僕の周りでも数人聞いてみたところ、やはりスマホには10万円までしか出せないという方が一番多かったです。

約半数の方が、10万円までしか出せないという結果をメーカーは深刻に受け止める必要があると思います。

最近スマートフォンは、どれも本当に素晴らしいスマートフォンです。

十分に価格相応の機能やスペック、デザインを備えています。

ただ、今の消費者のニーズを考えて新しいスマートフォンを作っているのか気になります。

最新スペックで、超ハイエンドなモデルを出すのも戦略としては間違っていないようにも思いますが、

どうも、最近は消費者が置いてきぼりなような気がします。

改めて、総務省は「完全分離プラン」を導入させることを検討しています。

先程もお伝えしましたが、端末の割引がなくなることが予想されます。

最近では、型落ちのスマートフォンでも非常に魅力的なスマホは沢山あります。

最新スマホの性能がどんどん良くなるから高くなるのはしょうがないと理解を示すのも必要ですが、

消費者側も今一度、スマホや携帯端末にいくらまで払えるのか。

そして、そのスマートフォンは自分に本当に最適なのか考える必要がある気がします。

スポンサーリンク

関連記事

-雑記
-, ,

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.