モバイルドットコム

話題のスマホを中心にガジェットの最新情報を発信中!!

スマホ/通信

ソフトバンクが2019年夏モデルを発表!最新スマホのスペック・仕様や特徴、発売日まとめ!

投稿日:

ソフトバンク(Softbank)が先程、夏の新機種を発表しました。早速、発表されたスマートフォンをまとめてみました。ソフトバンクが2019年の新型夏モデルに発表したスマートフォンは、次の6機種です。ソニー Xperia 1、シャープ AQUOS R3、富士通 arrows U、LG K50、Google Pixel 3a、Google Pixel 3a XLとなっています。

この記事では、ソフトバンクが2019年の新型夏モデルに発表したスマートフォンのスペック・仕様について、また特徴も公開しております。発売日についても記載済みです。ただし、明確な日付が出ていないスマートフォンもありますのでご注意ください。

ソフトバンク2019年夏モデル(スマホ)

  • ソニー Xperia 1 (6月中旬以降発売):ハイエンドモデル
  • シャープ AQUOS R3(5月下旬以降発売):ハイエンドモデル
  • 富士通 arrows U(6月下旬以降発売):エントリーモデル
  • LG K50(7月上旬以降発売):エントリーモデル
  • Google Pixel 3a(5月17日発売):ミッドレンジモデル
  • Google Pixel 3a XL(5月17日発売)ミッドレンジモデル
ちえほん
個人的に注目したいのは、やっぱりSONY Xperia 1!!ソフトバンクで2019年夏モデルを買うならぜひ、検討してみてほしい一台です!

ソフトバンクの2019年夏モデルの印象としては、バランスの取れているラインナップにしてきたという印象を受けます。ハイエンドモデルは、ソニー Xperia 1、シャープ AQUOS R3とどちらも素晴らしいスマートフォンになっています。Galaxyシリーズがソフトバンクからは随分出ていなかったので、Galaxy Sシリーズ10周年と合わせて出してくるのかなと期待していましたが、見送られたようです。

注目は、やはりXperia 1でしょう。以前から人気があったカラーのパープルも復活、カメラ最強の名を取り戻すと言わんばかりのカメラ仕様にも注目したいところです。特に、デジタル一眼のハイエンドモデルに搭載されている瞳AFをスマホで初対応させたのも個人的にはチェックしたいポイントです!!

それでは、詳しくソフトバンクの2019年夏モデルの新商品をみていきましょう!!

【公式】Softbank 2019年夏モデルについて

SONY Xperia 1

Xperia 1の特徴!

  • 世界で初めて4K HDRに対応した有機ELディスプレイを採用
  • トリプルレンズカメラと世界初の「瞳AF」に対応!
  • 最新チップセットSnapdragon855を採用!
機種名 Xperia 1
CPU Snapdragon855
内蔵メモリ容量 (ROM) 内蔵ストレージ:64GB
内蔵メモリ容量 (RAM) RAM:6GB
ディスプレイ(画面)サイズ 6.5インチ有機ELディスプレイ
(Gorilla Glass 6)
アスペクト比21:9
4K HDR OLED
解像度3,840 x 1,644px
メインカメラ トリプルカメラ
1220万画素(標準)+1220万画素(超広角レンズ)+1220万画素(2倍望遠レンズ)
F1.6
サブカメラ シングルカメラ
8MP
バッテリー 3200mAh
SIM スロット Nano SIM
OS Android 9.0
サイズ 167×72×8.2 mm
重さ 178g
カラー ブラック
パープル
ホワイト
防水/防塵 IPX5、IPX8/IP6X
その他 USB Type-C

Xperia 1のココが凄い!

世界で初めて4K HDRに対応した有機ELディスプレイ、さらに21:9のシネマワイドディスプレイを採用していて、6.5インチ超縦長スマートフォンになっています。大画面により2つのアプリを見やすく同時に表示して、SNSしながら、YouTubeなんてことも縦長だから容易に出来ます。

また、これまでSONYがデジタル一眼カメラαの技術、瞳AF(オートフォーカス)」をスマホでは世界初となる対応をしました。瞳を検出してフォーカスを合わせる「瞳 AF(オートフォーカス)」は、高級ハイエンドカメラに搭載されていたものなのでやはり期待値は高いですね!また、シリーズ初となる標準・望遠・超広角のトリプルレンズカメラを搭載しているのも、カメラが強いXperiaが戻って来てくれた印象です。

スポンサーリンク

シャープ AQUOS R3

AQUOS R3の特徴!

  • 最大表示可能色数が10億色の「ProIGZOディスプレー」を搭載
  • シャープ独自のAIシステム用いたデュアルカメラ
  • 最新チップセットSnapdragon855を採用!
機種名 AQUOS R3
CPU Snapdragon855
内蔵メモリ容量 (ROM) 内蔵ストレージ:128GB
内蔵メモリ容量 (RAM) RAM:6GB
ディスプレイ(画面)サイズ 約 6.2 インチ
Quad HD+
解像度(3,120×1,440 ドット)
Pro IGZO
メインカメラ 静止画用:1,220 万画素
動画用:2,010 万画素
サブカメラ 1,630 万画素
バッテリー 3200mAh
OS Android 9.0
サイズ 156×74×8.9mm
重さ 185g
カラー エレガントグリーン
プレミアムブラック
プラチナホワイト
防水/防塵 IPX5、IPX8/IP6X
その他 USB Type-C

AQUOS R3のココが凄い!

シャープ最新フラッグシップモデルAQUOS R3は、最大表示可能色数が10億色の約6.2インチの「ProIGZOディスプレー」を搭載しています。最大輝度も前モデルと比べて約2倍になり、より美しい写真や動画を楽しむことができるようになっています。また、「ハイスピードIGZO」対応のため、動きの激しい動画や画面スクロール時の文字の残像を抑えて滑らかに表示することが可能てとなっています。

また、これまで同様に動画用と静止画用の2つのカメラを搭載しています。進化したシャープ独自のAI(人工知能)システムが動いている被写体を分析し、動きに合わせた最適なシャッタースピ ードを設定するため、動いている被写体でもピントがずれることなく撮影が出来るようになっている。

注目は、Xperia 1同様ハイエンドモデルCPU、スナドラ855を搭載していることです。快適で、安心した動作を体感出来ることでしょう。また、シャープ独自の放熱設計や高速通信対応によりゲームや動画視聴がより快適に シャープ独自の放熱設計が素早く熱を拡散するため、本体が熱を持ちにくくなっているようです。

富士通 arrows U

arrows Uの特徴!

  • arrowsシリーズ初のノッチディスプレイ・デュアルカメラを搭載!
  • 最新トレンドを盛り込んだエントリーモデル
  • 防水(IPX5/IPX8)と防じん(IP6X)に対応!
機種名 arrows U
CPU Snapdragon450
内蔵メモリ容量 (ROM) 内蔵ストレージ:32GB
内蔵メモリ容量 (RAM) RAM:3GB
ディスプレイ(画面)サイズ 約 5.8 インチ
フルHD+
解像度(2,280×1,080 ドット)
メインカメラ デュアルカメラ
1,310万画素+500万画素
サブカメラ 800万画素
バッテリー 2880mAh
OS Android 9.0
サイズ 149×72×8.7mm
重さ 165g
カラー ブルー
ホワイト
ブラック
防水/防塵 IPX5、IPX8/IP6X

富士通 arrows Uのココが凄い!

他社のハイエンドモデルと比較するのはナンセンスです。今回の富士通 arrows Uは、最新のトレンドを盛り込んだエントリーモデルとなっています。注目したいのは、台形ノッチディスプレイを採用した約5.8インチの大画面ディスプレイ、シリーズ初となるデュアルカメラを搭載し、まるで一眼レフで撮影したかのような背景をぼかした写真撮影も可能になっています。

また、ワンタッチで Google アシスタントを立ち上げることができる専用のサイドキー「アシスタント キー」を搭載しています。Googleアシスタントをもっと身近に、もっと手軽に使えるようになっています。

LG K50

LG K50の特徴!

  • 3,500mAhの大容量バッテリーを搭載!
  • 約6.26インチの大画面ディスプレイ
  • 約1,300万画素と約200万画素のデュアルカメラ!
機種名 LG K50
CPU MediaTek Helio P22
内蔵メモリ容量 (ROM) 内蔵ストレージ:32GB
内蔵メモリ容量 (RAM) RAM:3GB
ディスプレイ(画面)サイズ 約 6.26インチ
HD+
解像度(1,520×720 ドット)
メインカメラ デュアルカメラ
1,300万画素+200万画素
サブカメラ 1,300万画素
バッテリー 3,500mAh
OS Android 9.0
サイズ 161×77×8.7mm
重さ 172g
カラー スペースブルー
プラチナシルバー
防水/防塵 無し

LG K50のココが凄い!

LG K50は、エントリーモデルなのでココというのが正直難しいスマートフォンになっています。強いて言うならば、約6.26インチHD+の大画面で、全体に映像が広がる「FullVision」ディスプレイを搭載、19:9なので持ちやすさも損なわないところや、トレンドであるデュアルカメラの搭載、バッテリー持ちにも力を入れているという点です。

Google Pixel 3a / Pixel 3a XL

Google Pixel 3a / Pixel 3a XLの特徴!

  • メインカメラがハイエンドモデルと同様仕様!
  • Pixel3シリーズよりもバッテリー容量がUP!
  • Felica搭載、Wi-Fiは5GHzに対応!
ちえほん
タブを切り替えて見てくださいね!!

機種名 Google Pixel 3a
CPU Snapdragon 670
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
ディスプレイ(画面)サイズ 5.6インチ有機ELディスプレイ
アスペクト比18.5:9
解像度(1080 x 2220px)
メインカメラ 1200万画素
サブカメラ 800万画素
バッテリー 3000mAh
SIM スロット Nano SIM
OS Android 9.0
重さ 150g
カラー Just Black
Clearly White
Purple-ish
その他 USB Type-C
18W急速充電

機種名 Google Pixel 3a XL
CPU Snapdragon 670
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
ディスプレイ(画面)サイズ 6.0インチ有機ELディスプレイ
アスペクト比18:9
解像度(1080 x 2160px)
メインカメラ 1200万画素
サブカメラ 800万画素
バッテリー 3700mAh
SIM スロット Nano SIM
OS Android 9.0
重さ 170g
カラー Just Black
Clearly White
Purple-ish
その他 USB Type-C
18W急速充電

Google Pixel 3a / Pixel 3a XLのココが凄い!

Google Pixel 3a / Pixel 3a XLの凄いところは、やはり価格がハイエンドモデルGoogle Pixel 3よりも安いことにあります。ただし、キャリアモデルはSIMフリーよりも高いのと、現在Google Pixel 3および、Google Pixel 3 XLの値段が下がっているのでお得感は減るかもしれません。

それでも、ハイエンドモデルと同様のカメラ仕様や、バッテリー持ちの改善が図られているGoogle Pixel 3a / Pixel 3a XLは魅力手なスマートフォンだと思います。

Google Pixel 3a / Pixel 3a XLを選ぶならSIMフリーモデルのほうが良いかもしれません▼

スポンサーリンク

関連記事

-スマホ/通信
-

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.