シェアする

格安iPadが遂に登場!「2017年版 iPad 9.7インチ」実機レビュー!

シェアする

2017年版iPad 9.7インチの実機レビューをしていきたいきたいと思います。まず、最初にお伝えしたいのは買い替えをおすすめ出来る人です。これは、iPad Air初代までのiPadを利用されている方には、十分買い替えをお勧め出来る仕上がりになっています。

逆にiPad Air2以降のiPadをお持ちの方はまず買い換える必要はないと思います。今回の2017年版iPadの最大の魅力は、過去の新型iPadで恐らく一番安い価格設定です。ここが最大の魅力となってくるわけですが、いくつか見逃せない点もあります。そのあたりも触れつつ実機レビューしていきたいと思います。

2017年版iPad 9.7インチ実機レビュー!

見た目は、iPad Air!中身は、iPhone6s並み

見た目は、iPad Airそのものです。正直、よく見ないと見分けがつかないレベルでそっくりとなっています。ただ、中身はiPad Air 2を超える性能となっています。そこに圧倒的価格の安さが加わるので確かに魅力的な製品だと思います。

ただし、先にも挙げた見逃せない点の一つは、iPadを手に持ち続けて操作するのにはつらい重さであることです。実は、新型2017年版iPadの重さは、iPad Airと同じ重さです。現行のiPad Pro 9.7インチやiPad Airと比べると明らかに重く感じます。個人的な意見にはなってしまいますが、軽さは正義。すでにiPad Air2以降のiPadを持っている方には辛い重さになっているはずです。ただ、iPad Air初代からの買い換えであればこの辺りは問題ないと思います。


背面もiPad Airにそっくりな仕上がりになっています。2017年版iPadは、フレームに艶がない状態となっています。iPhone SEと似たような加工と素材になっています。若干高級感には、かける仕上がりになっています。




比べると分かるんですが、2017年版iPadは側面の分厚さもiPad Air2以降と比べるとだいぶ分厚く感じます。

初代iPad Airには、側面にマナーボタンがありましたが新型のiPadでは廃止それています。

最後に

2017年版iPadは、確かに安い。安いのにしっかり動きます。iPad Air初代よりも前のiPadを使っている方は是非買い換えた方が良いように感じました。一方で、iPad Air2以降のiPadを使っている方には正直買い換えのメリットはないように感じます。

サブでiPadを使いたい、出来るだけ安く済ませたいという方にはお勧め出来る一台となっています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク