ファーウェイ

Huawei P10を使ってみて感じた良いところ・悪いところ!

更新日:

Huawei P10を一週間使ってみて感じた良いところ・悪いところはをまとめていきたいと思います。素直に感じたのは、Huawei P10の完成度の高さは個人的には早くも2017年ベストバイスマホになるんじゃないかと思うぐらい満足度が高い一台となっています。

Huawei P9からの進化点は、いくつかありますが目玉となるのはLeicaダブルレンズのカメラをさらに強化した仕様だったり、さらにハイエンドモデルとして磨きをかけたスペック内容、コンパクトながらパワフルに動いてくれるのは素晴らしいです。また、従来の指紋認証をフロントパネルに移し、本体を置いたままでも指紋認証が可能になったり、ホームボタンとして使用出来るようになったのも非常にありがたい変更だと感じました。

総合的にみても、Huawei P10は買いなスマートフォンで間違いないと思います。長くなりましたので、こちらの記事は2ページに渡って続いております。

外観・デザイン

Huawei P10の外観・デザインについては、 Huawei P9から大きく変わったと感じています。特に大きく変わったのは、背面の指紋認証ユニットだと思います。Huawei P10では、フロントパネル側に搭載されたことにより個人的には利便性が飛躍的に良くなったと感じています。Huawei P9の指紋認証を使っている時に良く感じていたのは、机に置いたまま指紋認証を解除するには一度手に持たないといけませんでした。Huawei P9の指紋認証が高速だったこともありパスワード入力するよりも断然便利でした。Huawei P10では、指紋認証がフロント側になったことにより机に置いたままでも指紋認証が可能になりました。非常に便利です。

デザインについて、一部気になるの背面のアンテナラインです。何か見たことあると感じた方もいるのではないでしょうか?Huawei P10のアンテナラインは、iPhone 7シリーズのアンテナラインに非常に良く似ています。Huawei P9の時にはなかったのでこの辺りなんとかならなかったのか疑問に感じました。

スポンサーリンク

ディスプレイ

Huawei P10のディスプレイは、5.1インチ1920×1080フルHDとなっています。十分綺麗です。Huawei P10 Plusは、2K仕様になっているのでこの辺りはお好みです。5.1インチということもあり、非常にコンパクトになっています。

Huawei P9は、5.2インチ1920×1080フルHDとなっているのでHuawei P10になってもこの辺りは変わりなしでした。長時間でも十分に使っていることが可能です。ディスプレイの解像度が高ければ高いほど、きめ細やかな表示は可能になりますが、1920×1080フルHDであれば普段使用にはなんら問題ありません。

ホームボタン

Huawei P10で大きく変わった部分の一つ、ホームボタン。個人的には、劇的に使いやすくなったと感じる反面、使いにくくなる部分もありました。まず、劇的に使いやすくなった点は指紋認証+ホームボタンを同時に利用出来るようになったことです。今までは、それぞれが独立した使い方をしていました。Huawei P9で背面にある指紋認証を使う時に必ず、手に持たないといけませんでした。

Huawei P10は、指紋認証が前面に搭載されたことにより手に持たずに指紋認証が行える。また、指紋認証+ホームボタンを併用出来るのでナビゲーションバーをナビゲーションボタン(ホームボタン)として統合が出来るようになりました。

ナビゲーションボタンを利用することで、複数の操作がホームボタン一つで可能となります。例えば、一つ戻るやホーム画面に戻る、マルチタスク起動など様々な操作が指紋認証と併用して利用可能となっています。

Huawei P10ナビゲーションバーをホームボタンに統合する方法>>

Huawei P9ではなかった操作方法が可能となり、利便性がかなり増したように感じました。ただ、マルチタスク起動やGoogle機能呼び出し方法が意外と難しかったりするのでこの辺りの修正、改善がされるとさらに使い勝手がよくなると感じました。

スポンサーリンク

バッテリー

Huawei P10のバッテリー持ちの良さについては、非常に良いと感じています。Huawei P9よりもバッテリー持ちが改善されています。設定環境や使用環境によってしまいますが、個人的な利用方法であれば余裕で一日は持ちます。Huawei P9は、3000mAh、Huawei P10は、3200mAhと搭載バッテリーは増えています。現状、私の使い方であれば一日半程度は使用が可能となっています。

一つ気になるのは、長時間使用していると本体がわずかに熱を持つことがあります。ただ、スマートフォンではよくあることなのであまり気になりません。防水防塵仕様ではないですが、熱が篭りやすい設計になっているのかもしれませんね。

軽さ、コンパクトさ

Huawei P10の軽さとコンパクトさは文句なしの100点満点です。日常使用で持ち運びのことを考えるとどうしてもこのぐらいコンパクトで片手で操作が容易に出来る機種を探してしまいますが、Huawei P10はベストな大きさ軽さコンパクトさだと感じています。ただ、重さはHuawei P9(約144g)わずか1gですが、Huawei P10(約145g)の方が重くなっています。この差は、誤差程度なので恐らく気づきません。

Huawei P9よりも丸みを帯びたデザインになっていて持ちやすさも向上していてるので誰でも扱いやすいSIMフリースマートフォンとなっています。

スピーカー

スピーカーについては、モノラルなのかステレオなのかの記載が公式詳細にも記載がされていません。この辺りも一つの購入判断材料になっている方もいると思うのではっきり記載してもらいたいですね。ただ、ステレオスピーカーを搭載している可能性も十分にありそうです。(詳細未確定)

 

次のページへ >

スポンサーリンク

\ PICK UP!! /

エイスース

国内版ASUS ZenFone 6 ZS630KLの発表会イベントレポート動画をYouTubeに公開しました!

先日、国内で行われたイベントで発表されたASUS ZenFone 6 ZS630KLのレポート動画をYouTubeに公開しました。ASUSにご招待頂き一足先にイベント会場内で実機を試しております。 動画の後半にはZenFone 6の試作機の映像も後半に登場します。触ることは出来ませんでしたが、色々なモックが展示されていました。また、実機の国内版ZenFone 6の映像もあるので、ミッドナイトブラックおよびトワイライトシルバーの色味も感じてもらえます。 また、30周年記念モデルについても映像にしております。 ...

続きを読む

ASUS新製品ZenFone 6含む発表会イベント

エイスース

ASUS新製品ZenFone 6含む発表会イベントレポート | 創立30周年&ジョニー・シー会長が登壇

ASUS発表会イベントに初参戦。どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 本記事では、ASUS JAPAN発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」の様子をレポートしていきます。発表会では、国内向け新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」の発表や新型ノートPC2「ZenBook Pro Duo」についてなど、魅力的な新製品が発表されました。その時の興奮や感動を少しでもお届け出来たら幸いです。 まず、本題に入る前に発表会にお招き頂いたAS ...

続きを読む

Amazonスマートフォン本体の売れ筋ランキング第1位にZenFone6がランクイン

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL (6GB/128GB) | Amazonスマートフォン本体の売れ筋ランキング第1位に

先日、国内発売が発表されたASUS最新フラッグシップモデルZenFone 6。すでに国内では、各ショップにて予約が開始されており、いよいよ明日8月23日に発売が開始されます。 国内投入される「ZenFone 6 ZS630KL」は、以下のとおりです。(一部モデルのみ順次投入) 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM6GB/ROM128GB (BK128S6) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ZS630KL トワイライトシルバー RAM6GB/ ...

続きを読む

国内版ZenFone 6の実機をチェック

エイスース

国内版ZenFone 6(トワイライトシルバー/ミッドナイトブラック)の実機をチェック | 見れば見るほど欲しくなるんだよ。

ZenFone 6は最高だぞッ!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! ちえほん見れば見るほど欲しくなるんだよ。 遂に国内版の発売が決まったASUS渾身の最新フラッグシップ「ZenFone 6」。国内では初となるインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味で、アウトカメラ(メインカメラ)でインカメラも撮れる自撮りやグループ撮影にも使える万能なカメラです。 本記事では、ASUS JAPANの発表会イベント ...

続きを読む

エイスース

【30周年記念モデル】ZenFone 6実機ファーストインプレッション | A部発表会レポート①

ASUS(エイスース)から国内発売が発表されたZenFone 6。注目したいのは、30周年記念モデルの存在。限定モデルのASUS ZenFone 6 Edition 30 (ZS630KL)は、通常のZenFone 6をさらにハイスペック仕様(RAM12GB / 512GB)に変え、背面にASUSらしいスピン調でかつ30周年記念ロゴが入っています。 また、保証も手厚くなんと国内30ヶ月保証が提供されます。特別な存在のZenFone 6は通常モデルにはないさらなる高級感を放つ。上質で、懐かしい背面加工はAS ...

続きを読む

ZenFone 6と外箱

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL レビュー!インカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラが最強すぎる

どうも、僕はASUSが好き。ちえほん(@chehonz201)です!! さて、今回はASUS最新フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を購入したのでレビューをお届けします。注目は、やはりインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味。また、最新のハイエンド向けCPU搭載や他にはない大容量バッテリー5,000mAhの採用など、目が話せない2019年夏モデル大注目スマートフォンとなっています。 この記事 ...

続きを読む

エイスース

ASUS JAPAN新型スマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を発表 | 発売は8/23から、価格は69,500円(税抜)〜

ASUS JAPANは、発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」にて国内向けに新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を投入することを発表しました。 発売が開始された国内投入されるは「ZenFone 6 ZS630KL」、以下のとおりです。(一部モデルのみ順次投入) 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM6GB/ROM128GB (BK128S6) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ...

続きを読む

iPhone 11を買うか買わないか

アップル

2019年今秋に発売されるであろう新型iPhoneは買いますか | 7割近くは買わない・見送り?

2019年iPhoneを買いますか?どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! いよいよ、来月に発表されるであろうApple(アップル)の新型iPhone 11シリーズ(仮名称)。カメラは、5.8インチiPhone Proと6.5インチiPhone Pro Maxの2機種が上位モデルの位置づけでトリプルカメラを搭載、iPhone 11はデュアルカメラを搭載すると言われています。 また、iPhone 11シリーズは以下の三種類が登場すると言われています。 ポイント iPhone 11 ▶ ...

続きを読む

関連記事

-ファーウェイ

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.