スポンサーリンク

Android HUAWEIP10

Huawei P10を使ってみて感じた良いところ・悪いところ!

更新日:

Huawei P10を一週間使ってみて感じた良いところ・悪いところはをまとめていきたいと思います。素直に感じたのは、Huawei P10の完成度の高さは個人的には早くも2017年ベストバイスマホになるんじゃないかと思うぐらい満足度が高い一台となっています。

Huawei P9からの進化点は、いくつかありますが目玉となるのはLeicaダブルレンズのカメラをさらに強化した仕様だったり、さらにハイエンドモデルとして磨きをかけたスペック内容、コンパクトながらパワフルに動いてくれるのは素晴らしいです。また、従来の指紋認証をフロントパネルに移し、本体を置いたままでも指紋認証が可能になったり、ホームボタンとして使用出来るようになったのも非常にありがたい変更だと感じました。

総合的にみても、Huawei P10は買いなスマートフォンで間違いないと思います。長くなりましたので、こちらの記事は2ページに渡って続いております。

外観・デザイン

Huawei P10の外観・デザインについては、 Huawei P9から大きく変わったと感じています。特に大きく変わったのは、背面の指紋認証ユニットだと思います。Huawei P10では、フロントパネル側に搭載されたことにより個人的には利便性が飛躍的に良くなったと感じています。Huawei P9の指紋認証を使っている時に良く感じていたのは、机に置いたまま指紋認証を解除するには一度手に持たないといけませんでした。Huawei P9の指紋認証が高速だったこともありパスワード入力するよりも断然便利でした。Huawei P10では、指紋認証がフロント側になったことにより机に置いたままでも指紋認証が可能になりました。非常に便利です。

デザインについて、一部気になるの背面のアンテナラインです。何か見たことあると感じた方もいるのではないでしょうか?Huawei P10のアンテナラインは、iPhone 7シリーズのアンテナラインに非常に良く似ています。Huawei P9の時にはなかったのでこの辺りなんとかならなかったのか疑問に感じました。

ディスプレイ

Huawei P10のディスプレイは、5.1インチ1920×1080フルHDとなっています。十分綺麗です。Huawei P10 Plusは、2K仕様になっているのでこの辺りはお好みです。5.1インチということもあり、非常にコンパクトになっています。

Huawei P9は、5.2インチ1920×1080フルHDとなっているのでHuawei P10になってもこの辺りは変わりなしでした。長時間でも十分に使っていることが可能です。ディスプレイの解像度が高ければ高いほど、きめ細やかな表示は可能になりますが、1920×1080フルHDであれば普段使用にはなんら問題ありません。

ホームボタン

Huawei P10で大きく変わった部分の一つ、ホームボタン。個人的には、劇的に使いやすくなったと感じる反面、使いにくくなる部分もありました。まず、劇的に使いやすくなった点は指紋認証+ホームボタンを同時に利用出来るようになったことです。今までは、それぞれが独立した使い方をしていました。Huawei P9で背面にある指紋認証を使う時に必ず、手に持たないといけませんでした。

Huawei P10は、指紋認証が前面に搭載されたことにより手に持たずに指紋認証が行える。また、指紋認証+ホームボタンを併用出来るのでナビゲーションバーをナビゲーションボタン(ホームボタン)として統合が出来るようになりました。

ナビゲーションボタンを利用することで、複数の操作がホームボタン一つで可能となります。例えば、一つ戻るやホーム画面に戻る、マルチタスク起動など様々な操作が指紋認証と併用して利用可能となっています。

Huawei P10ナビゲーションバーをホームボタンに統合する方法>>

Huawei P9ではなかった操作方法が可能となり、利便性がかなり増したように感じました。ただ、マルチタスク起動やGoogle機能呼び出し方法が意外と難しかったりするのでこの辺りの修正、改善がされるとさらに使い勝手がよくなると感じました。

バッテリー

Huawei P10のバッテリー持ちの良さについては、非常に良いと感じています。Huawei P9よりもバッテリー持ちが改善されています。設定環境や使用環境によってしまいますが、個人的な利用方法であれば余裕で一日は持ちます。Huawei P9は、3000mAh、Huawei P10は、3200mAhと搭載バッテリーは増えています。現状、私の使い方であれば一日半程度は使用が可能となっています。

一つ気になるのは、長時間使用していると本体がわずかに熱を持つことがあります。ただ、スマートフォンではよくあることなのであまり気になりません。防水防塵仕様ではないですが、熱が篭りやすい設計になっているのかもしれませんね。

軽さ、コンパクトさ

Huawei P10の軽さとコンパクトさは文句なしの100点満点です。日常使用で持ち運びのことを考えるとどうしてもこのぐらいコンパクトで片手で操作が容易に出来る機種を探してしまいますが、Huawei P10はベストな大きさ軽さコンパクトさだと感じています。ただ、重さはHuawei P9(約144g)わずか1gですが、Huawei P10(約145g)の方が重くなっています。この差は、誤差程度なので恐らく気づきません。

Huawei P9よりも丸みを帯びたデザインになっていて持ちやすさも向上していてるので誰でも扱いやすいSIMフリースマートフォンとなっています。

スピーカー

スピーカーについては、モノラルなのかステレオなのかの記載が公式詳細にも記載がされていません。この辺りも一つの購入判断材料になっている方もいると思うのではっきり記載してもらいたいですね。ただ、ステレオスピーカーを搭載している可能性も十分にありそうです。(詳細未確定)

 

次のページへ >

スポンサーリンク

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちえほん

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!

おすすめ記事はこちら

1

サムスン「Galaxy S9+」を4日間使用してみて感じたことをレビューしていきます。実際に使ってみて感じたのは見た目はほぼ同じでも全然違う使い心地になっていることでした。見た目以上に進化しているGa ...

2

サムスン、最新フラッグシップモデル「Galaxy S9」レビューしていきます。今回のGalaxy S9は、型番がSM-G9600で香港版の新色ライラックパープルです。特長としては、アスペクト比18.5 ...

3

話題のサムスン最新フラッグシップモデル「Galaxy S9+」を購入!!!開封から外観レビューまで一挙大公開していきます。個人的に、Galaxyシリーズの中で最も使いやすく、サクサク動作、しかもカメラ ...

4

ファーウェイ最新フラッグシップ機「Huawei P20 Pro」を開封レビューをお届けします。 Huawei P20 Proは、6.1インチでフルHD(2240×1080)有機ELディスプレイを搭載し ...

5

サムスンの最新フラッグシップモデル「Galaxy S9」を5日間使ってみて感じたことをレビューしていきます。 使えば使うほど分かる完璧な仕上がりのGalaxy S9シリーズですが、今回はGalaxy ...

-Android, HUAWEIP10
-,

Copyright© モバイルドットコム , 2018 All Rights Reserved.