モバイルドットコム

話題のスマホを中心にガジェットの最新情報を発信中!!

スポンサーリンク

Android HUAWEIP9

高級感溢れる完璧な一台「HUAWEI P9」新色レッド購入開封レビュー!-妥協のないライカダブルレンズが魅力的

更新日:

先にお伝えします。実は、先日参加した「「HUAWEI Touch and Try Tour 2016」in 名古屋!Matebook&HUAWEI P9体験レポート【HWJTT2016】 - モバイルドットコム」に参加した後、どうしても購入したくなりその日の夜に「HUAWEI P9」購入をしました。購入を決めた理由は、イベント会場で「HUAWEI P9」をもっと使ってみたいと感じたからこれに尽きます。日本国内では、2016年6月17日に発売された「HUAWEI P9」。実は、本日2色の新色レッド・ブルーが各色1000台限定で発売されることになりました。今回は、新色「レッド」を早速購入しました。思っていたよりも赤の色味が自分好みで、ホントに気に入りました。Huawei体験イベントでも「ビビ!!」っと来た感じをそのままお伝えできればと思います。

「HUAWEI P9」で、特に注目して頂きたいのが「ライカ」と共同開発されたダブルレンズ、とにかくカメラへの作り込みが素晴らしい一台となっています。カメラは勿論のこと、HUAWEI Kirin 955 オクタコア搭載で5.2インチディスプレイFHD (1080x1920ドット)採用でなので、「HUAWEI P9」はヌルサク動いてくれ、5.2インチですがコンパクトなデザインになっていて持ちやすく使い勝手の良い機種となっています。

「HUAWEI P9」の新色レッドは、高級感があってお洒落でカッコ良いです!断トツお薦めしたい!

「HUAWEI P9」 特徴は?



 

"HUAWEI P9"

ライカの協力を得て開発されたデュアルレンズを搭載
RGBとモノクロームの独立した2つのセンサーがより多くの光を取り込む
5.2インチのフルHD画面全体に広がる、自然で美しく再現された色彩美
スポンサーリンク

『HUAWEI P9』のスペックは?



カラー ミスティックシルバー、チタニウムグレー、レッド、ブルー
対応OS Android™ 6.0 Marshmallow / Emotion UI 4.1
CPU HUAWEI Kirin 955 オクタコア
(4 x 2.5GHz A72 + 4 x 1.8GHz A53)
重さ 144 g
電池容量 容量3000 mAh (一体型)
外部メモリ 推奨最大容量 microSD カード(最大128GB)
内蔵メモリ容量 (ROM) 32GB
内蔵メモリ容量 (RAM) RAM: 3GB
ディスプレイ(画面)サイズ 5.2インチ
ディスプレイ(画面)解像度 FHD (1080x1920ドット), IPS
メインカメラ 1200万画素 x 2 (開口部F2.2 / AF / 2色flash)
サブカメラ 800万画素 (開口部F2.4 / FF / BSI)

 

「HUAWEI P9」新色レッド購入レビュー!

箱:開封後

付属品一式



付属品内容
■リモコン付ヘッドセット
■透明ケース
■ACアダプタ
■USBケーブル(A to C)
■USB変換アダプタ(micro-B to C)
■クイックスタートガイド
■本体保証書
■ACアダプタ保証書

「HUAWEI P9」を購入すれば、ケースやフィルム、充電器もセットで付いてくるのでこのまま使用を開始できるのはもっと評価されるべきポイントだと思います。最近では、Type-C採用のスマートフォンが増えてきており、今まで使っていた充電器では対応出来ないことが多くなっています。そのあたりもカバーしているファーウェイは凄いなと感じました。

本体

ホーム画面

ファーウェイは、独自のUIを採用しておりフラットなデザインとなっています。勿論、デザイン変更は可能です。

本体:ウラ

本体:ウラ

指紋認証+ライカダブルレンズ搭載

側面:右側 電源ボタン+音量ボタン

電源ボタンが、音量ボタンよりも下にありますが押しづらくはありません。むしろ、押しやすい仕様になっています。

側面:上部

側面:左側 SIMスロット

側面:下部 USB Type-Cコネクタ+イヤホンジャック

フレームの加工が美しく、色味が最高!

「HUAWEI P9」を持ってみた:オモテ

持った感じは、凄く手に馴染みます。本当にコンパクトなのでポケットに入れてもかさばることはありません。

「HUAWEI P9」を持ってみた:ウラ

背面には、指紋認証が搭載されています。背面中央付近に認証部分があるのでどちらの手でも認証がしやすい仕様となっています。

「HUAWEI P9」の使用感は?


「HUAWEI P9」の使用感は、最新フラッグシップモデルと比べても大差がないレベルでヌルサク動いてくれます。5.2インチディスプレイ搭載と言われると大きいイメージですが、実際には非常にコンパクトで片手での操作も可能です。カメラについては、特に「ワイドアパチャー効果」が素晴らしく楽しいです。「ワイドアパチャー効果」とは、一眼レフのように背景をぼかすことが可能な機能で、「iPhone 7 PLus」にも似たような機能「ポートレートモード」という被写体な背景をぼかす機能が搭載されていますが、「HUAWEI P9」は一度撮影したあと被写体を変えることが出来るという非常に面白い機能が搭載されています。写真を撮ることが楽しくなるのは間違いなし!「ワイドアパチャー効果」で撮影し、あとで被写体を変更編集も出来るのは凄いですよね。

まとめ


「HUAWEI P9」新色レッド購入レビューは、いかがでしたでしょうか?ちょっとでも興味が湧いた、欲しくなったと感じていただければ嬉しい限りです。ライカダブルレンズで撮影するのはすごく楽しいし、動作もヌルサクで快適で、新色レッドはカッコ良い。元々デザインも好みだったので文句のつけようがない仕上がりになっていると思います。「HUAWEI P9」は、発売から約5ヶ月経過しているので、新鮮味がないのかな?と思っていましたが新色のインパクトは強く、加えてライカダブルレンズの衝撃は使ってみれば分かりますが、今「HUAWEI P9」を購入しても満足感しかありませんでした。今年一番満足した機種になりそうです。「HUAWEI P9」で撮影した写真は再度別記事にてアップ予定です。今後、「HUAWEI P9」をガツガツ使って色んな記事を更新予定ですので、宜しければそちらもお読みいただけると嬉しいです。最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.