ファーウェイ

Huawei P10を購入開封レビュー!最大の進化点は妥協のないカメラに、圧巻の使い心地

更新日:

早速Huawei P10の海外版を購入しました!

ファーウェイが、2017年2月26日の発表会にて新型フラッグシップモデルとしてHuawei P10とHuawei P10 Plusを発表しました。CPUには、Huawei Mate 9に搭載されているものと同じKirin 960を搭載し、Huawei P9から引き続きLeicaと共同開発しているダブルレンズ(モノクロセンサーは2000万画素、カラーセンサーは1200万画素を採用)を搭載しています。そんなHuawei P10が日本発売より一足先に海外通販サイトEtoren(イートレン)での取り扱いを開始しました。

というわけで、当ブログでは早速Huawei P10を購入しました。以前、Huawei P9を購入しました。Huawei P9も非常に良く出来たスマートフォンで感動したのを今でも覚えています。今回もLeicaとの共同開発をしているカメラに期待が高まります。では、Huawei P10の購入開封レビューをお楽しみ下さい。

Huawei P10のスペック詳細について

機種名Huawei P10
OSAndroid 7.0
CPUKirin 960
ディスプレイ5.1インチ
解像度1920×1080
フルHD
RAM4GB
ROM64GB
メインカメラカラー1200万画素+モノクロセンサー2000万画素
f値2.2
アウトカメラ800万画素
f値1.9
バッテリー3200mAh
サイズ145.3×69.3×7mm
重さ145g

Huawei P10は、防塵防水対応していないので注意しましょう。

スポンサーリンク

Huawei P10の開封レビュー!

Huawei P10の箱

Huawei P10の箱は非常にシンプルです。

箱を開けるとすぐに「Huawei P10」が出てきます!

真ん中からパカっと両サイドを開くタイプの箱は珍しいような・・・

付属品一覧はこちら

Huawei P10は、専用ケースや充電ケーブル、ACアダプタもセット内容に入っています。この他には、SIMピンが入っています。

 

 

Huawei P10には純正フィルムがすでに貼られている!

開封時には、初期フィルムが貼られていてそれを剥がすと保護フィルムが出てきます。他にも、付属品が色々ついているので相変わらず手厚いセット内容になっています。

Huawei P10本体オモテ

Huawei P9と比べるとデザインは、だいぶ変わった印象があります。印象的なのは、全面にあるホームボタン。指紋認証としても利用が可能ですが、他にも戻る機能やマルチタスク起動も可能となっています。また丸みを帯びて持ちやすくなっています。

背面にはアンテナラインが・・・

背面には、Huawei P9の時にはなかったアンテナラインがあります。このアンテナラインは、iPhone 7シリーズの背面に似ているように感じます。背面の加工処理は個人的には嫌いではない感じでした。

ライカダブルレンズカメラを搭載

相変わらず格好良いライカダブルレンズを搭載しています。モノクロセンサーは2000万画素、カラーセンサーは1200万画素を採用しています。Huawei P10のカメラ仕様としては、Huawei Mate 9と同様の内容になっています。今後、Huawei P10でカメラテストをした記事を掲載予定です。すでに何枚か撮影しましたが、Huawei P9から乗り換える価値は十分ある使い勝手が良くて、手軽に綺麗な写真が撮影可能です。

 

Huawei P10側面は?

右側に電源ボタン+音量ボタン

電源ボタンと音量ボタンは、右側に付いています。手に持った時に非常に押しやすい位置にあります。ただ、Huawei P10を使っていると感じるのは殆ど電源ボタンを使うことはありません。正直なくても問題ないぐらいです。笑

左側には、SIMトレイ!

Huawei P10のSIMトレイは左側についています。Huawei P10は、DSDSは対応です。ただし、micro SDカードを利用する場合は、二枚のSIMカードを挿入することが出来なくなります。micro SDを使うかDSDSを使うかの選択になるので事前に考えておきましょう。

上部は特に何もありません。

下部にはType-Cコネクタ+イヤホンジャック

Huawei P10は、Type-Cコネクタ採用です。最近ではこの規格を採用するスマートフォンも多いのですでにケーブルを持っている方にも嬉しいですね。お薦めType-Cケーブルはこちら⇒コスパ最高お買い得Type-Cケーブル>>

 

ホームボタンへの触れ方で変わる動作が面白い!

Huawei P10は、全面に指紋認証が移動しただけでなく、ホームボタンに触れたときの触れ方により動作を変えることが可能です。ホームボタンを長押しで戻る、ワンタッチで戻る、左右スワイプでマルチタスク起動が可能です。個人的には、画面上をタッチするよりも楽で便利で気に入っています。

 

電源ボタンは、Huawei novaのようにカラーが異なる

以前、Huawei novaを購入した時にもそうでしたが、最近のHuawei製品は電源ボタンのカラーをワンポイントで変えたりしているようです。個人的にはお洒落で良い感じだと思います。

Huawei P10を使ってみて感じたことは?

コンパクトスマートフォンを探しているなら5.1インチのHuawei P10は買いです。デザインが一部変更になり、持ちやすくなり操作もしやすくなっています。また今回より、Kirin 960+RAM4GBも搭載されておりさらに快適に動作してくれます。注目のカメラも、本当に手軽に綺麗な写真が誰でも撮影可能なのは嬉しいですね。今回よりインカメラでもポートレートが利用可能になっているので自撮りにも役立ちますね。Android 7.0を標準搭載しているので長く利用も可能な端末となっています。

ただし、気になる点は防水防塵がHuawei P10 Plusのみというところです。個人的には、防水防塵は全く必要ないので特に問題ありませんでしたが、気になる方はHuawei P10 Plusをお薦めします。

スポンサーリンク

最後に・・・

Huawei P10いかがでしたでしょうか?日本国内での発売がいつされるのかは分かりませんが販売が開始されれば人気が出ること間違いなしの素晴らしいスマートフォンだと思います。現状、海外版Huawei P10には技適マークが表示出来ませんのでご注意下さいませ。

今後、Huawei P10のカメラテストや初期設定、保護フィルムやケースについても触れていこうと思っています。なにかこれを調べてほしいというものがあればコメント頂ければと思います。可能な限り調べさせて頂きます。

国内版「Huawei P10」が販売開始!

Huawei P10 関連記事はこちら!

Huawei P10
Huawei P10を購入開封レビュー!最大の進化点は妥協のないカメラに
Huawei P10
Huawei P10、au SIMカードを利用してLTE通信可能!LTE NET用APN設定は必須
Huawei P10
【便利機能】Huawei P10のナビゲーションバーをホームボタンに統合する設定方法
Huawei P10
Huawei P10のベンチマークスコアは?実際に検証してみた!
Huawei P10
Huawei P10を使ってみて感じた良いところ・悪いところ!
Huawei P10
Huawei P10でカメラテスト!第2世代のLeicaダブルレンズその実力は?

スポンサーリンク

\ PICK UP!! /

ASUS新製品ZenFone 6含む発表会イベント

エイスース

ASUS新製品ZenFone 6含む発表会イベントレポート | 創立30周年&ジョニー・シー会長が登壇

ASUS発表会イベントに初参戦。どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 本記事では、ASUS JAPAN発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」の様子をレポートしていきます。発表会では、国内向け新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」の発表や新型ノートPC2「ZenBook Pro Duo」についてなど、魅力的な新製品が発表されました。その時の興奮や感動を少しでもお届け出来たら幸いです。 まず、本題に入る前に発表会にお招き頂いたAS ...

続きを読む

Amazonスマートフォン本体の売れ筋ランキング第1位にZenFone6がランクイン

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL (6GB/128GB) | Amazonスマートフォン本体の売れ筋ランキング第1位に

先日、国内発売が発表されたASUS最新フラッグシップモデルZenFone 6。すでに国内では、各ショップにて予約が開始されており、いよいよ明日8月23日に発売が開始されます。 ASUS ZenFone 6 ZS630KLは、国内では初となるインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。 カメラが動き出す大胆なギミックが持ち味で、アウトカメラ(メインカメラ)でインカメラも撮れる自撮りやグループ撮影にも使える万能なカメラです。防水防塵機能やおサイフケータイはありませんが、イヤホンジャックや大容量バッテリー ...

続きを読む

国内版ZenFone 6の実機をチェック

エイスース

国内版ZenFone 6(トワイライトシルバー/ミッドナイトブラック)の実機をチェック | 見れば見るほど欲しくなるんだよ。

ZenFone 6は最高だぞッ!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! ちえほん見れば見るほど欲しくなるんだよ。 遂に国内版の発売が決まったASUS渾身の最新フラッグシップ「ZenFone 6」。国内では初となるインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味で、アウトカメラ(メインカメラ)でインカメラも撮れる自撮りやグループ撮影にも使える万能なカメラです。 本記事では、ASUS JAPANの発表会イベント ...

続きを読む

エイスース

【30周年記念モデル】ZenFone 6実機ファーストインプレッション | A部発表会レポート①

ASUS(エイスース)から国内発売が発表されたZenFone 6。注目したいのは、30周年記念モデルの存在。限定モデルのASUS ZenFone 6 Edition 30 (ZS630KL)は、通常のZenFone 6をさらにハイスペック仕様(RAM12GB / 512GB)に変え、背面にASUSらしいスピン調でかつ30周年記念ロゴが入っています。 また、保証も手厚くなんと国内30ヶ月保証が提供されます。特別な存在のZenFone 6は通常モデルにはないさらなる高級感を放つ。上質で、懐かしい背面加工はAS ...

続きを読む

ZenFone 6と外箱

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL レビュー!インカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラが最強すぎる

どうも、僕はASUSが好き。ちえほん(@chehonz201)です!! さて、今回はASUS最新フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を購入したのでレビューをお届けします。注目は、やはりインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味。また、最新のハイエンド向けCPU搭載や他にはない大容量バッテリー5,000mAhの採用など、目が話せない2019年夏モデル大注目スマートフォンとなっています。 この記事 ...

続きを読む

エイスース

ASUS JAPAN新型スマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を発表 | 発売は8/23から、価格は69,500円(税抜)〜

ASUS JAPANは、発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」にて国内向けに新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を投入することを発表しました。 国内投入されるは「ZenFone 6 ZS630KL」、以下のとおりです。( 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM8GB/ROM256GB (BK256S8) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ZS630KL トワイライトシルバー ...

続きを読む

iPhone 11を買うか買わないか

アップル

2019年今秋に発売されるであろう新型iPhoneは買いますか | 7割近くは買わない・見送り?

2019年iPhoneを買いますか?どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! いよいよ、来月に発表されるであろうApple(アップル)の新型iPhone 11シリーズ(仮名称)。カメラは、5.8インチiPhone Proと6.5インチiPhone Pro Maxの2機種が上位モデルの位置づけでトリプルカメラを搭載、iPhone 11はデュアルカメラを搭載すると言われています。 また、iPhone 11シリーズは以下の三種類が登場すると言われています。 ポイント iPhone 11 ▶ ...

続きを読む

iPhone 2019年モデルのケースを買ってみた

アップル

新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみた | XS Maxに付けても違和感がない。

新型iPhoneはどれを買おう。どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! 今秋、発売予定のアップル新型iPhoneについて様々なリークがされています。今年のiPhoneはカメラ部分が大きく変わると言われています。 ちえほん実際どんな感じになるのか知りたい というわけで、先日のEngadget夏祭りにて山根博士さんから新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみました。 すでにご存知の方も多いかもしれませんが、今年のiPhoneは三種類発売されると言われています。発売されると言わ ...

続きを読む

関連記事

-ファーウェイ
-

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.