ファーウェイ

HUAWEI Mate30 Proはガジェット好きのマニア向けスマホ、現時点で一般ユーザーへのおすすめは出来ない!

投稿日:

HUAWEI Mate30 Pro

ファーウェイ、最新のフラッグシップモデルHUAWEI Mate30 および HUAWEI Mate30 Proが発表されました。

HUAWEI Mate30 Proは、今年2019年現時点最強と言わざるを得ないスマートフォンです。スペック・性能、特にカメラはもはやスマホカメラレベルではないです。とはいえ、HUAWEI Mate30 Proはあくまでガジェット好きだけにおすすめします。とてもじゃないですが、一般ユーザーへおすすめは現時点では出来ません。

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、「Google モバイル サービス(GMS)」は非搭載となっています。例えば、アプリをダウンロードしてインストールする時に当たり前のように使っているGoogle Playがない、それに伴いGoogleマップやGoogleフォトとインストールされていません。

こんなにも素敵なカメラを備えているのに、Googleフォトへアップロード出来ない。少なくとも今まで通りの方法でGoogle PlayからTwitterやInstagramもインストール出来ないので、一般ユーザーにはとてもハードルが高くなっています。

スペック・仕様だけで判断すれば、他社スマホよりもあらゆる面で上回っているように感じますが、Googleモバイルサービスが使えない時点でAndroidスマホとしては完全に負けているでしょう。

HUAWEI Mate30 Proの魅力

HUAWEI Mate30 Proの魅力は、間違いなくカメラです。Hello Ring Designを採用、引き続きLeicaと共同開発したライカクアッドレンズカメラを採用しています。

カメラ構成は4000万画像の広角レンズ、4000万画素の超広角レンズ、800万画素の望遠レンズ(光学3倍)、TOFカメラ(深度センサー)となっています。

超広角カメラは「CineCamera」仕様です。イメージセンサーを2つ搭載することで、4K60fps動画や最大ISO51200にも対応しています。驚いたのは、7680fpsのスローモーション撮影が可能ということ、当分破られることはないと思います。

また、HUAWEI M-Penというスタイラスペンも対応しており、4096段階の筆圧検知が可能です。Note10シリーズのように収納は出来ないものの、スタイラスペン対応は嬉しいですね。

HUAWEI Mate30 Proの価格とまとめ

最後に、気になる価格についてです。HUAWEI Mate30 Proが1099ユーロ(日本円で約13万円)です。

少なくともGoogleモバイルサービス非搭載状態のことを考えると、一般ユーザーからしたらとんでもなく高いです。逆に、HUAWEI Mate30 ProがGoogleモバイルサービスを搭載していたら、まず間違いなく買いでした。正直、残念でしかない。

いや、でもむしろガジェット好きならこれほど楽しめるスマホってないんじゃないかと思うんですよ。Googleモバイルサービスなしでどこまで楽しめるのか、面白そうですよね?(※約13万円・・・・)

一般ユーザー向けではないのが残念ではありますが、ガジェット好きなら十分購入する価値はありそうです。

と、ポジティブに捉えるもののやっぱりGoogleモバイルサービスがないのは辛いです。日本発売までにGoogleモバイルサービスが搭載される大逆転サプライズを期待したいと思います。

\ シェアする /


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

スポンサーリンク

関連記事を読む

-ファーウェイ

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.