サムスン

【厳選22選】Galaxy S10 / S10+を購入したら確認すべき便利機能&設定方法まとめ!

更新日:

Galaxy S10 / S10+を購入したら確認すべき便利機能&設定

本記事では、Galaxy S10 / S10+の基本的な設定項目から便利機能までご紹介していきます。これだけは覚えておきたい設定や機能を知り、自分好みにカスタマイズして自、思う存分使いこなしていきましょう!!

Galaxy S10 / S10+を使いこなすにはまず、どんな機能があるのかを知ることが大事!!それでは、便利機能、基本設定を見ていきましょう!!

高速で正確な顔認証を試してみよう

顔認証を設定する方法をご紹介します。

設定>生体認証とセキュリティ>顔認証へ進む

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒生体認証とセキュリティ⇒顔認証へ進みます。

ちえほん
顔認証をタップして顔認証していきましょう。

メガネをかけている場合は、メガネをかけているのところを「はい」にしましょう。

二度、認証して精度を上げてくれます。

ちえほん
顔認証を登録したら便利機能も合わせて設定しましょう。

顔認証ロック解除をオンにする、認証速度を向上をオンにすると快適に顔認証してくれます。

スポンサーリンク

最新の超音波式指紋認証を登録しよう

次に、指紋認証を設定する方法をご紹介します。

設定>生体認証とセキュリティ>指紋認証へ進む

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒生体認証とセキュリティ⇒指紋認証へ進みます。

指紋を追加>指紋認証を登録する

ちえほん
指紋を追加するをタップして次に進みましょう。

Galaxy S10は指紋認証が画面内ディスプレイ上に備わっています。

ちえほん
画面上の指紋認証部分に登録したい指を何度も置いたり離したりと交互に繰り返しましょう!

登録が終わると上記画像になります!

ちえほん
最後に指紋の端まで登録を行い、100%になれば登録完了です!
指紋はいくつまで登録出来るの?
椿さん
ちえほん
4つまで登録出来るよ!同じ指を2回、3回登録しておくとより精度が上がる気がする!!

ちなみに、常に指紋認証をONにしておくと、電源キーに触れるだけでロック解除出来るのでオススメです!!

生体認証優先設定しよう

次に、生体認証優先設定方法をご紹介します。

Galaxy S10シリーズは、ロック解除時指紋認証と顔認証どちらを優先的に認証させるか選ぶことが出来ます。

非常に便利なのでぜひ、設定しておきましょう!!

設定>生体認証とセキュリティ>生体認証の優先設定へ進む

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒生体認証とセキュリティ⇒生体認証の優先設定へ進みます。

生体認証の優先設定から、どちらを優先的に認証するかを簡単に選ぶことが可能です!!

スポンサーリンク

いつでも呼べ出せるエッジスクリーンを使おう

次に、エッジスクリーンの設定方法をご紹介します。

設定>ディスプレイ>エッジスクリーンへ進む

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒ディスプレイ⇒エッジスクリーンへ進みます。

ちえほん
エッジパネルが必要ない方はオフにすることも可能です。

エッジパネルを使うことで、アプリのショートカットを用意することが出来るので便利機能の一つです。

個人的にはあまり使わないのでオフにしていることが多いです。

使いやすいナビゲーションバーに変更しよう

次に、ナビゲーションバーの設定方法をご紹介します。

Galaxy S10シリーズは、ジェスチャー操作や仮想ナビゲーションバーが使えます。

設定>ディスプレイ>ナビゲーションバー

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒ディスプレイ⇒ナビゲーションバーへ進みます。

Galaxy S10シリーズのジェスチャー操作はまだ課題はありますが、面白いのでぜひ一度試してみてください!!

Galaxy S10とGalaxy S10eのジェスチャー操作の使用感や使い心地をチェック!【Android 9.0 Pie】

バイブ強度を細かく調整する方法

次に、バイブ強度の設定方法をご紹介します。

Galaxy S10シリーズのバイブ強度の調整が行えます。

設定>サウンドとバイブ>バイブ強度設定

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒サウンドとバイブ⇒バイブ強度設定へ進みます。

着信、通知、タッチ操作設定のバイブ強度を変更出来ます。

タッチ操作時は個人的には必要ないのでオフにしています。

バッテリー残量(%)を表示にしよう

次に、バッテリーを数値(%)表示の設定方法をご紹介します。

Galaxy S10シリーズのバッテリーを数値(%)表示に変更出来ます。

設定>通知>ステータスバー

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒通知⇒ステータスバーへ進みます。

バッテリー残量(%)を表示をオンにすることで、ステータスバーのバッテリー残量が数値で表示されるようになります。

フォントサイズを変更しよう

次に、フォントサイズの設定方法をご紹介します。

Galaxy S10シリーズのフォントサイズを変更しよう。

設定>ディスプレイ>文字サイズとフォントスタイル

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒ディスプレイ⇒文字サイズとフォントスタイルへ進みます。

フォントサイズを自由に調節が可能になります。

文字サイズの見本は中央に表示されています。

また、太字フォントの適用やフォントスタイルの変更もこちらから可能です!

画面の表示サイズを変えてみよう

次に、画面の表示サイズの設定方法をご紹介します。

設定>ディスプレイ>画面ズームへ進む

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒ディスプレイ⇒画面ズームへ進みます。

画面ズームから好きな大きさに調節が可能です!

中央に表示サイズの見本が出ているので、ちょうどよいサイズにしておきましょう!!

フロントカメラを隠してみよう

次に、フロントカメラを隠す設定方法をご紹介します。

Galaxy S10シリーズのフロントカメラ目立たなくしたい方は一度変更してみましょう。

設定>ディスプレイ>全画面アプリ

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒ディスプレイ⇒全画面アプリへ進みます。

全画面アプリ>フロントカメラを隠す>オンオフ

ちえほん
全画面アプリ⇒フロントカメラを隠す⇒オンオフ出来ます。

オンにするとフロントカメラが目立たなくなるようになります。

画面上部に黒いバーが登場するので、インカメラ部分を隠したい人には良いかもしれません。

\Galaxy S10シリーズのインカメラの隠し方&遊び方!をもっと詳しく知りたい方はこちら!!/

ホーム画面をカスタマイズしよう

次に、ホーム画面の設定方法をご紹介します。

設定>ディスプレイ>ホーム画面

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒ディスプレイ⇒ホーム画面へ進みます。

ホーム画面のレイアウトやアプリのアイコンのバッジ等の細かな設定が行えるようになっています。

自分だけのホーム画面を作っていきましょう!!

音周りを自分好みに変える

次に、音周りの設定設定方法をご紹介します。

Galaxy S10シリーズを使う上で重要な音周りの設定もしていきましょう!!

設定>サウンドとバイブ>システムサウンドとバイブ

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒サウンドとバイブ⇒システムサウンドとバイブへ進みます。

タッチ音や画面ロック音、充電時の音やダイヤルキーパッド音、キーボード音の調節が可能です。

個人的にいらない音は全部オフにしているので、必要なものだけオンにしておきましょう!!

格安SIMを使う手順を確認しよう

次に、格安SIMを使うならAPN設定が必要になるので設定方法をご紹介します。

設定>接続>モバイルネットワーク

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒接続⇒モバイルネットワークへ進みます。

モバイルネットワーク>APN>追加

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、モバイルネットワーク⇒APN⇒追加へ進みます。

ちえほん
各社必要になる情報は違うので使いたい格安SIM会社のAPNを確認しよう!

ポイント

設定項目は・・・・

▶名前
▶APN
▶ユーザー名
▶パスワード
・・・等

各社必要な項目が違うので注意しましょう。

Always On Displayを表示してスリープ時も便利になる

ロック画面に時計や通知を表示出来るAlways On Displayを設定してみましょう。

設定>ロック画面>Always On Display

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒ロック画面⇒Always On Displayへ進みます。

Always On Displayについては、デザイン等も選べます。また、通値に表示するのか、画面点灯時のみなのか等の細かい設定も行えます。

キーボードを使いやすくしよう

次に、キーボードの設定をしていきましょう。

設定>一般管理>言語とキーボード

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒一般管理⇒言語とキーボードへ進みます。

言語とキーボード>一般管理>

ちえほん
言語とキーボード⇒オンスクリーンキーボード⇒好きなキーボードを選択します。

個人的には、いつもGoogleキーボードが使いやすいので愛用しています。

純正のキーボードやサードパーティ製のキーボードもココに表示されます。

また、好きなキーボードを選択後、そのまま細かな設定も出来るので必ず設定も見直ししていおきましょう。

片手モードをいつでも呼び出せるようにしよう

次に、片手モードの設定をしていきましょう。

片手モードは、画面の大きさを変えられて大画面のGalaxy S10シリーズを簡単に片手で操作が行えます。

設定>高度な設定>モーションとジェスチャー

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒高度な設定⇒モーションとジェスチャーへ進みます。

モーションとジェスチャー>片手モード

ちえほん
モーションとジェスチャー⇒片手モードで設定する。

個人的にも片手モードは表示オススメです!!

あ、ここ片手で使いたいっていうシーンはGalaxy S10シリーズを使っているとかなり多く出くわします。

ぜひ、オンにして使ってみてください!!

スマートアラームで通知を見逃さないようにする

次に、スマートアラームの設定をしていきましょう。

スマートアラームは、本体を持ち上げた時に新着通知や不在着信があると振動で教えてくれる機能です。

設定>高度な設定>モーションとジェスチャー

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒高度な設定⇒モーションとジェスチャーへ進みます。

モーションとジェスチャー>スマートアラーム>スマートアラームオンオフ

ちえほん
モーションとジェスチャー⇒スマートアラーム⇒スマートアラームオンオフを設定出来ます。

非常に便利なので設定置くと、通知の見逃しが減ります。

スマートステイで使っている時は画面オフにしない方法

次に、スマートステイの設定をしていきましょう。

スマートステイは、画面を見ているときは常にディスプレイを点灯し続けてくれる機能です。

設定>高度な設定>モーションとジェスチャー

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒高度な設定⇒モーションとジェスチャーへ進みます。

モーションとジェスチャー>スマートステイ>スマートステイオンオフ

ちえほん
モーションとジェスチャー⇒スマートステイ⇒スマートステイオンオフを設定出来ます。

地味に便利な機能です。記事をじっくり読む時になどに、この機能があれば見ていれば常に点灯してくれます。

スワイプキャプチャでスクリーンショットを使おう

次に、スワイプキャプチャの設定をしていきましょう。

スワイプキャプチャは、手の側面で画面を横切るようにスワイプするとスクリーンショットが撮れる機能です。

設定>高度な設定>モーションとジェスチャー

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒高度な設定⇒モーションとジェスチャーへ進みます。

モーションとジェスチャー>スワイプキャプチャ>スワイプキャプチャオンオフ

ちえほん
モーションとジェスチャー⇒スワイプキャプチャ⇒スワイプキャプチャオンオフを設定出来ます。

個人的には、あまり使わないのでオフにしていることがありますが、面白い機能ではあるのでぜひ試してみてください。

デジタルウェルビーイングを使いこなそう

次に、デジタルウェルビーイングの設定をしていきましょう。

デジタルウェルビーイングは、どのぐらいスマートフォンを使っているか知れる機能です。

設定>デジタルウェルビーイング

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒デジタルウェルビーイングへ進みます。

デジタルウェルビーイングは、自分がどのくらいスマートフォン使っているか知れるので非常に便利です。

スマートフォンの使いすぎにはぜひ、注意してください!

デバイスケアで省電力にしよう

次に、デバイスケアの設定をしていきましょう。

デバイスケアは、省電力設定が行えたりする機能です。

設定>デバイスケア>バッテリー

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒デバイスケア⇒バッテリーへ進みます。

バッテリー>パワーモード>最適化モード

ちえほん
バッテリー⇒パワーモード⇒最適化モード等を設定出来ます。

選べるモードは、最適化モード、標準省電力モード、最大省電力モードから選べます。

Galaxy S10シリーズは、最大省電力モードで極端に機能を制限することで約一週間持つようにも設定が出来ます。

緊急時に役立つので必ず覚えておきましょう。

デュアルメッセンジャーで同じアプリを2つ使える

次に、デュアルメッセンジャーの設定をしていきましょう。

デュアルメッセンジャーは、Facebook等のSNSやLINE等を2つ同じスマートフォンで管理出来る機能です。

設定>高度な設定>モーションとジェスチャー

ちえほん
ホーム画面にある設定アプリから進み、設定⇒高度な設定⇒モーションとジェスチャーへ進みます。

モーションとジェスチャー>デュアルメッセンジャー

ちえほん
モーションとジェスチャー⇒デュアルメッセンジャーを設定出来ます。

同じアプリをもう一つインストール出来るアプリは、すでに表示されているはずです。

それぞれ別アカウントで利用出来るので複数アカウントを使っている方には嬉しい機能です!

最後に・・・


これだけは知っておきたい「Galaxy S10 / S10+」の便利機能&設定方法まとめ!はいかがでしたでしょうか?

「Galaxy S10 / S10+」は、非常に沢山の機能を搭載しています。

まず、どんな機能があるかを知ることから始めましょう。

慣れてきたら自分が使いやすいように変えていくのがオススメです!!

ちえほん
せっかく購入したなら思いっきり使いこなしたいですよね!
この他にも色んな便利機能もあるのよね。
椿さん
ちえほん
そうなんだよね〜!どんどん自分好みに変えていけるね!!

\Galaxy S10シリーズのカメラを使いこなす方法を知りたい方はこちら!!/

スポンサーリンク

\ PICK UP!! /

エイスース

国内版ASUS ZenFone 6 ZS630KLの発表会イベントレポート動画をYouTubeに公開しました!

先日、国内で行われたイベントで発表されたASUS ZenFone 6 ZS630KLのレポート動画をYouTubeに公開しました。ASUSにご招待頂き一足先にイベント会場内で実機を試しております。 動画の後半にはZenFone 6の試作機の映像も後半に登場します。触ることは出来ませんでしたが、色々なモックが展示されていました。また、実機の国内版ZenFone 6の映像もあるので、ミッドナイトブラックおよびトワイライトシルバーの色味も感じてもらえます。 また、30周年記念モデルについても映像にしております。 ...

続きを読む

ASUS新製品ZenFone 6含む発表会イベント

エイスース

ASUS新製品ZenFone 6含む発表会イベントレポート | 創立30周年&ジョニー・シー会長が登壇

ASUS発表会イベントに初参戦。どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 本記事では、ASUS JAPAN発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」の様子をレポートしていきます。発表会では、国内向け新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」の発表や新型ノートPC2「ZenBook Pro Duo」についてなど、魅力的な新製品が発表されました。その時の興奮や感動を少しでもお届け出来たら幸いです。 まず、本題に入る前に発表会にお招き頂いたAS ...

続きを読む

Amazonスマートフォン本体の売れ筋ランキング第1位にZenFone6がランクイン

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL (6GB/128GB) | Amazonスマートフォン本体の売れ筋ランキング第1位に

先日、国内発売が発表されたASUS最新フラッグシップモデルZenFone 6。すでに国内では、各ショップにて予約が開始されており、いよいよ明日8月23日に発売が開始されます。 国内投入される「ZenFone 6 ZS630KL」は、以下のとおりです。(一部モデルのみ順次投入) 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM6GB/ROM128GB (BK128S6) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ZS630KL トワイライトシルバー RAM6GB/ ...

続きを読む

国内版ZenFone 6の実機をチェック

エイスース

国内版ZenFone 6(トワイライトシルバー/ミッドナイトブラック)の実機をチェック | 見れば見るほど欲しくなるんだよ。

ZenFone 6は最高だぞッ!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! ちえほん見れば見るほど欲しくなるんだよ。 遂に国内版の発売が決まったASUS渾身の最新フラッグシップ「ZenFone 6」。国内では初となるインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味で、アウトカメラ(メインカメラ)でインカメラも撮れる自撮りやグループ撮影にも使える万能なカメラです。 本記事では、ASUS JAPANの発表会イベント ...

続きを読む

エイスース

【30周年記念モデル】ZenFone 6実機ファーストインプレッション | A部発表会レポート①

ASUS(エイスース)から国内発売が発表されたZenFone 6。注目したいのは、30周年記念モデルの存在。限定モデルのASUS ZenFone 6 Edition 30 (ZS630KL)は、通常のZenFone 6をさらにハイスペック仕様(RAM12GB / 512GB)に変え、背面にASUSらしいスピン調でかつ30周年記念ロゴが入っています。 また、保証も手厚くなんと国内30ヶ月保証が提供されます。特別な存在のZenFone 6は通常モデルにはないさらなる高級感を放つ。上質で、懐かしい背面加工はAS ...

続きを読む

ZenFone 6と外箱

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL レビュー!インカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラが最強すぎる

どうも、僕はASUSが好き。ちえほん(@chehonz201)です!! さて、今回はASUS最新フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を購入したのでレビューをお届けします。注目は、やはりインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味。また、最新のハイエンド向けCPU搭載や他にはない大容量バッテリー5,000mAhの採用など、目が話せない2019年夏モデル大注目スマートフォンとなっています。 この記事 ...

続きを読む

エイスース

ASUS JAPAN新型スマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を発表 | 発売は8/23から、価格は69,500円(税抜)〜

ASUS JAPANは、発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」にて国内向けに新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を投入することを発表しました。 発売が開始された国内投入されるは「ZenFone 6 ZS630KL」、以下のとおりです。(一部モデルのみ順次投入) 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM6GB/ROM128GB (BK128S6) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ...

続きを読む

iPhone 11を買うか買わないか

アップル

2019年今秋に発売されるであろう新型iPhoneは買いますか | 7割近くは買わない・見送り?

2019年iPhoneを買いますか?どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! いよいよ、来月に発表されるであろうApple(アップル)の新型iPhone 11シリーズ(仮名称)。カメラは、5.8インチiPhone Proと6.5インチiPhone Pro Maxの2機種が上位モデルの位置づけでトリプルカメラを搭載、iPhone 11はデュアルカメラを搭載すると言われています。 また、iPhone 11シリーズは以下の三種類が登場すると言われています。 ポイント iPhone 11 ▶ ...

続きを読む

関連記事

-サムスン
-,

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.