ドコモ「Galaxy S8 SC-02J」「Galaxy S8+ SC-03J」をハンズオンレビュー!

スポンサーリンク

ドコモ、2017年夏モデル「Galaxy S8 SC-02J」「Galaxy S8+ SC-03J」を実機ハンズオンレビュー!「Galaxy S8 SC-02J」は5.8インチ、「Galaxy S8+ SC-03J」は6.2インチとどちらも大画面のスマートフォンになっています。「Galaxy S8 SC-02J」と「Galaxy S8+ SC-03J」の違いは、単純に画面の大きさだけです。自分に合った使いやすいモノを選びましょう。

「Galaxy S8 SC-02J」と「Galaxy S8+ SC-03J」は、今までにないディスプレイ比18.5:9を採用しており、ほぼベゼルなしのフレームをそぎ落した全画面Infinity Displayは、大画面なのにもった感じは、非常にコンパクトです。そんな2機種を見ていきたいと思います。

「Galaxy S8+ SC-03J」ハンズオンレビュー!

まずは、「Galaxy S8+ SC-03J」です。こちらは、6.2インチの大画面仕様となっていますが、大きさ的には5.5インチのiPhone 7 Plusとほぼ同サイズになります。しかも、前面が湾曲していることもあり持ちやすさも向上しています。

Galaxy S7 edgeの時は、エッジ部分の誤作動が頻繁に起きていましたが、Galaxy S8シリーズではそういったこともありません。

背面も湾曲しています。そのため手に持った時にフィット感が増します。6.2インチなので流石に片手でずっと操作するのは厳しいですが、ネットや動画鑑賞には間違いなく最適です。

「Galaxy S8+ SC-03J」は、物理ホームボタンが廃止されており、液晶画面上に埋め込まれている感圧式ホームボタンでの操作が可能です。基本的な操作は、ナビゲーションバーで行うおことが可能です。

背面カメラの横に指紋認証があります。また、「Galaxy S8+ SC-03J」には、虹彩認証や顔認証も搭載されています。セキュリティ面も格段に向上しています。

「Galaxy S8 SC-02J」ハンズオンレビュー!

「Galaxy S8 SC-02J」は、5.8インチとこちらも大画面になっています。本体サイズとしては、4.7インチのiPhoneとほぼ同サイズとなっています。

デザイン面は、「Galaxy S8+ SC-03J」同じ仕様になっています。

「Galaxy S8 SC-02J」も物理ボタンが廃止されています。Galaxy S8を使うまでは物理ボタン派でしたが、物理ボタンよりも使い勝手が良かったです。特にホームボタンが表示されていなくともホームボタンの位置を押し込めばホームボタンが機能するというのは便利です。

総評

「Galaxy S8 SC-02J」と「Galaxy S8+ SC-03J」は、触ってみるとまずその大きさに驚きます。そして、画面表示部の大きさにも驚くでしょう。こんなにも大画面なのにコンパクトなスマートフォンは初めてです。最新の技術が詰まっていて、ワクワクさせてくれる最高の一台になっています。発売は、どちらも6月上旬からとなるようです。非常に楽しみですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!