サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が遂に登場 | Note 9から何が変わるのか、日本国内発売はあるのか

投稿日:

Note10が発表

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。

2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。

Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用しています。共通仕様として、防水防塵対応しています。また今回からBixbyボタン、3.5mmオーディオジャック廃止されています。

加速度センサーとジャイロスコープをSペンに搭載。ジェスチャー操作にも対応して新しい使い方が出来るように、より書き心地も良さそう。

面白いのは、動画でも背景ぼかしが出来るようになったこと。このあたり面白そうな機能が追加されました。

ちえほん
あくまで海外版です。国内はまだです!

本記事では、Note 9から何が変わったのか。Galaxy Note 10 / Note 10+の魅力をNote 9と比較しながら確認していきます。

スポンサーリンク

Note 10 / Note 10+とNote 9のスペック表

Note 10 / Note 10+とNote 9のスペック・性能を以下のまとめました。

機種名 Galaxy Note 10 Galaxy Note 10+ Galaxy Note 9
CPU Snapdragon 855 / Exynos 9825 Snapdragon 855 / Exynos 9825 Snapdragon 845 / Exynos 9810
ストレージ容量 (ROM) 256GB 256GB / 512GB 128GB / 512GB
メモリ (RAM) 8GB 12GB 6GB / 8GB
外部ストレージ 非対応 1TB 512GB
ディスプレイ(画面)サイズ 6.3インチFHD+
Dynamic AMOLED Infinity-O Display
解像度(2,280×1,080)
HDR10+
6.8インチQuad HD+
Dynamic AMOLED Infinity-O Display
解像度(3,040×1,440)
HDR10+
6.4インチ(有機EL)
解像度(2960x1440)
メインカメラ トリプルカメラ
1,600万画素(超広角)
1,200万画素(標準)
1,200万画素(望遠)
クアッドカメラ
1,600万画素(超広角)
1,200万画素(標準)
1,200万画素(望遠)
ToFカメラ
デュアルカメラ
1,200万画素(標準)
1,200万画素(望遠)
サブカメラ 1000万画素画素 1000万画素画素 800万画素
SIM スロット Nano SIM Nano SIM Nano SIM
バッテリー 3,500mAh 4,300mAh 4,000mAh
OS Android 9.0 Android 9.0 Android 8(初期)
サイズ 151 x 71.1 x 7.9 mm 162.3 x 77.1 x 7.9 mm 161.9 x 76.4 x 8.8 mm
重さ 168 g 196 g 201 g
カラー オーラグロー、オーラブラック、オーラホワイト、オーラピンク、オーラレッド オーラグロー、オーラブラック、オーラホワイト、オーラブルー ラベンダー、パープル
オーシャンブルー、ミッドナイト ブラック
その他 防水防塵IP68 防水防塵IP68 防水防塵IP68

Galaxy Note 10が思ったよりも軽くて使いやすそうな印象です。どうやら女性でも使いやすいコンパクトさ、軽さを優先しているとのこと。気になる点として、ディスプレイ解像度が思ったよりも低め。Note 9よりも解像度が低いです。

CPUについては、Snapdragon 855およびExynos 9825を搭載します。5G版のみ、Snapdragon 855+を採用する模様。このあたり、Snapdragon 855+を楽しみにしていた方にはちょっと残念なお知らせかもしれませんね。Note 9では、Snapdragon 845でしたがしっかり最新CPUへスペックアップしています。

Galaxy Note 10のカラーは、オーラグロー、オーラブラック、オーラホワイト、オーラピンク、オーラレッドの5色展開。

Galaxy Note 10+のカラーは、オーラグロー、オーラブラック、オーラホワイト、オーラブルーの4色展開。

これまでのGalaxy Note 9シリーズとは違ったカラーラインナップになっているので非常に楽しみです。

Note 10 / Note 10+とNote 9の違い・何が変わった?

今年のGalaxy S10シリーズは、10周年に相応しい完成された素晴らしいスマートフォンでした。

次のGalaxy Note 10 / Note 10+は、どんな感じになるのかなと思っていたら、流石サムスン守りではなく、攻め(挑戦)を選んだ模様です。

Bixbyボタン、3.5mmオーディオジャック廃止や電源ボタンの位置変更など、Note 9やGalaxyシリーズで評価されてきた部分を捨ててまで新しいチャレンジをしてきました。

個人的には、Galaxy Note 10 / Note 10+は非常に魅力的に感じました。

ココが変わった!

▶Note 9はデュアルカメラ、Note 10シリーズはトリプルカメラやクアッドカメラを搭載
▶Sペンが大きく変わる
▶画面占有率が大幅向上
▶Note 10+とNote 9はサイズがほぼ同じだけど、画面サイズがNote 10+の方が大きい
▶RAMは最大12GBまである!Note 9は最大8GBでした
▶カラーラインナップに特徴的なグラデーションカラーもある
▶Bixbyボタン、3.5mmオーディオジャック廃止
▶電源ボタンの配置変更
▶指紋認証は画面内指紋認証へ

Note 9から案外大きく変えてきたなという印象が大きいです。特にディスプレイ周りは、画面占有率も大幅向上させ、S10シリーズ同様パンチホールディスプレイを採用しています。見た目も、Note 9から変化を感じられるはずです。

また、カメラもしっかり強化されているので、より色んなシーンで使いやすくなるカメラも嬉しいですね。面白い機能として、動画時にも背景ぼかしが出来る機能を搭載しているのは楽しみです。

Sペンは、加速度センサーとジャイロスコープを搭載しました。ジェスチャー操作にも対応して新しい使い方が出来るようになっています。Sペンのデザインも繋ぎ目がないデザインになっています。このあたりも、Note 9にはなかった機能が追加されています。

また、Samsung Notesで手書きをデジタルテキストに即座に変換することが出来て、Microsoft Wordを含むさまざまな形式にエクスポートできます。その他に、テキストの色を縮小、拡大、または変更して、メモをカスタマイズできるようになっています。

ちなみに、Sペンは最大10時間駆動可能でスタイラスペンとして使うなら電池切れでも使えるとのこと。

充電に関しては、30分の充電で1日使用可能で急速充電対応しています。Note 9よりもより速く充電出来るようになりましたがバッテリーへの負荷も心配なところです。

ココは同じ

▶安心の防水防塵IP68
▶最安モデルはNote 9と価格差があまりない

Galaxy Note 10 / Note 10+は安心の防水防塵対応です。このあたりの仕様は引き続き継続となっています。

また、価格についてNote 10が950ドルから(日本円で約10万円)、Note 10+は1,100ドルから(約12万円)となっています。米国価格は比較的良心的なような気がします。Note 9から大きな価格差はあまりないように感じます。

まとめ:思ったよりも変わったという印象

Galaxy Note 10 / Note 10+は、Note 9から大きく変わりました。

正直、良いところ悪いところあると思います。特に、イヤホンジャックについては賛否ありそうな気がします。ただ、個人的には面白いチャレンジだと思っています。Bixbyボタンが廃止されたのは嬉しい。発表では特に触れられていませんでしたが、機能としてまだ存在しているのかも気になるところですね。

今までのNoteシリーズにはなかったコンパクトモデル。軽くて、使いやすいを意識したGalaxy Note 10については女性ウケも良さそうで、今年も人気が出そうだなと感じました。

すでに日本語ページも公開されており、現状Galaxy Note 10 / Note 10+のどちらも掲載されています。2台とも発売されれば、約5年ぶり?Galaxy Note 4の時以来だと思います。そもそも、日本でNoteシリーズが2台同時に出たことはないはずなので、楽しみですね。

ちょうど秋から楽天も参入してくるタイミングなので、色々期待してしまいます。日本発売は、恐らく10月下旬頃だと思います。おサイフケータイへの対応もされると思うので楽しみに待ちたいと思います。

GalaxyNote10
Galaxy Note 10 / Note 10+ってどんな機種なのか?【スペック・仕様・発売日・特徴】

スポンサーリンク

\ PICK UP!! /

エイスース

国内版ASUS ZenFone 6 ZS630KLの発表会イベントレポート動画をYouTubeに公開しました!

先日、国内で行われたイベントで発表されたASUS ZenFone 6 ZS630KLのレポート動画をYouTubeに公開しました。ASUSにご招待頂き一足先にイベント会場内で実機を試しております。 動画の後半にはZenFone 6の試作機の映像も後半に登場します。触ることは出来ませんでしたが、色々なモックが展示されていました。また、実機の国内版ZenFone 6の映像もあるので、ミッドナイトブラックおよびトワイライトシルバーの色味も感じてもらえます。 また、30周年記念モデルについても映像にしております。 ...

続きを読む

ASUS新製品ZenFone 6含む発表会イベント

エイスース

ASUS新製品ZenFone 6含む発表会イベントレポート | 創立30周年&ジョニー・シー会長が登壇

ASUS発表会イベントに初参戦。どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 本記事では、ASUS JAPAN発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」の様子をレポートしていきます。発表会では、国内向け新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」の発表や新型ノートPC2「ZenBook Pro Duo」についてなど、魅力的な新製品が発表されました。その時の興奮や感動を少しでもお届け出来たら幸いです。 まず、本題に入る前に発表会にお招き頂いたAS ...

続きを読む

Amazonスマートフォン本体の売れ筋ランキング第1位にZenFone6がランクイン

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL (6GB/128GB) | Amazonスマートフォン本体の売れ筋ランキング第1位に

先日、国内発売が発表されたASUS最新フラッグシップモデルZenFone 6。すでに国内では、各ショップにて予約が開始されており、いよいよ明日8月23日に発売が開始されます。 国内投入される「ZenFone 6 ZS630KL」は、以下のとおりです。(一部モデルのみ順次投入) 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM6GB/ROM128GB (BK128S6) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ZS630KL トワイライトシルバー RAM6GB/ ...

続きを読む

国内版ZenFone 6の実機をチェック

エイスース

国内版ZenFone 6(トワイライトシルバー/ミッドナイトブラック)の実機をチェック | 見れば見るほど欲しくなるんだよ。

ZenFone 6は最高だぞッ!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! ちえほん見れば見るほど欲しくなるんだよ。 遂に国内版の発売が決まったASUS渾身の最新フラッグシップ「ZenFone 6」。国内では初となるインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味で、アウトカメラ(メインカメラ)でインカメラも撮れる自撮りやグループ撮影にも使える万能なカメラです。 本記事では、ASUS JAPANの発表会イベント ...

続きを読む

エイスース

【30周年記念モデル】ZenFone 6実機ファーストインプレッション | A部発表会レポート①

ASUS(エイスース)から国内発売が発表されたZenFone 6。注目したいのは、30周年記念モデルの存在。限定モデルのASUS ZenFone 6 Edition 30 (ZS630KL)は、通常のZenFone 6をさらにハイスペック仕様(RAM12GB / 512GB)に変え、背面にASUSらしいスピン調でかつ30周年記念ロゴが入っています。 また、保証も手厚くなんと国内30ヶ月保証が提供されます。特別な存在のZenFone 6は通常モデルにはないさらなる高級感を放つ。上質で、懐かしい背面加工はAS ...

続きを読む

ZenFone 6と外箱

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL レビュー!インカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラが最強すぎる

どうも、僕はASUSが好き。ちえほん(@chehonz201)です!! さて、今回はASUS最新フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を購入したのでレビューをお届けします。注目は、やはりインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味。また、最新のハイエンド向けCPU搭載や他にはない大容量バッテリー5,000mAhの採用など、目が話せない2019年夏モデル大注目スマートフォンとなっています。 この記事 ...

続きを読む

エイスース

ASUS JAPAN新型スマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を発表 | 発売は8/23から、価格は69,500円(税抜)〜

ASUS JAPANは、発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」にて国内向けに新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を投入することを発表しました。 発売が開始された国内投入されるは「ZenFone 6 ZS630KL」、以下のとおりです。(一部モデルのみ順次投入) 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM6GB/ROM128GB (BK128S6) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ...

続きを読む

iPhone 11を買うか買わないか

アップル

2019年今秋に発売されるであろう新型iPhoneは買いますか | 7割近くは買わない・見送り?

2019年iPhoneを買いますか?どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! いよいよ、来月に発表されるであろうApple(アップル)の新型iPhone 11シリーズ(仮名称)。カメラは、5.8インチiPhone Proと6.5インチiPhone Pro Maxの2機種が上位モデルの位置づけでトリプルカメラを搭載、iPhone 11はデュアルカメラを搭載すると言われています。 また、iPhone 11シリーズは以下の三種類が登場すると言われています。 ポイント iPhone 11 ▶ ...

続きを読む

関連記事

-サムスン

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.