サムスン

僕が「Galaxy A30」を使って感じるメリットとデメリット!IP68防水防塵対応とおサイフケータイが魅力的。

更新日:

僕が「Galaxy A30」を使って感じるメリットとデメリットをじっくりお伝えしていきます。

どうも、ちえほんです。

これまで何度も2019年はミドルレンジモデルが熱いとお伝えしてきましたが、今回は忘れてはいけないもう一台のミドルレンジモデル「Galaxy A30」についてご紹介していきます。Galaxy A30は、2019年6月6日以降にauとUQモバイル(6月14日から発売)などのMVNOから順次発売されます。Galaxyシリーズとしては初のMVNOから発売される注目のスマートフォンです。大画面6.4インチ有機ELを搭載、メインカメラはデュアルカメラ、バッテリーも3900mAhと大容量バッテリーを搭載していて、価格も低価格なミドルレンジモデルです。

人気のGalaxyシリーズをもっと手軽な価格で、ようやくお買い得なMVNOからも登場します。ミドルレンジモデルで探されている方はぜひ購入候補に入れてみるのをおすすめします。

この記事では、以下の内容をじっくりお伝えしていきます。

この記事を読んでわかること

  • 「Galaxy A30」のメリット・デメリット
  • 「Galaxy A30」のカメラはどうなのか
  • 「Galaxy A30」って実際どうなのか
  • 「Galaxy A30」はどんな人が買うべきなのか!

Galaxy A30ってどんな機種なんだろうと気になっている方にも参考になるようこの記事をお届けしていきます。

YouTube動画でもGalaxy A30のメリットとデメリットをご紹介しています。

こちらも合わせてお楽しみください!!

それでは、まずGalaxy A30のメリットとデメリットをみていきましょう。

Galaxy A30のメリット・デメリット

Galaxy A30を実際に使って感じたメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

【画像】

様々なメリット・デメリットの一覧を以下にまとめてみました。まずは、メリットについていくつかみていきましょう。

「Galaxy A30」のメリット・デメリット

ココがメリット

  • 価格が3万円前半(au版は4万円前半)を切る!
  • 視野角123度の超広角を搭載したデュアルカメラ!
  • 大画面6.4インチ有機ELディスプレイ!
  • 大容量バッテリー3900mAhを搭載、バッテリー持ちよし!
  • Felica搭載、おサイフケータイに対応!
  • Galaxyシリーズ初のSIMフリーモデルもあり!
  • IP68防水防塵仕様に対応!!
  • 魅力的なカラーラインナップとデザイン

「Galaxy A30」の特徴は、やっぱりIP68防水防塵・サイフケータイにも対応していることです。国内ユーザーの方で、防水防塵仕様とおサイフケータイが使えない機種は買えないという方がいるぐらい必須仕様になっています。IP68相当なので、完全な防塵構造で水面下での使用も可能です。ミドルレンジモデルながらしっかりした防水防塵を備えています。

また、手軽に電子マネーを使えるおサイフケータイに対応しているのは凄く嬉しいですね。最近ではGoogle Pixel 3aでも使えるおサイフケータイですが、ミドルレンジモデルでそこそこ動く機種でおサイフケータイが搭載されているのは、そこまで多くありません。このあたり凄く嬉しいですね。

個人的に使って良かったと感じたのは、バッテリー持ちです。ハイエンドモデル並のパワーはないものの、バッテリー持ちは素晴らしいものを感じました。Galaxyシリーズはバッテリー持ちが弱いと感じることも多いので、その点「Galaxy A30」はバッテリー持ちを改善しているGalaxyシリーズになっています。

ココがデメリット

  • 重い3Dゲームなどは処理が重くカクつくことがある
  • 動作レスポンスは、P30 liteの方がサクサク動く
  • P30 liteに比べるとカメラは劣る印象!

次に、「Galaxy A30」のデメリットをみていきましょう。

個人的に最もデメリット感じたのは、重い3Dゲームなどは処理が重くカクつくことがあるということです。これは搭載されているCPU「Exynos7904」に原因があるのかなと感じました。正直、ミドルレンジモデルなのでゲームメインで使おうと思っている方は少ないと思いますが、ゲームメインで使おうと思っている方には絶対推せない一台です。ゲームをやりたくて予算もあるなら是非ハイエンドモデルをおすすめします。

ちなみに、一般的な電話・メール、インターネットブラウジング、ツイッターについては問題なく快適に行なえます。

Galaxy A30のカメラはどうなのか

気になっている人多いGalaxy A30のカメラに迫っていきたいと思います。

カメラについては、ミドルレンジモデルながらGalaxyシリーズらしいカメラを搭載しています。Galaxy A30のカメラは、AIカメラを搭載しているので自動で被写体を判別して最適な調節を行ってくれます。認識精度もそこそこ使える感じになっています。AI自動判別で分かりすいのが料理の写真です。

左がAIオン、右がAIオフの写真です。AIオンの方が断然美味しそうに見えませんか?Galaxyシリーズ特有の温かみある色味調節によって簡単に美味しそうな料理の写真が撮影出来ます。また、今回は超広角レンズを搭載しています。

ハイエンドモデルのGalaxy S10シリーズと同様の視野角123を持つ超広角カメラは、これまで撮影しにくかった風景写真や集合写真にも即座に対応出来ます。Galaxyシリーズは、使いやすいカメラUIも個人的には好きです。

じゃあ、Galaxy A30のカメラどうなのかという部分ですが、日中の写真や料理、マクロ撮影は十分Galaxy A30一台でこなせます。

ただし、夜景が弱めでした。

特に明るさが足りない場面ではノイズが荒さが目立つ感じになります。ただ、同様の場面でP30 liteで撮影しても同じようにノイズが荒くなる感じはあるので大きな大差はないように感じました。

結論として、Galaxy A30のカメラは暗所での撮影は少し弱いが、全体的にGalaxyシリーズらしいハッキリとした色味を再現してくれる素晴らしいカメラでした。

Galaxy A30って実際どうなのか



さて、いよいよGalaxy A30って実際どうなのかというところについてお伝えしてきます。実際に使って感じたのは、Galaxy A30はすべてのミドルレンジモデルユーザーに満点で送り出せるスマートフォンではありませんでした。もちろん、他のミドルレンジモデルでも使う人の環境・使いたい目的が違うので万人にオススメ出来るものはないんですが、Galaxy A30で満足出来るユーザーはHUAWEI P30 liteやGoogle Pixel 3aよりも対象ユーザーが限られているように感じました。

Galaxy A30の評価すべき点は、Galaxyシリーズ初のMVNOから発売されるモデルであること、IP68防水防塵・おサイフケータイへの対応、AIカメラを用いたデュアルカメラはGalaxyシリーズの良さが出ている、ディスプレイは本当に綺麗でしずく型ノッチディスプレイもより大画面に使えて良いところです。

ただ、逆に6.4インチという大画面が購入したい層を狭めてしまっているようにも感じました。僕自身、普段メインでiPhone XS Maxを使っているので大画面と本体の重さには慣れているんですが、大画面が初めての人には逆に画面が大きすぎたり、重さが辛くなってくるかもしれません。

重さ的には、ハイエンドモデルGalaxy S10+とほぼ同等なので慣れている人には関係ないかもしれませんが、S10+よりももっとライトユーザーを想定して販売するというところ考えると、大きさと重さはもう少し小さく、軽い方が人気が出そうでした。

それでも、Galaxy A30は評価すべき点も多く価格帯的にHUAWEI P30 liteと比較する人も多いと思いますが、現状HUAWEI問題は解決していない点やP30 liteが防水防塵仕様、おサイフケータイ非搭載なので、単純にこの価格帯で探すなら「Galaxy A30」を購入すべき対象になる人も多いと思います!!

\ 【公式】auオンラインショップ!! /

今すぐチェックする

※待ち時間なし!頭金ゼロ!送料無料!

「Galaxy A30」はどんな人が買うべきなのか!

「Galaxy A30」はどんな人が買うべきなのか!?について触れておきましょう。どんな人が買うべきなのか以下にまとめてみました。

どんな人が買うべきなのか

▶1年以上前のミドルレンジモデルからののりかえ先を探している方!
▶防水防塵、おサイフケータイが必須な方!
▶au回線で使えるミドルレンジモデルが欲しい方!

Galaxy A30は、ハイエンドモデルからののりかえ先としてはおすすめ出来ません。あくまでミドルレンジモデルからののりかえ先としておすすめします。1年前以上のミドルレンジモデルをお使いの方であれば十分満足してもらえると思います。

また、Galaxy A30を買うべき人は防水防塵が必須、おサイフケータイも絶対欲しい、でも安く買いやすいモデルが欲しいというユーザーに最も適しています。また、地味にau回線も使えるというところが嬉しいところです。

最後に・・・



今年2019年のミドルレンジモデルは、どれも本当に凄いです。それぞれが個性を持っているので上手いこと差別化出来ています。Galaxy A30が完璧かと言われるとそうではありません。もう少しこの機能やカメラ性能があったらみたいなことは思いますが、ある程度のものをしっかり詰め込み価格を抑えているというところがミドルレンジモデルのお値段以上という部分に現れてきていると思います。

ぜひ、自分に合うミドルレンジモデルを探してみてくださいね!!

国内版Galaxy A30を買えるところまとめ

国内版Galaxy A30を買えるところ

スポンサーリンク

\ PICK UP!! /

エイスース

【30周年記念モデル】ZenFone 6実機ファーストインプレッション | A部発表会レポート①

ASUS(エイスース)から国内発売が発表されたZenFone 6。注目したいのは、30周年記念モデルの存在。限定モデルのASUS ZenFone 6 Edition 30 (ZS630KL)は、通常のZenFone 6をさらにハイスペック仕様(RAM12GB / 512GB)に変え、背面にASUSらしいスピン調でかつ30周年記念ロゴが入っています。 また、保証も手厚くなんと国内30ヶ月保証が提供されます。特別な存在のZenFone 6は通常モデルにはないさらなる高級感を放つ。上質で、懐かしい背面加工はAS ...

続きを読む

ZenFone 6と外箱

エイスース

ASUS ZenFone 6 ZS630KL レビュー!インカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラが最強すぎる

どうも、僕はASUSが好き。ちえほん(@chehonz201)です!! さて、今回はASUS最新フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を購入したのでレビューをお届けします。注目は、やはりインカメラ・アウトカメラ兼用のフリップカメラです。インカメラ(もしくは、音量ボタン)を起動するとカメラが動き出す大胆なギミックが持ち味。また、最新のハイエンド向けCPU搭載や他にはない大容量バッテリー5,000mAhの採用など、目が話せない2019年夏モデル大注目スマートフォンとなっています。 この記事 ...

続きを読む

エイスース

ASUS JAPAN新型スマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を発表 | 発売は8/23から、価格は69,500円(税抜)〜

ASUS JAPANは、発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」にて国内向けに新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を投入することを発表しました。 国内投入されるは「ZenFone 6 ZS630KL」、以下のとおりです。( 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM8GB/ROM256GB (BK256S8) 8/23発売開始 69,500円(税抜) ZenFone 6 ZS630KL トワイライトシルバー ...

続きを読む

iPhone 11を買うか買わないか

アップル

2019年今秋に発売されるであろう新型iPhoneは買いますか | 7割近くは買わない・見送り?

2019年iPhoneを買いますか?どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! いよいよ、来月に発表されるであろうApple(アップル)の新型iPhone 11シリーズ(仮名称)。カメラは、5.8インチiPhone Proと6.5インチiPhone Pro Maxの2機種が上位モデルの位置づけでトリプルカメラを搭載、iPhone 11はデュアルカメラを搭載すると言われています。 また、iPhone 11シリーズは以下の三種類が登場すると言われています。 ポイント iPhone 11 ▶ ...

続きを読む

iPhone 2019年モデルのケースを買ってみた

アップル

新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみた | XS Maxに付けても違和感がない。

新型iPhoneはどれを買おう。どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! 今秋、発売予定のアップル新型iPhoneについて様々なリークがされています。今年のiPhoneはカメラ部分が大きく変わると言われています。 ちえほん実際どんな感じになるのか知りたい というわけで、先日のEngadget夏祭りにて山根博士さんから新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみました。 すでにご存知の方も多いかもしれませんが、今年のiPhoneは三種類発売されると言われています。発売されると言わ ...

続きを読む

サムスン

DXOMarkにて「Galaxy Note 10+ 5G」のカメラ評価が登場 | イン・アウトともに世界最高点をマーク

先日、サムスンから発表されたGalaxy Note 10シリーズ。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用しています。共通仕様として、防水防塵対応しています。また今回からBixbyボタン、3.5mmオーディオジャック廃止されています。 スマホカメラを評価しているDXOMarkに、Galaxy Note 10シリーズ「5G」 ...

続きを読む

Note10が発表

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が遂に登場 | Note 9から何が変わるのか、日本国内発売はあるのか

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用し ...

続きを読む

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が発表されました | 日本向けページが登場、5Gは予定通りなし。

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 日本向けページも登場しました。5Gモデルは予定通り記載はなく、Galaxy Note 10 / Note 10+が載せられています。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のト ...

続きを読む

関連記事

-サムスン
-

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.