最高のデスクライトはコレ!「BenQ Wit MindDuo LED」は今まで使ったどれよりも良くて完璧すぎる。

更新日:

どうも、デスク周りは出来るだけ綺麗にしたいちえほん(@chehonz201)です!!

さて、今回はオススメデスクライトをレビューしていきます。最近、デスクライトは年々お洒落になっていっているような気がします。最近ではどこでも売っているデスクライト、ただ買ってみたが明るさ調節が出来なかったり、上手く位置の調節が出来なかったり、僕自身デスクライトには割と苦い思い出があります。

また、普段僕が家に居るとき、ブログを書いたり、YouTubeを観たり、インターネットで調べ物をしたり、デスクに座って作業することが多くあります。デスクには照明を設置しておらず、家の照明だけではちょっと暗いなと感じることが多々ありました。

今日はそんな悩みを一発解決してくれる最高のデスクライトをご紹介します!!!

追記:YouTube動画にてレビューを行いました。

今日ご紹介するのは、BenQさんの「親子デスクライト BenQ Wit MindDuo LED デスクライト AR16_D(Clamp)【調光調色機能付き 広い照明範囲 集中力向上】クランプタイプ」です!!!(※提供:BenQ様

ポイント!!

「あかり」の大切さについて考えたことがありますか?
暗い照明や眩しい光は目を疲れさせ、学習や読書に集中できなくなります。
BenQ MindDuo(マインドデュオ)「親子デスクライト」は、BenQ独自の「広域導光ルーバー」により、目が嬉しい光の環境をつくりだします。
これにより、頭をすっきりさせ集中力があがることでやる気にも自然とスイッチが入ります。

こいつはまじで、良いです!!今まで使ってきたどのデスクライトよりも柔軟に僕のやりたいことを叶えてくれるデスクライトです。

BenQデスクライトはこんな方におすすめ!!

  • 学習用にデスクライトが欲しい方!!機能も充実で最高にマッチ!!
  • ギラギラしない光を探している方!!BenQデスクライトは目に優しい!!
  • 長時間PC作業や勉強したい方にもオススメ!

個人的に、一番オススメなのは学習用デスクに取り付けるデスクライトを探している方です。「親子デスクライト BenQ Wit MindDuo LED デスクライト」は、決して安くはないデスクライトです。ただし、長年使えるのに加えて、他にはない多機能デスクライトなのです。

BenQデスクライトなら、勉強や読書はもちろん、スマートフォンのゲームや動画鑑賞などの様々な場面に対応することが出来ます。実際僕自身、約1週間ほど使っていますが、光の強さが強すぎず、ホントに疲れにくくなりました。また、角度を自在に調節出来るのが本当に嬉しい。また、光の調節も簡単で、人感センサーも付いているので凄いデスクライトでした。

良いものを長く使いたい派なので、「親子デスクライト BenQ Wit MindDuo LED デスクライト AR16_D(Clamp)【調光調色機能付き 広い照明範囲 集中力向上】クランプタイプ」はまさに僕にピッタリの製品でした。

それでは、より詳しく「親子デスクライト BenQ Wit MindDuo LED デスクライト」のレビューをしていきたいと思います。

親子デスクライト BenQ Wit MindDuo LED デスクライトをレビュー!!

まずは、パッケージをみていきましょう。比較的大きな箱に「親子デスクライト BenQ Wit MindDuo LED デスクライト」が入っています。注目したいのは、箱のデザイン。非常にポップで可愛らしいデザインを採用しています。

付属品は、デスクライト、固定器具、ACケーブル、変換ケーブル、説明書です。コレ以外に別途必要な工具はありません。

ここで、一旦「親子デスクライト BenQ Wit MindDuo LED デスクライト」の仕様についても確認しておきましょう。

製品名 BenQ Wit MindDuo
クランプタイプ
照度 2000 Lx
(中心直下、高さ40cm)
光源部 2700K電球色~ 6000K白色
Ra>80
電源 100〜240V AC
50〜60Hz
消費電力 18W(最大)
充電USBポート 5V、1A
サイズ 38cm x 47cm x 32cm
本体素材・材質 アルミ、ポリカーボネート
本体重量 1.2 kg
クランプ 厚さ60mmまで対応

今回クランプタイプなんですが、スタンドタイプもあります。スタンドタイプよりもクランプタイプの方が場所を取らないのでオススメです!!

親子デスクライト BenQ Wit MindDuoを設置してみた!!

実際に親子デスクライト BenQ Wit MindDuoを設置してみました。非常に良い感じです。シンプルなデザインで、ヘッドライト部分が特徴的なデザインをしています。広角の曲面設計を採用しており、机の隅々まで照らすことができるため、文字は見えやすく、勉強や作業の効率もアップするように作られているようです。

設置のときに使うのは、このクランプ部品です。コレを先に机に取り付け、デスクライトを設置していきます。非常にコンパクトで、どこにでも設置しやすいような感じになっています。スタンドタイプとは違い、クランプタイプならより机を広く使うことが出来ます。

親子デスクライト BenQ Wit MindDuoは、明るさだけでなく、光の色味も変えれるのが良い!!

ポイント

無段階調色機能により、覚醒効果のある白い光も、リラックスできる心地よい電球色も、自分で選ぶことができます。

コレが本当に良い感じなんです。光の色味を変えれるので、やる作業時間帯、勉強時間帯に合わせて光の色味を変えると気分も変わる感じがしました。

電源のオンオフも非常に簡単で、親子デスクライト BenQ Wit MindDuoの下に手をかざすと電源のオンオフが出来ます。また人感センサーも搭載されているので、併用も可能です。

明るさと光の色味は、上部の円部分を回すことで調節が出来ます。

ポイント

操作方法は非常に簡単で、明るさと光の色味は中央の円部分を押すと切り替えが可能になっています!!

回しながら自分好みの明るさ、光の色味を調節しましょう。

ヘッドライト部分後ろには、人感センサーのオンオフが可能です。自動で点灯/消灯が可能になります。人感センサーの働きで、ライトに近づくと自動的にONなるのは非常に便利です。

USB充電ポートも搭載されています。使う教材(デジタル教材など)を使うときにも、すぐ近くから電源を取れるのは便利です。

親子デスクライト BenQ Wit MindDuoの魅力は、高さ、角度、ヘッドライト部分の位置調整が簡単に行えることです。

高さや位置調整は、割と出来るデスクライトも多いんですが、ヘッドライト部分が簡単に動くデスクライトはあまりないように思います。ヘッドライト部分が回転して自由に動かせるので光の当たる角度を簡単に調節出来るのが便利すぎます。

最後に・・・

親子デスクライト BenQ Wit MindDuo LED デスクライト AR16_D(Clamp)【調光調色機能付き 広い照明範囲 集中力向上】クランプタイプ」は、最高のデスクライトでした。正直、自分が使ってきた中では最も使いやすく、疲れにくいデスクライトでした。

学習用に使うデスクライトにはもちろん、最高にマッチします!!!個人的には、PC作業でデスクに向かう人にもオススメしたいヘッドライトでした。明るさ、色味が変えられて、目に優しい光は、明らかに作業効率を上げてくれます。

BenQ Wit MindDuoのおすすめポイントまとめ!

  • ライトをつけると心地よい光が広がり、自然に勉強や読書といった自分の世界に没頭出来る!
  • 独自開発の「導光ルーバー」を採用!!まぶしさを感じさせない、均一な光を実現
  • 照明範囲が広く、目の負担が少ない!!照明は広範囲で95cm!!
  • 無段階調色機能で光の色を変えられる!光を切り替えると集中力はより一層アップに
  • 角度調節、高さ調節、ヘッド回転も出来て自由自在の配置が可能!
  • 電源オンオフは手をかざすだけ!人感センサーも搭載されている!!

親子デスクライト BenQ Wit MindDuo LED デスクライト AR16_D(Clamp)【調光調色機能付き 広い照明範囲 集中力向上】クランプタイプ」を使って、作業効率、勉強・学習効率を格段に上げてみませんか?

今回ご紹介した親子デスクライト BenQ Wit MindDuo LEDはこちら!!

ちなみに、スタンドタイプもあるよ!!

スポンサーリンク

\ PICK UP!! /

エイスース

ASUS JAPAN新型スマホ「ZenFone 6 ZS630KL」を発表 | 動くフリップカメラが特徴的だ

ASUS JAPANは、発表会イベント「WISER TOGETHER~30 Years Together」にて国内向けに新型フラッグシップモデル「ZenFone 6 ZS630KL」を投入することを発表しました。 国内投入されるは「ZenFone 6 ZS630KL」、以下のとおりです。( 国内版 ZenFone 6 ZS630KL ミッドナイトブラック RAM8GB/ROM256GB (BK256S8) ZenFone 6 ZS630KL トワイライトシルバー RAM8GB/ROM256GB (SL25 ...

続きを読む

iPhone 11を買うか買わないか

アップル

2019年今秋に発売されるであろう新型iPhoneは買いますか | 7割近くは買わない・見送り?

2019年iPhoneを買いますか?どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! いよいよ、来月に発表されるであろうApple(アップル)の新型iPhone 11シリーズ(仮名称)。カメラは、5.8インチiPhone Proと6.5インチiPhone Pro Maxの2機種が上位モデルの位置づけでトリプルカメラを搭載、iPhone 11はデュアルカメラを搭載すると言われています。 また、iPhone 11シリーズは以下の三種類が登場すると言われています。 ポイント iPhone 11 ▶ ...

続きを読む

iPhone 2019年モデルのケースを買ってみた

アップル

新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみた | XS Maxに付けても違和感がない。

新型iPhoneはどれを買おう。どうも、ちえほん(@chehonz201)です!! 今秋、発売予定のアップル新型iPhoneについて様々なリークがされています。今年のiPhoneはカメラ部分が大きく変わると言われています。 ちえほん実際どんな感じになるのか知りたい というわけで、先日のEngadget夏祭りにて山根博士さんから新型iPhone 2019年モデル用と思われるケースを買ってみました。 すでにご存知の方も多いかもしれませんが、今年のiPhoneは三種類発売されると言われています。発売されると言わ ...

続きを読む

サムスン

DXOMarkにて「Galaxy Note 10+ 5G」のカメラ評価が登場 | イン・アウトともに世界最高点をマーク

先日、サムスンから発表されたGalaxy Note 10シリーズ。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用しています。共通仕様として、防水防塵対応しています。また今回からBixbyボタン、3.5mmオーディオジャック廃止されています。 スマホカメラを評価しているDXOMarkに、Galaxy Note 10シリーズ「5G」 ...

続きを読む

Note10が発表

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が遂に登場 | Note 9から何が変わるのか、日本国内発売はあるのか

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のトリプルカメラを採用、Note 10+は、6.8インチ有機ELディスプレイ搭載、こちらも同じくNoteシリーズ初のクアッドカメラを採用し ...

続きを読む

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+が発表されました | 日本向けページが登場、5Gは予定通りなし。

Galaxy Note 10 / Note 10+シリーズが遂に発表されました!!!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月8日日本時間で午前5時ごろサムスンから最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10 / Note 10+が公式発表されました。 日本向けページも登場しました。5Gモデルは予定通り記載はなく、Galaxy Note 10 / Note 10+が載せられています。 Galaxy Note 10は、6.3インチ有機ELディスプレイ搭載、Noteシリーズ初のト ...

続きを読む

GalaxyNote10

サムスン

Galaxy Note 10 / Note 10+ってどんな機種なのか?【スペック・仕様・発売日・特徴】

Galaxy Note 10シリーズが欲しい!どうも、ちえほん(@chehonz201)です。 2019年8月7日(日本時間では8月8日午前5時頃)から米国にてサムスン最新フラッグシップモデルGalaxy Note 10シリーズが発表されるイベントで発表されました。 最新Noteシリーズは、今回は2種類。6.3インチのGalaxy Note 10、6.8インチのGalaxy Note 10+が発売されると言われています。もちろん、大人気のSペンは搭載、新しいグラーデーションカラーが追加されるなど、楽しみで ...

続きを読む

ファーウェイ

HUAWEI P30 liteをレビュー!P20 liteよりも大幅性能向上、コスパ最強スマホ再び【写真40枚記載】

どうも、HUAWEI P30シリーズ最高!ちえほん(@chehonz201)です。 今回は、HUAWEI P30シリーズの中で最もコスパ最強スマホHUAWEI P30 liteファーウェイピーサーティーライトをレビューしていきます。去年、2018年に最も売れたSIMフリースマホ「HUAWEI P20 lite」の後継機です。 国内版が発表!! HUAWEI P30 lite ⇒ 発売日は2019年5月24日(金)、価格は32,880円(税抜)〜 追記: 国内版 HUAWEI P30 liteについて 国内 ...

続きを読む

関連記事

-未分類
-

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.