モバイルドットコム

最新ガジェット、話題のスマホや家電レビューをお届け!!!!!

スポンサーリンク

【業界最安値】最新機種が最安値更新!!!

ETORENにて「Galaxy Note 9 」が最安値更新

今すぐ購入する

※最安値、関税込み!今なら83,000円〜

Android Zenfone3Max ガジェットレビュー

コスパ最強怪獣ASUS ZenFone 3 Max ZC520TL購入開封レビュー!安心の大容量4,100mAhバッテリー搭載で驚異の超・長時間駆動

投稿日:2017年1月15日 更新日:

f:id:chehonz5:20170115165243j:plain
ASUSの新型スマートフォン「ASUS ZenFone 3 Max ZC520TL」は、昨日2017年1月14日に発売を開始しました。「ASUS ZenFone 3 Max ZC520TL」の価格は、定価21,384円で5.2インチ、安心の大容量4,100mAhバッテリー搭載で長時間駆動可能なスマートフォンです。正直、この価格帯でこのバッテリー持ちと使いやすさは群を抜いているのではないかと思います。まさにコスパ最強スマートフォンだと感じました。勿論、低価格帯スマートフォンということもあり、ゲームメインの使い方は流石に厳しさを感じます。恐らく、「ASUS ZenFone 3 Max ZC520TL」を購入する方で、ゲームを中心に使いたいという方はいないと思いますがご注意下さいませ。

「ASUS ZenFone 3 Max ZC520TL」は、電話・メール・ネット徘徊する方向けのスマートフォンだと思います。月間通信データ量が、おおよそ1~2GBぐらいしか使っていないライトユーザー向けのスマートフォンになっています。大容量バッテリーを搭載していることもあり、充電さえしておけば出先でバッテリー切れの心配がないのもありがたいですね。モバイルバッテリーとしても利用することが可能なのでサブのスマートフォンとしても活躍してくれそうです。

「ASUS ZenFone3 Max ZC520TL」 特徴は?


f:id:chehonz5:20161222190901j:plainf:id:chehonz5:20161222190903j:plain
ASUS ZenFone3 Max ZC520TL

携帯性抜群の5.2インチ画面に、高級感溢れるスタイリッシュなメタルボディ
超・長時間駆動バッテリーだから、旅行先で1日中思う存分使用可能
連続待受時間最大約30日間という、驚異の超・長時間駆動を実現

 

「ASUS ZenFone3 Max ZC520TL」のスペックは?

 

f:id:chehonz5:20170115165322j:plain

カラー シルバー
ゴールド
グレー
プロセッサ MediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
Mali T720
サイズ(幅×高さ×厚さ) 149.5 x 73.7 x 8.55 mm
重量 160 g
電池容量 4100 mAh (内蔵)
内蔵メモリ容量 (ROM) 内蔵ストレージ: 16 GB
内蔵メモリ容量 (RAM) RAM: 2GB
ディスプレイ(画面)サイズ 5.2型
ディスプレイ(画面)解像度 1,280×720ドット (HD)
メインカメラ 1300メガピクセル
サブカメラ 500メガピクセル

コスパ最強怪獣「ASUS ZenFone 3 Max ZC520TL」購入開封レビュー!

f:id:chehonz5:20170115165251j:plain

付属品

f:id:chehonz5:20170115165333j:plain

本体:オモテ

f:id:chehonz5:20170115165327j:plain
5.2インチ1,280×720ドット (HD)ディスプレイ、緩やかにカーブを描く2.5Dの曲面ガラス採用に加え、2.25mmの超薄型ベゼルで大画面化を実現しています。

本体:ウラ

f:id:chehonz5:20170115165256j:plain
スタイリッシュなメタルボディを採用していることもあり、デザインもチープさはあまり感じられません。丸みを帯びているので非常に持ちやすいです。

カメラ+指紋認証

f:id:chehonz5:20170115165258j:plain
「ZenFone 3 Max ZC520TL」は、カメラの出っ張りがありません。個人的には出っ張りがない方が、デザインに統一感が出て、傷が付きにくいこともあり好みです。指紋認証も搭載されています。

側面左側:SIMスロット

f:id:chehonz5:20170115165312j:plain
「ZenFone 3 Max ZC520TL」は、デュアルSIM採用となっています。

SIM 1: 2G/3G/4G microSIMスロット×1
SIM 2: 2G/3G/4G nanoSIMスロット×1

microSDカードを使用する場合、デュアルSIMを使用することは出来ないので注意して下さい。

側面上部:イヤホンジャック

f:id:chehonz5:20170115165315j:plain
上部にはイヤホンジャックも搭載しています。

側面右側:音量ボタン+電源ボタン

f:id:chehonz5:20170115165317j:plain
音量ボタンと電源ボタンは押しやすい位置にあります。

側面下部:microUSBを採用しています!

f:id:chehonz5:20170115165319j:plain
個人的に残念だったのは、Type-C採用ではなくmicroUSBとなっていることです。最近では、Type-C採用スマートフォンは増えて来ていますが、「ZenFone 3 Max ZC520TL」は不採用となっています。ただ、価格帯的にもココは十分妥協できるというのと、むしろmicroUSBの方が充電器を変えなくても良いという方も多いのではないでしょうか。

「ASUS ZenFone 3 Max ZC520TL」を持ってみた:オモテ

f:id:chehonz5:20170115165324j:plain
5.2インチと大画面ですが、丸みを帯びたデザインなので非常に持ちやすく操作もし易いです。疲れにくい設計になっていると感じました。

まとめ

f:id:chehonz5:20170115165306j:plain

コスパ最強怪獣「ASUS ZenFone 3 Max ZC520TL」購入開封レビュー!はいかがでしたでしょうか?「ASUS ZenFone 3 Max ZC520TL」の魅力は、圧倒的低価格帯スマートフォンである点、低価格でも安心の大容量4,100mAhバッテリー搭載で長時間駆動、安定した操作性、指紋認証の搭載や1300万画素の高性能な背面カメラも搭載しています。低価格の割にしっかり仕上げられたスマートフォンとなっています。

サブ用のスマートフォンや仕事用スマートフォン、初めてスマートフォンを使い始める方やライトユーザーにはお薦め出来るスマートフォンです。是非一度お試し下さい。

追記1/16:スペック表に誤りがありましたので修正致しました。

その他の「ZenFone」シリーズレビューはこちら

ZenFone 3
>> 実機レビューはこちら
ZenFone 3 Laser
>> 実機レビューはこちら
ZenFone 3 Max
>> 実機レビューはこちら
ZenFone 3 Ultra
>> 実機レビューはこちら

▼話題の最新機種が最安値更新!!!

ETORENにて「Huawei Mate20 Pro」が最安値更新!!

今すぐ購入する

※最安値、関税込み!今なら116,000円〜

スポンサーリンク

関連記事

ドシドシ登録お願いします▼

モバイルドットコムの最新情報をお届け

今すぐ購読する

※モバイル・ガジェットレビューを更新中

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちえほん

とにかく新しいモノが好き。最新モバイル・ガジェット・レビューを紹介するブログ「モバイルドットコム」運営しております。iPhoneやAndroid、話題のスマートフォン情報から、便利機能・設定といった使い方も紹介します。

-Android, Zenfone3Max, ガジェットレビュー
-, ,

Copyright© モバイルドットコム , 2018 All Rights Reserved.