ガジェット専門ブログ

モバイルドットコム

スマートフォン・タブレット

「arrows M04」におすすめ保護フィルムとケースについて、買って後悔したくない!

更新日:

どうも、ケースと保護フィルム大好き人間ちえほん(@Mobilecom777)です!!

「arrows M04」にオススメ保護フィルムとケースについて、買って後悔したくない!をお届けします。

初心者向けで扱いやすい富士通 「arrows M04」ですが、保護フィルムやカバー、ケースは必須と言えるでしょう。

すでに様々な商品が発売されていてどれがいいのかわからないですよね?

この記事では、オススメのケースや保護フィルムをご紹介しつつ、購入時の注意点もご紹介します!!

保護フィルム種類やメリット・デメリット


保護フィルムには、以下のように大きく分けて三種類に別れます。

保護ケースの種類

・通常フィルム
・ガラスフィルム

次に、各保護フィルムのメリット・デメリットをご紹介していきます。

通常フィルム

▶メリット:光沢タイプや透明度、ブルーライトカットなど非常に種類が豊富です!
▶デメリット:画面サイズよりも小さめに作られているものが多い。

ガラスフィルム

▶メリット:液晶画面を落とした時にもっとも保護力が強いフィルムで安心!
▶デメリット:ケースと保護フィルムが干渉したり、サイズが小さかったり、浮いたりすることがある。

液晶保護フィルムを購入する時の注意点は?

arrows M04の液晶保護フィルムを購入する時の注意点はいくつかあります。

保護フィルム選びは、簡単なようにみえて実は非常に難しいです。

個人的に何度も失敗してきているので、大失敗の経験を踏まえフィルム選びのポイントをお伝えしていきます。

ケースと保護フィルムの干渉には注意しよう!!

先程、ご紹介してきた液晶保護フィルムの中で、最もケースとの干渉が起こるのは全面ガラスフィルムです。

全面を保護出来る分、ガラスフィルムがギリギリまでくるのでケースとの干渉が起きやすいです。

最近では、しっかりとケース干渉しないようなガラスフィルムも登場していますが、ケースを選ぶときにも注意しておくことをおすすめします。

保護ケースの種類とメリット・デメリット

保護ケースの種類

・シンプルケース
・衝撃・耐久ケース
・手帳タイプ

シンプルケース

▶メリット:フラップ(フタ)を開閉する必要がなく、常時すべての機能・ボタンにアクセス可能になる。種類も非常に豊富です。
▶デメリット:液晶画面はむき出しになるので保護フィルムやガラスフィルムが必須です。

衝撃・耐久ケース

▶メリット:フラップ(フタ)を開閉する必要がなく、常時すべての機能・ボタンにアクセス可能になる。とにかく衝撃に強い。よく落とす方にもオススメ!
▶デメリット:液晶画面はむき出しになるので保護フィルムやガラスフィルムが必須です。

手帳タイプ

▶メリット:液晶画面を保護フィルムなしで保護出来る。
▶デメリット:フリップ(フタ)を毎回開閉しないといけない

保護ケース・カバーを購入する時の注意点は?


「arrows M04」の保護ケース・カバーを購入する時の注意点は?
・ケースと保護フィルムが干渉しないかどうか
・自分が使う環境に適しているか
・本体をしっかり保護出来ているか

arrows M04の保護ケース・カバーを購入する時の注意点で特に注意しないといけないのが、ケースと保護フィルムが干渉しないかどうかです。

保護フィルムによっては、ケースと干渉してしまう場合があります。

保護フィルムを小さめのモノにして好きなケースを選ぶのか、全画面保護フィルムでも対応しているケースを購入するのかは決めておきましょう!

オススメ保護フィルム・ガラスフィルムはこちら!!!


▶ VicstarJP ガラス保護フィルム:ガラスフィルム

VicstarJPのガラス保護フィルムは、本製素材の旭硝子を採用し、最上級強度のガラスを使用しています。

ガラスフィルムの表面硬度は9Hで、強度も十分です。

また、12ヶ月間指紋防止効果が続きます。

タッチ操作も非常にスムーズで快適です。

ポイント

・日本製素材の旭硝子を採用し、最上級強度のガラスを使用!!
・ガラスフィルムの表面硬度は9H!!!
・12ヶ月間指紋防止効果が続きます!!

▶ ラスタバナナ 指紋・反射防止保護フィルム:通常フィルム

ラスタバナナの指紋・反射防止保護フィルムもおすすめです!!

光の反射を限りなく抑える反射防止(アンチグレア)加工がされています。

フィルムもサラサラなので触り心地も良い保護フィルムです。

ポイント

・光の反射を限りなく抑える反射防止(アンチグレア)加工!!
・貼り直しができて置くだけでピタッと貼れる吸着タイプ!!!
・フッ素コート加工により指紋や皮脂などの汚れが付きにくい!!

オススメ保護ケース・カバーはこちら!!!


▶ shizuka-will- クリアケース:シンプルケース

shizuka-will-のクリアケースは、TPU素材で衝撃にも強いケースです。

また、クリアケースなのでデザイン性を損なわないのもポイント!!!

ストラップホールを完備(ストラップ付)なので落としにくいのも嬉しいですね。

ポイント

・TPU素材で衝撃にも強い!!
・デザイン性を損なわないクリアケース!!!
・ストラップホールを完備(ストラップ付)!!

▶ ロゼ(Rosee) 手帳型ケース:手帳タイプ

【ロゼ(Rosee)】 ARROWS M04 / TSUTAYA TONE m17 アローズ M04 富士通 arrows M04 SIMフリーカバー 収納 カードいれ 手帳型カバー 手帳型ケース スマホケース 全機種対応 白い 花 はな キラキラ 可愛い 国内生産 ★Light Brown★
ロゼ(Rosee)

ロゼ(Rosee)の手帳型ケースは、すべて国内でハンドメイドで作られています。

カードを収納出来るポケットケースも付いています。

選べるカラーラインナップも魅力的です。

ポイント

・すべて国内で注文制作(ハンドメード)!!
・ポケットケースも付いている!!!
・選べるカラーラインナップも魅力!!

今回オススメする保護ガラスフィルムはこちら


arrows M04にオススメするガラスフィルムは「Vicstar 富士通 Fujitsu arrows M04 / arrows M04 premium 用強化ガラスフィルム 」です。

透明度も高く、タッチ操作もスムーズに行えるガラスフィルムになっています。

付属品は、上記の通りです。ガラスフィルムを貼るために必要なものは全て揃っています。今回は、保護フィルムが2枚入りのモノを購入しているので、予備として保管しておくのも良いでしょう。

早速、ガラスフィルムを貼ってみました。非常に貼るのも簡単でした。

今回のガラスフィルムは、日本製素材の旭硝子を採用しているガラスフィルムとなっています。ガラスフィルムの表面硬度は9H、普通の保護フィルムの約3倍の強度になっています。

透過率99%以上の為、arrows M04のディスプレイの発色をそのまま表現ひてくれます。

今回オススメする保護ケース・カバーはこちら

今回は、arrows M04用に「shizuka-will 富士通 fujitsu arrows アローズ M04/TONE m17 専用 クリア ケース カバー」を購入しました。

シンプルなクリアケースで、必要最低限の保護力を備えている保護ケースになります。

早速、装着してみた!!


富士通 arrows M04にぴったりサイズで持ちやすさもそのままです。

ガラス保護フィルムを貼っていてもケースとの干渉もないのでそのまま使用が可能なのでオススメです。

透明度も申し分なし。非常に透明度も高く、液晶ディスプレイの綺麗さをそのまま表現してくれています。

背面もクリアケースなので、arrows M04のデザイン性をそのまま表現してくれます。

arrows M04のワンセグアンテナもケースを装着したまま、アンテナの出し入れが可能になっています。

ケース:側面

イヤホンジャック部分も保護されていますが、これまで通りイヤホンジャックをそのまま利用可能です。

下部のコネクタ部分も保護されています。サードパーティ性のケーブルからも充電が可能です。

ストラップホール部分は空いているのでそのままストラップをつけることが出来るのが非常に便利です。

最後に・・・

「arrows M04」におすすめ保護フィルムとケースについて、買って後悔したくない! はいかがでしたでしょうか?

せっかく購入した「arrows M04」を十分に使っていく上で必要なケースや保護フィルムは必需品ですよね。

自分が使う環境に合った適切なモノをしっかりと選んでいきましょう!!

\ シェアする /


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

スポンサーリンク

関連記事を読む

-スマートフォン・タブレット
-

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.