ガジェット専門ブログ

モバイルドットコム

スマートフォン・タブレット

【1分で分かるWWDC2019まとめ】何が発表されたのか!?「iOS 13」「iPadOS」「tvOS」「watchOS6」「macOS」注目の新機能は?

投稿日:

Apple(アップル)が最新iOSやmacOSを発表する「WWDC2019」開発者カンファレンスが行なわれました。今回は、発表された内容を約1分で読めるように記事を書きました。今回の記事では何が発表されたのか、気になる方向けの記事になっています。

「tvOS」の発表内容

  • Apple TVは、xBoxやプレイステーション(PS4)のコントローラーをサポート
  • Apple TVは、マルチユーザーに対応

tvOSは細かなアップデートに留まった印象ですが、地味にApple TVがxBoxやプレイステーション(PS4)のコントローラーをサポートしたのは嬉しいですね。また、家族で使い分けれるようにマルチユーザーにも対応しました。

「watchOS6」の発表内容

  • audio book、ボイスメモ、電卓をAppleWatchから使える
  • AppleWatch向けのAppStoreが使えるよ!
  • 新しい文字盤が追加
  • 生理周期機能を追加(iPhoneのヘルスケアアプリでも利用可能)
  • 新しいWatchバンドも追加されました!

AppleWatchがもっと便利にある「watchOS6」。素晴らしい機能追加ばかりでした。スポーツ観戦、ライブ、工事現場といった場所で周囲の騒音を感知し、聴力への影響を警告してくれる機能も追加されています。生理周期機能を追加(iPhoneのヘルスケアアプリでも利用可能)しています。

「iOS 13」の発表内容

  • Face IDが30%高速に、アプリのダウンロードやアップデートも高速化
  • アプリの起動も約2倍に!
  • ダークモードを追加!有機ELディスプレイに最適かも!
  • リマインダーもより使いやすく機能を追加!サードパーティ製のToDoアプリ並に機能追加
  • マップが大幅進化!かなり詳細地図に、ストリートビューも追加!なお、日本対応まだ先。
  • Sign in with Apple(ログインもより安全にログイン可能に)、メールアドレスは自動生成したものを使える!
  • Sign in with Appleを使ってウェブサービスのログインにも使えるようになる!
  • 位置情報を一度だけ許可したり、Wi-FiやBluetooth信号の活用を防ぐ機能も追加、よりセキュリティ強化
  • 編集機能を大幅に追加、動画も回転出来るように
  • AIを使ってベストショットにフォーカスを当てれるように
  • AirPodsを使いオーディオシェア機能を追加

iOS13アップデート対応機種は、iPhone 6s以降(A9以降)です。

「iPadOS」の発表内容

  • iPad専用OSが発表されました!
  • あらゆるアプリをサイドバイサイドで表示可能に、しかもそのままマルチタスク切り替えが出来る!
  • ファイルは外付けドライブの読み書きに対応!
  • Safariにカスタムフォントが使えるように
  • コピーとペーストが簡単になりました
  • Safariにダウンロード機能が追加されました!
  • Apple Pencilは、20ミリセカンドから9ミリセカンドに遅延が大幅になくなります!

「iPadOS」が遂に発表されました。今までにはない操作性を実現している「iPadOS」は、あらゆるアプリをサイドバイサイドで表示可能出来たりと、かゆいところにも手が届く仕様になっているのは間違いなさそうです。ただし、誰でも使えるシンプルなOSではなくなりつつあるとも言えます。

iPadOSアップデート対応機種は、iPad Air2、iPad(5th)以降および、iPad Proです。iPad miniは、4以降が対象です。

新型Mac Proが発表

  • フレーム、ハンドルもステンレス製
  • 最大Intel Xeon 28コアを搭載
  • Radeon Pro Vega Ⅱ搭載
  • 300W、RAM1.5TB搭載
  • 8Kを3つ、4Kを12個出力可能
  • 価格は5999ドルから〜(約60万円)

最強マシンはまさにこの新型Mac Proでしょう。こんな夢のマシンをいつかは手に入れてみたいですね。

新型ディスプレイ「Pro Display XDR」を発表

  • 32インチRetina 6Kディスプレイ
  • Apple純正ディスプレイ
  • 価格は4999ドルから〜(約50万円)
  • スタンドは別売りで約10万円

Apple純正ディスプレイ恐ろしいディスプレイです。32インチRetina 6Kディスプレイとこれまでにない綺麗さ、ただし価格もこれまでにはない金額になっています。

macOSの発表内容

  • 最新macOSの名前は「Catalina」
  • iTunesは廃止
  • Podcast、ミュージック、AppleTVそれぞれのアプリに分散
  • iPadを純正機能でセカンドディスプレイ(Sidecar」として使えるように、ペンも使えるよ!
  • ボイスコントロール機能もより便利に
  • スクリーンタイムを導入

最新macOSの名前は「Catalina」です。遂にiPadを正式にセカンドディスプレイとして使えるようになったのは凄く便利で嬉しいですね。

最後に・・・


今回最も注目を集めたのは間違いなく「iPadOS」でした。これまでになく、iPadを活用出来る瞬間が訪れた気がします。実際にリリースされるのが待ち遠しいですね。その他に、macOSでiPadをセカンドディスプレイとして使えるようになったり、今回のWWDC2019は凄く有意義な時間を過ごせました。

\ シェアする /


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

スポンサーリンク

関連記事を読む

-スマートフォン・タブレット

Copyright© モバイルドットコム , 2019 All Rights Reserved.