アップル、iPhone Xの生産台数を目標の半分に引き下げへ

スポンサーリンク

Appleは、「iPhone X」の1〜3月における生産目標を引き下げることに決めたようです。

発売当初は、同時期におけるiPhone Xの生産台数は4,000万台以上としていましたが、iPhone Xが高価すぎることから販売予想が大幅に下回ったことから、1〜3月の生産量を半分の約2,000万台に引き下げることを決定したようです。

iPhone Xは高すぎるからiPhone 8で十分という話は前々からよく聞いていましたが、ここにきて大幅に生産台数を減らすということは余程予定よりも売れていなさそうですね。

ソース

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!