Galaxy S9シリーズ最大の違いは、メインカメラか?Galaxy S9に光学式手ブレ補正、Galaxy S9+にはデュアルカメラ搭載に

スポンサーリンク

サムスンの今年の新型フラッグシップモデルSamsung Galaxy S9およびGalaxy S9+は、Galaxy S8シリーズとは違いそれぞれのモデルで使用が異なるモデルになると以前から伝えられています。そして、今回最も違う仕様になるのは、どうやらカメラ構成、機能になるようだと伝えられています。Galaxy S9には、OIS(光学式手ブレ補正)付きの12メガピクセルのメインカメラ、Galaxy S9+にはデュアルカメラ(12MP + 12MP)が搭載されているとのこと。

Galaxy S9には、F1.5 / F2.4の可変絞りが搭載されており、DSLRカメラと同様に動作することが確認されているとのこと。ユーザーは写真を撮る前にF1.5 / F2.4の絞りを自在に調整することができるようです。

Galaxy S9+のメインカメラは、デュアルカメラ搭載となります。開口部の異なる2つのカメラ、F1.5とF2.4のレンズ。Galaxy S9+のメインカメラは、両方のカメラを同時に使用して撮影することができ、広角画像やズーム撮影にそれぞれ片側だけ使用されるだけではないようです。従来のスマートフォンカメラではまだ利用できない複雑な距離と奥行き認識にアルゴリズムが使用され、高品質の画像が得ることが可能になるとのこと。

Galaxy S9
■5.77インチ
■4GB RAM
■バッテリー3,000 mAh
Galaxy S9 +
■6.22インチ
■6GB RAM
■バッテリー3,500 mAh

ソース

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!