アップル、2018年新型iPhoneは3モデル構成か?iPhone Xの後継機も投入へ?

スポンサーリンク


アップルの来年2018年に登場するiPhoneについての話題が早くも伝えられています。これは、著名アナリストが残した調査メモを、MacRumorsが入手し、伝えたものだということです。

どうやら、その情報によると来年も今年同様にiPhoneが3モデルに分けれて登場するようです。内訳は、下記の通りです。
◼︎5.8インチで有機ELディスプレイ搭載(iPhone Xの後継機)
◼︎6.5インチで有機ELディスプレイ搭載(「iPhone X Plus」になる?)
◼︎6.1インチで液晶ディスプレイ搭載(iPhone 8の後継機?)
あくまで、現状噂段階に過ぎませんが3モデル構成になるのは正直驚きです。上記の噂が正しければ、iPhone Xの後継機もしっかり登場することにらなりそうです。

気になるのは、6.5インチで有機ELディスプレイ搭載モデルでiPhone 8 Plusの後継機にあたる可能性があります。今年は、 Galaxy S8が登場してから縦型ディスプレイ比を採用したスマートフォンが多く登場し、大画面でもコンパクトさがあるスマホが数多く登場しました。

このことから考えると来年のトレンドは、縦型ディスプレイ比採用しつつ、さらに大画面なスマートフォンが数多く登場する可能性がありそうです。そう考えるとアップルもトレンドに乗るであろう構成ですね。新しい噂に期待したいところですね。

です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!