モバイルドットコム

最新ガジェット、話題のスマホや家電レビューをお届け!!!!!

スポンサーリンク

【業界最安値】最新機種が最安値更新!!!21日までの限定価格!!!

ETORENにて「Galaxy Note 9 」が最安値更新

今すぐ購入する

※最安値、関税込み!今なら89,000円〜

Android GalaxyNote7

サムスン、「Galaxy Note 7」を公式発表!ーシリーズ初の防水防塵に加えデュアルエッジ、虹彩認証搭載、USB-C採用

投稿日:2016年8月3日 更新日:

f:id:chehonz5:20160803013443j:plain

サムスンは、先ほど「Galaxy Note 7」を公式に発表しました。シリーズ初の防水防塵に加えデュアルエッジ、虹彩認証を搭載しています。またUSB-Cの採用もありました。「Galaxy Note 7」は、8月16日よりグローバルで順次発売予定で日本国内での発売については、現状未定。ただ、日本投入があるのではないかと言われています。

IP68相当の防水・防塵にGalaxy Noteシリーズとしては初対応でまさに日本国内向けの仕様になっています。
「Galaxy Note 7」は、「Galaxy Note 5」から順当に進化していますね。

公式発表はないが、本体を水中に沈めた状態でも、S-Penで画面に絵を描くことができるらしい!凄い・・・

画面サイズは先代のNote 5と同じ5.7インチ、解像度は2560 x 1440。新型有機EL「Y-OCTA」を採用した点も特徴の1つで、S7 edgeの有機ELパネルと比較して、タッチセンサーを接着剤を使わずにディスプレイに直接印刷したことにより薄型軽量化を実現。本体サイズは153.5 x 73.9 x 7.9mm 169g。横幅はNote 5に比べて2.2mm狭いほか、S7 edgeより画面が0.2インチ大きいにもかかわらず、横幅の増加は1mmにとどめているなど、狭額縁設計も特徴です。

プロセッサ等の基本性能はGalaxy S7 edgeを踏襲しており、Snapdrgaon 820またはExynos 8890を採用。RAMは4GB。カメラ性能もS7 edgeと同等で、背面は1200万画素(F1.7)、前面500万画素(F1.7)。なおS7 edgeにおけるフィードバックを活かし、レンズのゆがみ等に関する改善を施したとしています。バッテリー容量は3500mAhで、急速ワイヤレス充電にも対応します。

▼参照
http://japanese.engadget.com/2016/08/02/galaxy-note-7-usb-c/

▼話題の最新機種が数量限定初入荷!!!

ETORENにて「Xperia XZ3」が初入荷!!

今すぐ購入する

※最安値、関税込み!今なら103,000円〜

au話題の最新スマホ情報はこちらをチェック!!

話題の2018年秋冬モデルが発表!!

今すぐ最新情報をチェック

※【決定版】auでスマホを買うなら絶対にコレ!2018年おすすめ機種まとめ!

スポンサーリンク

関連記事

ドシドシ登録お願いします▼

モバイルドットコムの最新情報をお届け

今すぐ購読する

※モバイル・ガジェットレビューを更新中

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちえほん

とにかく新しいモノが好き。最新モバイル・ガジェット・レビューを紹介するブログ「モバイルドットコム」運営しております。iPhoneやAndroid、話題のスマートフォン情報から、便利機能・設定といった使い方も紹介します。

-Android, GalaxyNote7

Copyright© モバイルドットコム , 2018 All Rights Reserved.