モバイル回線

au残価設定型「かえトクプログラム」が本当にお得なのか?メリット・デメリットを分かりやすく解説!

投稿日:

【業界初】au残価設定型「かえトクプログラム」が本当にお得なのか?メリット・デメリットを分かりやすく解説!

業界初の残価設定型スマホ購入プログラム「かえトクプログラム」が面白い!どうも、スマホ買っちゃう系ガジェットライターちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

KDDI、沖縄セルラーは2020年2月21日から第5世代移動通信システム「5G」時代に向けて最新のスマートフォンを購入しやすくするために、業界初の残価設定型スマホ購入プログラム「かえトクプログラム」を始めます。かえトクプログラムを以下にまとめました。

かえトクプログラム

  • 24回払いで、購入機種の2年後の買取価格を残価 (=最終回支払分) として設定
  • ユーザーは購入機種を12カ月以上利用して返却からの買い替えで「最終回支払分」が免除でお得
  • 返して買い替えなし(買取になる)の場合、単純に損になることがある
  • そのまま分割が終わるまで利用する場合、単純にお得ではない
ちえほん
正直、めちゃくちゃ分かりにくい!

本記事では、auの残価設定型「かえトクプログラム」が本当にお得なのかを分かやすく、メリット・デメリットを含めて解説していきます。「5G」スマホをお得に購入するために、確実に覚えておきましょう。

\ 購入するならオンラインストアがお得/

au公式ショップを見る

✅頭金0円、待ち時間0分、24時間申し込みOK!

au残価設定型「かえトクプログラム」購入プログラムとは?

まずは、かえトクプログラムってどんな購入プログラムをご紹介していきます。

24回払いを条件に、購入機種の2年後の買い取り価格を残価 (=最終回支払分) として設定することで、本体価格から残価分を除くことで23回のお支払いまでは通常よりも低い価格で割賦金額となります。なお、月額プログラム料は無料で、auの回線契約有無にかかわらず加入可能です。

対象機種はほぼ全機種、月額料金は無料です。

「かえトクプログラム」は、24回払いで購入機種の2年後の買取価格を残価 (=最終回支払分)として設定します。大事なのは、残価をどうするかです。

ユーザーが選べる選択肢は、以下の3つがあります。

①新たな機種へ買い替える場合

新たな機種へ買い替える場合

購入した対象機種を12カ月以上利用後、新たな機種への買い替え時に「かえトクプログラム」で購入された機種をauで回収してもらうと、残価の支払いが免除されます。

ただし、新しい機種への買い替えは必須です。ただ正直、現状これが1番お得な選択肢です。

②返却するけど、買い替えはしない場合【買取】

返却するけど、買い替えはしない場合についてご紹介していきます。買い替えをせず、回収のみとなる場合は、au所定の条件・価格で買取りになります。

現状どういった買取価格になるのか、基準は不明ですが通常のスマホ買取と似た形になります。その場合、買取価格は凄く安くなる可能性もあります。

もう一つ、返却して買い替えはしない場合は、残価の支払いが必要です。あくまで残価の支払いは免除されず支払いが必要です。その上で、買取してもらう形になるようで買取価格が残価を下回るなら損になる可能性もありますね。

③機種の利用を継続する場合

機種の利用を継続する場合

機種の利用を継続する場合は、25カ月目以降の最終回支払分について24回に再分割することも可能となっています。

ただ、通常通り分割を完走してもお得ではなく、通常通り本体代金を全額支払っただけとなります。

少しでもお得にするなら、再分割後途中で機種を返却して新しい機種に買い替えすると、買い替えた月の請求分を含む、残債のお支払いが免除になります。

スポンサーリンク

「かえトクプログラム」購入プログラムのメリット(良い点)

「かえトクプログラム」購入プログラムのメリット(良い点)

  • 月額プログラム料がタダ!
  • 買い替えと返却前提であれば普通に買うよりもお得
  • 月額料金が高額にならないように調整できる
  • 利用継続時、審査はいるが24回に再分割可能

1つ目、買い替えと返却前提であれば普通に買うよりもお得!

「かえトクプログラム」購入プログラムの恩恵をフルに受けるなら、購入した対象機種を12カ月以上利用して返却、新たな機種への買い替えする場合は残価 (=最終回支払分)分が丸々お得になります。

月額料金も無料なので、負担が少なく上手く利用すれば安く「5G」スマホを購入することができます。

2つ目、月額料金が高額にならないように調整できる!

「5G」スマホは、例年よりも価格が高くなることが想定されます。そのため、通常通りに24分割を組むと月額料金が通信料金と合算されて1万円を超えてくる場合もザラにあるでしょう。

そんな時に、最初の23ヶ月分を低価格で割賦を組める「かえトクプログラム」購入プログラムの恩恵を受けることで、月額料金を安く見せることが出来て負担を減らせます。

3つ目、利用継続時、審査はいるが24回に再分割可能!

「かえトクプログラム」購入プログラムで購入した機種が気に入って、長く使いたい場合25ヶ月目で審査はいるが再度24回の再分割が可能です。

再分割をすることで、月々の本体支払いもより減らせるのが魅力的です。ただ、最後まで支払いを続けるとプログラムのメリットはほとんどなくなります。

「かえトクプログラム」購入プログラムのデメリット(悪い点)

「かえトクプログラム」購入プログラムのメリット(良い点)

  • 買い替えず回収の場合、損になる可能性
  • 返却時、プログラム加入機種の回収・査定条件を満たす必要がある
  • 分割を完走してしまうと得ではない
  • 残価 (=最終回支払分)の設定はauが行う

1つ目、買い替えず回収の場合、損になる可能性!

1番損をする可能性があるのは、「かえトクプログラム」購入プログラムを利用して買い替えず回収をお願いした場合です。

回収の場合は、残価 (=最終回支払分)の支払いは必須となります。免除はされません、その代わりにau所定の条件・価格で買取りになります。ということは、残価 (=最終回支払分)よりも買取価格が下回った場合は、買い替えたほうがお得になる場合があります。

買取金額次第にはなるので、状況に合わせて判断が必要です。とはいえ、最悪の場合も想定しておきましょう。

2つ目、返却時、プログラム加入機種の回収・査定条件を満たす必要がある!

「かえトクプログラム」購入プログラムの怖いところは、プログラム加入機種の回収・査定条件を満たす必要があることです。所定の条件を満たさなかった場合、特典の適用を受ける際に最大22,000円 (不課税) の支払いが別途必要になります。

ということは、壊れた状態では絶対に駄目ということです。

3つ目、分割を完走してしまうと得ではない!

ぶっちゃけ「かえトクプログラム」購入プログラムで分割を完走してしまうと損もないですが、メリットもないです。

単純に本体金額を丸々支払ったことになります。ただ、「かえトクプログラム」購入プログラムに入っておけば、再分割を選ぶ選択肢も生まれるので入っておいても損はないでしょう。

まとめ

残価設定型と聞くと、難しく聞こえますが冷静に調べると「かえトクプログラム」購入プログラムは、あまり難しくもなく浸透しそうな気がしています。

月額料金もかからず、対象機種もほぼ全機種なのは嬉しいポイントですね。せっかくはじまる「5G」をお得にスタートしていきましょう。

\ 購入するならオンラインストアがお得/

au公式ショップを見る

✅頭金0円、待ち時間0分、24時間申し込みOK!

auおすすめスマホ機種変更ランキング2020年【口コミ・評判】

続きを見る

\ この記事をシェアする /

  • この記事を書いた人

ちえほん

ブログ×YouTube「モバイルドットコム」を運営!スマホが大好きで日々最新のモノを追っています。国内メディア等への寄稿、ガジェットライターとしても活動中。お仕事のご依頼はお問い合わせもしくはSNSから宜しくお願い致します。

スポンサーリンク


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

よく読まれている関連記事

-モバイル回線

© 2020 モバイルドットコム