6.2インチ大画面でも操作はしやすい「au Galaxy S8+ SCV35」を実機レビュー!

スポンサーリンク


6.2インチ大画面でも操作はしやすい「au Galaxy S8+ SCV35」を実機レビューします。auの夏モデルとして登場した「Galaxy S8+ SCV35」ですが、現在では他社からの乗り換え時に一括ゼロ円で購入出来たりと比較的お安く購入が可能になって来ている機種となります。「au Galaxy S8 SCV36」との違いは、ディスプレイサイズの仕様の違いのみとなっています。大画面派には、6.2インチの「Galaxy S8+ SCV35」の方がオススメです。また、Galaxy S8シリーズは縦横比が18.5:9を採用しているため、画面サイズは大きいですが、持ちにくさは大幅に軽減されています。

「au Galaxy S8+ SCV35」を実機レビュー!

Galaxy S8+ SCV35:オモテ


外観は、Galaxy S8と比較しても全く同じでディスプレイサイズのみ異なっています。両面とも湾曲しているラウンドフォルムになっており、縦横比が18.5:9を採用しているので6.2インチとは思えないほど持ちやすいスマートフォンになっています。

Galaxy S8+ SCV35:ウラ


Galaxy S8+ SCV35は、背面にメインカメラと指紋認証を搭載しており、ワイヤレス充電にも対応しています。メインカメラは、Galaxy Note8と違いデュアルカメラ構成ではないのでご注意ください!

Galaxy S8+ SCV35:カメラ


Galaxy S8+ SCV35は、メインカメラ約1220万画素、インカメラは約800万画素という構成になっています。またどちらのカメラもF1.7で明るい写真をかんたんに撮影できるレンズを搭載しています。仕様的には、Galaxy S7 edgeと同等となっています。ただし、カメラについてはGalaxy S7 edgeの時にすでに素晴らしい完成度だったこともあり、安定した綺麗な写真を引き続きGalaxy S8+ SCV35で撮影が可能です。

Galaxy S8+ SCV35:ホームボタン


ホームボタンは、Galaxy S7 edgeの時には物理ボタンでしたが、触覚フィードバック搭載のオンスクリーンキーに変更をされています。画面が消えている時にもホームボタン付近を押し込むと画面が反応してくれて慣れるともう戻れない便利さがあります。

Galaxy S8+ SCV35:側面


フレーム部分も上質感があり、サイドフレームは両面エッジがかっているためかなり細くなっています。その分非常に持ちやすさのあるスマートフォンになっています。Type-Cコネクタに対応しており、急速充電にも対応しています。

最後に・・・

Galaxy S8+ SCV35ミッドナイトブラックカッコ良すぎやしませんか?もちろん、Galaxy S8+ SCV35はスペック面でも間違いなくハイエンドモデルになっており操作レスポンスもよく、重くなったりすることもなく快適に使用することが可能です。バッテリーも余裕で一日中使用できるのも非常にありがたいですよね。お値打ちになったGalaxy S8+ SCV35を購入してみるのもありだと思います!

auのオススメスマホはこちら!

【決定版】auでスマホを買うなら絶対にコレ!2017年おすすめ機種まとめ!【更新日:11月13日】

2016.01.25

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!